Oguchi T/小口 高 (@ogugeo)

投稿一覧(最新100件)

日本の中で1993~2010年に外水氾濫が4回以上発生した地域を水害常襲地として抽出した論文(全文閲覧可)。 https://t.co/f6dtayFuaQ 氾濫が発生中の最上川に沿う山形県大石田町や、先日大きな被害が出た球磨川沿いの熊本県芦北町などが含まれている。抽出されている地域では備えが特に重要といえる。 https://t.co/gWkFsNptfP
今日は阪神・淡路大震災の発生から25年。当時被災地で多数の地理学者や学生が瓦礫の分布等を調査した成果を迅速にまとめた日本地理学会の機関誌の論文。 https://t.co/L7AnTquqza この種の活動が政府による「地理情報システム(GIS)関係省庁連絡会議」 https://t.co/fprH9c36FA の設立につながった。 https://t.co/IvGmONBa2w
長野県塩尻市の桔梗ヶ原は有名なワイン産地だが、産地呼称が厳密になり、どこで採れたブドウで作ったワインであれば桔梗ヶ原を名乗れるかが検討された。決まった範囲は1961年の小林国夫氏の地学論文 https://t.co/k50qLqHa8t の記載と同様。地形や火山灰から決めた河岸段丘の範囲がワイン産業に影響。 https://t.co/367oRT6oeu

475 2 0 0 OA 江戸と水

RT @Zazamucy: 何だこの地理クラスタ!? J-STAGE Articles - 江戸と水 (徳仁 親王) https://t.co/HjOdQwF5iW https://t.co/LOjJMfxwP8
今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象の一部といえるが、多くの人がいる点が昔とは異なる。
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.co/BZrCFwa7Iw https://t.co/ExAiSaVrmY
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.co/BZrCFwa7Iw https://t.co/ExAiSaVrmY
インドへの中継点の上海に到着。着陸前の飛行機から、長江の三角州の海底部のうち、河口から数十キロ沖合の水深が急変する部分がみえた。海の青色の変化や筋状の微地形が印象的だった。海底部を含む世界の三角州を日本語で解説した論文(pdf)。 https://t.co/U17UI4YsO8 https://t.co/eA259EIXJG
RT @chizulabo: このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/Zczi…
RT @chizulabo: このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/Zczi…

53 0 0 0 OA 北海道の豪雨

論文「北海道の豪雨」(pdf) https://t.co/oUzCKjBAaU 気候学者の松本淳氏が1985年に発表。温帯低気圧や前線による豪雨の分布には規則性があるが、まれに来る熱帯低気圧による豪雨は意外な場所でも生じると指摘。熱帯低気圧の接近頻度が増えており広域で備えが必要。
@hashimoto_tokyo @historyanddigi 縮尺可変の地図上の点をクリックすると情報の表が出るというウェブサイトは古典的で、僕も15年以上前に作ったことがあります。https://t.co/BtEOh0b6bY よってコンテンツが重要ですが、これは良いです。
熊本の被災地で、地震で緩んだ斜面に雨が降って生じる土砂災害が心配されている。兵庫県南部地震の後には、六甲山系の断層沿いの斜面が以前の半分以下の雨量でも崩れたという論文がある。 https://t.co/lYKvm4ENaI 要警戒。 https://t.co/gmwWiROyAP
今回地震が連続して発生している地域に含まれる阿蘇カルデラの北部では、1975年にも群発地震が発生している。地震の規模は最大でマグニチュード6程度と今回よりも小さかったが、1月下旬だけで百回以上の地震が発生し、7月頃まで続いた。論文 https://t.co/b8nNWBCUeV
昨日の熊本の地震と同様に、震源が浅く狭い範囲で被害が大きかった1889年の熊本地震について、新聞記者の日記などを用いて全体像をまとめた論文 https://t.co/lxxQBqzbxM 阪神淡路大震災により都市の直下型地震が注目されたことを踏まえて1998年に出版されたもの。
今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.co/OEHWoL2Bfo

