著者
Shigeyuki Asano
出版者
The Japanese Society for Lymphoreticular Tissue Research
雑誌
Journal of Clinical and Experimental Hematopathology (ISSN:13464280)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.1-16, 2012 (Released:2012-06-06)
参考文献数
94
被引用文献数
37 41

In this review, representative types of granulomatous lymphadenitis (GLA) are described. GLA can be classified as noninfectious GLA and infectious GLA. Noninfectious GLA includes sarcoidosis and sarcoid-like reaction. The cause of sarcoidosis remains unknown, but it has good prognosis. Sarcoid-like reaction, which is considered to be a biological defense mechanism, is observed in regional lymph nodes with many underlying diseases. Infectious GLA can be classified as suppurative lymphadenitis (LA) and nonsuppurative LA. Suppurative LA generally shows follicular hyperplasia and sinus histiocytosis in the early phase. In tularemia and cat scratch disease, monocytoid B lymphocytes (MBLs) with T cells and macrophages contribute to the formation of granuloma. However, none of the epithelioid cell granulomas of Yersinia LA contains MBLs like in cat scratch disease. In addition, almost all have a central abscess in granulomas induced by Gram-negative bacteria. In terms of the lymph nodes, tularemia and cat scratch disease are apt to affect the axillary and cervical regions while Yersinia LA affects the mesenteric lymph node. Nonsuppurative LA includes tuberculosis and BCG-histiocytosis. These are induced by delayed allergic reaction of M. tuberculosis. Tuberculosis LA mainly appears in the cervical lymph node. Organisms are histologically detected by Ziehl-Neelsen staining in the necrotic area. Toxoplasmosis is also a nonsuppurative protozoan infection (Toxoplasma gondii). In toxoplasma LA, MBLs can also be seen, but round and organized, well-formed granulomas are not found in this disease. Furthermore, necrosis is not induced and there are no accompanying neutrophils, eosinophils and fibrosis. GLA described above is associated with characteristic histological findings. An accurate pathological diagnosis using the above findings can lead to precise treatment. [J Clin Exp Hematopathol 52(1) : 1-16, 2012]

14 4 4 1 OA コエンザイムQ10

著者
菅野 直之
出版者
特定非営利活動法人 日本歯周病学会
雑誌
日本歯周病学会会誌 (ISSN:03850110)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.63-67, 2017-06-30 (Released:2017-07-25)
参考文献数
26
著者
西尾 嘉朗
出版者
日本水文科学会
雑誌
日本水文科学会誌 (ISSN:13429612)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.119-135, 2013-11-30 (Released:2014-01-16)
参考文献数
46
被引用文献数
2

地殻深部流体は,地震発生や火山噴火といった地殻活動において重要な役割を担う。しかし,多くの地球化学指標は表層水の影響を大きく受けやすいため,これまで深部流体の物質科学的研究は遅れていた。比較的新しい研究ツールであるリチウム(Li)の同位体指標は,この地殻深部流体に関する非常に強力な研究ツールであることが最近の研究から明らかになりつつある。近年,地下水のLi同位体データを基に,木曽御嶽火山の南東麓で現在も続く群発地震に関与する流体が非火山性の深部流体であることが明らかとなった。内陸大地震発生に大きく関わる間欠的な深部流体の上昇は,下部地殻の深部流体だまりを覆う難透水層(帽岩)の破れによるものかもしれない。リチウム同位体指標によって,この深部流体が上昇する『水漏れ現象』に関してより高度な知見を我々にもたらしてくれる事が期待される。
著者
宋教仁著 松本英紀訳注
出版者
同朋舎出版
巻号頁・発行日
1989

6 4 4 1 OA 史料大成

著者
笹川種郎 編
出版者
内外書籍
巻号頁・発行日
vol.第30, 1938
著者
鈴木 真理子 大海 昌平
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.241-247, 2017 (Released:2018-02-01)
参考文献数
17
被引用文献数
2

イエネコFelis catusによる在来種の捕食は,日本においても特に島嶼部において深刻な問題である.鹿児島県奄美大島と徳之島にのみ生息する遺存固有種アマミノクロウサギPentalagus furnessiの養育行動を2017年1月から3月にかけて調査していたところ,繁殖穴で離乳間近の幼獣がイエネコに捕獲される動画を自動撮影カメラによって撮影したので報告する.繁殖穴における出産は2017年1月14日~15日の夜に行われたが,幼獣(35日齢)がイエネコに捕獲されたのは2月19日1時ごろで,この前日は繁殖穴を母獣が埋め戻さずに入り口が開いたままになった初めての日であった.この動画の撮影後,幼獣は巣穴に戻っていないことから,捕食あるいは受傷等の原因で死亡した可能性が高い.イエネコは幼獣の捕獲から約30分後,および1日後と4日後に巣穴の前に出現し,一方アマミノクロウサギの母獣は1日後に巣穴を訪問していた.幼獣の捕食は,本種の個体群動態に大きな影響を与えうる.本研究により,アマミノクロウサギに対するイエネコの脅威があらためて明らかとなった.山間部で野生化したイエネコによるアマミノクロウサギ個体群への負の影響を早急に取り除く必要がある.
著者
藤田 昌也 松見 淳子 平山 哲
出版者
一般社団法人日本認知・行動療法学会
雑誌
行動療法研究 (ISSN:09106529)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.195-204, 2011-09-30

本研究は、最重度知的障害を伴う自閉症成人女性に対して、1時間単位の時計の読みと時系列の順序を指導した事例研究である。対象者は、28年間施設を入所利用し、)し2年から重症心身障害児施設を入所利用する41歳の最重度知的障害を伴う自閉症のある女性である。モデル提示、弁別訓練、プロンプトを用いた約30分の指導セッションを45試行、フォローアップを5試行実施した。介入の結果、アセスメントでは7以上の数字を読むことができなかった対象者が、段階的な指導を行うことにより1時間単位の時計の読みと時系列の順序を獲得することができた。3カ月半後のフォローアップでは時計の読みスキルの維持と他の時計への般化も確認された。本研究の結果から、段階的な行動的支援方法を用いることにより、最重度知的障害を伴う自閉症成人に対して、日常生活に応用可能な新たなスキルを形成できることが示された。