paravola (@paravola)

投稿一覧(最新100件)

RT @StarsofCCTV: 満洲国とナチスの関係は、思っていたよりも深い。 「特にモルヒネは、ホロコーストや障害児童を含む障害者の「安楽死」にも利用されており、これらのモルヒネと『満洲国』からドイツが輸入した阿片との関係を史料によって検証することが今後の課題である」。 h…
このように石油が無機的に生成可能であることは,西側諸国においても次第に証明されつつある / “石油の無機起源説に関する最近の進展 - J-Stage (PDF)” https://t.co/DUwFiz3psY
自由主義は...個人が合理的な行動をするから,そういった行動を尊重するということではなく,個人は他の人の行動が合理的か非合理かということを判断できるほど十分合理的ではないという,個人の合理性の限界を認識するところから自由主義は出発… https://t.co/mFDVsxyMln
(PDF)こういうことが,リバタリアン(自由至上主義とも訳されますが...私は簡単に自由主義と申します)の政策に関する重大な批判になるのかどうかということですが,考えておかなければいけないことがあります / “「行動経済学は政策に… https://t.co/MwYpbSFAse
RT @makotosaito0724: ナッジを肯定的に考えていた頃の行動経済学会パネル(松島、岩本、大竹)での発言。当時は「政策のために良いことをしている」と思い上がっていて、研究を進めるに従って、耐震がまさにポリティックスで私的利害の激しい対立の場で、ナッジの前提の難しさ…
RT @kama_iruka: 石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
(PDF)このように石油が無機的に生成可能であることは,西側諸国においても次第に証明されつつある / “石油の無機起源説に関する最近の進展 - J-Stage (PDF)” https://t.co/DUwFiz3psY
(PDF)SLC6A4は、細胞間隙のセロトニンを細胞内に輸送するセロトニントランスポーターをコードしている。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を代表とする抗うつ薬の作用部位としても知られている / “セロトニントランスポ… https://t.co/jaiPh0QPAP
RT @paravola: (ナチス法学の法源)「民族の法感情」「健全な民族感覚」「ヘーゲルの意味での民族精神の『代理人』」 / “近代の展開の文脈におけるナチズムの法源論について|松山大学機関リポジトリ” https://t.co/6yCjt7M6zz
(集団の利益、社会法益、民族を法源にすることがどれほど恐ろしいことか)ナチス法学の法源:集団に対する罪/「民族の法感情」「健全な民族感覚」「ヘーゲルの意味での民族精神の『代理人』」 / “近代の展開の文脈におけるナチズムの法源論に… https://t.co/eZpehS4VFt
RT @paravola: (ナチス法学の法源:集団に対する罪)「民族の法感情」「健全な民族感覚」「ヘーゲルの意味での民族精神の『代理人』」 / “近代の展開の文脈におけるナチズムの法源論について|松山大学機関リポジトリ” https://t.co/6yCjt7M6zz
それにもかかわらずWL訴訟の事例は増えつつあり, 原告勝訴の事例も出ている / “CiNii 論文 -  「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって:Wrongful life 訴訟と「生命倫理」の臨界(<特集>差異/差別/… https://t.co/uMTak6uPgt
(ナチス法学の法源:集団に対する罪)「民族の法感情」「健全な民族感覚」「ヘーゲルの意味での民族精神の『代理人』」 / “近代の展開の文脈におけるナチズムの法源論について|松山大学機関リポジトリ” https://t.co/6yCjt7M6zz
喫煙を制御可能と認知する参加者ほど,喫煙習慣を持つ人を不真面目で制御努力を怠る人物として評価しやすく... / “[pdf]喫煙者に対する否定的評価と差別 - J-Stage” https://t.co/AwvhXknrQP
(それで何かまずいのか。「働き方改革」で最大化しないといけないのか)「行動経済学は政策に役立つか?」/行動経済学の研究で分かってきたのは,個人が必ずしも効用を最大化していないということです / “行動経済学会 第2回大会” https://t.co/owiKNaHTxS
「行動経済学は政策に役立つか?」/行動経済学の研究で分かってきたのは,個人が必ずしも効用を最大化していないということです / “行動経済学会 第2回大会” https://t.co/owiKNaHTxS
RT @fohtake: 行動経済学会でのパネル「行動経済学は政策に役立つか?」の議事録です。→ https://t.co/UAVN4DqFoj https://t.co/vqycirpwJj
(ナチス法学の法源)「民族の法感情」「健全な民族感覚」「ヘーゲルの意味での民族精神の『代理人』」 / “近代の展開の文脈におけるナチズムの法源論について|松山大学機関リポジトリ” https://t.co/6yCjt7M6zz
