著者
川上 裕司 関根 嘉香 木村 桂大 戸高 惣史 小田 尚幸
出版者
一般社団法人 室内環境学会
雑誌
室内環境 (ISSN:18820395)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.19-30, 2018 (Released:2018-04-01)
参考文献数
20

自分自身が皮膚から放散する化学物質によって,周囲の他人に対してくしゃみ,鼻水,咳,目の痒みや充血などのアレルギー反応を引き起こさせる体質について,海外ではPATM(People Allergic to Me)と呼ばれ,一般にも少しずつ知られてきている。しかしながら,日本では殆ど一般に認知されておらず,学術論文誌上での報告も見当たらない。著者らはPATMの男性患者(被験者)から相談を受け,聞き取り調査,皮膚ガス測定,着用した肌着からの揮発性化学物質測定,鼻腔内の微生物検査を実施した。その結果,被験者の皮膚ガスからトルエンやキシレンなどの化学物質が対照者と比べて多く検出された。また,被験者の皮膚から比較的高い放散量が認められたヘキサン,プロピオンアルデヒド,トルエンなどが着用後の肌着からも検出された。被験者の鼻腔内から分離された微生物の大半は皮膚の常在菌として知られている表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)であった。分離培地上でドブ臭い悪臭を放つ放線菌(Arthrobacter phenanthrenivorans)が分離されたことはPATMと何か関連性があるかもしれない。また,浴室や洗面所の赤い水垢の起因真菌として知られている赤色酵母(Rhodotorula mucilaginosa)がヒトの鼻腔内から分離されたことは新たな知見である。この結果から,PATMは被験者の思い込みのような精神的なものではなく,皮膚から放散される化学物質が関与する未解明の疾病の可能性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

“。この結果から,PATMは被験者の思い込みのような精神的なものではなく,皮膚から放散される化学物質が関与する未解明の疾病の可能性が示唆された。” これを支持する人ですらこう言っている(こういう場では)。
[医療][論文] へー。

Twitter (13 users, 13 posts, 13 favorites)

@L7kYDYUG6wYKDgW こちらこそよろしくお願います!症状は違っても根本的な要因はそれ程かわらないですよね。 これ、ご存知のでしたらすみません。 鼻腔内から赤色酵母(Rhodotorula mucilaginosa)… https://t.co/BLTz01Ekkt
PATMに関する日本の本格的な最新の研究。PATM患者の皮膚ガスから多くの化学物質が検出された。また、患者の鼻腔内から風呂場や水道でみられる赤い水垢の起因真菌も検出されている。PATMは精神的なものではなく、皮膚から放散される化学… https://t.co/LBmopCYZmY
へー。 / “皮膚ガス測定および鼻腔内微生物検査に基づくPATMに関する考察” https://t.co/VL8QO9zU4i
[B!] へー。 https://t.co/NKHKnO2LTn 皮膚ガス測定および鼻腔内微生物検査に基づくPATMに関する考察
2/ PATM(周囲のひとが自分に対してアレルギー反応を示す)という未知の症状があって、それは実際に皮膚から化学物質が一般的なひとよりも多量に出るもので、自臭症のような思い込みとは違うようだ。まだよく解明されていなく医師にも理解… https://t.co/sORIT7OsF5
皮膚ガス測定および鼻腔内微生物検査に基づくPATMに関する考察 https://t.co/K7KwmAXRcw J-STAGE 浴室や洗面所の赤い水垢の起因真菌として知られている赤色酵母(Rhodotorula mucilagi… https://t.co/gLkDBLoPJU

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト