著者
水野 勝仁
巻号頁・発行日
2009-03-25

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(情報科学)(課程) 学位授与年月日:平成21年3月25日
著者
高橋 優佳
出版者
筑波大学比較・理論文学会
雑誌
文学研究論集 = Tsukuba Studies in Literature (ISSN:09158944)
巻号頁・発行日
vol.36, pp.37-52, 2018-03-30

本論文では、J・K・ローリング(1965-)の『ハリー・ポッターシリーズ(1997-2007)の主人公ハリー・ポッターと、小野不由美(1960-)の『十二国記』シリーズ(1991-)の主要人物である泰麒(高里要)について比較しながら共通点と差異を見出していく。ハリーと泰麒には、身体的特徴や背負う宿命に類似点が見受けられるが、現段階で『ハリー・ポッター』シリーズと『十二国記』シリーズの類似性に関して論じている先行研究が非常に少ない。その理由として、2人の主人公の描写に、様々な共通点をも覆すような決定的な差異が存在することが考えられる。本論文における考察は、間作品が影響を受けている、C・S・ルイスの『ナルニア国物語』などの古典作品について、イギリスと日本の作家がそれぞれの地域や文化の中でどのようにして受容し変容させていったか、ということについて考察するための具体例を提供することにもつながるだろう。This essay focuses on the similarities and differences between Harry Potter,the hero of J.K. Rowling (1965-)'s Harry Potter series (1997-2007),and Taiki (Kaname Takasato),the main character of Fuyumi Ono (1960-)'s The Twelve Kingdoms series (1991-). These two characters have some salient features in common,for example their appearance and the fate bestowed on them at their birth. However,there are few previous studies about the resemblance between Harry Potter and The Twelve Kingdoms. The reason for this may be that there are some crucial differences and these discrepancies could disprove their similarities. Since both works were influenced by C.S. Lewis's The Chronicles of Narnia and other classical works,a comparative study may provide a concrete example of how the reception and transformation of fantasy classics by British and Japanese authors differed depending on their regional and cultural background.
著者
村井 忠康
出版者
The Philosophy of Science Society, Japan
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.99-114, 2012 (Released:2016-01-15)
参考文献数
24

According to the standard form of conceptualism, which comes from McDowell (1994), the conceptual content of experience is propositional. But this is at variance with naive realism, which conceptualism craves for. Given that, we should seek non-propositionalist forms of conceptualism, which make room for naive realism. In this paper I propose such a conceptualism, exploiting Sellarsʼs idea of visual experience as “thinking in color”, although he himself has never been conceptualist. Elaborating the idea will lead to the conception of visual experience as analogous, in a unique way, to drawing a picture. I argue that this enables conceptualism to take seriously the particularity and concreteness of perception, which are emphasized by naive realism.
著者
鈴木 聖子
出版者
文化資源学会
雑誌
文化資源学 (ISSN:18807232)
巻号頁・発行日
no.4, pp.41-49, 2005
著者
大石 正信 中島 康晴 岡崎 賢 福士 純一 久保 祐介 播广谷 勝三 松本 嘉寛 林田 光正 岡田 誠司 小山田 亜希子 岩本 幸英
出版者
日本関節病学会
雑誌
日本関節病学会誌 (ISSN:18832873)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.475-480, 2016 (Released:2017-12-15)
参考文献数
12

Ankylosing spondylitis (AS) is a chronic inflammatory disorder characterized by bone formation, syndesmophytes, and ankylosis of the sacroiliac joints and spine. Recently, tumor necrosis factor inhibitors such as infliximab and adalimumab have been shown to be efficacious for AS. However, patients with AS often suffer from arthralgia and problems related to ankylosis of the spine due to the delay in the diagnosis of AS. Those patients often benefit from surgical treatments. We have treated total of 72 patients with AS in our hospital. Among them 32 operations were performed on total of 19 patients. Total hip arthroplasties were the most performed surgical procedure. Surgeries for spinal fractures and spinal deformity have also been performed.
著者
山田 邦明
出版者
公益財団法人 史学会
雑誌
史学雑誌 (ISSN:00182478)
巻号頁・発行日
vol.96, no.3, pp.310-341,412-41, 1987-03-20 (Released:2017-11-29)

