たりた (@laughibslife)

投稿一覧(最新100件)

「抗生物質による腸内細菌叢の変化と生体影響」 https://t.co/4sOHDSWDbS
カンジダは他の細菌と比べると酸化還元電位が低いので、体が酸化状態に傾いていくと他の菌より繁殖しやすい。 「Candidaの 酸化還元電位と諸種細菌の 混合培養の影響」 https://t.co/ByhzPysSbO
RT @thirokazu_uc: 大腸内細菌の代謝と代謝産物の作用 https://t.co/ORRDO8OFM6
「損傷を受けて"間違った"反応を示す酵素タンパク質を速やかに消去することは細胞のホメオスタシスを保つうえで必要と思われる。タンパク質が実際に細胞内で活性酸素によって損傷を受けるので,タンパク質の代謝回転が活性酸素による損傷によって… https://t.co/IdNlnYDZh4
お灸は皮膚の酸化還元電位を低下させ、さらにはSODを活性化させる。 「直接灸および灸頭鍼刺激が表皮局所に及ぼす影響 : 酸化還元電位および水素イオン濃度を指標として」 https://t.co/KhngwaGVPr
「私達が日常摂取している飲料水(水道水)の ORP値は一般的+400〜+700mV とかなり高く,私達の体にとっては決してよいものとはい えない 」 「水道水のORP値は,私達は摂取しないほうがよいというくらいに高い」… https://t.co/JoZASOBPJZ
RT @thirokazu_uc: 食品の酸化還元電位に関する研究 https://t.co/DkRA7L06lq
「好中球はネット状の構造物を放出してがん転移を促進する? 」https://t.co/fGm88zBCOG 「好中球細胞外トラップの異常と MPO-ANCA 関連血管炎」 https://t.co/Dmm9A7A4BT
「好中球はネット状の構造物を放出してがん転移を促進する? 」https://t.co/fGm88zBCOG 「好中球細胞外トラップの異常と MPO-ANCA 関連血管炎」 https://t.co/Dmm9A7A4BT
スカベンジャーはビタミンC・ビタミンE・ビタミンB群・コエンザイムQ10・アルファリポ酸・アスタキサンチン(小西伸也『メガビタミン入門1』)。コエンザイムQ10によって加齢臭が軽減されたという研究(… https://t.co/bQdae9qher
@L7kYDYUG6wYKDgW IBSはナイアシン不足が関係ありそうです。IBSで統合失調症が原因とみられる患者は統合失調症の改善でIBSも治癒したそうです。統合失調症はナイアシンを投与することで改善もします。そして面白いのがこ… https://t.co/1JQwAxA89I

19 0 0 0 OA コエンザイムQ10

活性酵素を取り除くメジャーなサプリといえば還元型コエンザイムQ10。還元型グルタチオンと併用することで、相乗効果を発揮する。https://t.co/cpd9dGtK1P
ポリフェノールは奥が深い。 「ポリフェノールパラドックス」 https://t.co/fuShBZAL3B
緑茶のポリフェノールがカンジダのバイオフィルムの形成を阻害するという研究。https://t.co/1S3NsP8ho6 口腔のバイオフィルム形成をポリフェノールが阻害するという研究もあり、バイオフィルム対策にはポリフェノール摂取… https://t.co/rxJGGzQWoX
「過敏性腸症候群患者の治癒プロセスに関する質的研究」 IBSが軽快・治癒した人を対象にIBS症状と精神状況の変化をインタビューから考察した質的研究。IBSが軽快・治癒した人は、「受容的諦め」→「人生観の変化」→「IBS体験への肯定… https://t.co/ZN3Rtg36BM
大野博司「腸内細菌叢と宿主の生理・病態への関与」 炎症性腸疾患患者は酪酸菌が少ない。腸の炎症とは基本的に免疫細胞の異常反応により起こる。酪酸菌は、免疫細胞を制御するTreg細胞の産生する。つまり、酪酸菌の減少は結果的に免疫細胞を暴… https://t.co/XjJ0LCtT4P
コエンザイムQ10は体臭改善に有用の可能性。加齢臭の原因であるノネナールをコエンザイムQ10摂取により減少させたとの研究。私見だが、コエンザイムQ10と相乗効果があるグルタチオンは重金属も排出させるので、コエンザイムQ10とグルタ… https://t.co/UGdqEhedYW
PATMに関する日本の本格的な最新の研究。PATM患者の皮膚ガスから多くの化学物質が検出された。また、患者の鼻腔内から風呂場や水道でみられる赤い水垢の起因真菌も検出されている。PATMは精神的なものではなく、皮膚から放散される化学… https://t.co/LBmopCYZmY
参考文献など https://t.co/sG5kL1LHvT https://t.co/XZndEhZxNT
IBSへのプロバイオティクスの処方だと、ラクトバチルス菌ではIBSは改善が見られなかったが、ビフィズス菌だと改善傾向にある。IBSにはビフィズス菌のプロバイオティクスが有効。 福土審「過敏性腸症候群と腸内細菌叢gut microb… https://t.co/O91lakqoJn
福土先生の読みたい。一般向けのようだし面白そう。 福土審「過敏性腸症候群における腸内細菌の役割」(2018) https://t.co/Kx4JvCs8Rr
これはわかりやすかった。やはりIBS改善にはプロバイオティクスが関係しているが、どの菌が合うかは患者に依ると。自分に合ったプロバイオティクスを探すのが大事か。 新井万里「IBDおよびIBSにおける. 腸内細菌の関与」(2015) https://t.co/AzGTL69OOG
この論文読みたい。 大坂利文「抗生物質による腸内細菌叢の変化と生体影響」『腸内細菌学雑誌 』(2018)https://t.co/wJzDkdRdQf

