Oguchi T/小口 高 (@ogugeo)

投稿一覧(最新100件)

今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間… https://t.co/Hna380VBwU
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s… https://t.co/QAnk4zJ8O1
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s… https://t.co/QAnk4zJ8O1
インドへの中継点の上海に到着。着陸前の飛行機から、長江の三角州の海底部のうち、河口から数十キロ沖合の水深が急変する部分がみえた。海の青色の変化や筋状の微地形が印象的だった。海底部を含む世界の三角州を日本語で解説した論文(pdf)。… https://t.co/0oGcnzFl8i
RT @chizulabo: このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/Zczi…
RT @chizulabo: このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/Zczi…

53 0 0 0 OA 北海道の豪雨

論文「北海道の豪雨」(pdf) https://t.co/oUzCKjBAaU 気候学者の松本淳氏が1985年に発表。温帯低気圧や前線による豪雨の分布には規則性があるが、まれに来る熱帯低気圧による豪雨は意外な場所でも生じると指摘。熱帯低気圧の接近頻度が増えており広域で備えが必要。
@hashimoto_tokyo @historyanddigi 縮尺可変の地図上の点をクリックすると情報の表が出るというウェブサイトは古典的で、僕も15年以上前に作ったことがあります。https://t.co/BtEOh0b6bY よってコンテンツが重要ですが、これは良いです。
熊本の被災地で、地震で緩んだ斜面に雨が降って生じる土砂災害が心配されている。兵庫県南部地震の後には、六甲山系の断層沿いの斜面が以前の半分以下の雨量でも崩れたという論文がある。 https://t.co/lYKvm4ENaI 要警戒。 https://t.co/gmwWiROyAP
今回地震が連続して発生している地域に含まれる阿蘇カルデラの北部では、1975年にも群発地震が発生している。地震の規模は最大でマグニチュード6程度と今回よりも小さかったが、1月下旬だけで百回以上の地震が発生し、7月頃まで続いた。論文 https://t.co/b8nNWBCUeV
昨日の熊本の地震と同様に、震源が浅く狭い範囲で被害が大きかった1889年の熊本地震について、新聞記者の日記などを用いて全体像をまとめた論文 https://t.co/lxxQBqzbxM 阪神淡路大震災により都市の直下型地震が注目されたことを踏まえて1998年に出版されたもの。
今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.co/OEHWoL2Bfo

12 0 0 0 OA 学界消息

松山で日本地理学会の学術大会 #ajgeog に参加中。昨晩は楽しい懇親会もあったが、かつては戦争による活動停止の歴史も。昭和19年には機関誌を空襲で焼失し、その後発行できず。昭和22年の復刊時の記事(pdfの最後) http://t.co/wajeUQNuUQ 平和が大切。
1981年8月に茨城県で小貝川が破堤して生じた水害に関する論文。http://t.co/lehH4bsQEe 日本地理学会の機関誌に掲載。河川沿いの堤防が決壊した際に途中で水勢を弱めるための「内堤防」が江戸時代に築かれており、それを残していた場所では被害が小さかったことを指摘。
浅間山が小噴火。浅間山で火砕流が発生した際にどのように避難すべきかを、地理情報システムを活用して検討した高阪宏行氏の論文。http://t.co/ZhYQ5Wy0VA 2000年に日本地理学会の機関誌に掲載され、通常のハザードマップよりも高度な試みとして朝日新聞でも紹介された。
先日の地震で一部が崩落したマレーシア・キナバル山の奇岩「ロバの耳」は一種の氷河地形。熱帯の山だが最終氷期に氷河があり岩を侵食。学術誌の解説(pdf)https://t.co/0PEp0S4prt photo via @MasidiM https://t.co/TZ9Hl2mXf6
数万年前に鹿児島湾から噴出した入戸火砕流の堆積物が、標高1240m台の霧島山の火口にあるという論文。http://t.co/U9kibOgWUS 再度大火砕流が生じた際に川内原発に到達するかが議論されているが、前例は比較的高い山も難なく超えていく、流動性が非常に高いものだった。
本日噴火した口永良部島に関する文献二つ。1)気象庁活火山総覧に掲載されている島の地学や近年の噴火史の概要(pdf)http://t.co/OMdgycGbAR 2)地質調査に基づく過去約3万年間の噴火史の論文(pdf で全文閲覧可)http://t.co/HZs7gVQTxH
ネパールの小中学校で山形大学の地理学者が防災教育を実践(2013年)。同大学のマンガ研究会が描いた紙芝居で土砂災害からの逃れ方を説明。現地の院生がネパール語に翻訳。学会発表要旨 http://t.co/pIkwb5pl8e 大学の記事 http://t.co/Uw9CusuWo6
箱根火山の活動が活発化。箱根は約6.6万年前に大噴火を起こし、東京にも多量の軽石が降下したが、その後は相対的に平穏。このような東京周辺に影響を与えた火山噴火の歴史と今後の展望を、首都大の鈴木毅彦氏が二年前にまとめている。論文の pdf http://t.co/tCx7DfX7B8
@hajimebs これですね http://t.co/LbakC39Rg7 一言の知性が見事です。僕は140字をフルに使うタイプなので、常々感心しております。