12 0 0 0 OA 学界消息

松山で日本地理学会の学術大会 #ajgeog に参加中。昨晩は楽しい懇親会もあったが、かつては戦争による活動停止の歴史も。昭和19年には機関誌を空襲で焼失し、その後発行できず。昭和22年の復刊時の記事(pdfの最後) http://t.co/wajeUQNuUQ 平和が大切。
1981年8月に茨城県で小貝川が破堤して生じた水害に関する論文。http://t.co/lehH4bsQEe 日本地理学会の機関誌に掲載。河川沿いの堤防が決壊した際に途中で水勢を弱めるための「内堤防」が江戸時代に築かれており、それを残していた場所では被害が小さかったことを指摘。
浅間山が小噴火。浅間山で火砕流が発生した際にどのように避難すべきかを、地理情報システムを活用して検討した高阪宏行氏の論文。http://t.co/ZhYQ5Wy0VA 2000年に日本地理学会の機関誌に掲載され、通常のハザードマップよりも高度な試みとして朝日新聞でも紹介された。
先日の地震で一部が崩落したマレーシア・キナバル山の奇岩「ロバの耳」は一種の氷河地形。熱帯の山だが最終氷期に氷河があり岩を侵食。学術誌の解説(pdf)https://t.co/0PEp0S4prt photo via @MasidiM https://t.co/TZ9Hl2mXf6
数万年前に鹿児島湾から噴出した入戸火砕流の堆積物が、標高1240m台の霧島山の火口にあるという論文。http://t.co/U9kibOgWUS 再度大火砕流が生じた際に川内原発に到達するかが議論されているが、前例は比較的高い山も難なく超えていく、流動性が非常に高いものだった。
本日噴火した口永良部島に関する文献二つ。1)気象庁活火山総覧に掲載されている島の地学や近年の噴火史の概要(pdf)http://t.co/OMdgycGbAR 2)地質調査に基づく過去約3万年間の噴火史の論文(pdf で全文閲覧可)http://t.co/HZs7gVQTxH
ネパールの小中学校で山形大学の地理学者が防災教育を実践(2013年)。同大学のマンガ研究会が描いた紙芝居で土砂災害からの逃れ方を説明。現地の院生がネパール語に翻訳。学会発表要旨 http://t.co/pIkwb5pl8e 大学の記事 http://t.co/Uw9CusuWo6
箱根火山の活動が活発化。箱根は約6.6万年前に大噴火を起こし、東京にも多量の軽石が降下したが、その後は相対的に平穏。このような東京周辺に影響を与えた火山噴火の歴史と今後の展望を、首都大の鈴木毅彦氏が二年前にまとめている。論文の pdf http://t.co/tCx7DfX7B8
@hajimebs これですね http://t.co/LbakC39Rg7 一言の知性が見事です。僕は140字をフルに使うタイプなので、常々感心しております。

53 0 0 0 OA 北海道の豪雨

北海道の大雨のニュースを聞き、論文「北海道の豪雨」(松本、1985)を思い出した。PDF http://t.co/b0vY7HL5Tq 北海道は豪雨が少ない北部と多い南部に二分できるが、石狩低地には地形的障壁がなく、豪雨がより北側でも生じる可能性が高まる。今回の状況と対応しそう。
@fujiyamao 情報多謝です。これはまずいですね。1933年の地理学評論の論文で、地形図の計測に基づき、扇状地で勾配が緩くなる傾向はなく、むしろ急になる場合があると指摘されています。https://t.co/G4t6wR6Fvm 今計測し直しても結果は同様になります。
地層に対応した地形の線状の凹凸に植生の密度も対応しているスペインの斜面。面白い。RT @daichizu E-journal GEOに報告したソブラルベジオパーク https://t.co/7rw3Kh4E0h にある面白い地形に感動。http://t.co/2FlNbPF0nW
@yamabudou10 テクトニクス的にはアイスランドは伸張の場、日本は大半が圧縮の場で、前者では直線的な割れ目に沿う噴火が見られやすいとも言えますが、圧縮場でもそれなりに直線的になります。中村一明氏による古典的論文があります。http://t.co/GuDLdAphLE
東日本大震災の際に東北日本の火山が沈降したことが話題になっている。http://t.co/LvXfGXWkN9 一方で火山は自重で沈降するという指摘が古くからあり、その話とどう関係するのか、気になっている。1968年の解説論文(pdf)http://t.co/lS3aWYWztS
徳島県が活断層沿いで公共施設等の建築を規制する条例を制定し、その範囲を地図化。http://t.co/O1qVDifi8H これは約40年前にカリフォルニア州で制定された「活断層法」と同様の動き。後者を解説した1990年の論文(pdf)http://t.co/iwfJ3KgsyK
東大生産研の公開講演会で行った発表「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」の記録が出版されました。http://t.co/RnuXWbilDW 文章のみなのでスライドのpdfを公開しました。http://t.co/kWWLmThuf8 興味のある方は合わせてご覧下さい。
大河ドラマとの関係で,1888年の噴火以前の磐梯山の形に関心が集まっているようだ。この問題を研究していた米地文夫氏の1988年の論文。http://t.co/YBslJXK6 東西南北から見た噴火前後の地形の鳥瞰図を掲載。網目を使う今となっては古い表現法だが,当時は先端的だった。
選挙は地理学の研究対象の一つであり,特に欧米では古典的な課題である。人文地理学者の高木彰彦氏が1986年に著した,欧米および日本における「選挙地理学」の動向を紹介した論文(pdf) http://t.co/WnQXOq9m 研究が定数不均衡の是正などに貢献できる可能性を示唆。
時の人である東洋大の地形学者・渡辺満久氏が東大のオーバードクターの時に発表した北上低地帯の地形と断層に関する論文(地理学評論,1989年)http://t.co/FdMkBMhQ 当時の論文の図は手書きで,渡辺氏は優れた図を描くことでも有名だった。後輩として調査に同行したことも。
RT @ajgeog: 竹富島の論文へのリンクはこちらです。 https://t.co/9B2q8d4o RT @Otani_Tim 「伝統的な町並みとして守られている赤瓦屋の町並みは、過去にあった現実の姿ではなく、島民の願望であり、理念であった」(福田珠己「赤瓦は何を語 ...
地理学は多様なアプローチが可能な学問だが,多数の文学作品における水の描写に基づいて20世紀前半の隅田川の水質変化を復元し,人間活動との関係を論じた谷口智雅氏の研究はひときわユニーク。日本地理学会の研究奨励賞を受賞した1997年の論文 http://t.co/reupVoFE

