著者
藤森 かよこ
出版者
福山市立大学都市経営学部
雑誌
都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University (ISSN:2186862X)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.35-52, 2018-02-28

アメリカの国民作家・思想家のアイン・ランド(Ayn Rand)の思想は毀誉褒貶が激しく,特にその徹底した合理主義(rationalism)は,日本人読者にとって敬遠されやすい.ところが,実は,アイン・ランドの思想の核となる彼女の資本主義観は,日本人にとって意外に理解しやすく共感を得やすい.それは,百田尚樹の『海賊とよばれた男』という経済歴史小説と,ランドの代表作の『肩をすくめるアトラス』を比較するとわかることである.これら二作品は,どちらも「資本主義の精神」を祝福し,どちらもリバータリアニズムの立場にある.マックス・ヴェーバーが論じたように,資本主義の精神を構成するのは,「労働が宗教的救済となること」と「目的合理的な経営」と「利潤の正当化」である.山本七平が発見したように,その資本主義の精神は江戸期の日本にも生まれていた.だからこその明治以降の日本の近代化が可能であった.ランドの資本主義観は,一見奇異に見えて,ヴェーバーが論じた資本主義の精神の世俗化した形である.この文脈で,ランドの説く道徳としての資本主義は,日本人にとって理解しやすいものである.ただし,ランドが「いまだ実現していない理想」として説く資本主義の精神においては,日本的資本主義に見られるように,企業という機能集団は,共同体と未分化ではない.日本人がランドの資本主義から学べることは,個人を共同体に溶解させることによって機能集団を機能不全にすることを抑止する個人主義である.個人の尊厳である.Ayn Rand's defense of capitalism has infuriated anti-capitalists, including many American intellectuals. In popular usage in the context of literary criticism, the word "capitalism"is a synonym of evil. In such an anti-capitalist American intellectual milieu, Ayn Rand dared to refuse to renounce the concept of capitalism.Ayn Rand's view of capitalism is derived from the following ideas: reality exists as an objective absolute, independent of man's feelings, wishes, hopes, or fears; reason is man's only means of perceiving reality, man's only source of knowledge, man's only guide of action, and man's means of survival; every man is an end in himself/herself, not the means to the ends of others; man must exist for his/her own sake, neither sacrificing him/her to others nor sacrificing others to him/her; the pursuit of man's own rational self-interests based on a long-term vision and the achievement of his/her own happiness are the moral purposes of his/her life; therefore, the ideal political-economic system is laissez-faire capitalism, because it is a system where men deal with one another, not as victims and executioners, nor as masters and slaves, but as traders, by free, voluntary exchange to mutual benefit; the government acts only as a protector of man's rights; for the above-mentioned reasons, of all the social systems in human history, capitalism is the only system based on morality, though a pure system of capitalism has never yet existed even in America; that is to say, capitalism is the system of the future or the unknown ideal.Thus we can safely say that Ayn Rand's view of capitalism seems to be "humanistic" rather than "capitalistic." Ayn Rand's defense of capitalism as a moral system makes readers recognize that protection of individual rights and creation of prosperity as its result depend on the spiritualization of political-economic life through the recognition and practice of morality, or on the true spirits of capitalism which was previously discussed by Max Weber.
著者
杉原 道子 内山 浩道 家根橋 伸子 石口 智堂 徳永 慎太郎
出版者
山口大学大学教育機構
雑誌
大学教育 (ISSN:13494163)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.65-77, 2011-03

山口大学が開催した日本語・日本文化サマープログラムに参加した44名の受講生は日本語学習と日本文化体験を連動させたプログラムによって飛躍的にコミュニケーション能力を向上させることができた。猛暑の中、厳しい研修内容にも関わらず、受講生の多くは将来日本と関係のある仕事がしたいという強い目的意識を持っていたため、意欲的に勉学に励んだものと思われる。研修後、山口大学のシラバスが評価され、受講生のいくつかの在籍大学において単位が認定された。各国の大学においてシラバス内容を検討し、1か月というような短い期間であっても相互に単位認定を行うことによって、受講生のモティベーションを高め、相互交流が活発に行われるものと思われる。
著者
池上 俊也
出版者
日経BP社
雑誌
日経systems (ISSN:18811620)
巻号頁・発行日
no.217, pp.48-51, 2011-05

電力需要のピークとなる夏場を控え、IT現場では電力危機に対する備えが求められている。今のところ節電対策が中心だが、大規模停電や計画停電への対策も無視できない。準備期間はわずか1カ月。自家発電装置の利用を想定した電源確保や、システムのシャットダウン短縮化を急ぐ必要がある。 24年前の夏の日、悪夢は起こった。猛暑の中、昼休みを終えた企業の冷房需要が急増。
著者
飛田 国人 藏澄 美仁 大和 義昭 深川 健太 佐賀 亮介
出版者
日本生気象学会
雑誌
日本生気象学会雑誌
巻号頁・発行日
vol.52, no.2, pp.105-117, 2015