53 0 0 0 OA 北海道の豪雨

北海道の大雨のニュースを聞き、論文「北海道の豪雨」(松本、1985)を思い出した。PDF http://t.co/b0vY7HL5Tq 北海道は豪雨が少ない北部と多い南部に二分できるが、石狩低地には地形的障壁がなく、豪雨がより北側でも生じる可能性が高まる。今回の状況と対応しそう。
@fujiyamao 情報多謝です。これはまずいですね。1933年の地理学評論の論文で、地形図の計測に基づき、扇状地で勾配が緩くなる傾向はなく、むしろ急になる場合があると指摘されています。https://t.co/G4t6wR6Fvm 今計測し直しても結果は同様になります。
地層に対応した地形の線状の凹凸に植生の密度も対応しているスペインの斜面。面白い。RT @daichizu E-journal GEOに報告したソブラルベジオパーク https://t.co/7rw3Kh4E0h にある面白い地形に感動。http://t.co/2FlNbPF0nW
@yamabudou10 テクトニクス的にはアイスランドは伸張の場、日本は大半が圧縮の場で、前者では直線的な割れ目に沿う噴火が見られやすいとも言えますが、圧縮場でもそれなりに直線的になります。中村一明氏による古典的論文があります。http://t.co/GuDLdAphLE
東日本大震災の際に東北日本の火山が沈降したことが話題になっている。http://t.co/LvXfGXWkN9 一方で火山は自重で沈降するという指摘が古くからあり、その話とどう関係するのか、気になっている。1968年の解説論文(pdf)http://t.co/lS3aWYWztS
徳島県が活断層沿いで公共施設等の建築を規制する条例を制定し、その範囲を地図化。http://t.co/O1qVDifi8H これは約40年前にカリフォルニア州で制定された「活断層法」と同様の動き。後者を解説した1990年の論文(pdf)http://t.co/iwfJ3KgsyK
東大生産研の公開講演会で行った発表「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」の記録が出版されました。http://t.co/RnuXWbilDW 文章のみなのでスライドのpdfを公開しました。http://t.co/kWWLmThuf8 興味のある方は合わせてご覧下さい。
大河ドラマとの関係で,1888年の噴火以前の磐梯山の形に関心が集まっているようだ。この問題を研究していた米地文夫氏の1988年の論文。http://t.co/YBslJXK6 東西南北から見た噴火前後の地形の鳥瞰図を掲載。網目を使う今となっては古い表現法だが,当時は先端的だった。
選挙は地理学の研究対象の一つであり,特に欧米では古典的な課題である。人文地理学者の高木彰彦氏が1986年に著した,欧米および日本における「選挙地理学」の動向を紹介した論文(pdf) http://t.co/WnQXOq9m 研究が定数不均衡の是正などに貢献できる可能性を示唆。
時の人である東洋大の地形学者・渡辺満久氏が東大のオーバードクターの時に発表した北上低地帯の地形と断層に関する論文(地理学評論,1989年)http://t.co/FdMkBMhQ 当時の論文の図は手書きで,渡辺氏は優れた図を描くことでも有名だった。後輩として調査に同行したことも。
RT @ajgeog: 竹富島の論文へのリンクはこちらです。 https://t.co/9B2q8d4o RT @Otani_Tim 「伝統的な町並みとして守られている赤瓦屋の町並みは、過去にあった現実の姿ではなく、島民の願望であり、理念であった」(福田珠己「赤瓦は何を語 ...
地理学は多様なアプローチが可能な学問だが,多数の文学作品における水の描写に基づいて20世紀前半の隅田川の水質変化を復元し,人間活動との関係を論じた谷口智雅氏の研究はひときわユニーク。日本地理学会の研究奨励賞を受賞した1997年の論文 http://t.co/reupVoFE

