のいまご (@noimago)

投稿一覧(最新100件)

そもそも今の織田廟宗家は柏原藩士の田中家の子孫ですからねぇ。https://t.co/hirJ7P7sf7

15 0 0 0 OA 土佐名家系譜

好山和尚が何者か気になって調べたけど、『土佐名家系譜』に載ってた。https://t.co/PPh8MywJha
RT @washou3956: PDF公開。野田泰三「戦国期播磨における大名家妻室について」(『女性歴史文化研究所紀要』26、2018年3月)赤松政則の後室洞松院を中心に、戦国期播磨における武家妻室の機能や権限を考察する上で参考となる事例を紹介。黒田(小寺)孝高の妻室に関する史…

13 0 0 0 OA 橋本左内言行録

橋本左内の系図ということで、この辺でも。https://t.co/5EHeJsE2FB

1 0 0 0 OA 肥後先哲偉蹟

細川関係(家臣含む)の系図を知りたい人は、『細川右京家資料集』を買って、あとは大きい図書館に行って、『肥後読史総覧』の「肥後藩主要系図」をコピーするといい。『肥後先哲偉蹟』をもりもり読むのも良い。https://t.co/TwK8yoC8XV
RT @1059kanri: まあ目次見ただけでこんなの読みたくなりますね。備中高松城を毒ガス攻撃w 炭素太功記 https://t.co/MqRfcs0wuF https://t.co/7ahVwlUZ9p

6 0 0 0 OA 史籍集覧

『甫庵太閤記』に「さらさらこえ」とあるから、昔からある言葉なのは分かるけれども、「さらさらこえとて嶮難無双之山路に行迷ひぬ。」だから、さらさらは副詞かとも思ったり。https://t.co/fISUhTa3Bc
長洲町にある立花誾千代の供養塔、おそらく『肥後国誌』に出てくる柳川殿母公ノ墓のことと思われるが、『肥後国誌』の書かれた当時は誰のことなのか、少なくとも住民は分かってなかったようである。https://t.co/gai0uLDUQl

13 0 0 0 OA 関原軍記大成

福原長堯から刀をボッシュートした話の出典はいまだに分からないが、福原長堯が刀を与えた話は存在する。相手は水野勝成じゃないし、刀は日向正宗でもないが。https://t.co/dv65MsolwC

3 0 0 0 OA 近古禅林叢談

息子のほうの片倉小十郎と沢庵は関係が深かったの? https://t.co/ipCMrSp8ZQ

1 0 0 0 柳生独眼竜

柳生独眼竜 https://t.co/A44uHYBCVG 残念ながらネットでは見れないが、パワーあふれるタイトルであるw 目次を見たら、初っ端から今では出せない感じだったが…。

1 0 0 0 OA 輪池叢書

柳生流物語 https://t.co/TFv2q5mr6B 活字になってるのかな?

3 0 0 0 OA 男爵団琢磨伝

『男爵団琢磨伝』には、団家は藤原氏の出とありますね。https://t.co/wC3gTUgh1z
@tky_snrn 顔の傷が…無い!? https://t.co/ry3YCpdgTN 見えない側にあるのかもしれませんが。

7 0 0 0 OA 日本画談大観

『丹青若木集』を読もうとしたら、ページが欠けまくっててガッカリ。https://t.co/BBx79z49k5

1 0 0 0 OA 扶桑名画伝

狩野内膳が気になって検索したら、さすがにそれは時系列がめちゃくちゃだろう、という説を見つけたw https://t.co/SxGtSDu26y

1 0 0 0 OA 光秀 : 戯曲

光秀 : 戯曲 https://t.co/jwzDqk6Skf 明智太鬼郎とは、つまり子孫氏の祖父、明智滝朗氏だよな。こんなのを書いていたのか…。
林田左門の話は『明良洪範』のこれか。https://t.co/S9yn5uCT8u

12 0 0 0 OA 輝元公上洛日記

別件で読んでいて見つけたが、森勘八が毛利姓をもらったのは、だいぶ後年の話なんだな。https://t.co/4qaMSF1ZVp
『近世日本国民史』かな? https://t.co/eKD2DIsVvh
@t_souan https://t.co/kJIbcEOmF1 の註三に詳しいですね。

25 1 0 0 OA 史籍雑纂

@mikan_burg0312 https://t.co/XUYEr4uQsb と比較すれば、どのくらい話が盛ってあるか分かるんだなぁ~。

2 0 0 0 OA 大日本古文書

@Gonta_Lineiden 平賀家文書のこれですか? https://t.co/0TJBBtmnS7

5 0 0 0 OA 良将達徳鈔

@tyuusyo 『良将達徳鈔』によると、出典は『黒田家旧記』ですね。https://t.co/YIlhdREReM

3 0 0 0 OA 作陽誌

@kashiwagiyugehi 『東作誌』という史料に載っている系図です。詳しくはこちらを。https://t.co/6LjEiaiZZl
賢嬢の鑑盛姫実記 https://t.co/R6rYKMoAeU 読み物の題材として取り上げられてる女性だった。

17 0 0 0 OA 池田光政公伝

池田輝政の遺物が載っている史料:「池田分限帳」『大日本史料』12編10冊642~656頁(史料編纂所のデータベースで閲覧可能) 『池田光政日記』の具足始の記述:『池田光政公伝』下巻で見れる。… https://t.co/wuaMuv2D85
「伊勢家伝来小烏丸の名剣の考」『十方庵遊歴雑記 二編の中』 https://t.co/jL7SGV0PBO 佐々木正巳「伊勢家伝来「小烏丸」の拵に就いて」『刀剣美術』234 1976年

24 0 0 0 OA 武将感状記

あと、石黒甚右衛門が馬術の達人という話の出典は『武将感状記 』。https://t.co/bvpshIGkxR 『続日本武術神妙記』には出典が書かれてないようなので。

3 0 0 0 OA 登曽双紙 3巻

亀甲貞宗の話に出てくる南部家の赤沢某のことは https://t.co/le1pBQJaEW に書かれているっぽいが、全然読めないのでお手上げ。

16 0 0 0 OA 太閤記 : 22巻

「甫庵太閤記」では確かに秀吉遺物として毛利宰相に厚藤四郎が下賜されている。であれば、毛利秀元に下賜されたというのは誤伝で、秀次事件で厚藤四郎が切腹に使われたのは正しい? https://t.co/2UrxDcCpgr
尼崎と熊本を結ぶ貴田玄蕃 https://t.co/0uhtAuPO5r 毛谷村六助こと貴田孫兵衛に詳しい記事といえばこれ。とはいえ、文中では孫兵衛の弟、玄蕃の生国を豊前と書いているが、出典のひとつ『郡上八幡町史』では生国は伊勢国になっており、その辺の検証が無いのはいただけない。

お気に入り一覧(最新100件)

348 0 0 0 OA PC-8001の開発

調べものしていたら偶然すごくいい記事に出会った。TK-80やPC-8001の開発に実際に携わっていた方が当時を振り返って書いたもの。感動的。できることなら自分もその時代のそこにいたかった。 通信ソサエティマガジン No.15 [… https://t.co/uIQ3iYDgSJ
すごく丁寧、包括的です。/ 資料デジタル化・公開に伴う権利処理<平成27年度 京都大学図書館機構講演会「デジタル化資料の公開にかかわる権利処理を学ぶ」> https://t.co/rGVXReacRb
小林輝久彦「室町幕府奉公衆荒河氏の基礎的研究」『大倉山論集』2015年(http://t.co/zqzBIIuri6、PDFなし)
CiNii 論文 -  馬と刀剣の故実 : 古往来から見る中世の教養 http://t.co/gVOefh1oBx #CiNii
平井上総「豊臣期検地一覧(稿)」(『北海道大学文学研究科紀要』144号、2014年11月) http://t.co/ZwsLWeODy4 機関リポジトリにてPDF閲覧可能。

40 1 1 0 OA 公家茶道の系譜

CiNii 論文 -  公家茶道の系譜 http://t.co/YsBLRG1XPH #CiNii

フォロー(547ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

安芸東部地方における宮座の「名」について https://t.co/L4duBjnj5V
@Toyoshi_Toyoshi 卒論の前半を膨らませたのがこれ。 https://t.co/FJa87xQVPt