熱中症に関する市民の関心特性を示すことを目的として,オンラインコミュニティに投稿された質問を対象に,熱中症用語の投稿数と質問内容の主語,場面,要点の観点から分析した.市民が主に使用する熱中症用語は熱中症,熱射病であった.質問投稿数は日最高 WBGT が 20℃から増加し始め,質問数は年次的に増加傾向であった.質問の要点では対策,症状,診断,対応において 100 件を超える投稿があった.主語がない質問では場面の明示がなく,原因や用語などの熱中症の知識に関心がある通有性が高い質問が多かった.少年では学校についての投稿が多く,不特定の人に関心がある通有性が高い質問が多かった.乳幼児では年齢や性別,状況を詳述した質問や,車内の熱中症などの特有性が高い質問が多かった.以上から年齢や場面と市民が必要とする熱中症情報との関連が示された.
著者
大久保 翔太 川越 夏樹 繁内 宏治 名取 賢二
出版者
一般社団法人 電気学会
雑誌
電気学会誌 (ISSN:13405551)
巻号頁・発行日
vol.138, no.1, pp.4-7, 2018

<p>1.はじめに</p><p>2017年8月下旬のうだるような暑さの中,品川駅から徒歩15分の場所にあるというソニー歴史資料館に向かった。品川駅高輪口から地図を頼りに歩き出すと,10分もしないうち</p>
巻号頁・発行日
vol.第58冊, 1000
著者
木村 禎一 遠藤 淳 後藤 孝
出版者
公益社団法人 日本セラミックス協会
雑誌
日本セラミックス協会 年会・秋季シンポジウム 講演予稿集
巻号頁・発行日
vol.2007, pp.57, 2007

ケイ酸イットリウムは、優れた化学的安定性を持つ酸化物で、耐食、耐熱コーティングとして期待される。本研究では、レーザーCVD法により、イットリアー二酸化ケイ素系複酸化物膜の合成を試みた。Y/Si比や合成圧力・合成温度などを変化させて、原料ガス組成と生成相の関係について調べた。
出版者
日経BP社
雑誌
日経トップリーダー
巻号頁・発行日
no.398, pp.42-45, 2017-11

最後は、町工場が連携して「戦わない経営」を実践しているケースだ。誰もやらないこと、誰もできないことに挑戦し、競争と距離を置く。利己的な考えを捨て、共通の使命の下、顧客と市場を創造し続ける。「営業時間内のお問い合わせ 2時間以内でご対応!」 京都試作ネット(京都市)のウェブには、異例のレスポンスの速さをうたう文字が並ぶ。
著者
田村 祐 原田 結以 加藤 大幾 原 和久 草薙 邦広
出版者
The Japan Society of English Language Education
雑誌
全国英語教育学会紀要 (ISSN:13448560)
巻号頁・発行日
vol.27, pp.169-184, 2016 (Released:2017-04-05)
参考文献数
26

Among foreign language teachers and researchers, it has been widely acknowledged that grammatical knowledge of a foreign language comprises two types of mental storage. One of the two, explicit knowledge, is quite likely linked to adjectives such as “slow” and “conscious,” whereas the other, implicit knowledge, is associated with words such as “fast” and “unconscious.” The present study challenges this conventional and popularized view, by addressing the consciousness and speed dimensions of Japanese EFL learners’ (N = 24) knowledge about tough movement. We conducted a grammaticality judgment task adopting two experimental paradigms: (a) a subjective measure of consciousness known as the meta-knowledge criterion, and (b) response time modeling. The participants judged the grammaticality of the stimuli under the two conditions, (a) control and (b) tough movement, and described their mental state during judgments (explainable vs. intuitive) trial by trial. We analyzed the dynamics among the recorded judgment responses, reaction times, and responses on the subjective measure. The results supported the hypothesis that the consciousness and speed dimensions intersect obliquely. This means that unconscious knowledge does not entail faster grammatical performance. Some pedagogical implications, particularly in light of English grammar teaching in Japan, are also discussed.
著者
加藤 宏
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.44.1, pp.20-29, 2009-04-25 (Released:2017-01-01)
参考文献数
35

明治前半期の軍都においては、主要な軍事施設が旧城郭周辺部に設置されたが、仙台の場合は旧仙台城周辺部と市街地外縁部の榴ヶ岡に二分された。これはきわめて特異な配置である。この特異な配置に至った要因を探るため、仙台における軍事施設配置の経緯を調査し、旧仙台城周辺部と榴ヶ岡について軍事施設設置の立地条件を詳細に検討した。旧仙台城周辺部は洪水によって橋が流失して孤立する懸念があったが、榴ヶ岡は用地が狭かったため、主要な軍事施設が両者に二分して配置されたものと考えられる。仙台では主要な官衙および軍事施設を結ぶ道路が官衙道として整備されたので、市街地を挟んで東西に二分されているという特異な軍事施設の配置が仙台の交通網整備に大きな影響を与えた。
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュータ (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.796, pp.42-47, 2011-11-24