18 0 0 0 OA 活断層

活断層に関する古典的解説論文(1968年,pdf)http://t.co/WHpSWKd9 当時から,いつ動いた断層を活断層と呼ぶかが人により異なっていたことがわかる。原子力規制委が活断層の定義を見直す方針を示したことと関連。いずれにせよ日本には将来動く可能性がある断層が多数。
古い学術論文の中には,当時の査読の緩さを示すものがある。1965年に日本地理学会の機関誌に載った論文(pdf)http://t.co/FxVO7Tpd 岩石の力学的性質を考えて地形を研究せよという内容だが,冒頭で院生の行動を評価するなど,今の学術誌では見ないような記述が出てくる。
@miyukikatori 火山地形の大家である守屋先生の論文に,日本の火山麓扇状地の代表例が出ています。赤城,利尻,榛名,八ヶ岳などです。次のページからpdfをご覧下さい。http://t.co/nGzLF818
古い論文だが,水越(1965)は日本における熱帯低気圧(台風)と梅雨前線による豪雨の分布と特徴を分析。http://t.co/ZoDYtlKj 各地点における最強の雨は,台風によってもたらされる場合が多いが,九州(特に西部)では梅雨前線による雨も非常に強い。論文pdfの図1参照。
富士山直下の新活断層。既知の断層とつなげた図が出ているが http://t.co/ai815MgQ 一連の断層としては屈曲が異様に大きく見える。しかしこの地域全体の地質構造も,同じ方向に大きく湾曲。http://t.co/InE6Vtjx よって,一連の断層という理解が可能かも。
ヴィクトル・ユーゴーと地学クラスタに関するツイート http://t.co/2Qw8xOsx に,想定外の反響をいただきました。この機会に,ベクトル融合と地図クラスタとの関連も指摘しておきます。http://t.co/cueENQgd
明治十津川災害に関する優れた論文を,自由にダウンロードできます。平野昌繁ほか(1984) 1889年8月豪雨による十津川災害の再検討-とくに大規模崩壊の地質構造規制について-。京大防災研年報,第27号B-1,369-386。 http://t.co/E4JZTmEa (pdf)

お気に入り一覧(最新100件)

3Dプリンタに関する第1論文 小玉秀男「3次元情報の表示法としての立体形状自動作成法」電子情報通信学会論文誌 C, Vol.J64-C, No.4, pp.237-241, 1981/04/2… https://t.co/n5FUU4XU0n

18 0 0 0 OA 尾張名所図会

熱田の七里の渡しの絵図。手前の建物のうち一軒だけそのまま残っている、とブラタモリで出ていた。 国会図書館デジタルコレクション 明治13年 尾張名所図会 https://t.co/bhdVCvs925 https://t.co/68c6Q9K0tm
このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/ZczivL7Az6
このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/ZczivL7Az6
Nスペ「古代史ミステリー 「御柱」 ~最後の“縄文王国”の謎~」を見て、御柱祭についてきちんと知りたくなった人は、怪しい本よりまず石川俊介さんの「諏訪大社御柱祭の文化人類学的研究」を読むことをお勧めします(PDF注意)。https://t.co/Cl0DhCheP1
研究者にとっての論文十ヶ条 「書かれた論文は書いた人の研究者としての人格を表す」「データのみ出して論文を書かない者は,テクニシャンである」「データも出さず論文を書かない者は,評論家である」etc(角皆静男先生追悼文より)https://t.co/N4fJs878MB
1991年ピナツボ火山噴火は1990年フィリピン地震に引き起こされたか? (大倉・安藤,1994) https://t.co/rACW0xfkXn

