著者
佐藤 正志 張 志祥
出版者
摂南大学
雑誌
経営情報研究 (ISSN:13402617)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.89-102, 2009-10

「満洲国」において、「満洲産業開発五カ年計画」が動き始めた1937年前後から、星野直樹、東條英機、鮎川義介、松岡洋右および岸信介の「二キ三スケ」と呼ばれた5人の実力者の存在が注目されはじめた。そのなかで、経済産業政策を中心的に担ったのが岸信介である。植民地研究の第一人者である小林英夫は、岸が革新官僚として「満洲国」に渡り、そこでさまざまな統制経済の「実験」を実施し、この「満洲経営」が、戦時統制経済をはじめ、第2次世界大戦後に世界に類例をみない日本の高度経済成長や戦後日本経済のグランドデザインをつくったと指摘しており、戦前と戦後の連続性を主張する最近の論調を代表する。本稿では、岸が「満洲経営」で果たした役割とそれの戦後経済成長との関連性をめぐり、どのような言説が流布され、いかなる主張がなされているのか。また、それをいかに論証しているのか、最近の岸に関する研究動向のみならず一般書や雑誌記事などにおける代表的な言説をレビューし、革新官僚・岸信介による「満洲経営」の経済史的意義を解明する際の課題について考察する。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

"翼賛選挙への立候補、戦後の社会党人脈をも含む新党結成などから、岸の政治的行動は「直線的でありながら曲折し、曲折しながら多重層化するという、きわめて複雑な構造」をもつと分析" →まさに昭和の妖怪
[経済] 日本的経営システム(日本的労使関係)の原型は満鉄調査部が考え出し、満洲国政府の中で実践され、それが『一九四〇年体制』の起源になり、さらに戦後へとつながって」いった

Twitter (47 users, 64 posts, 27 favorites)

あとでよもー CiNii 論文 -  岸信介と「満洲経営」 : 最近の研究動向・言説と課題 https://t.co/aeR8kxvsvb #CiNii
@nonzzhang #岸信介 が #天皇 より財産を持っていたかは分かりませんが、岸信介は、 #アヘン 密売の総元締めの「#阿片王」#里見甫 と関係が深く、「#アヘン漸禁主義 と #専売制度」によって #満洲国 経営の基礎的資金… https://t.co/ZBi5Arc3Bz
日本的経営システム(日本的労使関係)の原型は満鉄調査部が考え出し、満洲国政府の中で実践され、それが『一九四〇年体制』の起源になり、さらに戦後へとつながって」いった / “(PDF)岸信介と「満洲経営」|摂南大学経営情報学部” https://t.co/a6ModYHJYb
CiNii 論文 -  岸信介と「満洲経営」 : 最近の研究動向・言説と課題 https://t.co/sAweSMy4Sw #CiNii
【資料】岸信介と「満洲経営」-最近の研究動向・言説と課題-佐藤正志・張志祥 摂南大学大学院経営情報学研究科経営情報研究第17巻第1号(2009) http://t.co/LaS3anHa8b
安倍晋三の祖父、アヘン王・岸信介 岸信介と「満洲経営」(pdfファイル、摂南大学大学院経営情報学研究科) http://t.co/TZ8Efh8oEL NHKスペシャル 調査報告 日本軍と阿片 http://t.co/w0SMm5TO9G

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト