著者
井上 孝夫
出版者
千葉大学
雑誌
千葉大学教育学部研究紀要 (ISSN:13482084)
巻号頁・発行日
vol.53, pp.223-227, 2005-02-28

東北地方を中心に行なわれている民俗芸能・鹿踊り(ないしは,獅子踊り)の起源については,これまでいくつかの説が唱えられてきた。そのなかで,マタギ起源説はマタギ集落と伝承地が一致しないため,説得力に乏しい。世上流布しているのは人間による鹿の模倣説で,宮沢賢治の「鹿踊りのはじまり」に依拠して語られることが多い。これに対して,本稿は鹿踊りは製鉄の民俗の一種であることを主張する。そして畠山重忠と日蓮の関連性から,宮沢賢治説の表層性(あるいは,非土俗性)と限界性を指摘する。
著者
二村 正之 若原 弘之 宮本 龍夫
出版者
日本鱗翅学会
雑誌
蝶と蛾 (ISSN:00240974)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.60-64, 2014

イナズマチョウ属Euthaliaの幼虫の棘に毒性があるかどうかを調べるために,モニナイナズマEuthalia moninaとビャッコイナズマE. byakko各々5齢幼虫の形態を観察し,さらに被験者(50歳,男性)の皮膚へ直接触れさせる方法により皮膚炎発症の有無を確認する実験を行った.形態観察の結果,E. moninaの幼虫背面の棘に黄色の球状部が多数認められるのに対し,E. byakkoにはほとんど認められないことが判明した.さらに,被験者の前腕部に虫体を付着させる実験で,E. moninaでは虫体が皮膚に触れると疼痛をもたらし,10分後に早くも付着部皮膚に皮膚炎(痒みを伴う紅斑や膨疹)が出現し,48時間後にはそれが幼虫の形に浮き出るほど進行した.結局,これらの症状が消失するまでに120時間(5日間)以上を要した.これは既に毒棘による皮膚炎の発症が報告されているマダラガ科Zygaenidae幼虫による反応に近いと考えられた.一方,E. byakkoでは皮膚にそのような変化はまったく認められなかった.以上の結果から,E. monina 5齢幼虫の棘から毒液が分泌される可能性が示され,これが,背部の棘にある黄色の球状部に含まれている可能性があることが示唆された.一方E. byakko 5齢幼虫にはそのようなことがなかったという事実は,毒棘がEuthalia属幼虫すべてに存在するものではないことを示している.
著者
森滝 望 井上 和生 山崎 英恵
出版者
Japan Society of Nutrition and Food Science
雑誌
日本栄養・食糧学会誌 (ISSN:02873516)
巻号頁・発行日
vol.71, no.3, pp.133-139, 2018 (Released:2018-06-15)
参考文献数
22

日本食の風味を支える出汁は, 心身への健康機能を有することが最近の研究により明らかにされてきているが, いずれの報告も長期摂取による効果に着目しており, 短期的な影響については知見が乏しい。本研究では, 出汁の単回摂取による効果を明らかにすることを目的とし, 鰹と昆布の合わせ出汁の摂取および香気の吸入が自律神経活動および精神的疲労に及ぼす影響について検討を行った。24名の健康で非喫煙のボランティアが本研究に参加した。被験者は, 9: 00に指定の朝食を摂取し, 10: 30—11: 30に実験を実施した。自律神経活動は心拍変動解析により評価し, 疲労の評価では, 一定の疲労負荷として単純な計算タスク (内田クレペリンテスト) を30分間課し, その前後でフリッカー試験を実施した。加えて, Visual Analogue Scale (VAS) を用い, 主観的な疲労度および試料に対する嗜好度を評価した。出汁の単回摂取では, 対照の水と比べて, 心拍数低下と副交感神経活動の一過性上昇が認められた。また, 出汁の香気吸入でも同様の効果がみられた。さらに, 出汁の単回摂取により, 計算タスク後のフリッカー値低下が抑制され, VASの結果より主観的な疲労度も軽減されていることが示された。これらの結果から, 出汁の摂取は副交感神経活動を上昇させる作用を介して, リラックスと抗疲労の効果を誘起する可能性が示唆され, その作用における香気成分の重要性が示された。

