言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 20 posts, 6 favorites)

国会図書館から資料取り寄せてドヤってるようだからどうなんでしょうか?勉強馬鹿で自分はこう思うとか問いかけが出来ないうちはマダマダだと思います。今や望めば自分で資料は探せる。 https://t.co/E0MxW9bmmp… https://t.co/bFP58M4iaS
> ドイツでは、放送サービスを 受信できる機器の多様化を踏まえて、放送受信機ごとに受信料を課すのではなく、全ての世帯 及び事業所から「放送負担金」を徴収する制度に移行した。 これだよこれ!!! https://t.co/EvEvoG60v1
こちらが”公共放送の役割・機能論と業務範囲を中心に見てきた”とするのに対応するが如く、国⽴国会図書館『調査と情報 第1051号(2019.3.28)』には「諸外国の公共放送:インターネット時代のサービス、財源(https://t.co/0kGR1aQs32)」がある。
@hanakosudwest 英国、韓国、ドイツ、フランス、日本の比較ですと、受信機器単位で徴収をしているところが多く、ドイツは機器関係なく徴収みたいですね。 https://t.co/jlPtubBrXu 12p
@maruyamahodaka @Inaga_wa @kasa07132 @mikaniro2 値段の比較ですと、日本はやはり高いようですね。 https://t.co/BEhN8UL1EZ https://t.co/jlPtubBrXu
諸外国の公共放送 ―インターネット時代のサービス、財源(国立国会図書館) https://t.co/IEZMkpo9qd
@ZGMFX20GX9001 @kenichiromogi 全額税金負担にしますか? https://t.co/0WFhp4TZWw
諸外国の公共放送―インターネット時代のサービス、財源― https://t.co/vCkQ7Gf3CK
〈国立国会図書館〉2019年3月28日刊行物|立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1051「諸外国の公共放送―インターネット時代のサービス、財源―」(PDF:491KB)を掲載|https://t.co/EwHTZFSJvA《情報紹介:計量計測データバンク》
諸外国の公共放送(国会図書館)公共放送の財源については、英国でBBCの見逃し番組をネット視聴するだけでも受信許可料の徴収対象となり、ドイツで全ての世帯及び事業所から放送負担金を徴収する制度に移行するなど、インターネット時代への対応… https://t.co/KAtJExHYju
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1051「諸外国の公共放送―インターネット時代のサービス、財源―」(PDF:491KB)を掲載しました。 https://t.co/dZZs4VsIfE

収集済み URL リスト