(クメールルージュかな)所得格差が運の要素で発生する場合には、努力や才能で所得格差が発生する場合よりも、分配者の立場でも被分配者の立場でもより多くの再分配を選好することが示された / “CiNii 論文 -  所得再分配における…” https://t.co/m0zHKlOCjm
日本的経営システム(日本的労使関係)の原型は満鉄調査部が考え出し、満洲国政府の中で実践され、それが『一九四〇年体制』の起源になり、さらに戦後へとつながって」いった / “(PDF)岸信介と「満洲経営」|摂南大学経営情報学部” https://t.co/a6ModYHJYb
(公教育と道徳)ブッシュ政権のもとで『落ちこぼれ防止法』が制定され、補助金事業は正式な事業と位置づけられ、「強い人格と市民性」の促進が掲げられるなど、連邦教育政策のなかで確たる地位を確立してきた / “CiNii 論文 -  ア…” https://t.co/tX1LiBZ04B
RT @frozenshrimp: 日本のフェミニストも武装権を主張すればいいのに。 「アメリカのフェミニズム」の暴力志向を考える:憲法修正第二条と民兵と脱国家世界の市民像 藤森 かよこ https://t.co/QKaSqTbhMS
ブッシュ政権のもとで『落ちこぼれ防止法』が制定され、補助金事業は正式な事業と位置づけられ、「強い人格と市民性」の促進が掲げられるなど、連邦教育政策のなかで確たる地位を確立してきた / “CiNii 論文 -  アメリカ合衆国にお…” https://t.co/tX1LiBHpd3
RT @ytkhamaoka: 川村ら(2013)福島第一原子力発電所事故後 3 年を経た野生ニホンザルの保護, 管理,研究の現状と課題 https://t.co/jurg5qLbTh p245 横軸 筋肉中のCs濃度、縦軸白血球数 https://t.co/NmHzy4il…
ブッシュ政権のもとで『落ちこぼれ防止法』が制定され、補助金事業は正式な事業と位置づけられ、「強い人格と市民性」の促進が掲げられるなど、人格教育は連邦教育政策のなかで確たる地位を確立してきた / “CiNii 論文 -  アメリカ…” https://t.co/tX1LiBZ04B
RT @hayano: ↓ベビースキャンの結果報告論文(この時点では約2700人)https://t.co/56COSg5DAo 一人もセシウム検出者無し.しかし南相馬では水道水・福島米・福島野菜忌避率は約6割(三春町では4%)
ルビで「日本」にいずれのルビがふられているのかをみると、1935年ごろまでは、すべて「ニホン」であったのが、戦局が激しさを増すと同時にほとんど「ニッポン」に替えられてしまっている / “CiNii 論文 -  ルビからみる戦時中…” https://t.co/7geYoR2Jqo
RT @brighthelmer: 日本の学術論文の数が以前よりも減少しているというツイートを見るのだが、その大きな要因はやっぱり研究時間の問題ではないかと思う。/大学等教員の職務活動の変化 http://t.co/QXoYUAidpv http://t.co/HT1dbAqH…
RT @rjgeller: あまり広く知られていないが、津波痕跡の地質調査を行い、貞観津波はドでかいと示した研究論文の1つは1990年に東北電力の地質チームによって公表された。https://t.co/MH5l6nTa2Uこれを高く評価すべきだ。東京電力はこれを受けて福一で対策…
RT @Sukuitohananika: 女児誘拐監禁事件容疑者による論文「カント実践哲学における演繹の構造」『待兼山論叢』の全文。カント倫理学の研究論文である。今回の事件の闇もかなり深い。 http://t.co/gTBsKZ9a05
RT @1ot: 「受信料額の設計方式は放送法等での規定はないが、総括原価方式がとられている。電気やガス等の公共料金を決める際に一般的に用いられるもので、効率性向上へのインセンティブを弱めるといわれている」 / “[PDF]NHK の経営及び公共放…” http://t.co/…
RT @ponkore: 「各単位時間の投稿数に基づきユーザをクラスタリングし,投稿内容,生活習慣と投稿時間帯から職業属性を推定する手法を提案する.」おいやめろww / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t…
(これはまたドンピシャな資料)軽減税率はインボイスとセットと考えられているが、大半がコンピューターで経理処理している現状からすればそうともいえない(PDF) / “消費税の複数税率をめぐる論点” http://t.co/SmzC7btEYB
RT @1ot: 軽減税率導入にインボイスが不可欠とはいえない http://t.co/MGjoTk1PTh RT @paravola (さすが御用学者の王)インボイス+軽減税率か免税廃止のどちらかを選べ。おれたちはどっちでもいい。森信茂樹 http://t.co/ZnD8J4…
RT @VegaltaHoppy: 安倍政権では原因究明はされないでしょうね。何故なら事故原因のひとつは安倍晋三氏だから RT @k2_hiro65: 正確な事故の原因究明もナサレズ再稼動に突き進む http://t.co/N7w030kB2M: 4 http://t.c ...

