K 木 木 (オケの人) (@flk_bayashi)

投稿一覧(最新100件)

横国の環境研紀要にあった https://t.co/iwa1ZMVUzj https://t.co/t2nw7LDVjM
2015年に書かれたこんなものを発見 https://t.co/MOFxNTwC78
「西洋の音楽が,音楽文化の,より正確には音楽産業の中心となっているのは,オリジナルな地域としてのヨーロッパを除くと,日本その他2,3の 地域に過ぎない。すなわち,日本における西洋音楽の, 量的に圧 的な優位は,世界的には特殊な文化現象であるといえる。」 https://t.co/9epP0jt3y1
十八世紀末~十九世紀前半のスウェーデンにおける音楽的状況について : 定期刊行楽譜集Musikaliskt Tidsfodrifを中心に(西部会第二八四回研究発表会,例会・研究発表会要旨) ぱっと見洛星の後輩くんかと思った。 https://t.co/cWuZt83CJZ
希世美ちゃん日生学園で働いてたのか https://t.co/DwzT22Wia9
弦楽器奏者不足の問題についてはこれでも述べられてます https://t.co/rshQBeMTp0 https://t.co/SMr1w7ZYNA
RT @kuri_kurita: 「なんだこれは?」感たっぷりのものを見つけた。 https://t.co/Ufwt7Jg6O1 https://t.co/rxu8FbnYj9
@Fgnohito1 オモロいのあった。。 https://t.co/JULhhs24J3
博士論文を https://t.co/RYolPATGo5 https://t.co/izvExNCSxV
当該ページ、upper plate(プレート上層部)におけるincreasing stress(増加するストレス)及び捻れ、までは分かった。Izu pen.(伊豆半島)におけるcollision rateについての論文であるから、調べたら出て来そうやな。 これに近い内容。 https://t.co/1y7X4ocrnv
@fl95416 これ読んでみよう https://t.co/g4iIFJUfNs
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】Kusaka, H. 2008. Recent Progress on Urban Climate Study in Japan, Geographical Review of Japan 81: 361-374.http://t.…

お気に入り一覧(最新100件)

大陸移動説のヴェーゲナーの死を伝える1932年の地学雑誌の記事。日本でも相当有名だったようだ。戦前まで、「ヴェーゲナー」以外に、ウエーゲネル、ウエゲーネル、ウエゲネルなどの表記があった。 地学雑誌 1932年 44 巻 10 号 https://t.co/vGKxbzX0Ey https://t.co/tgVHDOpXGE
よく「すごいタイミングで行きましたね!」って言われる写真なんですが、これ実はほんとにたまたまで、徳島文理大学で講演した帰りだったんですよね。その時の講演会のデータがCiNiiに乗ってることが今頃わかったという。そりゃそうなんだけど、この日の証明みたいで嬉しい。 https://t.co/HhzRIcwnt8 https://t.co/il1jiZDDUS

1351 2 1 0 OA 殖民地要覧

フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』( https://t.co/vRiHcSDjjf ) の中で https://t.co/WjWcaFROye
こんな論文どうですか? 地形を切り口とした教科横断的な学習や地域学習の支援ができる地理院地図(栗栖 悠貴ほか),2018 https://t.co/XPJ2KUefC4
発表タイトルの中二病度が半端ない……神話と軍事とSFが一堂に会してる。 「冥王代における後期重爆撃による大陸の破壊と溶融」 https://t.co/MvpERidrgg

フォロー(3361ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t
これもあれも・・・未だ解けていません (伊原康隆) https://t.co/WfBqj1Z5cl
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる.(黒川信重) https://t.co/rOti8B5QGb
RT @purple_1geo: 地理学者によるモーリシャス研究というと寺谷亮司先生(愛媛大)の研究が具体例として挙げられるのかな? オンライン・フリーで閲覧できる論文を1つ。 寺谷亮司 2009. ポートルイスとカトルボルヌ -アフリカの小さな島国の首都と商業都市-. 都市…
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT
RT @miraisyakai: 多変量正規母集団からの不完全標本による母数関数推定 https://t.co/nqiuyOG1iT 「共通関数係数の最犬推定および制限付き最犬推定について扱い」 イヌ……だと……?
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 震災報道における地理学の視点 (山口 勝),2005 https://t.co/Mvngc4aQbx 1.はじめに新潟県中越地震直後の震災番組(2日後のクローズアップ現代と1週間後のN…
↓ 【講演記録】「霊長類音声の比較発達 (ことばの系統発生)」 https://t.co/EXXi3Uo6Un 人類はいつからこんなにおしゃべりな動物になったのだろう? ・話し言葉の生物学的基盤・化石記録から探る起源・声道形状の発達と進化・モザイク進化・イグノーベル賞受賞者の研究紹介 (このスレッド終わり) https://t.co/xUOSfv6MAZ
RT @Naga_Kyoto: 大城直樹・丹羽弘一・荒山正彦・長尾謙吉「1980年代後半の人文地理学にみられるいくつかの傾向―イギリスの最近の教科書から―」地理科学 48, 1993, 91-103 https://t.co/QokkNCOKVa

フォロワー(1765ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

今日のような蒸暑い日には,“動物や植物” を “育成” でもするかのような話がよいであろう. ── アンドレ・ヴェイユ 『ゼータ函数の育成について』 https://t.co/va5FE3To0t
すべてをゼータ関数から導き出すというゼータ主義の立場からすれば,(超弦版の)宇宙のゼータ関数を計算することは,その特殊値と振幅との関連等,大変興味あることだと思われる.(黒川信重) https://t.co/rOti8B5QGb
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT
RT @miraisyakai: 多変量正規母集団からの不完全標本による母数関数推定 https://t.co/nqiuyOG1iT 「共通関数係数の最犬推定および制限付き最犬推定について扱い」 イヌ……だと……?