著者
渡辺 修
出版者
立教大学
雑誌
史苑 (ISSN:03869318)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.1-12, 1976-12
著者
山田 晶子
出版者
愛知大学語学教育研究室
雑誌
言語と文化 (ISSN:13451642)
巻号頁・発行日
no.18, pp.111-121, 2008-01
著者
越沢 明
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.32, pp.73-78, 1997

Ise (former Uji-yamada) City is the Sacred Ground in Japan because the Shrine has been located for two thousand years more. In 1930's the Shrine City Plan was made by the Government in order to extend the Shrine Gardens and Forests and improve urban infrastructure not only for the residents but also for enormous worshipers. The characteristics and significance of this peculiar plan are as follows: 1. implementation by the Government, 2. making of comprehensive master plan prior to planning decision and projects, 3. strict regulations and large scale park system for city beautiful and shrine solemnness.
著者
山梨 八重子 ヤマナシ ヤエコ Yamanashi Yaeko
出版者
熊本大学
雑誌
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 (ISSN:18807879)
巻号頁・発行日
no.12, pp.84-89, 2018-03

我々は自殺を試みようとする者を目の前にしたとき、とっさにそれに介入し阻止するだろう。阻止介入に対して、その当事者からの非難や抗議の声があるとしても、社会通念は介入を当然の行為とみなし、もし介入せずに放置したならば道徳的な責めを受けるであろう。しかし自殺自体は本人の意思による行為であり自己決定を優位にとらえるならば、それを阻止する介入は、その自己決定に対する侵害と見なされる可能性もある。本レポートでは、意志ある者で行為可能な者による自死に限定し、自死に対する道徳的判断とさらに、自死を踏みとどまる時、我々の中に生起する思いとその判断の根底にあるものを、R・ドゥオーキン(Ronald Dwoekin)の人間の生の「本来的価値」を手がかりに検討することを目的とする。