19 0 0 0 OA 活断層

活断層に関する古典的解説論文(1968年,pdf)http://t.co/WHpSWKd9 当時から,いつ動いた断層を活断層と呼ぶかが人により異なっていたことがわかる。原子力規制委が活断層の定義を見直す方針を示したことと関連。いずれにせよ日本には将来動く可能性がある断層が多数。
古い学術論文の中には,当時の査読の緩さを示すものがある。1965年に日本地理学会の機関誌に載った論文(pdf)http://t.co/FxVO7Tpd 岩石の力学的性質を考えて地形を研究せよという内容だが,冒頭で院生の行動を評価するなど,今の学術誌では見ないような記述が出てくる。
@miyukikatori 火山地形の大家である守屋先生の論文に,日本の火山麓扇状地の代表例が出ています。赤城,利尻,榛名,八ヶ岳などです。次のページからpdfをご覧下さい。http://t.co/nGzLF818
古い論文だが,水越(1965)は日本における熱帯低気圧(台風)と梅雨前線による豪雨の分布と特徴を分析。http://t.co/ZoDYtlKj 各地点における最強の雨は,台風によってもたらされる場合が多いが,九州(特に西部)では梅雨前線による雨も非常に強い。論文pdfの図1参照。
富士山直下の新活断層。既知の断層とつなげた図が出ているが http://t.co/ai815MgQ 一連の断層としては屈曲が異様に大きく見える。しかしこの地域全体の地質構造も,同じ方向に大きく湾曲。http://t.co/InE6Vtjx よって,一連の断層という理解が可能かも。
ヴィクトル・ユーゴーと地学クラスタに関するツイート http://t.co/2Qw8xOsx に,想定外の反響をいただきました。この機会に,ベクトル融合と地図クラスタとの関連も指摘しておきます。http://t.co/cueENQgd
明治十津川災害に関する優れた論文を,自由にダウンロードできます。平野昌繁ほか(1984) 1889年8月豪雨による十津川災害の再検討-とくに大規模崩壊の地質構造規制について-。京大防災研年報,第27号B-1,369-386。 http://t.co/E4JZTmEa (pdf)

お気に入り一覧(最新100件)

J-STAGEで地学雑誌のなかで「盆地」と検索してみたら1890年の論文が出てきました。「盆地(Basin)」と描かれていることから、このくらいの時期に生まれた新しい用語かもしれませんね。 画像出典(河野,1890)→https://t.co/3agpUI85OY https://t.co/EjTteqUtrL https://t.co/ODG8XtGjtj

18 0 0 0 OA 尾張名所図会

熱田の七里の渡しの絵図。手前の建物のうち一軒だけそのまま残っている、とブラタモリで出ていた。 国会図書館デジタルコレクション 明治13年 尾張名所図会 https://t.co/bhdVCvs925 https://t.co/68c6Q9K0tm
このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/ZczivL7Az6
このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/ZczivL7Az6
研究者にとっての論文十ヶ条 「書かれた論文は書いた人の研究者としての人格を表す」「データのみ出して論文を書かない者は,テクニシャンである」「データも出さず論文を書かない者は,評論家である」etc(角皆静男先生追悼文より)https://t.co/N4fJs878MB
『津波の浸食で形成された地形』って、私たちの日常的な想像の時間尺度をはるかに超えている。でもそれは確実に存在していて、時に私たちに凄まじい影響をもたらす。 小口高「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」 https://t.co/4RKv7Rufcl
私としたことがこれを見落としていた。早速両方ダウンロードしてiPadに入れた。 小口先生の「水が作った地形・地層から過去の水を復元する」http://t.co/yLditu6tCV スライドのpdf http://t.co/a357T24AlW
集落の地形と地名と「環境のセット」に関する論文を漁っていたら、30年前の後藤先生の論文にブチ当たった。。。しかも手書き。ダイアグラムすげえ。 http://t.co/dUMeSE6R

フォロー(253ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

4 4 4 4 OA 日本海の地震

RT @mkatolithos: 長谷川謙「日本海の地震」(氣象集誌第1輯1918)を見ると志田順がでてくるのですね。 https://t.co/RKYB9eOPMC https://t.co/LnI3gxng1c
RT @ariga_prdgmmkr: 今日は広島原爆の日でした。科学史の上でも重要なテーマですが、私自身がこれについて研究したことはほとんどないです。ただし例外もあって、一つはこちらの資料紹介です。|CiNii 論文 -  手紙がひらく物理学史(11)三村剛昴と,原爆被災した…
平標山など多雪山地では,斜面に厚さ50cmの土が作られるのにおよそ5000年かかります。https://t.co/dUjl1knlh3 https://t.co/H7RUQQkQ7Q
RT @yokogawa12: 東大阪市の長瀬の水路に特定外来生物のオオバナミズキンバイが生えてるという情報をもらって見に来たらたくさん生えていました。。長瀬北小学校の前あたりが特に高密度。この前出した、大阪府のオオバナミズキンバイの現状の報告(https://t.co/lOB…
承知しました。以下、参考情報のリンクを集めました J-STAGE Articles - 「社会的距離」概念の射程 https://t.co/CRa4KdrwfX ソーシャルではなく“フィジカル”ディスタンス 新型コロナ対応の学術知見発信、放送大学 https://t.co/K69piekJcy 社会貢献活動|株式会社コロナ https://t.co/gv7PuoTVMj https://t.co/MT4OUvOphX
RT @yayamamo: 本記事執筆しました。質問やご意見ありましたら私宛よろしくお願いします。 https://t.co/klWNqKC0Fv https://t.co/A8Z155jcmb
RT @JMSJ_metsoc: A new graphical abstract! https://t.co/37kaaCKrFm - Invited Review Articles Kawai, H., and S. Shige, 2020: Marine low clo…

