言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは

Twitter (89 users, 124 posts, 66 favorites)

きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができますね。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3crZ6K
医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは / “福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如” https://t.co/ZuyMIRr9o2
世界保健機関(WHO)は 校正段階で記載されていた甲状腺等価線量300-1,000 mSvが、日本政府の圧力により100-200 mSvに修正させられていたと報道された https://t.co/xnFe6C3hen
・福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 ─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは 津田敏秀 https://t.co/4gRWGwBasp ・放射線測定から見た復興 小豆川勝美 https://t.co/wtV0jed7xN
津田教授の宣言!学術の動向 Vol. 22 「100 mSv以下の被曝ではがんはでない、出 たとしても認識できない」=「100 mSv 閾値論」 この主張は医学的根拠や国際機関の原則、関連法的規制にも反する全く誤った主張で ある   https://t.co/V9OcAzsCP5
・福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 ─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは、津田 敏秀  https://t.co/bUS47V3cmX
福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 津田 敏秀 https://t.co/QsWxT7lBiC 「100 mSv以下の被曝による健康影響はよ く分かっていないから、安全サイドに考えて対 策を講じるべき」等は、科学的に誤った言い方
読んだ→「福島県でのリスコミと健康対策の欠如」(津田敏秀) https://t.co/fEcn5otdAE 「正確な知識を与えれば比較的簡単に余計な被曝を大きく減らすことができる。しかし、被曝を減らす情報ですら『不安を煽る』という理由が優先され実践的対策が阻害されている。」
『福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 ─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは』 津田敏秀 https://t.co/xWf1ce6tcA
「福島県民は何も知らされていない」ってストーリーを作り上げる岡山大学の易学者。 https://t.co/qnzwLek5Lb
WHOの報告書、知ってるけど。 前提条件は「WHOの見積もりって、4か月汚染地域に居住して、汚染食材を摂取して、DDREF1 」 →「、WHO の報告書(59-60)の内容もほとんど知らされるこ となく・・・」 https://t.co/qnzwLek5Lb
この期に及んでよくもこんな駄文を発表できるとは...w →津田敏秀:福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは. 学術の動向2017.4(PDF) https://t.co/V4IqySrJgq
「学術の動向」4月号「福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 ─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは」(津田 敏秀) PDFで公開。 https://t.co/b5jtpVtTZx 内容も必読ですが、文献も多数引用されていて、これ自体が第1級の資料となっています。
津田敏秀さん「福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如」 https://t.co/IWfqO9zTKe (pdf ファイル) 「学術の動向」No.4 掲載の 論考。

収集済み URL リスト