3 3 3 0 OA 節用集

著者
岡田希雄 解説
出版者
便利堂
巻号頁・発行日
vol.上, 1937
著者
秋篠宮 文仁
出版者
総合研究大学院大学
巻号頁・発行日
1996

With the aim of elucidating the evolutionary origin of junglefowls and their domestication processes, I conducted molecular evolutionary analyses of mitochondrial DNAs for various kinds of birds belonging to the subfamily Phasianinae. I then found that the real matriarchic origin of all the domestic fowls examined in the present study was an Asian continental population of Gallus gallus gallus. The phylogenetic analysis conducted in this study also suggested that the continental population of Gallus gallus gallus is the monophyletic ancestor of all domestic fowls. These findings resolve the long-time controversy concerning monophyletic versus polyphyletic origin theories of domestic fowls. <br /> The present thesis is composed of four chapters. In Chapter 1, as an introduction, I described the evolutionary significance of the domestication processes of junglefowls and the overview of taxonomical problems of birds within the subfamily Phasianinae, particularly junglefowls and domestic fowls. <br /> In Chapter2, attention is focused on the molecular phylogeny of the subfamily Phasianinae. Comparisons of DNA sequences for mitochondrial control regions among 16 avian species belonging to the subfamily Phasianinae, revealed the following: (1) Generalized perdicine birds (quails and partridges) are descended from ancient lineages. Even the closest pair, the common quail of the Japanese subspecies (Coturnix coturnix japonica) and the Chinese bamboo partridge (Bambusicola thoracica), maintained only a 85.7l% identity. (2) The 12 species of phasianine birds previously and presently studied belong to three distinct branches. The first branch is made up exclusively of members of the genus gallus, while the second branch is made up of pheasants of the genera Phasianus, Chrysolophus and Syrmaticus. Gallopheasants of the genus Lophura are distant cousins to these pheasants. The great argus (Argusianus argus) and peafowls of the genus Pavo constitute the third branch. Members of the fourth phasianine branch, such as tragopans and monals, were not included in the present study. (3) The one perdicine species, Bambusicola thoracica, is more closely related to the phasianine genera Gallus and Pavo than to members of other perdicine genera. The above might indicate that Bambusicola belongs to one stem of the perdicine lineage which later split into two sublineages that yielded phasianine birds; one evolving to Gallus, while the other differentiated toward Pavo and related genera. (4) Tandem duplication of the 60-base unit was established as a trait unique to the genus Gallus, which is shared neither by pheasant nor by quail. <br /> In Chapter 3, I discuss evolutionary relationships between red and green junglefowls. The noncoding control region of the mitochondrial DNA of various gallinaceous birds was studied with regard to its RFLP (restriction fragment length polymorphism) and sequences of the first 400 bases. Unlike its close ally green junglefowl, the red junglefowl Gallus gallus is a genetically very diverse species; a 7.0% sequence divergence was seen between those from Thailand (Gallus gallus gallus and Gallus gallus spadiceus) and that of the Indonesian island of Java(Gallus gallus bankiva). Furthermore, the divergence increased to 27.83% when each transversion was regarded as an equivalent of 10 transitions. On the other hand, a mere 0.5-3.0% difference (all transitions) separated various domestic breeds of chicken from two subspecies of Gallus gallus gallus of Thailand, thus indicating a single domestication event in the area inhabited by this subspecies, with the red junglefowl being the origin of all domestic breeds. Only transitions separated six diverse domesticated breeds. Nevertheless, a 2.75% difference was seen between RFLP type I breeds (white leghorn and nagoya) and a RFLP type VIII breed (ayam pelung). The above data suggest that although the mitochondrion of RFLP type V is the main contributor to domestication, hens of other RFLP types also contributed to this event. <br /> Finally, in Chapter 4, the evolutionary origin and dispersal patterns of domestic fowls are discussed from various .aspects of molecular evolution and human history. With the aim of elucidating in more detail, the genealogical origin of the present domestic fowls of the world, I determined mitochondrial DNA (mtDNA) sequences of the D-loop regions for a total of 21 birds which belong to the red junglefowl (Gallus gallus) comprising three subspecies (6 Gallus gallus gallus, 3 Gallus gallus spadiceus and 3 Gallus gallus bankiva) and 9 birds representing diverse domestic breeds (Gallus gallus domesticus) . I also sequenced mtDNAs from 4 green junglefowl (Gallus varius), 2 Cingalese junglefowl (Gallus lafayettei) and 1 grey junglefowl (Gallus sonnerati). I then constructed a phylogenetic tree for these birds using nucleotide sequences, choosing the Japanese quail (Coturnix coturnix japonica) as an outgroup. Moreover, I found that a continental population of Gallus gallus gallus was the real matriarchic origin of all the domestic species examined in the present study. It is also of particular interest to note that there were no discernible differences among Gallus gallus subspecies; Gallus gallus bankiva being a notable exception. This was because Gallus gallus spadiceus and a continental population of Gallus gallus gallus formed a single cluster in the phylogenetic tree. One obvious and distinct feature that customarily separates Gallus gallus gallus from Gallus gallus spadiceus is the color of their ear lobes: white for the former and red for the latter. The fact that domestic breeds of the chicken are of two kinds as to color of ear lobes is a clear reflection of the contribution made by Gallus gallus gallus as well as by Gallus gallus spadiceus to their ancestry. Gallus gallus bankiva, on the other hand, is a distinct entity, thus, deserving its subspecies status. This implies that a continental population of Gallus gallus gallus was the monophyletic ancestor of all domestic breeds. I also discuss the possible significance of the initial dispersal pattern of present domestic fowls, utilizing the phylogenetic tree.
著者
原 園江 須藤 聡子 長瀬 良子 橋本 哲也 柱 宗孝
出版者
JAPANESE ASSOCIATION OF CERTIFIED ORTHOPTISTS
雑誌
日本視能訓練士協会誌 (ISSN:03875172)
巻号頁・発行日
vol.18, pp.157-162, 1990-12-31 (Released:2009-10-29)
参考文献数
8

心因性視力障害と思われる児童29人に,眼科的精査とY-Gテストを行い検討した.小学生では発症人数に性差は見られず,中学生は女児のみであった.視力障害は軽度で,自覚のない者が多く,視野はラセン状視野が59%を占めるが,正常視野も34%見られた.Y-Gテストでは,異常は無かった.視力低下に心因の関与が明確な者は41%と少なく,残りは原因となる環境因子が断定しにくく,視力低下が心因から起因していると思いにくい症例もあった.心因の関与が明確な者も,そうでない者も半数以上改善が見られるが,心因が明確な者の方が僅かに改善率が良い.我々は,精神科の専門教育を受けていないため,なかなか患児や家族から充分な情報を得ることが難しい.心因性の疾患が増加している今日,スタッフの教育を含む病院側の受け入れ態勢の検討が必要だと思われた.
著者
粟井 和夫 中野 由紀子 石田 万里
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2014-07-25)

心臓CT受診患者45人を対象に、CT検査前、直後、24-48時間後の末梢血リンパ球を採取し、DNA二本鎖切断修復関連蛋白(γH2AX)の定量を行い、CTにおける被曝の物理的指標(CTDI, DLP, SSDE)とDNAの損傷の程度の相関を検討した。また体の体幹部を模倣したファントムの中心に血液を封入したシリンジを挿入し、それに対してCT撮影を行い、CTDI、DLP、SSDEとDNAの損傷が相関するか否か検討した。臨床検討およびファントムの検討により、DNA二重鎖はCT直後より切断され、その程度はCTの物理線量と相関することが判明した。
著者
橋本 理博
出版者
名古屋学院大学総合研究所
雑誌
名古屋学院大学論集 社会科学篇 = THE NAGOYA GAKUIN DAIGAKU RONSHU; Journal of Nagoya Gakuin University; SOCIAL SCIENCES (ISSN:03850048)
巻号頁・発行日
vol.55, no.2, pp.83-95, 2018-10-31

本稿の目的は,アムステルダム銀行に関する先行諸研究を整理し,金融史研究における同行の現在の位置を確認することである。かつて,アムステルダム銀行は「古い金融技術の終着点」や「伝統への回帰」などと形容され,イングランド銀行のような中央銀行ではないと考えられてきた。ところが,こうした考えとは異なる角度からアムステルダム銀行を捉える研究により,同行が二つの計算貨幣の創出と預金受領証の導入というイノベーションを通じて,国際的には安定した通貨を供給しつつオランダ経済と国際経済とを遮断することを可能にし,国内的には公開市場操作を通じて通貨価値の安定性を実現させたという姿が明らかにされている。この姿から,アムステルダム銀行は「基軸通貨」バンク・フローリンを供給する「世界の銀行」として,また「汎ヨーロッパ多角的決済システム」の中核として,そして「最初の中央銀行」として位置づけられている。

3 3 3 0 OA 漢方と温泉

著者
大塚 吉則
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.63, no.3, pp.159-167, 2012 (Released:2012-10-11)
参考文献数
14

古代中国においては,時の権力者は温泉を憩いの場として利用していた。玄宗皇帝は温泉を引いて宮殿(華清宮)を建てて内部に池を配置し,楊貴妃を伴ってこの地で時を過ごしていた。温泉の効能は古代中国でも知られており,漢の科学者張衡の温泉賦をはじめとして多くの記載が残っているが,漢方医学と直接関連した書物としては,李時珍の本草綱目が有名である。温泉は「温湯」として地水類の一つに数えられており,硫黄の臭いを発する地表からわき出る(沸泉)熱い湯として認識されている。日本においては江戸時代,貝原益軒が養生訓に温泉入浴についての注意事項を記載している。その後,後藤艮山が高温泉に入ることが重要であるとし,彼の弟子香川修徳はその著書一本堂薬選で,温泉入浴方法にまで言及している。温泉療法は「気血水」のすべてに影響を与えており,漢方とともに用いればさらにお互いの効用を増強させうるものと思われる。
出版者
巻号頁・発行日
vol.[2],
著者
秋山 理 中村 正和 田淵 貴大
出版者
日本公衆衛生学会
雑誌
日本公衆衛生雑誌 (ISSN:05461766)
巻号頁・発行日
vol.65, no.11, pp.655-665, 2018-11-15 (Released:2018-12-05)
参考文献数
16

目的 喫煙は様々な健康被害をもたらすため,健康増進のためには禁煙が重要である。喫煙者が喫煙の自身への有害性を認識していることは禁煙を試みることに寄与することが知られている。一方,これまで受動喫煙の他者危害性についての認識と禁煙との関連はよく調べられていない。そこで本研究では,日本の一般住民を対象としたインターネット調査にて,現在喫煙者における受動喫煙の他者危害性の認識と禁煙への関心との関連を検討した。方法 2017年1月27日から3月13日にかけて日本の一般住民を対象としたインターネット横断調査を実施した。回答者のうち,現在習慣的な喫煙を行っている15-71歳の男女1,586人(男性1,128人,女性458人)について,喫煙の自身への有害性の認識および受動喫煙の他者危害性の認識と禁煙への関心との関連について,多変量調整ロジスティック回帰分析を行った。結果 現在喫煙者のうち,男性では81.6%,女性では88.2%が受動喫煙の他者危害性を認識していた。現在喫煙者のうち,男性では52.7%,女性では64.6%が禁煙への関心があると回答した。多変量調整ロジスティック回帰にて検討した結果,喫煙の自身への有害性の認識もしくは受動喫煙の他者危害性の認識のいずれかを説明変数としてモデルに投入した場合のオッズ比はそれぞれ2.53, 2.92であった。喫煙の自身への有害性の認識と,受動喫煙の他者危害性の認識との両方を説明変数としてモデルに投入した場合で,両者とも有意に禁煙への関心と正の関連があることが示された。結論 現在喫煙者のうち,受動喫煙の他者危害性を認識している者は,認識していない者に比べて禁煙への関心が高かった。喫煙の自身への有害性の認識と,受動喫煙の他者危害性の認識とはそれぞれ独立に禁煙への関心と正の関連を認めた。本研究は,横断研究であり因果関係を調べたものではないが,受動喫煙の他者危害性の認識を高めることが禁煙への関心を持つことに繋がる可能性を示唆しており,今後のタバコ対策を推進するための基礎資料となる。
著者
直田 信一
出版者
社団法人 におい・かおり環境協会
雑誌
におい・かおり環境学会誌 (ISSN:13482904)
巻号頁・発行日
vol.39, no.6, pp.392-398, 2008-11-25 (Released:2010-10-13)
参考文献数
4

活性炭吸着装置は,有機溶剤の臭気対策や回収装置として,多くの分野での実績がある.しかし,活性炭の吸着できる量は有限であるため,頻繁に交換しなければならないという問題がある.これらの問題を解決するため,活性炭の交換が容易にできる方法や活性炭を再生—再利用(リサイクル)するシステムを構築することで,極めて簡便でCO2を殆ど発生しないVOCの処理装置を実現することができる.