10 4 4 2 OA 国史大系

著者
経済雑誌社 編
出版者
経済雑誌社
巻号頁・発行日
vol.第10巻, 1905

5 4 4 0 OA 漱石全集

著者
夏目漱石 著
出版者
漱石全集刊行会
巻号頁・発行日
vol.第十四卷, 1937
著者
遅塚 忠躬
出版者
公益財団法人 史学会
雑誌
史学雑誌 (ISSN:00182478)
巻号頁・発行日
vol.110, no.12, pp.2059-2093, 2001

Article 7 of the "Amnesty Bill of 1816" decreed "regicides" (deputies of the National Convention who had voted for the death of Louis XVI) to be exempted from amnesty, and it condemned the regicides who had joined Napoleon's hundred days to go into exile forever out of the French kingdom. However, several regicides continued to live in France (those who had not joined Napoleon, who had been granted a stay of execution, and who had gone underground). The central and local police agencies were very cautious of these regicides living in France, because it was possible that the memories of the Revolution connected with the regicide survivors would be menacing to the Restoration monarchy. The authorities were so cautious of this dangerous movement that there are many documents about it in the dossiers of the Ministery of Police. This paper aims to shed light on some aspects of the memories of the Revolution under the Restoration by investigating these police documents (F7 in the National Archives). The results of the research are as follows. First, the most positive and favourable memories of the Revolution were held, grosso modo, among the peasantry and popular classes, while the most negative and disfavourable ones were held among local rich notables. Secondly, this social distinction of memories having been complicated according to local situations, frictions between positive and negative memories took place in various forms. Thirdly, among the peasantry and popular classes, positive memories of the Revolution were maintained in the same formula (the Revolution which had abolished feudal dues) throughout the Restoration, while among local notables and bourgeois, memories of the Revolution tended to fade away or be forgotten in the early days of the Restoration. Finally, if we look ahead into the second half of the19th century, the succession of memories of the Revolution would not be so straightforward. That is to say, memories of the Revolution would be transformed, resurrected and, at the same time, forged or invented, up to the Third Republic.
著者
森戸 浩明
出版者
公益社団法人 日本皮膚科学会
雑誌
日本皮膚科学会雑誌 (ISSN:0021499X)
巻号頁・発行日
vol.127, no.6, pp.1339-1344, 2017-05-20 (Released:2017-05-22)
参考文献数
18

39歳,女性.右大腿部をイトグモ(Loxosceles rufescens)に咬まれた.受傷後約6時間より局所の疼痛,発熱および全身の紅斑が出現し,受傷後約20時間で“red, white, and blue sign”がみられた.第30病日に長径約10 cmの最大潰瘍になったが,受傷後約4カ月には小潰瘍をのこして瘢痕上皮化した.イトグモは壊死性皮膚病変の原因となり,日本にも生息していることが知られている.自験例は,イトグモの確認と同定ができたイトグモ咬症(loxoscelism)の本邦第1例目である.
著者
森下 義隆 矢内 利政
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
vol.63, no.1, pp.237-250, 2018-06-10 (Released:2018-06-20)
参考文献数
27

The purpose of this study was to examine within-subject differences in bat-swing trajectory between intentional hitting towards the same field and towards the opposite field. 19 industrial league baseball batters and 16 collegiate baseball batters performed same-field hitting (SH) and opposite-field hitting (OH). The movement of the bat during the swing was recorded with two high-speed cameras (1000 fps) for 3D analysis. At the instant of ball impact, the striking surface of the bat faced towards the same field in SH and towards the opposite field in OH. The bat-head trajectory immediately before impact was directed obliquely upward in SH, whereas it was directed obliquely downward in OH. Throughout the swing, the projection angle of the bat on the vertical plane was greater in OH than in SH, and the ratio of the translational component of the bat-head speed to the resultant bat-head speed was significantly greater in OH than in SH. These results suggest that the characteristics of the bat swing in OH provide a suitable impact condition to drive the ball towards the opposite field, as evidence has demonstrated that (1) a batted ball is likely to travel towards the opposite field when the lower half of the ball is hit by a vertically inclined bat, and (2) the striking surface of the bat is unlikely to turn to face towards the same field when the contribution to the resultant bat-head speed is generated more by the translational component of the bathead speed than by the rotational component.
著者
粟谷 佳司 アワタニ ヨシジ Awatani Yoshiji
出版者
同志社社会学研究学会
雑誌
同志社社会学研究 (ISSN:13429833)
巻号頁・発行日
no.22, pp.9-19, 2018-03

研究論文(Original paper)本論文は、戦後日本の市民社会における「ひとびと」の位相を、鶴見俊輔の「大衆」概念と関連させながらその意義について考察した。最初に、鶴見の『戦後日本の大衆文化史』の議論を中心に、「大衆」「市民」「ひとびと」という概念が鶴見の方法において連続したものとして捉えられていることを考察した。続いて、高度成長期から消費社会と言われる1980年代の議論から、鶴見と吉本隆明の文化論を比較し鶴見の方法の意義を考察した。
著者
河合 靖 佐野 愛子 小林 由子 飯田 真紀 横山 吉樹 河合 剛 山田 智久 杉江 聡子 三ツ木 真実
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

本研究は、東アジア圏の国際的な人口流動性が高まり、欧州のような複言語主義的多層言語環境が出現するという予想のもとに、多言語社会香港の言語教育政策、日本人子女教育、第二言語教育、使用言語の言語学的考察、香港と日本の学生による言語交換などを通して、日本が多層言語環境化する際の課題に示唆を得ることを目的としている。香港の言語教育政策は、学校群に分けて英語、広東語を教育言語としてどの割合で用いるか差をつけてきている(バンドシステム)が、その変遷の実態については不明な点が多い。今回、各年齢層の香港在住者にインタビューを実施することで、これまで報告資料による伝え聞きであった状況を徐々に脱却できる可能性が見えてきた。また、日本人コミュニティへの聞き取り等をもとに、香港では教育の選択肢が豊富で、また、香港の人々が複数言語能力を身に付けることに貪欲な様子が見えてきた。あわせて、香港の日本語学習者が日本のポップカルチャーに対する興味を学習の強い動機づけにしていることや、日本語と広東語の終助詞に相似的特徴が見られるなど、日本と香港をつなぐ興味深い事実を考察できた。さらに、香港と日本の大学生が言語交換学習を行うことで、第二言語不安の解消や積極的な言語活動への参加が促進される可能性が示唆された。この2年間に、英国のEU離脱、米国・仏国大統領選などで、言語・文化の多様化に対する反動的な動きが世界的に顕在化してきているとされる。科学技術の発達にともない、人口移動と異文化・異言語の交流が加速度的に進む時代である。人類がアフリカ大陸から拡散する過程で、異なる言語集団と交流する必要性が生まれたはずである。多層言語環境は、太古の人類が直面した進化上の問題であって、そこには種としての人類の発展や人間社会理解の鍵が含まれていると思われる。この研究が、そうした視点で言語と人類の関係をとらえる発端になることを願う。
著者
久松 潜一
出版者
日本学士院
雑誌
日本學士院紀要 (ISSN:03880036)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.133-142, 1968 (Released:2007-05-30)
著者
古賀 佳樹 川島 大輔
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
pp.27.2.10, (Released:2018-09-27)
参考文献数
8

The aim of this study was to develop a Japanese version of the Game Addiction Scale (GAS7-J) and investigate its validity and reliability. The GAS7-J was translated using back translation. In the study, 352 Japanese adolescents responded to a questionnaire which included the GAS7-J. Factor analysis revealed a factor structure similar to the original scale, with higher internal consistency. Additionally, the GAS7-J correlated with both time spent on games and loneliness to a similar degree as in a previous study. In conclusion, the GAS7-J has an acceptable level of validity and reliability.
著者
Munehiko Yamaguchi Hiromi Owada Udai Shimada Masahiro Sawada Takeshi Iriguchi Kate D. Musgrave Mark DeMaria
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.138-143, 2018 (Released:2018-10-06)
参考文献数
22

This study investigates prediction of TC intensity in the western North Pacific basin using a statistical-dynamical model called the Statistical Hurricane Intensity Prediction Scheme (SHIPS), with data sources in operations at the Japan Meteorological Agency (JMA) such as the JMA/Global Spectral Model forecast fields. In addition to predicting the change in the maximum wind (Vmax) as in the original SHIPS technique, another version of SHIPS for predicting the change in the minimum sea-level pressure (Pmin) has been developed. With 13 years of training samples, a total of 26 predictors were selected from among 52 through stepwise regression. Based on three years of independent samples, the root mean square errors of both Vmax and Pmin by the 26-predictor SHIPS model were found to be much smaller than those of the JMA/GSM and a simple climatology and persistence intensity model, which JMA official intensity forecasts are currently mainly based on. The prediction accuracy was not sensitive to the number of predictors as long as the leading predictors were included. Benefits of operationalizing SHIPS include a reduction in the errors of the JMA official intensity forecasts and an extension of their forecast length beyond the current 3 days (e.g., 5 days).