お気に入り一覧(最新100件)

有害金属の異常蓄積は亜鉛不足と関連し、 亜鉛濃度と鉛濃度との間には有意な負の相関関係が見られた。同様の関係が、亜鉛濃度とアルミニウム・カドミウム濃度との間にも認められた。これらの結果は、亜鉛が不足すると有害金属が体内に蓄積すること… https://t.co/2RU9YokGUP
高脂肪食にビタミンB1を高濃度で加えると脂肪の蓄積が抑制されたという研究。ビタミンB群やっぱり面白いですね…。https://t.co/Z9KKpVg6xW

フォロー(324ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@3JOH22A_ 召されちゃったよ(笑) あと、これとこれ カンジダは足場。 だからカンジダだけ狙っても"一時的" 狙うべきは悪玉三兄弟 歯周内科 天白区 | 名古屋市コンドウ歯科… https://t.co/iowJJRkypb
レクチンにしても、これにしてもエンドトキシン疑ってしまう。 もしくはカンジダは大腸から小腸へ移動してるか。 ただ増殖して範囲広げてるだけなら大腸で見つかってもいいような。 カ ンジ ダが 関与 した長 期 ス テ ロイ ド服… https://t.co/jh8eDeqdVT
微弱な波動と微生物 https://t.co/3po8By1yMi
KAKEN — 研究課題をさがす | 神経変性疾患の危険因子としてのミトコンドリアの蓄積するアルデヒド関連化合物の役割 (KAKENHI-PROJECT-12470144) https://t.co/Cl3WtZ202C
うつ病におけるP2X7受容体及び亜鉛を介したシグナリングの協調的連関の変動 https://t.co/gofDKbsPF3

フォロワー(365ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@3JOH22A_ 召されちゃったよ(笑) あと、これとこれ カンジダは足場。 だからカンジダだけ狙っても"一時的" 狙うべきは悪玉三兄弟 歯周内科 天白区 | 名古屋市コンドウ歯科… https://t.co/iowJJRkypb
レクチンにしても、これにしてもエンドトキシン疑ってしまう。 もしくはカンジダは大腸から小腸へ移動してるか。 ただ増殖して範囲広げてるだけなら大腸で見つかってもいいような。 カ ンジ ダが 関与 した長 期 ス テ ロイ ド服… https://t.co/jh8eDeqdVT
微弱な波動と微生物 https://t.co/3po8By1yMi
RT @Mikanixonable: https://t.co/bWR1bmJ4Gp フラクタル次元による茶室空間の美の分析 佐藤 祐介, 新宮 清志, 杉浦 巌
KAKEN — 研究課題をさがす | 神経変性疾患の危険因子としてのミトコンドリアの蓄積するアルデヒド関連化合物の役割 (KAKENHI-PROJECT-12470144) https://t.co/Cl3WtZ202C
うつ病におけるP2X7受容体及び亜鉛を介したシグナリングの協調的連関の変動 https://t.co/gofDKbsPF3