出版者
日経BP社
雑誌
日経エレクトロニクス (ISSN:03851680)
巻号頁・発行日
no.734, pp.43-50, 1999-01-11

クリスマス商戦真っ只中の1998年12月12日,任天堂の家庭用ゲーム機「NINTENDO64」用音声認識ゲーム・ソフト「ピカチュウげんきでちゅう」が発売された。1998年最大のヒット作「ポケットモンスター」の総合プロデューサである石原恒和氏が,「ピカチュウの最高峰」と自負する作品だ注1)。 セールス・ポイントは,音声認識機能をフルに使ってピカチュウと話ができること。
著者
増田 知之 小関 美咲 邵 宇晨 加藤 隼平 山中 敏正
出版者
情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング = IPSJ SIG technical reports (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2018, no.9, pp.1-5, 2018-03

近年,スマートフォンの普及により,誰もが手軽に自撮りできるようになり,その自撮りした写真をアプリで加工し ( 「盛り」 と呼ぶ),ソーシャル ・ ネットワーキング ・ サービスにアップすることが流行している.「盛り」 の要素の 1 つである 「色味」 には性差が存在することが報告されたが,他の要素については不明である.そこで本研究では,盛りの要素の中で最も代表的な要素である 「目」 に着目した.20 代平均顔の目に対して盛りを段階的に施し,20代の男女55名を対象に,その盛る量 (加工量) と魅力度の関係を調べた.その結果,目に盛る量と魅力度評価には,性別や生活環境 ・ 地域の違いで有意な差がみられなかった.以上の結果より,目に盛る量に関しては,性別・ 生活環境を問わず日本の若者に共通した感性が存在することが示唆された.
著者
櫻庭 京子 今泉 敏 筧 一彦
出版者
日本音声言語医学会
雑誌
音声言語医学 (ISSN:00302813)
巻号頁・発行日
vol.43, no.1, pp.1-8, 2002-01-20
参考文献数
29
被引用文献数
1

就学前後の健常な幼児・児童 (N=46) を対象に, 「ピカチュウ」という発話を用いて, 音声による意図的な感情表現の音響的特性を解析した.その結果, 音節長, 母音無声化, 基本周波数の変化範囲やピークは感情に応じて変化することがわかった.F0が低く, 変化範囲の狭い「怒り」, 「平静」と, F0が高く, 変化範囲の広い「喜び」, 「驚き」に2極分化する傾向があった.「悲しみ」のF0の変化範囲は就学前児で高く, 就学児で低くなった.母音無声化率は「平静」発話では高く, 感情発話で低下した.発達に伴い, 東京方言の環境に順応した無声化率の上昇がみられた.音節長の制御には年齢による差はなかった.本研究で得られた健常児の音声による感情表現の知見は, 感情表現に問題を抱える児童の音声を評価する場合, 有用と考えられる.
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1831, pp.40-43, 2016-03-07

2015年夏の高校野球。早稲田実業の清宮幸太郎や関東第一のオコエ瑠偉などのニューヒーローが誕生し、甲子園球場は大きな盛り上がりを見せた。その熱狂を支えたサービスがある。
著者
付 思 Chen Mingjie 吉原 務
出版者
電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
雑誌
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2014, pp.139, 2014

Directly powered by a AC voltage, for a soft switching method, the proposed circuit can implement a higher efficiency and power factor (PF) as well as a lower total harmonic distortion (THD) [1] and avoid some thorny problem such as EMI and EMC noise during hard commutations with an adaptive load network. By utilizing the converter-free technique, the work can be fabricated into a BCDMOS process technology without using any inductors and capacitors. The proposed circuit is designed and simulated under BCDMOS technology. The maximum output current for LED can achieve 1A under 1KHz 110V/AC (1 KHz 220V/AC) condition.
著者
佐藤 努
出版者
広島女学院大学人間生活学部
雑誌
広島女学院大学人間生活学部紀要 (ISSN:21884447)
巻号頁・発行日
no.5, pp.57-62, 2018

Japanese anchovy fillets were preserved in salt at 4°C for various periods and then stored at 20°C inolive oil for varying durations after being bottled to produce so-called anchovies. The salting durationswere 0 (no salting), 1.5, 3, 7, 17, 28, 42, 56, 70 and 388 days. The marinating periods were 0 (no marinating),7, 14, 28 and 365 days, and all of the fish were marinated except for those that were salted for 388 days. The condition of the anchovies during the aging process and the extent of putrefaction were determined through the monitoring of water activity (Aw) and volatile basic nitrogen (VBN) levels, and the extent of protein decomposition was determined by means of SDS-polyacrylamide gel electrophoresis (SDS-PAGE). The proteins in the fillets were found to have decomposed into smaller molecules during salting without undergoing putrefaction, and the decomposition progressed during the 388-day salting period. Protein decomposition continued during the 365-day marinating period and was accompanied by a slight rise in VBN levels (which weren't evaluated as putrefaction-related), and the decomposition was less in fillets that were salted for a long time before being marinated. In contrast to the fillets that were salted before marination, those that were marinated without having been salted exhibited rapid protein decomposition to smaller molecules—changing steadily from big to small—with VBN levels evaluated as being clearly associated with putrefaction.カタクチイワシは,内臓の消化酵素活性が高く,その鮮度落ちは外観からも腹部の穿孔に確認される.また,魚肉の脆弱化も速やかであり,これにはタンパク質分解酵素活性の高さが関与している.鮮度が良いうちの活用を考えると,カタクチイワシは扱いにくい魚であるが,筋肉タンパク質の分解による熟成が,品質にとって重要な要因となる発酵食品の原料としては,この魚の特性は優れている可能性がある.本研究では,カタクチイワシの発酵食品であるアンチョビに焦点を当て,様々な塩漬および油漬期間のサンプルを調製し,塩漬,油漬それぞれの意義を調べるとともに,状態を化学分析し評価することを目的とした.広島県内で購入したカタクチイワシをフィレーにし,その一片一片の表面が食塩に接するようにプラスチック容器に入れ,そのまま4℃で一定期間(0, 1.5, 3, 7, 17, 28, 42, 56, 70および388日間)塩漬し,その後,388日間塩漬分以外のものについては,食塩を振るい落とした後,ジャム瓶に詰めオリーブ油を満たし,20℃で一定期間(7, 14, 28および365日間)油漬した.各段階の試料につき,(1)水分活性(Aw),(2)微量拡散法による揮発性塩基態窒素量(VBN)を測定し,併せてSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動を行なった.その結果から,各試料の保持具合や,熟成に伴うタンパク質の分解の程度を推定し,アンチョビの熟成に及ぼす塩蔵と油漬の効果を評価した.フィレーの数日以上の塩漬により,Awは一般的な細菌が増殖できない0.80前後に低下し,その状態は塩漬最終日の388日まで持続した.また,腐敗細菌によるタンパク質分解産物の生成量を示すVBN値は,塩漬処理を施すと,初期腐敗と判断される値(30 mg%)の約1/3量を維持した.塩漬後の油漬期間においても,数日以上の塩蔵処理を施したフィレーには,Aw,VBN両値において塩漬終了時の低い値(Aw:0.80前後,VBN:30 mg%未満)の保持が確認された.一方,フィレーの電気泳動結果からは,塩漬,油漬両期間におけるタンパク質の分解が確認された.タンパク質の分解は,塩漬せず油漬処理のみを施したサンプルにおいて最も進行しており,初期腐敗値の約25倍ものVBN(758 mg%)が検出されたが,1.5日以上の塩漬処理群においては,油漬期間中のタンパク質の分解は同様に進行していたものの,Awは0.80前後に維持され,VBNの著しい増加は認められなかった.このことから,数日以上の塩漬後に油漬すると,内部の自由水が制御された状態で熟成が進み,魚肉中には低分子化したタンパク質やペプチド等が蓄積されていくものと推察された.
著者
平岡 延章 十河 宏行 由良 諭 逸見 知弘 正箱 信一郎 石井 耕平 津守 伸宏 鹿間 共一 漆原 史朗 太良尾 浩生
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.84, no.862, pp.18-00031, 2018 (Released:2018-06-25)
参考文献数
6

A motor shaft direct drive is known as a simple and low cost scheme for small toy vehicles, however the mechanism how it produces propelling force has not yet been explained nor discussed in detail. A trivial idea that a small dent is formed on the road surface just under the shaft end due to static weight takes us to the unexpected result. Brief calculus reveals that the propelling force vector of the system directs somewhat forward with respect to sagittal plane which includes motor shaft slant axis. It suggests that the motor alternative cw and/or ccw rotation generates gradual forward movement, i.e. the vehicle moves perpendicular direction with respect to that of right-left swinging motion. The forward motion is confirmed experimentally with single motor shaft direct drive vehicle, and also discussed in details.

1 1 1 0 OA 西の空

著者
柳矢 編
出版者
巻号頁・発行日
1773
著者
伊藤 貴康
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理 (ISSN:04478053)
巻号頁・発行日
vol.38, no.10, pp.932-937, 1997-10-15
参考文献数
8
被引用文献数
5
著者
小前 憲久 日比野 康英 菅野 延彦
出版者
公益社団法人日本薬学会
雑誌
藥學雜誌 (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.119, no.10, pp.763-772, 1999-10-01
被引用文献数
2

The spectral karyotyping (SKY) method is a novel molecular cytogenetic technique which simultaneously discerns entire chromosomes. In order to elucidate the origins of micronuclei induced under hyperthermic conditions in human lymphocyte culture, peripheral blood cells were cultured at 40℃ or 42℃ for 3-24 h, using the cytokinesis-block method with cytochalasin B. The induced micronuclei were identified by the fluorescence in situ hybridization (FISH) and SKY methods. At 42℃ for more than 6 h, the frequency of occurrence of micronuclei in binucleated cells rose with increasing incubation time. By the FISH method, 83.3% of micronuclei induced in 24 h culture at 42℃ were shown to be positive for the human centromeric probes. By the SKY method, each micronucleus induced under the hyperthermic conditions was identified unequivocally and shown to contain a specific chromosome. These results suggest that the micronuclei induced under the hyperthermic conditions in human lymphocyte culture contain chromosomes which do not migrate to the poles at the anaphase of the cell cycle because of the breakdown of the spindle apparatus.
著者
細谷 博
出版者
和泉書院
雑誌
森鴎外研究 (ISSN:09139990)
巻号頁・発行日
no.8, pp.165-183, 1999-11
著者
松岡正剛著
出版者
春秋社
巻号頁・発行日
2000