著者
中西 尋子
出版者
「宗教と社会」学会
雑誌
宗教と社会 (ISSN:13424726)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.47-69, 2004-06-12 (Released:2017-07-18)

統一教会の合同結婚式では、信者は自ら選んだ相手とではなく、教祖が選んだ見知らぬ相手と結婚する。本稿では、なぜ信者は合同結婚式を受け入れ、その後の結婚生活を継続できるのかを合同結婚式で韓国人男性と結婚し、韓国農村部に暮らす日本人女性たちへの聞き取り調査から考察する。統一教会がめざす「地上天国」は、国家・民族・宗教が垣根を越えて一つになった平和な世界であるとされる。それは神の血統をもった人類が生み殖えることによって実現されるという。彼女たちは入信前から生きる意味を求め、世界の平和について関心をもっていた。韓国人男性と結婚し、神の血統を持つとされる子どもを生み育てることは、結婚生活それ自体が平和への実践となり、生きる意味と意識される。ここに彼女たちが抱いていた欲求と統一教会の結婚観との一致がある。彼女たちは現実の結婚に希望をもっていなかったけれども、統一教会の結婚は意味ある結婚となった。

言及状況

外部データベース (DOI)

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

韓国の合同結婚式(統一教会)について資料を集めたい。

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

なんとなく統一教会合同結婚の調査研究論文読んでた。おもしろい。 合同結婚に参加した人は決して幸せな結婚生活ではないが、宗教の教えがあるから結婚生活や文化的葛藤を贖罪と捉えて嫌なことも前向きに受け止められると。すごい。 https://t.co/UeN7Hmny5o

収集済み URL リスト