言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 6 posts)

森長可の信仰していた宗派についてインターネットでいろいろと調べてみたのですが、どこにもなにも書かれていませんね。 「寛政重修諸家譜」で森長可について調べたところ、次のように書かれていました。(コマ番号389/600) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082717 森長一 或長可、勝蔵、武蔵守 鉄圍秀公雄心院と號す、葬地可行におなじ。 森可行 小太郎、越後 ...
「徳川実紀」には、以下のように書かれています。(コマ番号209/520、239/520) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1917811/192?tocOpened=1 「慶長十一年八月十一日、大御所御参内あり、五郎太丸長福丸両君も同じくまいらせたまふ。ともに従四位下に叙任せられ、五郎太丸君右兵衛督に任ぜられ義利朝臣(後義直と改らる)となのらせ給ふ。長 ...
以下の本に、徳川秀忠の系図が出ています。(コマ番号132/282) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879210/105?tocOpened=1 「天正十八年正月十五日、於聚楽亭秀吉公奉授其諱奉称秀忠公」 「秀」の字は豊臣秀吉から授かったものです。 「寛政重修諸家譜」を見てみると、松平家の歴代の名前は以下のように書かれています。( ...
「藩翰譜」には石川家について、以下のように書かれています。(コマ番号17/62) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1142636 「清兼男子二人あり、嫡子右近、二男日向守家成、是長門守康通が父なり、石川は代々、皆御諱字を賜ふ」 「寛政重修諸家譜」にも、家成の曽祖父・親康の譜に同様のことが書かれていますね。(コマ番号368/600) ht ...
保科正之を始祖とする会津藩主の系図は以下のとおりです。(兄弟相続は省く) 保科正之―正容―容章―容詮―容住―容衆 保科正之の玄孫の松平容衆は、文政5年2月29日に20歳で亡くなりました。 女系については、女子が上杉綱勝、前田綱紀、稲葉正往、稲葉正弘といった大名に嫁いでいます。 以下の「寛政重修諸家譜」を参考にしてご自分で調べてみてください。(249ページ、コマ番号134/600 ...
大友氏の幼名「塩法師丸」は、たしかに大友義鑑の父義長から、代々長男が名乗っていますね。 「寛政重修諸家譜」の大友系図では以下のようになっています。(695ページ、コマ番号357/600) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082717 大友親治(小僧丸)―義長(塩法師丸)―義鑑(塩法師丸)―義鎮(塩法師丸) 大友氏の始祖の大友能直の幼名 ...

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

『寛政重修諸家譜』について知りたい。

Twitter (29 users, 39 posts, 44 favorites)

土屋忠直・都筑介大夫 https://t.co/q0F7ZW3MXu 土屋昌恒 妻は岡部丹波守某が女 土屋忠直 母は丹波守某が女 女子 母は某氏。都筑介大夫某が女。 日根野弘吉の妻が都筑助大夫某の娘 https://t.co/PLWRbpLaQM 日根野弘吉 妻は松平周防守家臣都筑助大夫某が女
三淵藤英の弟が、長岡「義」重というのは、何に拠るものなのか知りたい。https://t.co/MPD3675qWv ある編集者が「好」重から「義」重に編集しているが典拠は不明。 『寛政重修諸家譜』https://t.co/1TqgpW65Vy
国会図書館DCで公開されている国民図書の寛政譜で巻第146の最初の系譜で最初の人の諱が「實實」で「のぶざね」となっている 本来は「信實」(分割前の系譜には信實) ま、これだけあれば一か所ぐらい間違いあるよね 国民図書版 https://t.co/mFwFlK43n6 和紙版 https://t.co/Atqc9ebQS4
@yama5tenryu 旗本だとすると寛政譜や略譜等に記載があります 確認してみると下のリンクの昌義の家系が百表拾人扶持とされています この家系の諱を見ると「義〇」となっていますので清之丞の諱が義常である可能性もあるのかなと思います 寛政譜 https://t.co/wge9gHtRnZ
青木信孝(高儔次男) https://t.co/iAM6Q0vh75 (最初、小野高達が青木信孝の次男である記述を見ていませんでした。信考?状態でした……)
「寛政重修諸家譜」 https://t.co/MhcRcOBBp2 信恵 -信貞 播磨守 -信友 源左衛門 --信吉 彦三郎 ---信次 四郎左衛門 ----信貞 源兵衛 以下略 ※「武田氏家臣団人名辞典」によると「寛永諸家系図伝」も彦三郎信連の部分が信吉になっています。
RT https://t.co/MhcRcOBBp2 油川弥九郎の諱が信貞というのが気になり、wikiの参考文献を見ましたが、信貞の所には播磨守と書いてあります。 油川 播磨守 で検索したら葛山播磨守信貞という人物が出ます…… 「寛政重修諸家譜」は油川弥九郎の諱が信貞とは書いていないと考えます。
「寛政重修諸家譜」 https://t.co/6ATVbfbeI9 信綱 ― 女子三人 「甲斐国志」 https://t.co/ZQrJkfHKds 一男二女あり 〇平太郎信澄 天正四丙子十二月二十七日逝す。年十七、法名は雪庵宗梅禅定門(逍遥院に墓ある) ※勝頼の従兄弟表記がどこかにあるそうです
子沢山なら藤孝と麝香も負けていない! https://t.co/pQyJXxOU75 長岡好重の妻が藤孝の娘というのは養女説もあるが、一方、系図に載っていない、早世した子どもたちもいるので、総人数は果たして…。
寛政重脩諸家譜 土屋姓になるまでの流れ https://t.co/vH1HDVErMB 14コマ目で貞純親王の子経基が源姓を賜り、源経基となります。 経基-満仲-頼信-頼義-義家-義国 源義国の子義康は足利の祖となります 義康‐義兼-義氏-泰氏 泰氏の子公深は一色の祖となります 三河国幡豆郡吉良の庄一色に住みました。
@wakeneko2005 先輩先輩、図書館行かなくてもインターネットで見られますよ。 https://t.co/RbrFxFHg0U
@mohei99 @morokoshoten 寛政譜によると田中の天澤寺に当主が葬られていますね。現存せず、廃寺になった後墓地だけ残ったのでしょう。津金家の菩提寺は四谷の全勝寺に移ったともあります。 https://t.co/x2QauMN8Bf
@hasumizu_9blue  http://t.co/pBVoLemvnk (66コマ) http://t.co/p8tOlLFHC2 (584コマ) でとりあえず確認しています~ 資料の信憑性とかは正直よくわかってないです……
これの583コマ目あたりに政康さんの記述があってそこから子孫の記述に続いてるっぽいのでしらみつぶしに読んでいけば史実ネタ何か拾えるかもしれない(史実地獄コース) http://t.co/p8tOlLFHC2

Wikipedia (25 pages, 42 posts, 11 contributors)

編集者: Bcxfubot
2021-01-10 15:10:31 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 侵入者ウィリアム
2020-09-03 06:18:06 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 侵入者ウィリアム
2020-09-09 08:35:19 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 侵入者ウィリアム
2020-09-09 08:36:20 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Ega Skylark
2020-07-16 09:44:09 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Dong1jin4
2019-01-12 17:46:06 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Quark Logo
2016-06-30 06:30:32 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: NyokiBot
2017-04-30 17:56:00 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 徹夜グミ
2016-04-26 23:56:21 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト