大谷正幸(録誌斎) (@64sai)

投稿一覧(最新100件)

@e_ikuon 『新編武蔵風土記稿』巻203にると、西新井宿村には浅間社があったという。https://t.co/RvR5pKeAPR たぶんこれのことではないか。ただ、どこへ祀り替えられたのかはわからない。新しい紙のお札が立て… https://t.co/PqjPs3V78E
フォントが四割いったので、先日の「菟足神社所蔵熱田信仰史資料調査報告」について書いてみる。 PDFは→https://t.co/X83sppfpkR

45 0 0 0 OA 寛政重脩諸家譜

@wakeneko2005 先輩先輩、図書館行かなくてもインターネットで見られますよ。 https://t.co/RbrFxFHg0U
宮崎さんの新作論文が素晴らしい。もはや伝統芸能の域に達していると言っていい。ああいう、富士信仰に(ありもしない)フェミニズムを見る研究は彼女が最初で最後になり、あとはそのエピゴーネンが量産されるだろう。 https://t.co/pnL36RROXG

1 0 0 0 OA 甲斐国志

【備忘】『甲斐国志』「富士山」の項は、山川部第16上、第35巻にある。 いちいち探すのが面倒で仕方ない。 https://t.co/mqY5xXsNe1
@kusanomido ご指摘の論文が「神話解釈史から見る富士山の祭神変貌論」https://t.co/lUWxzwsGfs のことでしたら、穴だらけなので参照されないほうがよいかと。『富士の歴史』はgoogle booksになく… https://t.co/WOqu8GJLra
https://t.co/cTjRBNite2 空海は文字や単語(悉曇)はいじっても文章まではわからなかった。そりゃ悉曇には名詞の性数格もシンタクスも無いしなあ。 https://t.co/rVnwKsFKD1

6 0 0 0 OA 群書類従

@wakeneko2005 https://t.co/gARCQ0y6QE
山形隆司「近世の尾張国知多郡における富士信仰 : 小鈴谷村を中心に」(『知多半島の歴史と現在』18号、2014』)という論文( https://t.co/7oCjNSDDzW )があって、これは小鈴谷村(現愛知県常滑市)の富士講の… https://t.co/Z0JXvSJyVF

4 0 0 0 OA 甲斐国志

『甲斐国志』巻71、神社部第17上に小御嶽の由来がある。https://t.co/jNnVunLeDK https://t.co/k8YrGBIuwU
以下ソース。https://t.co/5K3wklHfYI
https://t.co/rKBocuq9AB "a fact usually neglected in other studies on this popular cult" むしろ富士信仰の文脈で弁天とりあげる方がどうかしてるわ。
@64sai この恵比寿さんはカップルで関東人には見慣れないのだが、@Imakov さんが見つけてくれた論文 https://t.co/lYfnuCAbdB によると福岡の神社のものらしい。さらに花守に『恵比寿大神考』なる著作まであるという。

3 0 0 0 OA 富士山大観

@64sai https://t.co/7QUBd165UF この辺りは『富士山大観』だけではなく、傍証をもっと探してこなくてはいけないが、遠藤秀男『富士山の洞穴探検』(緑星社、1983)では『駿河記』を引いて「底は冷水膝に及ぶ」とある。
@wakeneko2005 最近ではこんなものを作って公開してますから、参考になれば幸いです。 http://t.co/3L2cdC0vHe
@wakeneko2005 マイクロ資料の保存については、前いた職場でも上司たちが調査研究してたものです。 「日本の図書館におけるマイクロフィルムの保存の現状 : 質問紙による大学図書館と都道府県立図書館の悉皆調査から」 http://t.co/YPXJ4cottx

1 0 0 0 OA 不尽道別

@64sai 当たってみると、本文5丁オに確かにそういう表記がある。http://t.co/2RYBwDMaAB 『不尽道別』は明治8年刊行なので、その頃にはあった表現ということになろうか。
@strangerose23 「吉田御師・田辺近江が開発した新しい富士信仰 : 東北大学附属図書館所蔵『扶桑国御祭免し』の史料紹介を兼ねて」 http://t.co/3kKN6kNzBv
そういや、東京大学のUTリポジトリに前々年度の論文「吉田御師・田辺近江が開発した新しい富士信仰」が掲載されました。 http://t.co/JSCzJ5QuVM 富士講アーカイブでも同じものを掲載しています。http://t.co/pglqiZAIww
@sakuya_mio524 リンク先はいずれも私のHP「富士講アーカイブ」にあるリポジトリ http://t.co/BPhdwvJJxQ においてあるものです。後者はciniiという国でやっている論文を集めたサイトにもあります(http://t.co/DTVo229TM8)。
@daizabu3 長文のお目汚し、失礼いたしました。手前味噌ですが、食行については拙稿「富士行者・食行身禄は本当に「ミロク」だったのか」http://t.co/DTVo229TM8 また拙著『富士講の祖・食行身禄伝』(岩田書院、2013)をご参照ください。
@kazu0122 正直なところ安くないので、図書館で求められるとよいでしょう。思想的なものですと、論文でよいのなら、拙稿「富士行者・食行身禄は本当に「ミロク」だったのか」(宗教研究83巻3号、2009)http://t.co/mHc0IOhGbOでしょうか。
@kousyou 自分の書いたもので食行の思想面については、今のところ「富士行者・食行身禄は本当に「ミロク」だったのか」(『宗教研究』362、2009) http://t.co/DTVo229TM8 が最新です。手っ取り早く食行について知るにはよいかと。
もう何年も前から批判はしてるし(http://t.co/DTVo229TM8)、来月だす本でも批判はしているのだが…、研究の世界はなかなか江湖に知られていない。うーむ。
近世の地誌「新編武蔵風土記稿」はどうか。河越城下志多町、東明寺の項(巻162、http://t.co/AfckJQtjuM 38コマ目)によれば、「稲荷諏訪天満宮三社」として、扇谷上杉氏の家臣・難波田憲重が落ちた井戸を埋めて塚を作り、

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(54ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Minemori_H: 今日公開された木場貴俊センセイの「<研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察」をほくほくしながら見ています。知らない妖怪がぞろぞろ出てくる!! https://t.co/6n…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019-01-31…
RT @BungakuReportRS: 三浦 誉史加 -  少女雑誌におけるシェイクスピアと宝塚少女歌劇―坪内士行を中心に― https://t.co/gyDo6GegGs
RT @BungakuReportRS: 横田 隆志 -  藁しべ長者と大柑子 : 『今昔物語集』巻十六第28話を読む(2) https://t.co/8mrrbeT8ma
RT @BungakuReportRS: 張 宇飛 -  魯迅の「摩羅詩力説」材源の新発見 : ロシア作家コロレンコについて https://t.co/4mHYn4d2jP
RT @BungakuReportRS: 大島 明秀 -  志筑忠雄の所用印ともう一つの字(あざな) https://t.co/PtVKRwcnXO
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  半井本『保元物語』の副助詞ダニ(附・サヘ)―中世軍記物語における〈相対的軽少性〉の意義の一確認― https://t.co/8fMH2QCHwi
RT @ma_tango: 『近現代日本の民間精神療法』を架蔵する公共図書館や大学図書館。https://t.co/oCPEP9BU0V https://t.co/PBDHLBgnOP 国会図書館、神戸市立、京都府立、大阪府立など、研究調査でお世話になった公共図書館や大学図書館…
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @BungakuReport: 旧満洲国における国語教育営為 ―郷土教育の視点から― 池田 匡史, 黒川 麻実 https://t.co/e168CrKn3I
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF

フォロワー(334ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @JUMANJIKYO: @_Alcedo_atthis こんなに古い用例は初めて見ました。私は以下の論文に詳しい解説があるのを知るのみです。 陸水学雑誌 第3巻第3号『プランクトンに関する用語に就て』上野益三、1934 "「⿰生孚」といふ文字は岡村金太郎博士の造られた…

1236 106 47 47 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…

1236 106 47 47 OA 殖民地要覧

RT @annamdohophu: フォロー外から失礼します。 あなたの教科書への「訂正」に何点か誤りがありますので,指摘いたします。 ①「植民地」について 朝鮮および台湾は戦前の日本政府も植民地としてあつかっていました。 外地統治を担当した拓殖局が発行した『殖民地要覧』(…
単純に音読って日本人がテキストを 頭と体に入れるため伝統的に効果的だとされる手法だと思ってた。(仏教における読経や唱和など) Web上で読めない残念 https://t.co/HtMsO5gvc4 https://t.co/lRtyqza5V7
RT @ynsitx: 戦前に建設された大阪市の公設市場を核として、大都市周縁部の商店街が形成されていったんだろうな〜(よくわかってない) 大阪特有の謎立地全蓋の由来も公設市場に求めるとわかるのかもしれない https://t.co/r7Z8F8khMi https://t.c…
大久保 順子 -  国語教材としての「近世俳諧」:文学史的指導上の問題点と「俳言」【問題は、近代や近世以前の時代から続く 「雅」「俗」の意識や日本古典文学の基本的理解が、今日の国語教育に生かされているのかに関わる】 https://t.co/JVxDymOWaK
副島 美由紀 -  俳諧紀行と自殺願望の国で:『松島』: マリオン・ポッシュマンによる新たな日本旅行記 ※日本語論文です。 https://t.co/D0rFpwBggf
国文学研究資料館概要(和文)2019 - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/tB6w02dhTS
国文学研究資料館概要(英文)2019 - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/AVc101kw4T
青柳 明佳・篠原 泰彦 - 人文科学系データベースにおけるユーザビリティの検証――Google Chrome 拡張機能を用いた取り組み―― - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/VQCJN4R4sP
木場貴俊 - <研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察 - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/uiOxvPE6Dm

3 3 3 0 OA 口絵

カラー口絵『妖怪四季風俗絵巻』(解説・木場貴俊) - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/j8JU9qTf30
RT @Minemori_H: 今日公開された木場貴俊センセイの「<研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察」をほくほくしながら見ています。知らない妖怪がぞろぞろ出てくる!! https://t.co/6n…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdfで本文公開。土豪による軍記物創造、系図作成について。 青山 幹哉「尾張国津島の大橋氏における家系伝説創造と「浪合記」・「大橋記」」 アカデミア. 文学・語学編(105), 236-262, 2019-01-31…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
CiNii 論文 -  戦国期武田家文書での「一統」の語義と機能 https://t.co/82eW4Dbk62 #CiNii
PDF公開。伊藤拓也「戦国期寺尾諏訪氏の基礎的分析」(『横浜商大論集』53-2、2020年3月)後北条氏の家臣で、武蔵国寺尾郷の領主だった諏訪氏。史料的制約が大きいことから、著者も断りつつ、近世地誌を用いての分析が多い。https://t.co/w9r7qYRZG5
RTした報道、薩摩入来町という単語に反応した(笑)。治癒祈願儀礼である疱瘡踊りの研究は多いらしく、ググったら、たとえば高橋京子「疱瘡治癒祈願としての舞踊」(『スポーツ人類学研究』6、2004年、PDF公開)などがあった。入来町の事… https://t.co/tn15DzJTHD
RT @Fransisco1530: ネットで読めるオススメ資料 今後いい感じの資料に出会ったら検索しやすいようにこのツイートのリプに追加していきます。 皆さんもオススメ論文等あればこちらに追加していただけると助かります!! (サンプル) 1 「足利一門再考 : 「足利的秩…