お気に入り一覧(最新100件)

日本の学術論文の数が以前よりも減少しているというツイートを見るのだが、その大きな要因はやっぱり研究時間の問題ではないかと思う。/大学等教員の職務活動の変化 http://t.co/QXoYUAidpv http://t.co/HT1dbAqHtV

フォロー(784ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @yskmas_k_66: @Koji_hist 谷川稔先生の『十字架と三色旗』のあとがきの中に「帰化史学」云々というのがあります(279〜280頁)。当時の史料論に対しての一言だったようです。 1997年の単行本版ではきちんと書いてあったようですが、今手持ちの学術文庫版…
@ONE_LINE_JAPAN なるほど。 海抜の高い山が2km圏内にあることで高度制限に抵触しないことが判明した。平成5年には航空法規制から解除され、色彩計画のシンボルカラーであるホワイトとアクアブルーに塗り替えを行うことがで… https://t.co/uHuz4gDKLt
【品性論】 《向上心》 正・続 #スマイルズ https://t.co/ZUiq9V9Koz 道徳心や品格を磨いて活力を上げていくために、参考になるエピソードが記された古典。 『完訳版』 https://t.co/83m3JnNpMh #活力 #名言
RT @monotropastrum: 日本生態学会誌69号別冊「フィールド調査における安全管理マニュアル」 これは必携。 https://t.co/NNiE2u8Zc8
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…

5 3 3 0 OA 仏国革命論

【仏国革命論】 #ロエスレル https://t.co/Ir6VU7vCA3 帝国憲法起草者の一人ロエスレル氏による、フランス革命の左翼思想の問題が論じられた、反論の著書の閲覧ページ。 #政治 #学問
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @dr_kinugasa: 下記論文の著者はHPVワクチン接種後の諸症状を「自己免疫性脳炎」によるものと決めつけていますが、一部の症例である種の自己抗体が陽性であったこと以外に客観的証拠は乏しく、またワクチン接種によるものかどうかも非接種の対照群との比較がないので結論は出…

フォロワー(1762ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 世田谷線沿線地域を対象とした継続的な協働型まちづくり手法の提案とその試み(鳩山 紀一郎ほか),2005 https://t.co/BP7ID88Bs6
RT @makkoim: こんなん見つけた。 消費税で格差を縮小できるのか ~井手英策氏の「定率課税・定額給付モデル」の検討~ https://t.co/6Ke9Q8kavI
CiNii 論文 -  脳科学の成果をめぐる自由意志論争と刑事責任(続)神経科学者と哲学者とのディベート https://t.co/OgxmrE4zeu
【品性論】 《向上心》 正・続 #スマイルズ https://t.co/ZUiq9V9Koz 道徳心や品格を磨いて活力を上げていくために、参考になるエピソードが記された古典。 『完訳版』 https://t.co/83m3JnNpMh #活力 #名言
RT @hinatanococo: @HistoryofWWII Every "Unit 731" victim photo is fake. 'The GREAT PLAGUE of 1910-1911, Manchuria/China' https://t.co/OH6…
RT @monotropastrum: 日本生態学会誌69号別冊「フィールド調査における安全管理マニュアル」 これは必携。 https://t.co/NNiE2u8Zc8
CiNii 論文 -  天皇制国家の支配体系--天皇の戦争責任との関連で https://t.co/TFMr0HHvRw
RT @Jun_Yuqui: 「脳卒中に伴う精神障害」 木村、日本医科大 https://t.co/GEh6dt2u1v 脳卒中後には自発性の低下を主体としたアパシー(無感情)を呈することが少なくない 抑うつは感情障害因子だが、apathyは身体行動因子 抑うつ心性を伴わ…
RT @kyslog: ヒートアイランドについては、涼しい海風が内陸を冷やすのを湾岸の高層ビル群がブロックしているという研究が増えてる印象。 https://t.co/Lj82swBqpQ https://t.co/uhZRFCxNaN https://t.co/Do3bpAN…
RT @kyslog: 最近の研究見てたら、ゲリラ豪雨の原因としてヒートアイランドが指摘されてるのか。ゲリラ豪雨を起こす雲の対流スケールが山手線サイズで、高層ビル群によって形成される"人工の高温帯・熱的低気圧"のサイズがちょうど一緒だと https://t.co/9BZTmQt…

5 3 3 0 OA 仏国革命論

【仏国革命論】 #ロエスレル https://t.co/Ir6VU7vCA3 帝国憲法起草者の一人ロエスレル氏による、フランス革命の左翼思想の問題が論じられた、反論の著書の閲覧ページ。 #政治 #学問
@rekisilove1 NHKの受信料制度とかおかしいでしょ。払いたい人だけ払うでいいのでは。 それは見てないが、昭和天皇は極悪非道として糾弾されてもまあ当然と思います。 https://t.co/oTf5XBwLaL
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @BTsukuba: @yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t…
RT @dr_kinugasa: 下記論文の著者はHPVワクチン接種後の諸症状を「自己免疫性脳炎」によるものと決めつけていますが、一部の症例である種の自己抗体が陽性であったこと以外に客観的証拠は乏しく、またワクチン接種によるものかどうかも非接種の対照群との比較がないので結論は出…