中古車の査定担当者がiPadを片手に、車両の状態を丁寧に確認して回る。中古車販売大手、ガリバーインターナショナルの店舗で見られる光景だ。 ガリバーは中古車の査定業務に使うアプリケーションを自社で開発している。iPad向けに独自のUIを備えたものだ。その使い方を見てみよう。 査定担当者は車両の外観に傷や補修の跡があるかなどを見て回る。
著者
寺島 徹
出版者
早稲田大学国文学会
雑誌
国文学研究 (ISSN:03898636)
巻号頁・発行日
vol.141, pp.45-56, 2003-10-15 (Released:2016-11-21)
著者
小林 茂雄 海野 宏樹 中村 芳樹
出版者
人間・環境学会
雑誌
MERA Journal=人間・環境学会誌 (ISSN:1341500X)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.1-8, 2000-05-01

夜間商店街の視環境は、街路灯や看板灯、ウィンドゥディスプレイの光など多様な照明要素で構成されているが、これらの光環境は一般的に20時前後を境にして急激に変容する。これは店舗が閉店すると同時に付随する看板灯や内部照明を全て消灯してしまうからである。看板灯や店舗からの漏れ光は、屋内の人間活動と結びついていることから、こうした光は外部に対して単に視覚的な明るさを与えるだけでなく、人の気配を感じさせる働きがあるのではないかと考えられる。本研究は、店舗に付随する照明要素の心理的な働きを理解することによって、閉店後における街路の環境を改善する手がかりを得ようとしている。はじめに、開店時から閉店時にかけて商店街光環境の移り変わりを体験させ、その印象を把握する実験を行った。その結果、閉店後の光環境は全般的に不安で監視性が低く、監視性の低さは店舗から漏れ出す光が強く関与していることがわかった。そこで次に、店舗から漏れ出す光量やファサードの透視性を変数とした評価実験を行ったところ、路上で感じられる人の気配や安心感は、漏れ光の強さだけでなく、店舗ファサードの形態と関わりがあることがわかった。
著者
清水 文健 東郷 正美 松田 時彦
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
地理学評論
巻号頁・発行日
vol.53, no.8, pp.531-541, 1980
被引用文献数
1 4

In the high mountain area of the Japan Alps, there are many scarps invariably facing the ridge, namely uphill-facing scarps on tops and sides of ridges. Similar scarps found in Europe, United States and New Zealand have been ascribed to erosion, slow movement along deep-seated shear plane and tectonic movement. In the present paper the authors studied the formation mechanism of uphill-facing scarps on the slopes of Mt. Noguchigorodake and its vicinity mainly composed of granitic rocks.<br> The uphill-facing scarps of this area cut through the debris slopes and post-glacial deposits. The ridge-top is sandwiched in between the uphill-facing scarps on both sides. Each scarp on both sides of the ridge bears similarities in form, size, distribution and degree of dissection. From these facts the uphill-facing scarps on each side of the ridge are inferred to have been formed by the same mechanism in the same time (probably postglacial period).<br> Distribution of the uphill-facing scarps in this area is limited only around ridges. Most of these scarps are nearly parallel to the long axis of the ridge and are incompletely arranged en echelon. The total length of the scarps arranged en echelon is 2 km or less. These facts imply that their formation processes are not controlled by regional stress but strongly

1 1 1 0 OA 大赦調書

出版者
巻号頁・発行日
vol.[77] 三十 三分冊ノ二 (御転任御兼任御祝儀御之御赦ニ付前々御仕置ニ成候者共書付 三(文政元年)),
著者
Takashi Kawai Fumiya Matsumori Hidemi Akimoto Naoki Sakurai Ken Hirano Ryohei Nakano Fumio Fukuda
出版者
The Japanese Society for Horticultural Science
雑誌
The Horticulture Journal (ISSN:21890102)
巻号頁・発行日
pp.UTD-012, (Released:2018-07-14)

Split pit in peach (Prunus persica (L.) Batsch) fruit is an internal disorder that can have adverse effects on fruit quality and shelf stability. As it is difficult to distinguish split-pit fruit from normal fruit by appearance, a nondestructive detection method is desirable to determine accurately the timing of split-pit occurrence and remove unwanted fruit from trees. In our recent study, we used an acoustic vibration method for the nondestructive detection of split pit in harvested peach fruit. Here, we demonstrate that this method can be used to detect split pit in unpicked peach fruit. Time-course monitoring of growing fruit revealed that the ratio of the third (f3) to the second (f2) resonant frequency (f3/f2), which is an indicator of split pit in harvested fruit, abruptly increased in unpicked split-pit fruit from early June to early July. In contrast, the f3/f2 values of normal fruit remained low until harvest in late July. The increase in f3/f2 values of split-pit fruit was observed in early June (stage II of fruit growth) and/or from late June to early July (stage III of fruit growth), suggesting that, at least under the experimental conditions in the current study, pit splitting occurred at these two different timings. Split-pit fruit detection rate at harvest increased towards the end of the second split-pit occurrence and split pit could be predicted with high accuracy thereafter. These results collectively suggested that the timing of split-pit occurrence in unpicked peach fruit could be predicted accurately by measuring f3/f2 values and unwanted fruit with split pit could be distinguished from normal fruit on trees. We discuss the possible applications of the nondestructive acoustic vibration method in combination with fruit thinning and the future use of this method in research aiming to develop effective prevention methods or resistant cultivars with reduced split pit.