著者
三上 進 山田 俊郎
出版者
The Malacological Society of Japan
雑誌
貝類学雑誌 (ISSN:00423580)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.70-72, 1979-04-30 (Released:2018-01-31)

オオベソオウムガイの生きているままで, 殻及び軟体部の重量を推定するため, 飼育実験中に斃死した7標本につき, 総体重, 殻重量及び軟体部重量を計測した。これから殻と軟体部の重量比を算出し, 解体の際失われる体液, 殻房内に含まれる液体重量は極めて小さい事を明らかにした。これらの値をWARD他(1977)の報告したオウムガイの計測値について吟味した結果, 極めて近い値を示した。将来幾つかの解決すべき問題もあるが, 本調査で求められた殻・軟体比率は重要な基礎的資料と認められる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 8 posts, 31 favorites)

読売ランド海水水族館 オオベソオウムガイの殻及び軟体部の重量 https://t.co/YOehjEgBIQ にある重量データを使わせて頂き、検討したところ、手元の二種類のオウムガイの殻から推定した軟体部の重さの比がほぼ一致。ここ… https://t.co/NVBCAaYMmW
深田研究所の講演で相葉大祐博士のオウムガイのカットモデルから閃き。オウムガイの軟体部の比重をアルキメデスの原理で推定できるかなと思い立ち。さらにアンモナイト ロボ化石の軟体部の比重を類推?できるかなと実験予定です。 論文 オオベソ… https://t.co/09ychogUDI
貴重な情報! オオムガイの殻と軟体部の重量についての論文が見つかりました! https://t.co/xYzSD9SZ29
https://t.co/xYzSD9SZ29

収集済み URL リスト