5 1 1 0 OA 地名の研究

柳田国男1937『地名の研究』p.96-97 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/97SNoB0wnV https://t.co/IxcwjpvXE4
そういえば、たまご水の「明ヶ指」の「さす」は、秩父では焼畑を指す地名。J-STAGE Articles - 秩父における火耕地名 https://t.co/oM4GNfE9Kk https://t.co/m45Vxf9EC5
RT @shoemaker_levy: この論文にもでてきます。 二谷智子「1879年コレラ流行時の有力船主による防疫活動 : 宮林彦九郎家の事例」『社会経済史学』75巻3号、2009年 https://t.co/Y8q5SVPlvG
RT @khargush1969: 守川知子(2013)「サファヴィー朝の対シャム使節とインド洋 : 『スレイマーンの船』の世界」『史朋』46: 1-34. https://t.co/1dV1n6rYJa 『スレイマーンの船』については守川先生の論文が。
RT @khargush1969: 北川誠一(1978)「イブネ・ムハムマド著,ジョン・オケイン訳『スレイマーンの船』」『東洋学報』60(1・2): 202-207. https://t.co/8W1RAV0xR7 北川先生がサフィー2世期タイ・アユタヤ朝からの遣使への返礼に赴…
RT @khargush1969: リンク変更貼り直し: 深見奈緒子(2009)「イスラーム建築の近現代、そして未来へ(IV キリストとイスラーム,<特集>宗教建築は終わったのか)」『建築雑誌』124(1586): 16-17. https://t.co/fttWMqZwz6…
M. Milankovitch, 1920: Théorie mathématique des phénomènes thermiques produits par la radiation solaire. Paris: Gauthier-Villars. https://t.co/nrvs8YF2eS

162 155 155 0 OA 農務統計表

RT @ksk18681912: 明治14年の『第二次農務統計表』(農務局)によると、明治12年に東京府で屠畜された牛は6963頭で全国の29%。 https://t.co/OeLmhdC4Lo 明治初期は、東京が屠牛=牛肉消費をリードしていたのです(冷蔵冷凍技術が未発達なの…

フォロワー(40540ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

斎藤公子先生の保育は素晴らしい。 が、その歴史の長さに比して、あまりにもアップデートされていないように感じる。 『部分的に直す必要あり』 まったくその通りだと思う。 科学の進歩と共に明らかにされつつあることと整合性を取っていくのが、後進の役目ではないか。 https://t.co/G7TFtV0Iqp

4 4 4 4 OA 日本海の地震

RT @mkatolithos: 長谷川謙「日本海の地震」(氣象集誌第1輯1918)を見ると志田順がでてくるのですね。 https://t.co/RKYB9eOPMC https://t.co/LnI3gxng1c

4 4 4 4 OA 日本海の地震

RT @mkatolithos: 長谷川謙「日本海の地震」(氣象集誌第1輯1918)を見ると志田順がでてくるのですね。 https://t.co/RKYB9eOPMC https://t.co/LnI3gxng1c
RT @naoyukinkhm: 関東地方におけるスジエビの遺伝的多様性。七里ほか2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/fL1J4ZPn6J 在来である関東地方のハプロタイプだけでなく、西日本や韓国周辺のハプロタイプも見つかったようです。
地理的分化のホットスポットとしての中国山地(2006年度日本動物分類学会シンポジウム) タクサの総説はどれも面白いので是非一読を。 https://t.co/hGlT0F1Jiq
RT @EARL_Med_Tw: COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に…
高野山の年中行事 (一) 日野西 眞定 https://t.co/NUUYGucbGg

13 6 6 4 OA 明治工業史

RT @ELECTRICDADDY: 本日の電気新聞、焦点というコラムに「アース誕生のきっかけとなった日本初の感電死」とありますが、牛肉店江知勝での高低混触による従業員の感電死を日本初の感電死だと断定することはできません。「日本で初めて大きく報道された感電死」と表現するならよろ…
RT @EARL_Med_Tw: COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に…
RT @EARL_Med_Tw: COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に…
RT @naoyukinkhm: 植物食性動物を対象とした食性解析手法。安藤ほか 2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/fvsMbhuKT6 DNAメタバーコーディングに基づく食性解析について、非常に詳しいプロトコルが掲載されています。
RT @EARL_Med_Tw: COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に…
RT @EARL_Med_Tw: COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に…
RT @EARL_Med_Tw: COVID-19患者のPET-CT所見(Global Health Med 2020) https://t.co/kH620p2x2A 肺炎像の他、リンパ節、脾臓や骨髄にも認められ、特に免疫系との関連が示唆されるリンパ節における所見は経時的に…
RT @yoshi_kariya: 平標山など多雪山地では,斜面に厚さ50cmの土が作られるのにおよそ5000年かかります。https://t.co/dUjl1knlh3
RT @_gyotaku_: 胆汁酸の放出について障害があるとすればオッディ括約筋の不調かコレシストキニンの不調和あたりが怪しいんですが、自分的には括約筋全般が緩くなってたような気がします。 ガスが溜まるとか、小腸大腸の境目緩いとか 「胆汁排出機序並びに総胆管末端部筋の 役割…
RT @naoyukinkhm: 関東地方におけるスジエビの遺伝的多様性。七里ほか2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/fL1J4ZPn6J 在来である関東地方のハプロタイプだけでなく、西日本や韓国周辺のハプロタイプも見つかったようです。
https://t.co/yCCpaeiyaR https://t.co/x96sy2VRP9 https://t.co/U6GWqhkzPr ヒトにおけるワーキングメモリ課題遂行中の海馬賦活の確認 https://t.co/FksOZbc7uO
https://t.co/fxsttKbqJu https://t.co/sHGJMRqVlI 作動記憶にノルアドレナリンα2受容体の関与 α2は自己受容体なので、作動に至るにはノルアドレナリン放出レベルが一定以上必要 つまりα2が作動し、 至適範囲での調整が効いている状態で作動記憶が適切に機能するということができる
RT @kumagaikazuhimi: 竹田市周辺の山窩の住生活 https://t.co/arAOPWzLgg
RT @iamr0b0t4: ちなみに「山窩」で検索したら73年のこんな論文が出てきた。pdfでダウンロード可能。50年代、大分県竹田市で生活していた「サンカ」の家族の、住生活について主に論じられている。 CiNii 論文 -  竹田市周辺の山窩の住生活 https://t.…
RT @yoshi_kariya: 平標山など多雪山地では,斜面に厚さ50cmの土が作られるのにおよそ5000年かかります。https://t.co/dUjl1knlh3
RT @ekesete1: 例えばあのパール判事は英国が作ったカルカッタ大学を卒業して弁護士になった、つまり英国がインドに近代的教育を与えた。 日本は真似ただけ 英領インド1935年の小学校数 20万373校 https://t.co/r5tiEIaVaf https://t.…
@NekuiH すごいです!島根県はないと思います。 鳥取県は鳥取県のアリ類で漏れている文献記録1例のみです。 https://t.co/SfOLFhPT6j
@araisan_camp ここらへんは貴イの方が得意そう。 回折する衝撃波の挙動に関する研究 : 第1報, 衝撃波の回折と反射過程 https://t.co/dxoCSIMicB 回折する衝撃波の挙動に関する研究 : 第2報、溝付き開放端による衝撃波の減衰 https://t.co/Ohz4PeGPqC
@araisan_camp ここらへんは貴イの方が得意そう。 回折する衝撃波の挙動に関する研究 : 第1報, 衝撃波の回折と反射過程 https://t.co/dxoCSIMicB 回折する衝撃波の挙動に関する研究 : 第2報、溝付き開放端による衝撃波の減衰 https://t.co/Ohz4PeGPqC
RT @contractio: 尾崎俊介(2016)「アメリカにおける「自己啓発本」の系譜」 外国語研究 49, 67-84, 2016, 愛知教育大学外国語外国文学研究会 / 1件のコメント https://t.co/fGV28CL7ox “CiNii 論文 -  アメリカに…
RT @contractio: 尾崎俊介(2016)「アメリカにおける「自己啓発本」の系譜」 外国語研究 49, 67-84, 2016, 愛知教育大学外国語外国文学研究会 / 1件のコメント https://t.co/fGV28CL7ox “CiNii 論文 -  アメリカに…
RT @ariga_prdgmmkr: 今日は広島原爆の日でした。科学史の上でも重要なテーマですが、私自身がこれについて研究したことはほとんどないです。ただし例外もあって、一つはこちらの資料紹介です。|CiNii 論文 -  手紙がひらく物理学史(11)三村剛昴と,原爆被災した…
RT @yoshi_kariya: 平標山など多雪山地では,斜面に厚さ50cmの土が作られるのにおよそ5000年かかります。https://t.co/dUjl1knlh3
RT @Daaardore: 謎解きナボコフ『ディフェンス』モラルをめぐるゲーム 滅茶苦茶面白いな… https://t.co/c4aFcEC6Qe
RT @yoshi_kariya: 平標山など多雪山地では,斜面に厚さ50cmの土が作られるのにおよそ5000年かかります。https://t.co/dUjl1knlh3 https://t.co/H7RUQQkQ7Q
RT @yoshi_kariya: 平標山など多雪山地では,斜面に厚さ50cmの土が作られるのにおよそ5000年かかります。https://t.co/dUjl1knlh3 https://t.co/H7RUQQkQ7Q
平標山など多雪山地では,斜面に厚さ50cmの土が作られるのにおよそ5000年かかります。https://t.co/dUjl1knlh3 https://t.co/H7RUQQkQ7Q

