著者
福田 航 横山 茂樹 山田 英司 片岡 悠介 濱野 由夏 池野 祐太郎 五味 徳之
出版者
日本理学療法士学会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
vol.45, no.1, pp.25-31, 2018 (Released:2018-02-20)
参考文献数
19

【目的】本研究の目的は,ACL 再建術前後における片脚スクワットの運動学・運動力学データの変化と健患差を把握することである。【方法】対象はACL 再建術後患者11 名(年齢24.9 ± 6.9 歳,男性8名,女性3名)であった。方法は,床反力計と3 次元動作解析装置を用いて術前と術後9 週時の片脚スクワット下降相の膝屈伸モーメント変化量と体幹および下肢の関節角度変化量を測定し,健側と患側,術前と術後で比較した。【結果】ACL 再建術前後ともに患側は膝屈曲変化量が小さく,体幹前屈変化量は大きく,膝屈伸モーメント変化量は伸展方向に小さかった。患側の骨盤前傾変化量は術後に増加した。【結論】術後に膝屈伸モーメント変化量が小さかったことは膝伸展機能の回復が不十分であると示唆される。術後の膝屈伸モーメント変化量に関連する因子は体幹前屈変化量,膝屈曲変化量,骨盤前傾変化量が考えられ,スクワット動作を観察する視点になると示唆される。
著者
九後 汰一郎
出版者
素粒子論グループ 素粒子論研究 編集部
雑誌
素粒子論研究 (ISSN:03711838)
巻号頁・発行日
vol.110, no.3, pp.C22-C35, 2004-12-20 (Released:2017-10-02)

今年2004年はYang-Millsの記念すべき論文が発表されてから50年になる。この機会にゲージ理論の発展の歴史を振り返り、ゲージ理論をめぐっての考察を行う。
著者
髙木 健志
出版者
山口県立大学
雑誌
山口県立大学学術情報 (ISSN:21894825)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.147-153, 2017-02-28

本研究は、精神科病院に勤務する精神科ソーシャルワーカーによるクライエントの「退院の意思決定」を支える退院援助実践プロセスを明らかにすることを目的とし、17名の退院援助の実践経験がある精神科ソーシャルワーカーから得られたデータを修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)を用いて分析した。分析の結果、精神科ソーシャルワーカーがクライエントの退院への意欲を引き出しクライエント自身による退院の意思決定を支えるプロセスは<クライエントが本来持つ力を退院援助の起点に据える>と<クライエントの人生全体を見通す視点をもって援助にかかわる>こととを援助観の基盤とするが、クライエントの退院援助はスムーズにはこぶわけではなく<足踏みする退院援助>という状況に立たされる。しかし基盤となる援助観に立ち返り<一人ひとりとひらかれた関係をつくる>。その往復が<成功体験を積み重ね自信と安心につなげる>ことにつながり、クライエントを<自信を持って退院の決心がつくように後押しする>プロセスであることが示唆された。The objective of this study is to clarify processes in practical support given by psychiatric social workers to long-term socially-hospitalized clients, who have been judged to be suitable for discharge, and who are now in the process of taking a decision to discharge themselves from hospital. Interview data was analyzed using the modified grounded theory approacha(M-GTA). The support process provided by psychiatric social workers to long-term socially-hospitalized clients to help them take a decision for voluntary discharge is based on "the client's own potential" and "an understanding of every aspect of the client's life". Even so, a situation o"f temporary standstill"can develop if discharge support cannot be provided smoothly. However, in such a situation, the social worker will make an effort to "develop an open relationship with each client" by renewing careful involvement with the client. This kind of careful involvement leads to"confidence and security through the accumulated experience of success" and can result in the creation of a situation where the clien"t can be encouraged to be confident in taking a decision for voluntary discharge".

5 3 3 0 OA 今村押形

著者
今村長賀 著
出版者
大阪刀剣会
巻号頁・発行日
vol.第1巻, 1927

4 3 3 0 OA 三国志物語

著者
最上哲夫 編
出版者
金蘭社
巻号頁・発行日
1926
著者
門脇 佳代子
出版者
東北福祉大学
雑誌
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館年報 = Tohoku Fukushi University Serizawa Keisuke Art and Craft Museum annual report (ISSN:21862699)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.63-74, 2016-06-23