1585 0 0 0 OA さんたくろう

明治33年に描かれた日本初のサンタクロース「さんたくろう(三太九郎)」さん。近代デジタルライブラリーで全ページ読めます。https://t.co/fXhxSzHkoG https://t.co/Tw8WD5ILLp
日本の学術論文の数が以前よりも減少しているというツイートを見るのだが、その大きな要因はやっぱり研究時間の問題ではないかと思う。/大学等教員の職務活動の変化 http://t.co/QXoYUAidpv http://t.co/HT1dbAqHtV
岩屑流の流動機構の事例研究(岩瀬川)としては例えば宝田(1990)に詳しい。ジグソーパズルのような割れ目をもつ岩塊は流走距離に応じて小さくなり、砕かれてできたマトリクスがある所で支えきれなくなると急停止する。 PDF: http://t.co/9vD8MUbxaw #野外実習
↓ 自分の論文の紹介:CiNii 論文 - 世界の訓読み表記 http://t.co/97PAnpx5Xh /なお人文系は金がまったく無い>学会、雑誌が少ない>発表できる媒体・機会が少ない>1つの論文に色々入れる(注で大事な指摘等)、でこの論文も注にいろいろぶち込んであります。
@ogugeo 昨日、E-journal GEOに調査報告の掲載された、ソブラルベジオパークにあります。 https://t.co/sOArzB0WM9 面白い地形に感動しました。 『世界のジオパーク』の表紙の写真もこの場所です。 http://t.co/OHhHWzznkc
「戦後復興と地理学の展開」。  竹内啓一・浮田典良・西川 治など、第二次世界大戦後の日本の地理学を形作ってきた地理学者たちが、2000年に地理学評論に著したものです。  https://t.co/NKeuJ6ig8q
懐かしい論文を見つけてしまった。って、僕のだけど。 CiNii 論文 -  カラスアゲハの翅形の地理的変異 : 主成分分析による検討 http://t.co/9w0FUpuOwq #CiNii pdfも。 http://t.co/xTQLfsL471
守屋以智雄先生退官時の「火山とともに」をみつけてつい読み継いでしまった. http://t.co/AZgjViGi2j
『津波の浸食で形成された地形』って、私たちの日常的な想像の時間尺度をはるかに超えている。でもそれは確実に存在していて、時に私たちに凄まじい影響をもたらす。 小口高「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」 https://t.co/4RKv7Rufcl
私としたことがこれを見落としていた。早速両方ダウンロードしてiPadに入れた。 小口先生の「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」http://t.co/yLditu6tCV スライドのpdf http://t.co/a357T24AlW
集落の地形と地名と「環境のセット」に関する論文を漁っていたら、30年前の後藤先生の論文にブチ当たった。。。しかも手書き。ダイアグラムすげえ。 http://t.co/dUMeSE6R

フォロー(231ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

予防接種のリスクとベネフィット ―予防接種による感染症対策― 岡部信彦 https://t.co/BgZFY8hQA8 予防接種は多くの場合は健康な人に対する医療行為であるため,確実に安全であることが求められる。
RT @digitalarchivej: 「デジタルアーカイブ学会誌」 2019年第1号 [長尾真会長文化勲章受章] 長尾真会長の文化勲章受章を祝して. 吉見 俊哉 https://t.co/WfvV3EhTPZ
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 国際地図学会議2019年東京大会 (ICC2019TOKYO) の招致開催の意義:─多様性と文理融合の視点から(森田 喬),2018 https://t.co/gYP992S1G8
メモ: 楠瀬慶太 (2018):「土佐山村の屋号研究試論 ― 香美市物部地域の屋号に探る―」 https://t.co/NQhYl9oMqU  ・・・高知県香美市物部町(旧物部村)の山村の屋号について、特徴や地域性を丹念に明ら… https://t.co/qEdEJUF0xs
【地理学評論掲載論文】Nihei, T. 2002. Technological Innovations in the Continuation of Greenhouse Horticulture in Asahi City,… https://t.co/ugjgyr60KK
【地理学評論掲載論文】Zhang, G. 2002. The Development Mechanism and the Sustainable Base of a Vegetable Growing Area in Okabe… https://t.co/nKb3GFteEm
RT @key_toyama: 論文「富山県井波町における木彫業の技能者再生産組織」 掲載誌は筑波大学人文地理学研究20号。1996年3月発行。 著者は須山聡。 https://t.co/WbHHrkQF84
RT @ryusukematsuo: 苅谷剛彦 [2018] 「誰のための、何のための研究評価か――文系研究の日本的特徴」『学術の動向』23(10): 24-29 https://t.co/h1GZYFQR11
木口 雅司, 沖 大幹 (2010) 世界・日本における雨量極値記録。水文・水資源学会誌 23 巻 231-247. https://t.co/fcGnnlTGoi
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】遠藤匡俊・土井宣夫 2013.1822年の有珠山噴火によるアイヌの被災状況-死亡者数の確定と生存の要因に関する考察-.地理学評論86A: 505-521.https://t.co/i4ps7h1Es6
RT @heiwawomamoru: CiNii 論文 -  アイヌ語地名の併記を求めて二〇年 (特集 地名と地域 : 地理学・地理教育の立場から) https://t.co/1frgmfsUli #CiNii

9 6 6 0 OA 仙台アルバム

国会図書館の近代デジタルライブラリーを眺めていたら、大正4年の仙台市の名所や著名企業の写真を集めた「仙台アルバム」というのがあるのを見つけた。宮城県の近代史方面では著名資料かもしれないが、眺めていて面白かった。 https://t.co/HM8Y4TaI5j
RT @khargush1969: Brend, B. 2003: Perspectives on Persian painting: illustrations to Amīr Khusrau's Khamsah https://t.co/Z99TWdRyij デリー・スルタ…
RT @s15taka: J-STAGE Articles - 波食棚の形成をもたらす海食崖の後退プロセス https://t.co/79gq05Y48W
RT @s15taka: J-STAGE Articles - 地形学からみた風化研究の問題点と今後の課題 https://t.co/NAVon9GNzA
RT @SOLA_metsoc: SOLA New paper: Thinh et al., How Does Land Use/Land Cover Map's Accuracy Depend on Number of Classification Classes?, SOL…