58 58 58 2 OA 埋忠銘鑑

RT @meitougenso: 皆さんお気づきでしょうか。 デジコレの「埋忠銘鑑」がインターネット公開(保護期間満了)へと変わっています。 これでいつでも好きな時に心ゆくまで見ることが出来ますね。 埋忠銘鑑 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/…
大河内秀元の『朝鮮記』ってこれで良いのかな。 https://t.co/kfdL25OWdu
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  多田院鳴動と満済 https://t.co/KULuY7JZNc #CiNii
これについては池上裕子による書評(『史学雑誌』125‐7、2016年)も参照のこと。https://t.co/0ixJaFT5kj
RT @a_ri_no_ri: CiNii 論文 -  ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii アダムズの妻は「おゆき」という名で紹介されるが、その初出は1973年の小説らしい。彼女の名は一次史…
RT @a_ri_no_ri: CiNii 論文 -  ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii アダムズの妻は「おゆき」という名で紹介されるが、その初出は1973年の小説らしい。彼女の名は一次史…
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @machi82175302: その後、「三月二日御沙汰書」(薩摩藩が企図した参勤交代・諸侯妻子在府の復旧および毛利父子・五卿の東行の中止)が幕府側に渡された。拙稿「慶応元年中央政局における薩摩藩の動向―将軍進発と条約勅許を中心に―」参照。https://t.co/e1w…
RT @tct9shk: J-STAGE Articles - 捻文の機能とその用途について : 戦国大名毛利氏関係文書を中心に(第九〇回史学会大会報告記事) https://t.co/K3OyLsMLfK 先生が前に言っとっちゃった話だろうか…あとで読もう…
RT @bts_cainmosni: @reverie_et FF外から失礼します。それについて論述しているものを見つけたので宜しければどうぞ(既にご存知でしたらご容赦下さい)https://t.co/G4VvF8D0RW
RT @bts_cainmosni: @reverie_et FF外から失礼します。それについて論述しているものを見つけたので宜しければどうぞ(既にご存知でしたらご容赦下さい)https://t.co/G4VvF8D0RW
RT @quiriu_pino: 高松 百香「中世の結婚と離婚 : 史実と狂言の世界」 武蔵野大学能楽資料センター紀要 (29), 41-57, 2018-03-31 https://t.co/nMOUuo3UMS pdfで公開論文。講演の書き起こしだけあって、中世の結婚が「イ…
RT @quiriu_pino: 高松 百香「中世の結婚と離婚 : 史実と狂言の世界」 武蔵野大学能楽資料センター紀要 (29), 41-57, 2018-03-31 https://t.co/nMOUuo3UMS pdfで公開論文。講演の書き起こしだけあって、中世の結婚が「イ…

フォロワー(897ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言… https://t.co/8MaC9afxTc
RT @okjma: @kokyose どこの寺、という訳でもないでしょうが、東西本願寺でありますね。 https://t.co/tOKjb8HAh9 https://t.co/H4ybCmZQjW https://t.co/rmMo5g0Bgd
安芸東部地方における宮座の「名」について https://t.co/L4duBjnj5V
表記1文字違っただけで年金が支給されなかったの何時の話でしたっけね? https://t.co/AguYrpfPl4
@Toyoshi_Toyoshi 卒論の前半を膨らませたのがこれ。 https://t.co/FJa87xQVPt
RT @washou3956: これについては池上裕子による書評(『史学雑誌』125‐7、2016年)も参照のこと。https://t.co/0ixJaFT5kj

