著者
永田 雅輝 宮内 信文 田中 俊一郎 比嘉 照夫 萬田 正治 金澤 晋二郎
巻号頁・発行日
1999 (Released:2001-10-23)

本研究の目的は,環境,一次産業,二次産業および医療分野でも普及しつつあるEM技術について,農業工学,土壌環境学,畜産学,園芸学および食品化学などの多方面の研究者が縦横に組織を組んで,客観的な調査を行い,今後の学術共同研究の方向性を創出することにある.調査の結果,これまでの事例から以下のように要約される.1)EMを構成する微生物は当初とは異なり,10種類程度でも土壌菌と共生的に効果を出すことが判明した.効果の発現は,環境中のEMの密度が高まって生態的に多勢となった場合に著効が認められ二次産業等における効果はEMが生成する多様な抗酸化物質によるものと判断される。2)水稲に対しては,EMと有機物の施用が適正であれば,数年で有機農業などへ転換可能であって,品質・収量ともに慣行法より向上し,また水田の除草時間も大幅に低減することを認めている.3)EM栽培したミニトマトの呼吸速度は対照区に比べて貯蔵初期で50%も低く,日持ちの良さを示唆している.4)EMの土壌改良材としての効果は顕著であることを認めている.5)畜産分野におけるEMは悪臭防除と病気予防に効果があることを認めている.6)EMの食品化学的有効性は,厳密な意味での確認できる例とデータは存在せず,その解明には多くの困難があり,時間が必要であると判断される.以上,EMの効果は現象的には,一部を除いて良好な事例もあることから,今後は (1)土壌菌と共生的に効果を出すメカニズム, (2)抗酸化物質の特定, (3)土壌改良の機作, (4)生態系改善の仕組み, (5)農産物の品質・貯蔵性向上の機構, (6)微生物群相遷移発達過程の実証, (7)EMの家畜腸内細菌に及ぼす影響, (8)食品化学的に厳密なEM効果の検証, など科学的・技術的な裏付けを行うことによって,環境保全型農業の推進に多大に寄与する研究分野であるといえる.
著者
江種 伸之 姜 学妍 峠 和男 西田 憲司 平田 健正
出版者
公益社団法人 地盤工学会
雑誌
地盤工学ジャーナル (ISSN:18806341)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.297-304, 2011-06-30 (Released:2011-07-01)
参考文献数
11

土壌汚染対策法の施行規則では,原位置封じ込めが地下水汚染を経由した健康被害を防止するための標準的措置になっている。しかし,同法の主な対象と考えられる市街地では,原位置封じ込めの適用条件を満足する不透水層があまり存在しないことが明らかになってきた。そこで本研究では,より多くの現場に適用可能な原位置封じ込め措置として地下水揚水併用型を考え,数値解析を実施して汚染拡散防止効果を考察した。その結果,薄い難透水層しか存在しない現場においても,地下水揚水の併用によって,原位置封じ込め措置を適用できることが確認された。また,汚染拡散防止に必要な難透水層内の上向きの地下水浸透量は,封じ込め区域900m2あたり0.1m3/d程度でよいことも推察された。これは,遮水壁の性能が十分であれば,地下水揚水量が難透水層内の浸透量と同程度の少量で済むことを示唆している。
著者
Shigeyuki Asano
出版者
The Japanese Society for Lymphoreticular Tissue Research
雑誌
Journal of Clinical and Experimental Hematopathology (ISSN:13464280)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.1-16, 2012 (Released:2012-06-06)
参考文献数
94
被引用文献数
37 41

In this review, representative types of granulomatous lymphadenitis (GLA) are described. GLA can be classified as noninfectious GLA and infectious GLA. Noninfectious GLA includes sarcoidosis and sarcoid-like reaction. The cause of sarcoidosis remains unknown, but it has good prognosis. Sarcoid-like reaction, which is considered to be a biological defense mechanism, is observed in regional lymph nodes with many underlying diseases. Infectious GLA can be classified as suppurative lymphadenitis (LA) and nonsuppurative LA. Suppurative LA generally shows follicular hyperplasia and sinus histiocytosis in the early phase. In tularemia and cat scratch disease, monocytoid B lymphocytes (MBLs) with T cells and macrophages contribute to the formation of granuloma. However, none of the epithelioid cell granulomas of Yersinia LA contains MBLs like in cat scratch disease. In addition, almost all have a central abscess in granulomas induced by Gram-negative bacteria. In terms of the lymph nodes, tularemia and cat scratch disease are apt to affect the axillary and cervical regions while Yersinia LA affects the mesenteric lymph node. Nonsuppurative LA includes tuberculosis and BCG-histiocytosis. These are induced by delayed allergic reaction of M. tuberculosis. Tuberculosis LA mainly appears in the cervical lymph node. Organisms are histologically detected by Ziehl-Neelsen staining in the necrotic area. Toxoplasmosis is also a nonsuppurative protozoan infection (Toxoplasma gondii). In toxoplasma LA, MBLs can also be seen, but round and organized, well-formed granulomas are not found in this disease. Furthermore, necrosis is not induced and there are no accompanying neutrophils, eosinophils and fibrosis. GLA described above is associated with characteristic histological findings. An accurate pathological diagnosis using the above findings can lead to precise treatment. [J Clin Exp Hematopathol 52(1) : 1-16, 2012]
著者
今井 康之 黒羽子 孝太 渡辺 達夫
巻号頁・発行日
2011-04-01 (Released:2011-04-06)

化学物質アレルギーにおいて、抗原感作を強める作用(アジュバント作用)の機構には不明な点が多い。マウス接触性皮膚炎モデルにおけるフタル酸エステルのアジュバント機構について、侵害刺激受容チャネルTRPA1の重要性を明らかにした。作動活性のある既知の天然物、アンタゴニストを用いた実験結果も上記の機構を支持した。アジュバント物質の予測において、TRPA1作動活性の検索が有用であることを、化粧品や薬剤処方に汎用されている代替可塑剤を題材として明らかにした。

13 3 3 1 OA コエンザイムQ10

著者
菅野 直之
出版者
特定非営利活動法人 日本歯周病学会
雑誌
日本歯周病学会会誌 (ISSN:03850110)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.63-67, 2017-06-30 (Released:2017-07-25)
参考文献数
26
著者
木村 直也
出版者
三田史学会
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.57, no.4, pp.p625-639, 1988-03

論文はじめに一 建白書提出の事情と背景二 大島友之允建白書全文
著者
TSUJI Keita
出版者
© Academic Research Journals
雑誌
International Journal of Academic Library and Information Science (ISSN:23607858)
巻号頁・発行日
vol.6, no.4, pp.86-100, 2018-06

Open Access (OA) books available through the Directory of Open Access Books (DOAB) are investigated and the number of titles, the distribution of subjects, languages, publishers, publication years, licensing patterns, etc., are clarified. Their chronological changes are also shown. The sample comprised 10,866 OA books, which were available through the DOAB as of February 24, 2018. The results show that OA books are increasing in number at an accelerating rate. As for distribution of subjects, Social Sciences (“H” in the Library of Congress Classification [LCC] codes), Science (“Q” in LCC) and World History and History of Europe, Asia, Africa, Australia, New Zealand, etc. (“D” in LCC) are the most popular. As for languages, English, French, and German are the most popular. As for publishers, Frontiers Media SA, Presses universitaires de Rennes, and ANU Press are the most popular. Many books are newly published ones, but older books, published in or before 1999, also began to be available recently. As for the licensing patterns, “CC by-nc-nd” and “CC by” are the most popular. Considering these tendencies, libraries should begin to utilize OA books.
著者
川島 ゆり子
出版者
一般社団法人日本社会福祉学会
雑誌
社会福祉学 (ISSN:09110232)
巻号頁・発行日
vol.56, no.2, pp.26-37, 2015-08-31

本研究は,生活困窮者自立支援に関わる支援ネットワークのあり方について検討を行う.生活困窮者は単に経済的な困窮にとどまらず,多様な社会的排除の状況にあり,その支援には多様な専門機関がネットワークを構築して関わる必要性が生じる.実証研究では調査対象である精神疾患を持つ母子家庭の生活状況の厳しさが明らかになった.支援の狭間に漏れ落ち,先行きが見えないまま苦しむ姿が浮き彫りになり,多くのケースは就労していないにもかかわらず,生活保護受給にも至っていなかった.複合問題を抱える当事者に対してはネットワークによる一体的な支援が求められるが,検証の結果,生活困窮者支援において二つのネットワーク分節化の課題があることが示された.一つは時間による分節化であり,もう一つは専門分野による分節化である.生活困窮当事者の生活保障を継続的に実現するためには,生活困窮者支援に携わるコミュニティソーシャルワーカーに対してネットワークのコーディネート機能を発揮する権限を制度として確立する必要がある.
著者
新野直吉 山田秀三編
出版者
毎日新聞社
巻号頁・発行日
1974