フォロワー(28840ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @numa_sa: 埼玉の銭湯とスーパー銭湯の共存を記述した論文(門田2013) 客層がそれぞれ異なり、銭湯には習慣性、スーパー銭湯にはレジャー性が求められるとのこと。 https://t.co/Q1w7jXyA3Y
RT @Katsumata_Nori: がんの自然退縮はたくさんの報告があるが、原因はわかっていません。自然退縮例を集めて「○○をすれば良かった」などという本が話題になりましたが、科学的な本ではないですね。神経芽腫の自然退縮例はある種の遺伝子が関わっていることも研究されています…
RT @yuko_yuko_y: 北海道、同和教育は無いがアイヌ民族については下記の 小学校の副読本で読んだ記憶があるな。(違っていたら申し訳なく) CiNii 図書 - わたしたちの札幌 : 札幌市社会科副読本 : 三年 https://t.co/wT5l3hRiIH C…
RT @yuko_yuko_y: 北海道、同和教育は無いがアイヌ民族については下記の 小学校の副読本で読んだ記憶があるな。(違っていたら申し訳なく) CiNii 図書 - わたしたちの札幌 : 札幌市社会科副読本 : 三年 https://t.co/wT5l3hRiIH C…
RT @motorcontrolman: 制御と機械学習の関わり、足立先生の「制御工学と人工知能の近くて遠い関係」が非常に参考になります。制御工学と機械学習が補完的な存在になるとであろうという見解も各所で見られますが、個人的にはごく自然なことであると思います。 https://…
RT @subarusatosi: 渡辺 優, 沙川 貴大, 上田 正仁 「量子推定理論による測定誤差の不確定性関係の定式化とその量子情報幾何における意味付け」 https://t.co/32XVrVKyeG
RT @Katsumata_Nori: がんの自然退縮はたくさんの報告があるが、原因はわかっていません。自然退縮例を集めて「○○をすれば良かった」などという本が話題になりましたが、科学的な本ではないですね。神経芽腫の自然退縮例はある種の遺伝子が関わっていることも研究されています…

