著者
竹村 貴人 斉藤 奈美子 池野 順一 高橋 学
出版者
一般社団法人日本応用地質学会
雑誌
応用地質 (ISSN:02867737)
巻号頁・発行日
vol.50, no.3, pp.160-164, 2009-08-10
参考文献数
12

近年の急速な産業技術の発展に伴い,レンズやシリコンウェハなどの先端材料の精密加工の需要が非常に高まっている.そのような背景のもと,砥石は物作り産業をはじめとする産業技術の基盤を支える重要な道具の一つであることはいうまでもない.しかしながら,天然砥石の合砥と呼ばれる仕上げ砥は,未だに人工的に造られた人工砥石よりも優れた研削性能を持つものもあるとされており,現在でも日本刀や和包丁など刃物の研ぎ師が好んで使っている.ここでは,このように優れた研削性能を持つ天然砥石,とくに合砥に関する情報を人工砥石に取り入れることを目的として,合砥の内部構造の特徴を応用地質学的な視点を交えてまとめた.その結果,質の高いとされる合砥はサブミクロンオーダーの空隙が多く存在していることが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

天然砥石(合砥)の表面特性(サブミクロンレベルの空隙と水の保持)と今後の人工砥石の応用へ。

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

天然の砥石 https://t.co/K9LKiu6iCL
これとか?http://t.co/OQKnzqMWpC 応用地質, Vol. 50, pp.147-151 http://t.co/Q6zth39qMC 応用地質学会講演要旨 @mkatolithos 砥石を岩石学的に地質学的に解説した文章ってどこかにありそうな,,

収集済み URL リスト