seiya takayanagi (@seiya328)

投稿一覧(最新100件)

内田和子:岡山県小田川流域における水害予防組合の活動(水利科学No.320,2011)https://t.co/iLCQjQi3oZ この論文が小田川下流部における従前の水害とその対策についての経緯について理解するためには参考になりそう.
昨日のシンポジウムで少しだけ気になっていた,小出博らによる水害防備林論争については,松浦氏らの論文(https://t.co/H0tBbPZITo)も参考になるが,河川財団がまとめた河川植生についての資料もわかりやすいな(https://t.co/zEx51lFbNZ)
広島は低床化車両や連結車両も多いけど、トロコンなど既存施設との兼ね合いでスタックしてるときもあるなぁ、と思ってたら詳しいこと書いてある資料あった。 https://t.co/MjMsoBrmoT
背戸山の設問にある図の出典は,建築学会計画系論文報告集に掲載されている論文であるらしい. https://t.co/WgYXp5s0zQ
景観利益とは何か、鞆の訴訟を通して景観概念について法的にどのような対応がされてきたか、そして考え方が成熟してきたかという点についてはこの資料が一番よくわかる。視覚像だけではなく関係性こそが本質だという展開になっていることに注視すべき。https://t.co/evsZ9py2QJ

お気に入り一覧(最新100件)

【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
萌え過ぎてどうしたらいいんだか。RT @MaywaDenki: メカの機構に悩んだときに読み返す「機械の素」という本…このサイトで全ページ見れる! ただし、大正13年の初版(?)。http://t.co/9r6iCtStzf http://t.co/Fhaxf30z3m

フォロー(211ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(501ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

佐賀 朝「近代大阪における都市下層社会の展開と変容 : 1930年代の下層労働力供給の問題を素材に」https://t.co/XdG1IFFW9M 港湾労働者と浴場労働者の比較など。労働形態によってネットワークのあり方が変わってく… https://t.co/JSm3iEwend
仲野潤一,大澤壮平,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝「領域型バーチャルタイムマシンを用いたまち歩きイベントの実現」 https://t.co/mOGO8bXLSX ARを使って古写真を今の景観と重ね合わせるというまち歩き。やってみたい! https://t.co/oUYUdzq74p
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…