11 11 2 2 OA 後漢書 120卷

95コマ目。 https://t.co/0XHw0YxcLK
RT @miraisyakai: メディアが内閣支持に与える影響力とその時間的変化――新聞社説の内容分析を媒介にして https://t.co/ElB2vRyRBa 例えばこれは新聞が内閣支持率に及ぼす影響力が1988年~2009年までどのように変化してきたのかという研究。グ…
RT @motorcontrolman: 制御と機械学習の関わり、足立先生の「制御工学と人工知能の近くて遠い関係」が非常に参考になります。制御工学と機械学習が補完的な存在になるとであろうという見解も各所で見られますが、個人的にはごく自然なことであると思います。 https://…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1040「諸外国における戦後の憲法改正【第6版】」(PDF:480KB)を掲載しました。 https://t.co/7CgWlP954X
RT @motorcontrolman: 制御と機械学習の関わり、足立先生の「制御工学と人工知能の近くて遠い関係」が非常に参考になります。制御工学と機械学習が補完的な存在になるとであろうという見解も各所で見られますが、個人的にはごく自然なことであると思います。 https://…
概要しか読んでないけど、法然や日蓮の時代は血の穢れとかなかったと。そうなんや。女人禁制とかそのあとできたのね。CiNii 論文 -  『血盆経』受容の思想的背景をめぐって https://t.co/1dOy2KPPnL #CiNii
RT @nekonoizumi: PDFあり。あのナイジェリア映画における「忍者」表象の論文の方だった。 ⇒中村博一「ヨルバ映画(ナリウッド)における呪術的特徴 : 31作品についての考察」 『生活科学研究』40(2017) https://t.co/z0PFMYDa2Z
RT @skrnmr: https://t.co/evbUTdX9dU 「トランスローカリティの社会学:条件不利地域と地方中枢拠点都市の生活とキャリア」
RT @nolnolnol: 13世紀以降の東西交流史・グロヒス的なことやりたいなら必読。読んでない、かつ引用欧文一つも読んでいないなら、とりあえずぶっとばしていい。-  學界展望 モンゴル帝国期以降のヨーロッパとユーラシア世界との交渉 (特集 ポスト・モンゴル時代のアフロ・ユ…
RT @okaguchikii: 死刑を言い渡したことの精神的負担に耐えられなかった「お坊ちゃま裁判官」 https://t.co/lDGplhtbx0 https://t.co/iQb6Xo4fEW
RT @TexasDaddyJapa1: 科研費の闇は深い!牟田vs杉田裁判の賛同人である山下愛英(旧名:崔英愛)立命館大学講師 2017年~2020年に429万円(含む予定)の科研費が出ているが、その研究の内容は「北朝鮮のドラマ」だぜ!科研費の基準は何だよ?北朝鮮のドラマを見…
RT @nekonoizumi: ナイジェリアの忍者論文。PDFあり。 ⇒中村博一「忍者表象のグローカリゼーション : ナリウッドにおけるソッコト忍者」 『言語と文化』23(2010) https://t.co/CWIybpXhxN  https://t.co/yZVGJLqs…
RT @BungakuReport: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1040「諸外国における戦後の憲法改正【第6版】」(PDF:480KB)を掲載(国立国会図書館) https://t.co/P4cWQ5dIz0
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @nekonoizumi: 昨日見かけた論文、中身見たら色々な意味で凄まじいものだった。 アイドルの比較歴史制度分析を目指し、近現代150年の日本経済の経済循環の長期波動の推移からアイドルシーンの変遷を読み解く「123ページ」の論文。 ⇒平山朝治「アイドル150年 : ア…
RT @nekonoizumi: PDFあり。あのナイジェリア映画における「忍者」表象の論文の方だった。 ⇒中村博一「ヨルバ映画(ナリウッド)における呪術的特徴 : 31作品についての考察」 『生活科学研究』40(2017) https://t.co/z0PFMYDa2Z
RT @nekonoizumi: PDFあり。あのナイジェリア映画における「忍者」表象の論文の方だった。 ⇒中村博一「ヨルバ映画(ナリウッド)における呪術的特徴 : 31作品についての考察」 『生活科学研究』40(2017) https://t.co/z0PFMYDa2Z
RT @nekonoizumi: 昨日見かけた論文、中身見たら色々な意味で凄まじいものだった。 アイドルの比較歴史制度分析を目指し、近現代150年の日本経済の経済循環の長期波動の推移からアイドルシーンの変遷を読み解く「123ページ」の論文。 ⇒平山朝治「アイドル150年 : ア…
しゃあしゃあと阿部信行の演説口調が聞けます https://t.co/JKWcDXlV1A 安倍首相の喋りに良く似てないか
RT @deadletterjp: 例えばこれが良いかな。『2010年に宮崎県で発生した口蹄疫について:2000年の発生との比較から』https://t.co/ZZH0AUuv4Q
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
予防接種のリスクとベネフィット ―予防接種による感染症対策― 岡部信彦 https://t.co/BgZFY8hQA8 予防接種は多くの場合は健康な人に対する医療行為であるため,確実に安全であることが求められる。
J-STAGE Articles - 第六天魔王説の成立 : 特に『中臣祓訓解』の所説を中心として(<特集>中世的秩序-言説と公共性-) https://t.co/sUfWEqVfn7
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
女性の睡眠とホルモン https://t.co/QFLuCRgbkF
Ravidasa(ラヴィダス)(1450?-1520?年)下層カーストの出身のシク教の聖者でもと靴職人。 V村 の 「改 宗仏 教 徒 」 た ち は、 自身 の信 奉 の対 象 と して3つ を挙 げ る。す なわ ち、ブ ッ… https://t.co/jJpYXgOyyY
@10cube https://t.co/0Rt3ff9iRa こんな文章見つけました。「あまりのことに119番とか頭から吹っ飛んでた」は大丈夫そうですが、  漫画だとそこではなく「泥酔した状態で木造家屋の生火を扱う」というのが原… https://t.co/AldeGddBym
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @isaactruth: 昔、「現場とは何か」を書いた時からずっとそれなりに引っかかっている問いだけど、毎日その現場で暮らしている「現場の人」とそこに研究で現われる研究者とのディスコミュニケーションって、たぶん調査に入る社会科学研究者につきまとうある意味永遠の課題だなぁと…
RT @puyotaroh: @s_sasamatsu 石川にいる間に名産をご堪能いただけて何よりです(^^) なぜ毒が抜けるのかの研究は、石川県立大学でも行われているのですが、糠漬けに特定の乳酸菌がいることがわかったものの、その乳酸菌と分解のメカニズムについては現在も研究課…
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @summodiscrimine: 免疫応答に重要なマクロファージの細胞代謝としての免疫応答が、細胞内脂肪酸代謝と密接に連携して制御されることを見いだした。 https://t.co/QFsQZMJ0nZ
RT @waldblumen: なんとこんにゃくって,和傘などでこんにゃく糊として使われるような,耐水性高分子素材でもあるらしい… 戦時中は,国内調達可能のゴムの代用品だったとか… こんにゃくが固まる原理は,未だ完全に説明できないとか… なにやらすごいな。 https://t…
RT @lenti_taiga: CiNii 論文 -  戦国期関東浄土宗教団の地域展開 : 下総・相模を中心として https://t.co/vpOt9p4vyD #CiNii
RT @isaactruth: 昔、「現場とは何か」を書いた時からずっとそれなりに引っかかっている問いだけど、毎日その現場で暮らしている「現場の人」とそこに研究で現われる研究者とのディスコミュニケーションって、たぶん調査に入る社会科学研究者につきまとうある意味永遠の課題だなぁと…

