著者
田中 正明 武田 正倫 永野 真理子
出版者
国立科学博物館
雑誌
国立科学博物館専報 (ISSN:00824755)
巻号頁・発行日
vol.43, pp.419-439, 2006

The micro-organisms in 35 samples obtained from inside moats of the Imperial Palace of Japan in Tokyo during the years 2000-2004 were studied, and only the additional species unrecorded in the previous survey during the years 1996-1999 are enumerated. They are 49 species of 35 genera, viz. 10 species of 8 genera in the Protozoa (8 species of Rhizopoda, and 2 species of Chiliatea), 22 species (including variety and forma) of 12 genera in the Rotatoria, 1 species of the Gastrotricha, 1 species of the Nematoda, 15 species of 13 genera in the Arthropoda (13 species of Crustacea, and 2 species of Insecta). In 20 samples obtained in the previous survey, 81 species of 40 genera were recorded (Tanaka & Takeda, 2000), although the nematod worms and insect larvae were not examined. As a result, at present, the micro-organisms are known by a total of 130 species of 63 genera from four inside moats, Kami-dokan-bori, Naka-dokan-bori, Shimo-dokan-bori and Hasuike-bori, and from a small pond, Hisago-ike. Comparing the limnological fauna of the inside moats of the Imperial Palace of Japan with that of some ponds in the Akasaka Imperial Gardens in Tokyo recorded by Tanaka et al. (2005), it is definitely said that the inside moats of the Imperial Palace of Japan are still kept in good condition due to its large scale, though the Imperial Palace of Japan is surrounded by artificial buildings in Metropolitan Tokyo.
著者
永野 真理子
出版者
東京医科歯科大学
雑誌
奨励研究(A)
巻号頁・発行日
1994 (Released:1994-04-01)

全身疾患を有する患者に対して,緩和精神安定材を用いる静脈内鎮静法は有効であるが,薬剤静脈内投与の場合,過量投与や覚醒遅延などの問題が生ずることがある.最近では,緩和精神安定剤の拮抗薬フルマゼニルが市販されるようになった.これを有効に利用することは,静脈内鎮静法のリスクを低くするばかりではなく,患者の帰宅可能時間の短縮,帰宅時のさまざまな問題の解決にもつながる.フルマゼニルについては多くの研究があるが,実際の応用方法は,歯科麻酔領域での基準確立には未だ至っていない.また,フルマゼニルの副作用として,頭痛,興奮などの精神神経症状や血圧上昇,頻脈などの循環器系症状が知られている.本研究では,静脈内鎮静法をより安全に行なうためのフルマゼニル投与法の確立を目的とし,今回は虚血性心疾患を有する患者に対するフルマゼニルの投与を行なって投与後の循環器系副作用について検索した.虚血性心疾患を有する患者のうちミダゾラム(ドルミカム^<(8)>)による静脈内鎮静法を行う患者のうち,本研究に対しての充分な理解と承諾を得られた症例を対象とした.ドルミカム^<(8)>による静脈内鎮静法下治療終了後フルマゼニル(アニキセート^<(8)>)0.5mgを静脈内投与した.術中および術後2時間は,BP,ECGなどをモニタリングし,バイタルサインを記録,帰宅許可時にホルターECGを装着し,術後24時間のECG変化を記録した.なお,帰宅許可にあたっては,平衡機能計(1G06SP)を用いた重心動揺を測定、平衡機能回復をもって帰宅許可した.以上より,虚血性心疾患患者に対するフルマゼニル(アネキセート^<(8)>)0.5mg静脈内投与は,術後24時間心電図上では影響を及ぼさなかった.虚血性心疾患患者に対するフルマゼニル使用は,術後平衡機能回復時間を短縮させ帰宅時間を早くするのみならず,安全に使用できると考えられた.今後は,症例数を増やし,安全な投与方法についてさらに多方向から研究する予定である.