著者
上原 俊介 中川 知宏 森 丈弓 清水 かな子 大渕 憲一
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.27, no.3, pp.161-173, 2012

A core relational norm regulating social interaction is the idea of responsibility for needs (RN). Assuming that anger is a signal indicating a violation of RN, we attempted to test the mediation model that the perception that one's needs are frustrated by a close other (romantic partner) would generate a perceived RN violation, which in turn would increase anger. Further, we attempted to examine whether mediation also works in relationships with friends. In a role-taking study providing participants with a series of scenarios depicting the other (either romantic partner, friend, or mere acquaintance) as responding or not responding to one's needs, we asked them to rate the intensity of anger and the perceived RN violation. The results showed that in the romantic partner condition, the frustration increased the perception of RN violation, which in turn intensified anger. Further, this mediation was also confirmed in the friend condition, suggesting that RN also operates within friend relationships.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 14 posts, 7 favorites)

【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 https://t.co/VYIBpBSijA
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 https://t.co/VYIBpBSijA
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 https://t.co/VYIBpBSijA
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 https://t.co/VYIBpBSijA
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 http://t.co/VYIBpBSijA
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 http://t.co/VYIBpBSijA
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 http://t.co/NZXLMrAR2s
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 http://t.co/VYIBpBBfhA
【社会心理学研究・掲載論文】上原ら(2012) 関係規範の違反に対するシグナルとしての怒り感情:知覚された欲求責任違反の媒介的役割 http://t.co/VYIBpBSijA

収集済み URL リスト