6 3 3 0 OA The Amae Male

RT @otakazu: 中尾香. (2003). 甘える男性像. 社会学評論, 54(1), 64-81. https://t.co/FN7TNP8Mys 面白い論文。1950年代に登場した2つの系譜による男性像――サラリーマンが担う「弱い」男性と、家制度の性別役割を焼き直し…
RT @digitalarchivej: 「デジタルアーカイブ学会誌」 2019年第1号 [長尾真会長文化勲章受章] 長尾真会長の文化勲章受章を祝して. 吉見 俊哉 https://t.co/WfvV3EhTPZ
RT @online_checker: @keihun939372 学者としての徳仁親王を知るにはhttps://t.co/qzfij42w5kが一番わかりやすい
RT @online_checker: @keihun939372 学者としての徳仁親王を知るにはhttps://t.co/qzfij42w5kが一番わかりやすい
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ヨルバ映画(ナリウッド)における呪術的特徴 : 31作品についての考察" https://t.co/GHYO54CKRK ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ディズニー版『白雪姫』のりんごをめぐる物語の変容 : 「毒」から「かわいい」への変遷" https://t.co/4dsFsFzVEu ※本文リンクあり
RT @katzkagaya: 実データを解析するときの「具体的問題の感覚」というのはとても大切だ。赤池先生が闘っていた偏見や誤解はまだまだありそうだ。「偏見との闘い」https://t.co/cK9rDoO6fp https://t.co/Qs10I3oFeu
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @puyotaroh: @s_sasamatsu 石川にいる間に名産をご堪能いただけて何よりです(^^) なぜ毒が抜けるのかの研究は、石川県立大学でも行われているのですが、糠漬けに特定の乳酸菌がいることがわかったものの、その乳酸菌と分解のメカニズムについては現在も研究課…
RT @lwrdhtw: バルトの『明るい部屋』を実在論的な写真論が展開されたものとして解釈。おもしろかった! 岡本源太「写真と実在、そして真実 : ロラン・バルトによる写真の実在論」 https://t.co/BgyiHgof4d
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 国際地図学会議2019年東京大会 (ICC2019TOKYO) の招致開催の意義:─多様性と文理融合の視点から(森田 喬),2018 https://t.co/gYP992S1G8
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 国際地図学会議2019年東京大会 (ICC2019TOKYO) の招致開催の意義:─多様性と文理融合の視点から(森田 喬),2018 https://t.co/gYP992S1G8
RT @sakagan: @ajico_b アオババは、南部で用いられる、袖口が広く、すぞの短い農民服ですね。メコンデルタのクメールに関して、静岡県立大の下條尚志さんが研究されてますね。 ベトナムの伝統的な衣服に関する研究 2014年,2015年の調査から ベトナムの…
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
@yohei_kikuta 以前、私もそういう言説を聞いたことがあります。私は門外漢なのですが、https://t.co/mFumauGrbG この論文は賞も取っており、今読んでも参考になりそうです。
RT @demauyo_tadaimo: 安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/ibe10YMSR2 h…
J-STAGE Articles - 研究・実務に役立つ!リーガル・リサーチ入門 第1回 法情報の世界 https://t.co/RVgqyjBN6a
RT @wtwtringring: 「感情の権利化」「不快感からの自由」「『主観』を特権化する」などというパワーワードが並んでいる論文だけれど、フェミニストの世界観がどのようなものかよく分かる論文だった。頭がおかしいと思います。 客観的行為主義から主観的関係主義へ 沼崎一郎…
@__O72 https://t.co/seAYNXgTMb 論文としてはこれがコンパクトで読みやすいと思う。
RT @coccyx_T: ただ、アイヌと和人は同根、という視点は無くて、私自身はなり得ない憧れの対象なのだけど、それもどこまでもこちらの都合。私がアイヌに押し付ける「幻想」にそぐわなかった、ということ。 『戦後のナラティブ・ターンから眺めるアイヌの諸運動と和人によるアイヌ研究…
RT @sinus_iridium: 日経サイエンス 2019年2月号の『日本を変えた技術(下)八木・宇田アンテナ』興味深い記事でした。関連:「ニューマン文書」を追って https://t.co/PfAkVnBtnv https://t.co/DYrtlvSQ1N
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
@ajico_b アオババは、南部で用いられる、袖口が広く、すぞの短い農民服ですね。メコンデルタのクメールに関して、静岡県立大の下條尚志さんが研究されてますね。 ベトナムの伝統的な衣服に関する研究 2014年,2015年の調… https://t.co/ySUra3lIQS
高木 英行(2014) 講座 使える!統計検定・ 機械学習一 III 一 主観評価実験のための有意差検定,システム/制御/情報, 58(12),514-520 一対比較法についてちょっと調べたら出て来た高木先生の解説だが例題爆笑 https://t.co/M1MrDINtdh
CiNii 論文 -  高松城天守台解体時の力学調査と保全工法 https://t.co/U8N7llqwx3 #CiNii
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y

