著者
大谷 尚
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.137, no.6, pp.653-658, 2017-06-01 (Released:2017-06-01)
参考文献数
7
被引用文献数
3

The article is an in-depth explanation of qualitative research, an approach increasingly prevalent among today's research communities. After discussing its present spread within the health sciences, the author addresses: 1. Its definition. 2. Its characteristics, as well as its theoretical and procedural background. 3. Its procedures. 4. Differences between qualitative and quantitative approaches. 5. Mixed methods incorporating quantitative research. And in conclusion: 6. The importance of establishing an epistemological perspective in qualitative research.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (6 users, 6 posts, 9 favorites)

質的研究がわからなかったので軽く調べましたが、まさに慢性疼痛の方を知るために必要だと感じました。 どうやって進めるのか、気になります! https://t.co/5wgGMwMKfh https://t.co/HkKATJK5w8
https://t.co/QWId2Kd9LV
「学校の社会学」講義のレジュメでも一部引用していますが、質的研究に興味のある方は、以下の文献をぜひご一読ください。参考文献として、講義時間外での学習に役立ててもらえれば幸いです。 ▼大谷尚(2017)「質的研究とは何か」藥學雜誌 137(6), pp.653-658 →https://t.co/9xPRD0Wit7
質的研究とはなにか https://t.co/2ncNKWgL7F
@Puku_Pukuro @Yossy_K https://t.co/fJia2ZelaM こういう研究をしてる人なら自分の手法の方向性と限界ぐらい把握してるでしょうよ。把握できてない人は驚愕するでしょうが、むしろ驚愕して勉強しとけば良いかな。

収集済み URL リスト