静岡市立芹沢銈介美術館所蔵「中尊寺参詣曼荼羅二曲屏風」は、岩手県平泉地方の寺社と、そこを参詣する人々の賑わいを描いた絵画である。類例として岩手県中尊寺に伝来する「平泉諸寺参詣曼陀羅図」が知られており、天正元(1573)年に回禄した毛越寺や観自在王院の堂塔を再建するため制作された可能性が高いと考えられている。本稿では、描写および構図の比較を通して、この二作品が同一の工房で制作されたこと、また「平泉諸寺参詣曼荼羅図」が先行して描かれ、後に平泉古図などの影響も受けつつ「中尊寺参詣曼荼羅二曲屏風」が描かれたことを指摘する。Chuson-ji Sankei Mandara is a painting owned by the Shizuoka City Serizawa Keisuke Art Museum. It depicts temples of the Hiraizumi district and visitors to their grounds. Interestingly, another painting connected with Chuson-ji, known as Hiraizumi-shoji Sankei Mandarazu, is thought to have been produced to aid in rebuilding a temple building destroyed by fire in 1573.Comparing these two works, I found that both paintings were produced in the same studio, and that Chuson-ji Sankei Mandara was drawn after Hiraizumi-shoji Sankei Mandarazu.
著者
柳澤 健
出版者
日本理学療法士学会
雑誌
理学療法学 (ISSN:02893770)
巻号頁・発行日
vol.32, no.8, pp.454-456, 2005-12-20 (Released:2018-08-25)
参考文献数
20
著者
向山 直佑
出版者
独立行政法人 日本貿易振興機構アジア経済研究所
雑誌
アジア経済 (ISSN:00022942)
巻号頁・発行日
vol.59, no.4, pp.34-56, 2018-12-15 (Released:2019-03-25)
参考文献数
52

石油をはじめとする天然資源が民主主義を阻害するという「資源の呪い」に関する研究は,石油と民主主義の間に負の相関関係を見出す「資源の呪い」肯定論に対し,それを真っ向から否定する否定論,そして「呪い」は特定の場合にしか成り立たないとする条件論が修正を迫るという形で展開してきた。最近の研究では,「資源の呪い」には時間的・空間的な限定が付されるようになっており,これは一方で理論の精緻化に結びつくものではあるが,他方で歴史的,あるいは国際的な要因の軽視に繋がる危険性を孕んでいる。植民地支配から脱植民地化に至る期間にまで遡って分析の対象とし,かつ国際関係の影響に注目しつつ研究することで,資源と政治体制の間の因果関係のより的確な理解に近づくことができる可能性がある。
著者
脇 司 島野 智之 浅見 崇比呂
出版者
日本動物分類学会
雑誌
タクサ:日本動物分類学会誌 (ISSN:13422367)
巻号頁・発行日
vol.46, pp.34-39, 2019-02-28 (Released:2019-03-23)
参考文献数
24

We report parasitic mites from six species of land snails, which are listed in Prefectural Red Lists and/or Red Data Books authorized by Ministry of the Environment Government of Japan and Prefectural Governments in Japan; Riccardoella reaumuri Fain and van Goethem, 1986 were found from Euhadra brandtii sapporo Ijima, 1891 in Hokkaido, Oxyloma hirasei Pilsbry, 1901 in Ibaraki, and Phaeohelix submandarina Pilsbry, 1890 in Kagoshima. Riccardoella tokyoensis Waki and Shimano, 2018 were sampled from Tauphaedusa tau Boettger, 1877 in Ibaraki, Megalophaedusa surugensis Kuroda, 1936 in Kanagawa, and Megalophaedusa yagurai Kuroda, 1936 in Tokyo. Extinction risks of the two mites should be low because they are found in land snails which are currently common and do not appear in any categories of Red List and Red Data Book.
著者
Hai Bui Shigeo Yoden Eriko Nishimoto
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.62-67, 2019 (Released:2019-03-21)
参考文献数
15

We present a three-dimensional minimal model that produces a self-sustained oscillation reminiscent of the quasi-biennial oscillation (QBO) in a radiative–moist convective quasi-equilibrium state. The computational domain is rectangular (640 km × 160 km) with doubly periodic boundary conditions. After initial transient time, an oscillation with a period of about 300 days emerges in the stratosphere, both in the domain-averaged zonal wind and meridional wind. A synchronization of the zonal and meridional winds is observed and is characterized as an anti-clockwise rotation of a skewed spiral feature with height in the mean horizontal wind vectors. The QBO-like wind oscillations penetrate into the troposphere. Modulation of tropospheric temperature anomalies and precipitation occurs with an irregular period of about 100 days, in which heavy precipitation is associated with positive temperature anomalies. The simulation reveals three types of precipitation patterns: isolated quasi-stationary type clusters, fast-moving back-building type and squall-line type patterns. The quasi-stationary type is newly identified in this three-dimensional model. Intermittent self-organization of convective systems into quasi-stationary type and transition back to the fast-moving back-building type or squall-line type are fundamental characteristics of self-aggregation in the three-dimensional model.
著者
Talakola Naveen Ashutosh Biswas Naveet Wig Manish Soneja Pankaj Jorwal Chitikela Sindhura Durga Paras Singla Charusmita Chaudhary Upendra Baitha
出版者
International Research and Cooperation Association for Bio & Socio-Sciences Advancement
雑誌
Drug Discoveries & Therapeutics (ISSN:18817831)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.59-61, 2019-02-28 (Released:2019-03-16)
参考文献数
7

