著者
清家 剛 三牧 浩也 森田 祥子
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.80, no.713, pp.1625-1633, 2015 (Released:2015-08-18)
参考文献数
8
被引用文献数
3 6

This study mentions the possibility of the application of “mobile spatial statistics”, which frequently comprehend the actual population based on the operation data of the mobile phone including the heat of the day. The first part indicates the analysis model of the districts combined with another questionnaire survey of city center of Kashiwa city, Chiba prefecture. The second part examines the three models which compare the base stations in Chiba prefecture and analyze only by using mobile spatial statistics. This study indicates that mobile spatial statistics makes it easy to comprehend the distribution of population.
著者
清家 剛 三牧 浩也 原 裕介 小田原 亨 永田 智大 寺田 雅之
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 = Papers on city planning (ISSN:1348284X)
巻号頁・発行日
vol.46, no.3, pp.451-456, 2011-10-25
参考文献数
5
被引用文献数
7

急速な人口減少や高齢化に直面し、我が国では詳細な人口変動分析に基づく都市の再構築が必要になっている。しかし、国勢調査などの既存の基幹統計では、都市内部における人口変動を十分に捉えることができない。NTTドコモのモバイル空間統計は、携帯電話サービスを提供するために必要な運用データから時間毎に変化する人口の地理的分布を推計した統計情報であり、都市解析の新たな手段となることが期待される。本稿では、千葉県柏市におけるケーススタディを通じて、モバイル空間統計の信頼性の検証並びに、まちづくりにおける活用可能性の検討を行った。