著者
尾方 壮行 井上 莉沙 竹内 悠香 秋山 雄一 都築 和代 田辺 新一
出版者
公益社団法人 空気調和・衛生工学会
雑誌
空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 平成30年度大会(名古屋)学術講演論文集 第6巻 温熱環境評価 編 (ISSN:18803806)
巻号頁・発行日
pp.89-92, 2018 (Released:2019-10-30)

Field surveys were conducted in bedrooms to investigate the relationship between the environment and sleep quality. Sleep efficiency was relatively low when the average CO2 gas concentration at sleep was low which may be due to the high noise level. The percentage of wake-after-sleep-onset was the lowest under thermally neutral.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 36 favorites)

睡眠の質に影響する要素メモメモ ・騒音 →30db未満が○ ・CO2濃度 →減らすべき(ノンレム割合が減少) ・気流 →減らすべき ・温湿度 →日中と同じ熱負荷中立が○ ・温湿度変化 →少なくすべき CO2濃度と気流は気がつかんかった。 https://t.co/eZCtIqvuKG https://t.co/SGJVSrNQLw
これ、面白いデータ。 ■CO2濃度が高くなる →ノンレム睡眠(深い眠り)が減るのでよくない でも、 ■換気のために窓を開ける →騒音で途中で起きてしまうことが多い つまり、窓をあけずに適切に換気しながら寝るしかないってことでいいのかな? https://t.co/5lf1nnoXsL https://t.co/vkVQ9eJBqY

収集済み URL リスト