Familial hypercholesterolemia (FH) is a form of primary hyperlipoproteinemia characterized by the presence of high concentrations of serum low density lipoprotein (LDL) cholesterol, increased tendency to form xanthomas and early onset of coronary artery disease. This disease is an autosomal dominant disorder caused by defects in the gene that encode for the LDL receptor. Homozygous familial hypercholesterolemia is a rare occurrence and here we report a case of an 18-year-old girl with familial hypercholesterolemia treated with anti-lipidemic drugs and controlled only with LDL apheresis. The patient expired after 3 months highlighting the difficulties in management due to economic constraints in a resource limited setting in spite of availability of effective therapy.
著者
Felipe F. NASCIMENTO Vírginia I. MARQUES Giulianne C. CROCIOLLI Gabriel M. NICÁCIO Isabela P. A. G. NICÁCIO Renata N. CASSU
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
pp.18-0744, (Released:2019-03-25)

The aim of this study was to compare the effects of laser acupuncture and electroacupuncture on postoperative pain and analgesic requirements in cats. In a prospective, randomized and blinded clinical study, thirty cats undergoing ovariohysterectomy were sedated with intramuscular (IM) ketamine (5 mg/kg), midazolam (0.5 mg/kg), and tramadol (2 mg/ kg). Before the induction of anesthesia, the animals were randomly distributed into three groups of ten cats each: LA: bilateral Stomach 36 (ST-36) and Spleen 6 (SP-6) acupoints were stimulated with an infrared laser; EA: bilateral ST-36 and SP-6 acupoints were stimulated with an electrical stimulus; Control: no acupuncture was applied. Postoperative analgesia was evaluated in the first 24 hr post-extubation using the Interactive Visual Analogue Scale and UNESP-Botucatu Multidimensional Composite Pain Scale. Rescue analgesia was provided with IM tramadol (2 mg/kg), and the pain scores were reassessed 30 min after the rescue intervention. If the analgesia remained insufficient, meloxicam (0.2 mg/kg IM, single dose) was administered. Data were analyzed using t-tests, the Mann-Whitney U test, and Friedman test. P<0.05 was considered significant. The pain scores did not significantly differ between the treatment groups at any time point (P>0.05). The prevalence of rescue analgesia was significantly higher in the Control group than in the LA and EA groups (P=0.033). Preoperative laser and electroacupuncture reduced the need for rescue analgesia during the first 24 hr after ovariohysterectomy.
著者
安藤 香織 大沼 進 安達 菜穂子 柿本 敏克 加藤 潤三
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
pp.1816, (Released:2019-03-26)
参考文献数
40

本研究では,環境配慮行動が友人同士の相互作用により伝播するプロセスに注目し,調査を行った。友人の環境配慮行動と,友人との環境配慮行動に関する会話が実行度認知や主観的規範を通じて本人の環境配慮行動の実行度に及ぼす影響を検討した。調査は大学生とその友人を対象としたペア・データを用いて行われた。分析には交換可能データによるAPIM(Actor-Partner Interdependence Model)を用いた。その結果,個人的,集合的な環境配慮行動の双方において,ペアの友人との環境配慮行動に関する会話は,本人の環境配慮行動へ直接的影響を持つと共に,実行度認知,主観的規範を介した行動への影響も見られた。また,ペアの友人の行動は実行度認知を通じて本人の行動に影響を及ぼしていた。結果より,友人同士は互いの会話と相手の実行度認知を通じて相互の環境配慮行動に影響を及ぼしうることが示された。ただし,環境配慮行動の実施が相手に認知されることが必要であるため,何らかの形でそれを外に表すことが重要となる。環境配慮行動の促進のためには環境に関する会話の機会を増やすことが有用であることが示唆された。