著者
山下 倫明 今村 伸太朗 山下 由美子
出版者
公益社団法人 日本農芸化学会
雑誌
化学と生物 (ISSN:0453073X)
巻号頁・発行日
vol.50, no.11, pp.807-817, 2012-11-01 (Released:2013-11-01)
参考文献数
46

マグロ類やカジキ類,ハクジラ類などの海洋の高次捕食者には,食物連鎖によって生物濃縮されたメチル水銀が,筋肉に含まれることから,魚食からのメチル水銀の摂取による毒性を明らかにする必要がある.水俣病のように,メチル水銀の中毒事例から予想すると,低濃度のメチル水銀の長期曝露によって,脳神経系や心臓・血管系の分化・発達異常が生じる可能性がありうるが,実際には魚食によって微量なメチル水銀を摂取し続けても,メチル水銀中毒は生じない.その理由は,魚から高度不飽和脂肪酸やセレンなどを多量に摂取するので,これらの成分がメチル水銀の蓄積や毒性発現の機序に作用して,毒性を軽減することがわかってきた.魚食由来のメチル水銀の健康リスクは過大に評価されているのではないか.なぜ,魚食ではメチル水銀の毒性が打ち消されるのか.水産物のメチル水銀とセレンによる解毒に関する最近の知見を紹介する.
著者
山下 倫明 今村 伸太朗 藪 健史 石原 賢司 山下 由美子
出版者
日本微量元素学会
雑誌
Biomedical Research on Trace Elements (ISSN:0916717X)
巻号頁・発行日
vol.24, no.4, pp.176-184, 2013 (Released:2014-01-22)
参考文献数
51

Selenium is an essential micronutrient for humans, and seafood is one of the major selenium source in Japan. Recent studies show that the tissues of tuna and other predatory fish contain high levels of the selenium-containing imidazole compound, 2-selenyl-Nα, Nα, Nα-trimethyl-L-histidine (selenoneine). A substantial proportion of the total amount of selenium is present as selenoneine in the muscles of ocean fish. Selenoneine contains an imidazole ring with a unique selenoketone group and has an antioxidant activity in vitro and in vivo. The dietary intake of selenoneine through fish consumption is thought to be important for enhancing selenium redox functions in tissues and cells. In addition, selenoneine accelerated the excretion and demethylation of methylmercury through the formation of secretory extracellular lysosomal vesicles via the specific organic cation/carnitine transporter-1 (OCTN1). Dietary intake of selenoneine might decrease the formation of hydroxyl and other radicals and accelerate the excretion of heavy metals, and thereby inhibit carcinogenesis, lifestyle chronic diseases, and aging.
著者
横田 耕介 上原 崇敬 澤田 克彦 伊加 聖 今村 伸太朗 木宮 隆 鈴木 道子 平岡 芳信 金庭 正樹 大島 達樹 伏島 一平
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.77, no.4, pp.593-599, 2011 (Released:2011-09-08)
参考文献数
11
被引用文献数
2

遠洋まぐろ延縄で漁獲されたメバチの産地市場における販売価格に及ぼす潜在要因(魚艙保冷温度・保冷期間,生物・製品情報)の影響を検討した。魚艙保冷温度を一般的な−50℃ 以下と−40~−45℃ の 2 つの温度帯に設定した延縄船で漁獲されたメバチの漁獲時の情報及び販売結果等を用いて,モデル解析を行った。魚艙保冷温度の違いと保冷期間による販売価格への影響は認められず,市場は,異なる保冷温度のメバチを同等に評価したといえる。一方,脂の乗り具合,漁獲時の生死,製品重量,雌雄と販売価格の関連がモデルで示された。