4 4 4 1 OA ランニング

RT @harumin_10: @nhk_td_idaten 暇な方どうぞ 明石和衛, 金栗四三 共著 「ランニング」 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/cxS9BD0BaC なお、題字は嘉納治五郎先生 https://t.co/zSFTJp2G…
RT @hayakawa2600: 鈴木大拙がシモーヌ・ヴェイユを読み、シモーヌ・ヴェイユもまた鈴木大拙を読んでいたとは知らなかった……:鈴木順子(明治学院大学)「破壊された魂の行方 : 鈴木大拙を読むシモーヌ・ヴェイユ」PDF:https://t.co/E1yXKVwi1a
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @rarara_chem: 毒が抜けるメカニズムについては以下を参照、このご時世で不明ってことはない。但し、ただ単に保存中に希釈されるだけらしい。まあ、テトロドトキシンがそう簡単に分解される訳ないもんな。 https://t.co/69ZJ6SYd5y
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…

4 3 3 1 OA 捨て子と再生

RT @it_yabghu: 見つけてDLしたので後で読むとするか・・・。 井本英一『捨て子と再生』 https://t.co/6zkGsS4V10
https://t.co/TBKSVQlrAi テトロドトキシンの話これかw 解明されたらすごいなあ…国はこういうのにお金を出してほしい…
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @yearman: まさに初年次教育の文章表現科目で先行研究をマトリクスにまとめるというレビュー論文を作成するという実践をしましたが、高レベルすぎたので今は文献間の比較を非常に簡単なものにしました。2・3年次演習でやってくれたらかなり力はつくと思います https://t…
@stoyofuku こちらも興味深い観点。https://t.co/WlKlQOxMh6
RT @KeiYamamoto0905: CiNii 論文 -  『正義論』における嫉妬の位置づけについて https://t.co/ZzkLENHyO6 #CiNii
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? マスコミの方言 : 放送番組全国調査から(平成八年度卒業研究佳作)(久保田 恵里ほか),1997 https://t.co/Pp6hYAaH28
RT @HiroshiHootoo: H.G.ウエルズ 著、堀口熊二 訳、東亜堂書房 刊の『?之人』は、ここで読めます。 https://t.co/n4EOkj4ONH 前書きによると、本のタイトルを翻訳者としては『見えない人』としたかったらしい。 https://t.co/e…
まさに初年次教育の文章表現科目で先行研究をマトリクスにまとめるというレビュー論文を作成するという実践をしましたが、高レベルすぎたので今は文献間の比較を非常に簡単なものにしました。2・3年次演習でやってくれたらかなり力はつくと思いま… https://t.co/h9ZnSCsGmT
「ゲーム理論の歴史と現在」 https://t.co/CaKow8gevn
タルムードにおける破産問題の再解釈 https://t.co/5pWdil9fKf
メモ: 楠瀬慶太 (2018):「土佐山村の屋号研究試論 ― 香美市物部地域の屋号に探る―」 https://t.co/NQhYl9oMqU  ・・・高知県香美市物部町(旧物部村)の山村の屋号について、特徴や地域性を丹念に明ら… https://t.co/qEdEJUF0xs
RT @nekonoizumi: 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』という同時期の放映の「ドキュメンタリー」について「真正性」への態度や番組をめぐる言説を分析 高井昌吏「旅や冒険を表象するテレビ番組と「真正性」「教養」 『川口浩探検シリーズ』と『すばらしい世界旅行』…
RT @ianfu_kaiketsu: 韓国政府による「和解・癒やし財団」解散の正式発表 https://t.co/MZMpIhKJUL 外国の立法No.278-2 (2019年2月:月刊版) 国立国会図書館 調査及び立法考査局 日本関係情報