著者
佐伯 胖
出版者
The Academic Association for Organizational Science
雑誌
組織科学 (ISSN:02869713)
巻号頁・発行日
vol.48, no.2, pp.38-49, 2014

「学習」をめぐって,行動主義心理学,認知心理学,認知科学,さらに状況的認知論がどのように扱ってきたかの歴史を振り返り,行動から認知,さらに社会との関連へと関心が移ってきた経緯を展望した.しかし,人が他者と共同的活動に参加するには,本当に人と人が「かかわりあう」ことが必要だが,その点が従来なおざりになっていることを指摘し,新たに「二人称的かかわり」を見直すことを提言する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 4 posts)

[行動科学][認知科学][状況論] 同趣旨だがこちらの方が詳しい。

Twitter (4 users, 5 posts, 2 favorites)

「そもそも「学ぶ」とはどういうことか」っちゅー話ですな。 https://t.co/RqmImg0GpT
自己メモ的に 佐伯胖(2014)「そもそも「学ぶ」とはどういうことか:正統的周辺参加論の前と後」 https://t.co/LIecyfUdDo
CiNii 論文 -  そもそも「学ぶ」とはどういうことか:正統的周辺参加論の前と後 https://t.co/7yAQRGhyDM
CiNii 論文 -  そもそも「学ぶ」とはどういうことか:正統的周辺参加論の前と後 https://t.co/7yAQRGhyDM #CiNii

収集済み URL リスト