Conventional research on Kamakura-Fu (鎌倉府), which ruled the ten eastern provinces of the Kanto region during the Muromachi period, has tended to concentrate more on its relationship with the Muromachi Bakufu in Kyoto and less on what kind of power structure supported it and how this government controlled the various classes in the Kanto area. The present paper starts out to consider Kamakura-Fu's power structure and its control over the Kanto Plain, especially the power base of the Kamakura Kubo (鎌倉公方). Then, the author switches attention to the Hoko-shu (奉公衆) itself, which formed the military and political base of the Kamakura Kubo's ruling power ; and together with identifying that group of attendants from existing documents, he summarizes the Hoko-shu's conditions of existence and its organizational process. Concerning the Hoko-shu's conditions of existence, from the historical source entitled Kamakura Nenchu Gyoji (鎌倉年中行事), describing yearly events and ceremonies in that administrative town, we find three statuses within the Hoko-shu, namely 1)the Hyojo-shu (評定衆), 2)the Hikitsuke-shu (引付衆) and 3)other members. We see clear status discrimination toward those "other members" excluded from (or positioned below) statuses 1) and 2). Also, as the Hoko-shu formed a rotation system for guarding the Kubo's palace (gosho 御所), there were also members located (or living) in the provinces. The author was able to identify from the available sources 74 members of the Kamakura-Fu Hoko-shu. Their names and conditions of membership may be summarized as follows : A)The Ashikaga clan families including the Kira (吉良), Shibukawa (渋川), Isshiki (一色), Imagawa (今川), Kako (加子) and Hatakeyama (畠山). B)The original Ashikaga family vassals including the Uesugi (上杉), Ko (高), Kido (木戸), Noda (野田), Teraoka (寺岡), Kajiwara (梶原), Ebina (海老名), Shidara (設楽) and Yanada (簗田). C)Traditional Kamakura based bureaucrats including the Nikaido (二階堂), Nagai (長井), and Machino (町野). All of the families included in A, B and C served the Kamakura Kubo from the inception of Kamakura-Fu ; and during the era of Kubo Motouji (1349-67), the B group of Ashikaga vassals formed the dominant power group of the Hoko-shu. However, beginning from the era of Kubo Ujimitsu (1367-98) the Kamakura Kubo more and more included in the Hoko-shu many provincial bigmen (kokujin 国人) throughout the Kanto Plain. And so, when Mitsukane became Kubo (1398-1409), the number of Hoko-shu members had greatly increased, and their main source of power had shifted to a new group (D) made up of these same Kanto Plain kokujin. These included the likes of the Ohmori (大森) of Suruga, the Honma (本間) and Miura (三浦) of Sagami, the Edo (江戸) of Musashi, the Satomi (里見), Yamana (山名), Nawa (那波) and Takayama (高山) of Kozuke, the Sano (佐野) of Shimotsuke, the Shishido (宍戸), Tsukuba (筑波) and Oda (小田) of Hitachi and the Unagami (海上), Indo (印東) and Ryugasaki (龍崎) of Shimousa. During Mitsukane's reign such families as the Shishido and Unagami even appear in the elite corps of Kubo palace functionaries (gosho bugyo 御所奉行). As a result of their personal hold over these Kanto Plain kokujin, the Kamakura Kubos were able to expand quite successfully their own direct military bases.
著者
伴 和幸 椎原 春一
出版者
日本野生動物医学会
雑誌
日本野生動物医学会誌 (ISSN:13426133)
巻号頁・発行日
vol.23, no.3, pp.59-64, 2018-09-28 (Released:2018-12-05)
参考文献数
24

ハズバンダリートレーニング(Husbandry Training:HT)は,単に健康管理に役立つだけではなく,研究等を円滑に実施するために利用可能である。HTは行動分析学に基づいており,侵襲性を顕著に低減でき,動物福祉に則していることから,動物園で研究を行っていく上で,その重要性が増している。国内の動物園ではHTが取り入れられてはいるものの,多くの場合一部の担当者,一部の動物種に限定されているのが現状である。大牟田市動物園ではHTを積極的に取り入れており,28種に対して,触診や皮下注射などに対してHTを行っている。そして,これらの技術について,学会発表等を行っている。さらに,HTによって得られた血液と体毛からホルモンを測定し,飼育環境を評価する共同研究を行っている。このようにHTは,動物園らしい,動物園だからこそできる研究を促進する可能性を秘めた技術といえる。一方で,HTに対して,基本的な飼育管理がおざなりになることを危惧する意見もある。HTは手段であって目的ではない。HTによって得られた情報を,研究等に役立てることで,HTが動物園本来の役割を果たすための技術の一つに成り得るだろう。
著者
原口 友也 松木 秀多 竹中 千瑛 山本 北斗 村田 安哲 成瀬 涼 伊藤 晴倫 西川 晋平 板本 和仁
出版者
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会
雑誌
日本獣医麻酔外科学雑誌 (ISSN:21896623)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1+2, pp.1-7, 2018 (Released:2018-12-08)
参考文献数
15

健常ビーグル犬およびイヌ口腔内腫瘍症例(各5頭)で、頭頸部のCTリンパ管造影(CTLG)を実施した。健常ビーグル犬では多くの個体で投与部位と同側の下顎リンパ節がSLNであったが下顎吻側では左右下顎リンパ節がSLNである個体が存在した。また、症例では内側咽頭後リンパ節がSLNである個体が確認された。このようにイヌ頭頸部リンパ流には個体差があるため、CTLGは術前計画に有用な情報であると考えられた。
著者
岩科 智彩 吉田 光男 伊藤 貴之
雑誌
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) (ISSN:21888698)
巻号頁・発行日
vol.2018-UBI-60, no.24, pp.1-7, 2018-11-27