58 58 58 2 OA 埋忠銘鑑

RT @meitougenso: 皆さんお気づきでしょうか。 デジコレの「埋忠銘鑑」がインターネット公開(保護期間満了)へと変わっています。 これでいつでも好きな時に心ゆくまで見ることが出来ますね。 埋忠銘鑑 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/…
大河内秀元の『朝鮮記』ってこれで良いのかな。 https://t.co/kfdL25OWdu
RT @washou3956: これについては池上裕子による書評(『史学雑誌』125‐7、2016年)も参照のこと。https://t.co/0ixJaFT5kj
RT @shoemaker_levy: これなんですが、英語で読み通すのつらいという方はご本人がこちらで日本語で内容をダイジェストで紹介されていますのでぜひ。 エーラス マーレン「近世大野藩における貧困と救済」『部落問題研究』221号、2017年 https://t.co/Lv…
RT @washou3956: これについては池上裕子による書評(『史学雑誌』125‐7、2016年)も参照のこと。https://t.co/0ixJaFT5kj
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  多田院鳴動と満済 https://t.co/KULuY7JZNc #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  上杉謙信の崇敬と祭祀 : 謙信の「仏教」と米沢藩における廟堂祭祀 https://t.co/uNAsZUmscA #CiNii
RT @a_ri_no_ri: CiNii 論文 -  ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii アダムズの妻は「おゆき」という名で紹介されるが、その初出は1973年の小説らしい。彼女の名は一次史…
RT @zibumitunari: @hono80453858 皆で読もう https://t.co/1M0dMqiHdY
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  鎌倉幕府の宿曜師 : 特に珍誉について https://t.co/PrYd5Jmcm8 #CiNii
RT @a_ri_no_ri: CiNii 論文 -  ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii アダムズの妻は「おゆき」という名で紹介されるが、その初出は1973年の小説らしい。彼女の名は一次史…
RT @a_ri_no_ri: CiNii 論文 -  ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii アダムズの妻は「おゆき」という名で紹介されるが、その初出は1973年の小説らしい。彼女の名は一次史…

2 2 2 0 OA 遣米使日記

万延元年遣米使節団の道中は村垣淡路守範正が「遣米使日記」にて面白可笑しく紹介しています。個人的には、この日記の一節で「中には髪黒く目も黒い、あれはアジアの人種だろうか?」と世界の人種を認識していた事に驚きました。その頃、日本では井… https://t.co/714G8vNmc4
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @tct9shk: CiNii 論文 -  天正十一年小早川隆景・羽柴秀吉書状にみられる安国寺恵瓊 : 安国寺恵瓊関係資料データベース資料稿(1) https://t.co/xb9bWtglfj #CiNii あとで読む
RT @machi82175302: その後、「三月二日御沙汰書」(薩摩藩が企図した参勤交代・諸侯妻子在府の復旧および毛利父子・五卿の東行の中止)が幕府側に渡された。拙稿「慶応元年中央政局における薩摩藩の動向―将軍進発と条約勅許を中心に―」参照。https://t.co/e1w…
RT @tct9shk: J-STAGE Articles - 捻文の機能とその用途について : 戦国大名毛利氏関係文書を中心に(第九〇回史学会大会報告記事) https://t.co/K3OyLsMLfK 先生が前に言っとっちゃった話だろうか…あとで読もう…
RT @bts_cainmosni: @reverie_et FF外から失礼します。それについて論述しているものを見つけたので宜しければどうぞ(既にご存知でしたらご容赦下さい)https://t.co/G4VvF8D0RW
RT @bts_cainmosni: @reverie_et FF外から失礼します。それについて論述しているものを見つけたので宜しければどうぞ(既にご存知でしたらご容赦下さい)https://t.co/G4VvF8D0RW
RT @zasetsushirazu: 須賀忠芳「ストーリー化された歴史観光素材の功罪をめぐって-「幕末会津」をめぐる言説を中心に-」(『観光学研究』17、2018年)は、白虎隊像などの「定番化された「幕末会津」をめぐるストーリー」に関する問題点を、大河ドラマ『八重の桜』の話も…
RT @quiriu_pino: 高松 百香「中世の結婚と離婚 : 史実と狂言の世界」 武蔵野大学能楽資料センター紀要 (29), 41-57, 2018-03-31 https://t.co/nMOUuo3UMS pdfで公開論文。講演の書き起こしだけあって、中世の結婚が「イ…
RT @quiriu_pino: 高松 百香「中世の結婚と離婚 : 史実と狂言の世界」 武蔵野大学能楽資料センター紀要 (29), 41-57, 2018-03-31 https://t.co/nMOUuo3UMS pdfで公開論文。講演の書き起こしだけあって、中世の結婚が「イ…
RT @quiriu_pino: 高松 百香「中世の結婚と離婚 : 史実と狂言の世界」 武蔵野大学能楽資料センター紀要 (29), 41-57, 2018-03-31 https://t.co/nMOUuo3UMS pdfで公開論文。講演の書き起こしだけあって、中世の結婚が「イ…