1 1 1 0 OA 音韻啓蒙 : 2巻

見返しには敷田年治とあるものの、刊記にも内題の下に「敷田耕造」 国会本も https://t.co/PmFoEWXpa9 早稲田本も https://t.co/5UlV5PsfQO 「敷田年治」になっています。 https://t.co/K2jN62KLsK
RT @BungakuReportRS: 三浦 誉史加 -  少女雑誌におけるシェイクスピアと宝塚少女歌劇―坪内士行を中心に― https://t.co/gyDo6GegGs
RT @BungakuReportRS: 横田 隆志 -  藁しべ長者と大柑子 : 『今昔物語集』巻十六第28話を読む(2) https://t.co/8mrrbeT8ma
RT @BungakuReportRS: 張 宇飛 -  魯迅の「摩羅詩力説」材源の新発見 : ロシア作家コロレンコについて https://t.co/4mHYn4d2jP
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
RT @nknatane: RT https://t.co/0vd5HC0qG7 至文堂歴史新書は名著が多く、再刊が望まれる。永島福太郎『応仁の乱』、玉村竹二『五山文学』あたり。ちなみに田中健夫『倭寇と勘合貿易』はちくま学芸文庫。 CiNii 図書 - 日本歴史新書
西岡 千文, 亀田 尭宙, 佐藤 翔 - 日本の学術出版物におけるオープン・サイテーションの分析【引用データに関しては,機械可読なアクセスのオープン化が遅れている】 https://t.co/lqRzNY7Sak
高等学校における情報科教育の現状●立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1095 https://t.co/8lgPC6TMtA
RT @BungakuReportRS: 大島 明秀 -  志筑忠雄の所用印ともう一つの字(あざな) https://t.co/PtVKRwcnXO
RT @BungakuReportRS: 田中 敏生 -  半井本『保元物語』の副助詞ダニ(附・サヘ)―中世軍記物語における〈相対的軽少性〉の意義の一確認― https://t.co/8fMH2QCHwi
RT @ma_tango: 『近現代日本の民間精神療法』を架蔵する公共図書館や大学図書館。https://t.co/oCPEP9BU0V https://t.co/PBDHLBgnOP 国会図書館、神戸市立、京都府立、大阪府立など、研究調査でお世話になった公共図書館や大学図書館…
@tmogi_nichibun 『日本語大事典』『日本語学大辞典』でも載ってないですね。 文献は、1995年には、 https://t.co/1devZbmzKm これもありましたが、私も入手に手間取りましたし、日本語学界では、あ… https://t.co/0O57KJtq4m
「蘭書」発見記補遺pdf PDF(1584KB) - 参考書誌研究vol79 https://t.co/I5WmhAWX7C
悉曇三密抄 https://t.co/L0W8WDV2rI 「さんみつ」で変換すると、「身密・口密・意密」「身口意」が出ることに気づいた。昔、なにかの辞書を一括登録した時に付いてきたものかな。「身語心」は出ないみたい。
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
RT @BungakuReport: 旧満洲国における国語教育営為 ―郷土教育の視点から― 池田 匡史, 黒川 麻実 https://t.co/e168CrKn3I
@tanz0r_kitune @goshuinchou インド文明・日本文明シュメール起源説に基づく釈迦族・日本民族同祖論を説いた高楠順次郎先生ですな(こら、自分) https://t.co/kTGCaI7bjp
旧満洲国における国語教育営為 ―郷土教育の視点から― 池田 匡史, 黒川 麻実 https://t.co/e168CrKn3I
RT @SciCafeShizuoka: @magaki_aria この論文によると、人が堪えられる濃度の二酸化塩素では感染リスクの低下はほとんど望めないそうで… 「低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御 : ウイルス失活効果の湿度依存性」 西村 秀一 他、…
蔵書印と練り朱肉の手入れについて (馬渕 敬子 特別資料室) 早稲田大学リポジトリ https://t.co/Y8JmyGrspr
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡邊 浩貴「中世都市鎌倉と地下楽家中原氏 : 中原有安・景安・光氏の系譜と活動を中心に」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 (46), 1-22, 2019 https://t.co/X1prLmeedF
これは好きな人多そう。城下町の構造を比較した論文。 横尾 実「東北地方の城下町起源都市における地域構造の移行:江戸時代から第2次世界大戦時まで」https://t.co/F7LAreFUqT https://t.co/qEnscbO9r2
谷貝等「都市間バスの運行本数からみた東北地方主要都市の中心性の変遷」https://t.co/O5rfgItvfT 第1表(添付画像)は、以下の文献を参考に作成されたもの 渡辺良雄(1965):統計数値に現われた東北地方諸都市の産… https://t.co/iSv6MGpp0D
谷貝等「都市間バスの運行本数からみた東北地方主要都市の中心性の変遷」https://t.co/O5rfgItvfT 第1表(添付画像)は、以下の文献を参考に作成されたもの 渡辺良雄(1965):統計数値に現われた東北地方諸都市の産… https://t.co/iSv6MGpp0D
RT @zasetsushirazu: 明治18年3月23日、亀井茲監が死去。幕末の津和野藩主で、明治初年の神祇行政を担った。岩谷泰之「森鴎外と仏教」(『大正大学大学院研究論集』42)は、亀井家典医の家に生まれた森鴎外について、その思想形成上の茲監の影響を、茲監が仏教を排除した…
「ハルピン街」の形成と移転についてはこちらの論文が詳しい 根岸 秀行「戦後岐阜の引揚者集団における住宅開発 : ヤミ市から産業集積への一過程」 https://t.co/gqYvWjgfTs

2 1 1 0 OA 謡注甲集

題簽も内題も無いけれど、「謡抄」の中本刊本であるようだ。 「蟻通」の「清少納言枕草子」に「マクラザウシ」の振り仮名がある。ノが入らぬのが古形と聞くが濁点つき。 古活字本に振り仮名はないけど、その書き込みとか写本とかで、振り仮名があ… https://t.co/r6TvRo9uf2