17 16 16 0 OA 夏山雑談 5巻

RT @ryhrt: 『夏山雑談』には、宮島で死者が出たら広島に運ぶので「広島へ行く」というのだ、と書いてあるhttps://t.co/oIpHff0eYr
RT @kein613: 新着論文 Just published 瀬戸内海燧灘および大阪湾におけるネオニコチノイド系農薬の濃度 羽野 健志, 河野 久美子 https://t.co/TIe73LchV8 #環境毒性学会誌 #JpnJEnvironToxicol
RT @ekesete1: 日本が植民地朝鮮でやった宗教政策> 「基督教信者を強制的に神社の前に額ずかせて,その態度を後方から刑事等数人が厳しい監視をする」 https://t.co/aOmJb7V9sI https://t.co/QztyMKxkMy
RT @ninetailsfox63: 原爆鑑定まで(わが回想,失われた昭和10年代) https://t.co/w3StD1a6ml 武藤清先生の調査。こうやって読み返すと、調査報告書でTNT相当の数量をドンピシャで推定してる。優れたエンジニアとはかくありたいもの。
「山田 均氏 博士(文学)学位請求論文『タンマユット派の研究』審査報告要旨 本論文は、タイ仏教教団における「タンマユット派」の発生から成立までの歴史を、タイ国立図書館、タイ国立公文書館に所蔵されている諸資料をもとに解明したものである。」 https://t.co/sKi2AAlGfP

6 5 5 0 OA 植民国策論

RT @ekesete1: 植民地のある部分は、軍事上の防御地帯又は海陸軍の停留地として、本国に利用されてゐる所がある。例へば英国海軍のセントヘレナ、トンガ、シンガポール・・・ https://t.co/YvtUPogFxN https://t.co/z7or7eGYY5
RT @nemonautilus1: 新書の功利主義入門で詳しく書いてた公衆衛生の部分調べたら新書の著者の論文が出てきた() https://t.co/gTM1nxiLES
CiNii 論文 -  無機塩類混合飽和溶液の蒸気圧降下 https://t.co/IjmjWgz6e4

9 1 1 0 OA 哲学字彙

井上哲次郎の『哲学字彙』 ethicsは「倫理學」なわけだけど、それ以外のことばの訳語は聞いたこともないようなやつだ。 https://t.co/vcU1WQ4Bd1
https://t.co/fpqV8ULx23 PDFファイル 西川明子 2007年 審議会等の委員を直接選ぶことはできないがそこで話し合われることに対しては各省のホームページなどでうかがい知ることができる。一部の利害関係者だけでなくより多くの国民が諮問機関の審議の動向に対して注意を払うことは・・・
RT @RuiIZUMIYAMA: こちらの論文に,パークマネジメント研究が2本引用されたみたいです! / 設置管理許可制度を活用した都市公園における公共性と収益性の担保のあり方 (https://t.co/onxnUShNW7) #NewsPicks https://t.co…
RT @washou3956: 各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https…
RT @washou3956: 【メモ】阪田雄一「足利直義と桃井直常」(千葉県立生浜高等学校五周年記念誌・研究紀要『生浜』、1983年)、同「足利直義・直冬偏諱考」(國學院大學地方史研究会機関誌『史翰』21、1994年)。wikiで知った。後者は所蔵先が多い。前者の所蔵は名古屋…
RT @chimura_: 高温型正方晶系のフェルグソン石[fergusonite-(Y)]と 低温型単斜晶系のβフェルグソン石[fergusonite-beta-(Y)]の2 種が知られている。なるほど、、 https://t.co/13N37ITYcP
RT @narumita: コロナ対策は消毒液ではなく洗剤でも良い場面も多い。 https://t.co/S55Yl2tztt ペットボトルなどに消毒液の作り置きなどはやめましょう。飲んでしまう事故がおきます。 誤って飲んだ場合 https://t.co/yEce1ARHAL…
RT @mcs_bic: 人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
RT @YJR400: 「古代ギリシアにおける知識人の経済生活」藤縄謙三 https://t.co/dI6vtUXRgp 「職を捨てても、放浪者になってでも、学問をするぞ!」という古代ギリシア人のガッツが垣間見える(全員が全員そうではないが)。 文献的史料に基づいた客観的な事実…
RT @narumita: コロナ対策は消毒液ではなく洗剤でも良い場面も多い。 https://t.co/S55Yl2tztt ペットボトルなどに消毒液の作り置きなどはやめましょう。飲んでしまう事故がおきます。 誤って飲んだ場合 https://t.co/yEce1ARHAL…
硝酸アンモニウムの熱膨張と相転移 https://t.co/js8phYy0zm
都市社会学的「郊外」研究のために - https://t.co/v3a5dvATpO
都市社会学はなぜエスニシティ研究をテーマ化したか - https://t.co/OCY1JxmCHQ
都市社会学揺籃https://t.co/np426SpwRc
磯村都市社会学の揺籃 - https://t.co/jeHBjSfRCk
都市社会学の遷移と伝統 - https://t.co/Vr2hruDx7x
RT @RuiIZUMIYAMA: こちらの論文に,パークマネジメント研究が2本引用されたみたいです! / 設置管理許可制度を活用した都市公園における公共性と収益性の担保のあり方 (https://t.co/onxnUShNW7) #NewsPicks https://t.co…

28 2 2 0 OA 国史大系

@meisha0809 @CloudHonkoku 「黜」でしょうか? (参考)NDLデジコレ「国史大系. 第2巻 続日本紀」 https://t.co/9LzwfYwjb6
RT @ufsoc: 昔社会学評論に書いた論文が公開されたみたいです(消しちゃったので再投稿) J-STAGE Articles - 夫婦の離婚からみる学歴結合の帰結 https://t.co/UVRst9Hcn7
RT @rei_nari: 静大のフェアリーリング研究、特別推進研究が始動とのことです。素晴らしいですね〜〜 https://t.co/lAaca6bWNv
RT @yokogawa12: 東大阪市の長瀬の水路に特定外来生物のオオバナミズキンバイが生えてるという情報をもらって見に来たらたくさん生えていました。。長瀬北小学校の前あたりが特に高密度。この前出した、大阪府のオオバナミズキンバイの現状の報告(https://t.co/lOB…
RT @yokogawa12: 東大阪市の長瀬の水路に特定外来生物のオオバナミズキンバイが生えてるという情報をもらって見に来たらたくさん生えていました。。長瀬北小学校の前あたりが特に高密度。この前出した、大阪府のオオバナミズキンバイの現状の報告(https://t.co/lOB…
RT @yokogawa12: 東大阪市の長瀬の水路に特定外来生物のオオバナミズキンバイが生えてるという情報をもらって見に来たらたくさん生えていました。。長瀬北小学校の前あたりが特に高密度。この前出した、大阪府のオオバナミズキンバイの現状の報告(https://t.co/lOB…
RT @r_kikyoya: 参考資料その2 J-STAGE Articles - 自治体の最前線から:小諸市鳥獣被害対策実施隊と野生鳥獣専門員 : 行政職員と猟友会による新たな野生鳥獣対策システム https://t.co/5V0RDqbGsH
RT @r_kikyoya: ”小諸市では野生動物問題を専門職とするガバメントハンター(鳥獣専門員)を地方上級公務員として正規雇用すると共に,行政職員に狩猟免許を取得させ,ガバメントハンターをリーダーとする有害鳥獣対策実施隊(以下,実施隊)を結成した.” ガバメントハンターの…
去年の業績リストを出せというので論文整理していた。去年ソサイエティ誌に書いたやつが出てきたので虫干し / 人間と機械は友達になれるか https://t.co/Nmf7rAQNqH
RT @nuphar27: 水草屋がよく出会うウキゴケ科の紹介文。勉強になりました。ウキゴケは2018年に和名の改称が提案され(片桐・古木,2018)、今はウキウキゴケに・・・。 古木達郎,2020.新・コケ百選 第21回ウキゴケ科.蘚苔類研究 12(4): 106‒117…
Texas Westでの肥料工場爆発の記事。 硝酸アンモニウムが爆発する反応式がある。 https://t.co/7a6xy9eGTy
「周辺に有機物が増えると爆発しやすくなる」ようだ。「袋が劣化した」で十分なのかね? 硝酸アンモニウムと燃料の混合比を変えて雷管感度試験している。94:6が感度が高く爆速も大きい。かなり歴史があるが、保管時になにが起きるかの研究はあるのだろうか? https://t.co/f8i9lasgGf
RT @hnhk1: 家にあった #ポビドンヨード うがい薬 #イソジン と基本同じだがアナフィラキシーの恐れも コロナが心配なのは分かるけれど使用する前にちゃんと注意書きを読みたいところ #イソジン吉村 は、雨合羽、大阪アラート、大阪ワクチン。エビデンスなしの言うだけ…
@16Piroski 熱の移動は熱伝導方程式に従うので温度差と物質の熱伝導率で決まるよね。ただ爆発のような急激な物質の膨張は速度が音速を超えるので衝撃波が発生する。ただしあくまで支配方程式の時間発展を数値計算したものなのでモデルや数値スキームによって結果は変わる https://t.co/h0QN6eyKbs
@ablativehen 大学図書館の冊数は変わりません!(1年くらい) https://t.co/1FoZjCoPZ5
RT @Tak197011: 03年に鹿児島の花火工場で起きた爆発事故は、花火の引火→爆発で、アルミニウムとかマグネシウムのような原材料の金属粉末が舞い上がり、それが粉塵爆発を起こしたという見方もあるとか。ベイルートも花火の爆発が、後に粉塵爆発になったのかな。 https://…
RT @Tak197011: 03年に鹿児島の花火工場で起きた爆発事故は、花火の引火→爆発で、アルミニウムとかマグネシウムのような原材料の金属粉末が舞い上がり、それが粉塵爆発を起こしたという見方もあるとか。ベイルートも花火の爆発が、後に粉塵爆発になったのかな。 https://…
RT @mori_arch_econo: @zkhr ここにダイヤモンドプリンセス号の空調設計資料がるんだけれども、空調というのは温度調整の効率を考えて、一部空気をレタンさせて使うのが普通だから、部屋から出た空気が通路をチャンバーとして機能し還気ダクトを経て、還流されている。空…
RT @Ruler_0_0_zz: @livedoornews https://t.co/M35cbPaesd これって日本でのこのウイルスに関しての研究は完了済みっていう認識であってます? 博識な方教えてください。
RT @KusuhashiLab: @Yui_Q_NISHIOKA さんたちと書いた総説論文が出たそうです。和文です。私の貢献はほんの一部、中生代関係部分のみですが。 https://t.co/p08PhgCZPN
RT @guevara_japan: @generection1 ポビドンヨード(イソジン®)製剤の動物コロナウイルスに対する抗ウイルス活性 https://t.co/neSAiHo3lY (動物臨床医学 2004 年 13 巻 1 号 p. 1-4)とかが、根拠? でも、今は…
