著者
牧野 亜友美 森本 淳子 柴田 昌三 大澤 直哉 中西 麻美
出版者
日本緑化工学会
雑誌
日本緑化工学会誌 = / the Japanese Society of Revegetation Technology (ISSN:09167439)
巻号頁・発行日
vol.28, no.1, pp.286-289, 2002-08-31
参考文献数
10
被引用文献数
2 5 3

京都市近郊のヒノキ二次林において合計0.21 haの施業区を設置し, 生物多様性を回復させることを目的として針葉樹11本と落葉広葉樹26本を残しすべての植生を伐採した。伐採後の木本植生の多様性の変化を, 萠芽更新と実生更新に着目して調査を行った結果, どの斜面位置においても伐採前に比べて伐採後に種数が増加した。新たに出現した種は28種であり, それらは主に鳥類によって散布された種子と埋土種子からの発芽であると考えられた。保残木施業による天然更新を促す手法を用いた小面積伐採は, 木本植生の多様性を回復させるのに一定の効果があることが示された。また, 遷移が進行した都市近郊二次林では, 林相の種組成が単純であるため周囲からの新しい種の供給は小さく, 新しい種の供給源として埋土種子の役割が重要であると考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (66 users, 69 posts, 153 favorites)

CiNii 論文 -  都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多様性の変化 https://t.co/SxvTHjOXMH #CiNii
また、植林した「広葉樹」が他地域のものだと地域系統の遺伝子かく乱を引き起こす。それよりは針葉樹二次林を伐採して、萌芽更新と実生から自然に広葉樹林へ誘導する、こちらのやり方の方が無難だと思う。 「都市近郊二次林における小面積伐採直後の木本植生の多様性の変化」 https://t.co/sHOx7lajBF
柴田さんの上賀茂試験地での伐採試験区の一連の仕事を紹介。でも、そこに熱が入りすぎて時間がなくなってるなど。→ http://t.co/spaMYVCazi http://t.co/YiRm5vLd5s
柴田さんの上賀茂試験地での伐採試験区の一連の仕事を紹介。でも、そこに熱が入りすぎて時間がなくなってるなど。→ http://t.co/spaMYVCazi http://t.co/YiRm5vLd5s

収集済み URL リスト