情報発信ツールとして利用されている SNS (Social Networking Service) は,現在でも団体や個人による情報拡散を目的とした利用例が増加している.SNS の中でも特に Twitter は気軽に拡散 (リツイート) できることで知られ,その日本国内での利用は著しい.本研究では,Twitter 上で影響力のあるユーザ (キーパーソン) のリツイートユーザ (リツイーター) に焦点を絞り,時間データを使用して情報拡散におけるリツイーターの行動パターンを可視化する.また,その可視化画像から観察されるキーパーソンごとの情報拡散の性質について,ツイート内容とリツイーターの側面から考察する.
著者
大田原 章雄 西山 朋代
出版者
国公私立大学図書館協力委員会
雑誌
大学図書館研究 (ISSN:03860507)
巻号頁・発行日
vol.110, pp.2018, 2018-11-30 (Released:2018-12-07)

東京藝術大学附属図書館では,2016年12月から2017年2月にかけて,クラウドファンディングプロジェクト「巨匠の響きよ永遠に! 藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う」を実施した。本プロジェクトは「クリストファ・N・野澤SPレコードコレクション」の保存を目的とするもので,最終日までに719万円の支援を集めて終了した。本稿では,プロジェクト立ち上げの経緯から実施の方法,支援者への特典,終了後の評価や今後の課題等について報告する。
著者
山本 徳栄 浦辺 研一 高岡 正敏 中澤 清明 後藤 敦 羽賀 道信 渕上 博司 木俣 勲 井関 基弘
出版者
一般社団法人 日本感染症学会
雑誌
感染症学雑誌 (ISSN:03875911)
巻号頁・発行日
vol.74, no.6, pp.518-526, 2000-06-20 (Released:2011-02-07)
参考文献数
17
被引用文献数
14 17

水道水によるクリプトスポリジウム症の大規模な集団感染が1994年6月に埼玉県越生町で発生した. この事件の疫学的調査の結果と対応を総括した. 全住民 (13, 809名) に対する健康調査を実施した結果, 回答者12, 345名のうち8, 812名 (714%) が下痢や腹痛を発病し, 2, 856名が病院で外来診療を受け, 24名が入院した. 町外からの来訪者も感染し, 感染者の総数は9, 140名に達した. 流行時に1日だけ町内に滞在し, 感染した14名の潜伏期間は平均4.4日 (5日~8日) であり, 7名はコツプに半分~2杯の水道水を飲用して感染した。小・中学生の発症例1, 013名の有病期間は平均52日 (1~15日) であり, 発熱した469名の体温は平均37.8℃ (34.7~40.3℃) であった. また, 成人187名の有病期間は平均48日 (1~18日) であったCryptosporidium parvumのオーシストは患者便から検出され, 水道水, 浄水場の原水 (河川水), 浄水場のすぐ上流に位置する下水処理施設の放流水からも検出された. 流行の発生前, 渇水により河川水の水量が著しく減少していたが, 夜間の豪両で原水の濁度が急上昇した. しかし, 不適切な浄水処理により水道水が汚染されたことが, 集団感染の発端となった. また, 患者便に含まれる大量のオーシストが下水処理場から河川水 (水道原水) に流入し, 水道水を介してさらに感染者が増加するという循環が流行の規模を拡大させた.
著者
安屋敷 和秀 戸田 昇 岡村 富夫
出版者
公益社団法人 日本薬理学会
雑誌
日本薬理学雑誌 (ISSN:00155691)
巻号頁・発行日
vol.119, no.1, pp.21-28, 2002 (Released:2002-12-10)
参考文献数
39
被引用文献数
1 1

多くの臓器機能がノルアドレナリン作動性神経とコリン作動性神経による拮抗的二重支配によって生理的調節を受けている.しかし,陰茎海綿体を含む血管系においては,収縮神経であるノルアドレナリン作動性神経に拮抗的支配を行っているのはコリン作動性神経ではなく,非アドレナリン性,非コリン性(NANC)神経と考えられてきた.陰茎海綿体を支配するNANC神経が一酸化窒素(NO)作動性神経であり,同神経の興奮により活性化した神経型NO合成酵素が,NOを合成する.同神経から遊離されたNOが海綿体平滑筋細胞内の可溶性グアニル酸シクラーゼを活性化し,上昇したサイクリック(c)GMPにより海綿体平滑筋は拡張し,流入した血液の充満により勃起が生じる.海綿体内の血液量を調節する海綿体動静脈にもNO作動性神経が分布し,その機能の強さが海綿体>動脈>>静脈であることも勃起の発生に役立つかもしれない.したがって,海綿体洞への血液流入を妨げる動脈閉塞や海綿体や支配動脈を拡張するNO作動性神経機能の低下は,勃起障害(Erectile Dysfunction: ED)の原因となりうる.ただし,海綿体および血管内皮に存在する内皮型NO合成酵素によって合成されるNOも,勃起機能に一部関与する可能性がある.選択的ホスホジエステラーゼ5型(PDE-V)阻害薬であるバイアグラ(Sildenafil)は,主として神経由来のNOにより産生されたcGMPの分解を抑制し,EDを改善する効果があると考えられる.勃起機能の体系的な研究を通して,より選択的で安全なED治療薬の開発が望まれる.