RT @KusuhashiLab: @Yui_Q_NISHIOKA さんたちと書いた総説論文が出たそうです。和文です。私の貢献はほんの一部、中生代関係部分のみですが。 https://t.co/p08PhgCZPN
RT @nuphar27: 水草屋がよく出会うウキゴケ科の紹介文。勉強になりました。ウキゴケは2018年に和名の改称が提案され(片桐・古木,2018)、今はウキウキゴケに・・・。 古木達郎,2020.新・コケ百選 第21回ウキゴケ科.蘚苔類研究 12(4): 106‒117…
新型ブニヤウイルスって名前読んで何そのウイルス?って思ったけど、京都大学と長崎大学がとっくに研究してた。 ヒト高病原性新型ブニヤウイルスの病原性発現メカニズムの解明 https://t.co/jMB3QnGegY
RT @subaru2012: ポビドンヨード(イソジン)製剤の動物コロナウイルスに対する抗ウイルス活性 https://t.co/OWMRvzljDC
RT @nknatane: 2018年度分だが、赤松秀亮「中世荘園制下における在地社会の研究」https://t.co/WGo2gXU6m4 髙橋傑「中世荘園における収取秩序と景観に関する研究」https://t.co/lKvACMjuDl
RT @nknatane: 2018年度分だが、赤松秀亮「中世荘園制下における在地社会の研究」https://t.co/WGo2gXU6m4 髙橋傑「中世荘園における収取秩序と景観に関する研究」https://t.co/lKvACMjuDl
@Iwanamishoten 『あたらしい憲法のはなし』と、1950年代初め中学・高校で使用された『民主主義』の編纂の内幕については、のちに文部事務次官を務めた木田宏氏の証言が非常に興味深い。次のサイトにある:政策研究大学院大学学術機関リポジトリ|木田宏 (元文部事務次官) オーラルヒストリー https://t.co/N7451QpZD6
RT @InX2Lr8zllXMDSi: 化学物質過敏症の方から聞いた話。その方が住む地区に住居用木材に防腐処理をする工場があった。すぐ隣に保育園があったが、その保育園の園児たちが落ち着きがない子どもばかりでどうしようもない状態だった。住宅建材の化学物質云々がいわれるが、防腐薬…
RT @subaru2012: ポビドンヨード(イソジン)製剤の動物コロナウイルスに対する抗ウイルス活性 https://t.co/OWMRvzljDC
RT @keyaki1117: ポビドンヨード(イソジンガーグルなど)のSARSコロナウイルスへの効用については、すでに2004年に北大から論文が出てるじゃあないですか。 これ 「Inactivation of SARS coronavirus by means of povi…
RT @narcissina: 良いですね。こういう情報はドンドン出してほしい。 鳥類標識調査より得られた種別の生存期間一覧(1961–2017年における上位2記録について) https://t.co/i0qnUJzArz
RT @tcv2catnap: ウソつき常習官庁だからね。 「公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に」渡辺伸一(奈良教育大学紀要 人文・社会科学 56(1), 115-125, 2007-10) https://t.co/yie4Cq2GsG
RT @keyaki1117: ポビドンヨード(イソジンガーグルなど)のSARSコロナウイルスへの効用については、すでに2004年に北大から論文が出てるじゃあないですか。 これ 「Inactivation of SARS coronavirus by means of povi…
RT @keyaki1117: ポビドンヨード(イソジンガーグルなど)のSARSコロナウイルスへの効用については、すでに2004年に北大から論文が出てるじゃあないですか。 これ 「Inactivation of SARS coronavirus by means of povi…
もう一例はこちら、小笠原。An epizootic on Meimuna boninensis (Distant) (Homoptera : Cicadidae), caused by Massospora sp. (Zygomycetes : Entomophthorales) and Nomuraea cylindrospora (Deuteromycotina : Hyphomycetes) in the Ogasawara (Bonin) Islands, Japan https://t.co/ZcqCJhvdR5
ここ数日、鶏の去勢について検索している。技術が海外発祥のせいか、比内鶏の去勢に関する論文は手探り状態に見える。https://t.co/YBvqhdB49d こちらはもう少し手慣れた感じ。https://t.co/ciQGvUAIec アッサム州の人は両刃のカミソリで鶏を開き指を突っ込んで精巣除去!https://t.co/NOY619ez4O
RT @keyaki1117: ポビドンヨード(イソジンガーグルなど)のSARSコロナウイルスへの効用については、すでに2004年に北大から論文が出てるじゃあないですか。 これ 「Inactivation of SARS coronavirus by means of povi…
RT @keyaki1117: ポビドンヨード(イソジンガーグルなど)のSARSコロナウイルスへの効用については、すでに2004年に北大から論文が出てるじゃあないですか。 これ 「Inactivation of SARS coronavirus by means of povi…