studyweb5 (@studyweb5)

投稿一覧(最新100件)

なお、米国など海外では刑罰としての化学的去勢(薬物による性衝動抑制)や化学的・物理的去勢を釈放の条件とする例があり、「去勢とかありえねーこんなん違憲やろ。」と決め打つのは危険です。 『性犯罪者の化学的去勢をめぐる現状と課題』 https://t.co/EfHp02uGg0
「しかし、平井博士の警告にも拘わらず、大村・道垣内両君など、どんどん平易化教科書を書き進めており、事態は悪化している(私はよく平井博士の生前に、「問題は内田教授だけではないです」と申し上げていました)。《何と最早・・・》と言うほかはありません」 https://t.co/6WxeApGkCY
「今の若手・中堅の諸氏は、平井博士と内田教授との緊張関係しか知らないかも知れませんが…平井博士の怒りの核心部分は、 《平易化教科書を書くことは東大民法教授のやるべきことではない》という点にあり…近時の民法学の激変の一端を…叩いた」 https://t.co/6WxeApGkCY
自招性精神障害の刑法的評価 : 「原因において自由な行為」論の再定位 (2・完) 竹川俊也 https://t.co/JwU2AnEWVW
深層学習とその意味するもの(学術の動向 2019.2) https://t.co/VBlPyHBeR9
AIから量子コンピュータまで先進技術による社会の変革(学術の動向 2019.2) https://t.co/p72cQozCeN
【フランス】デモの規制に関する新たな法律の制定 海外立法情報課長 三輪 和宏 https://t.co/Tl0pM6p7TU
米英仏独の軍事司法制度の概要 国立国会図書館 調査及び立法考査局外交防衛課 久古聡美・林瞬介 https://t.co/g4P4tVb9P4
GPS 捜査をめぐる海外の状況―ドイツ・イギリス・アメリカ― 国立国会図書館 調査及び立法考査局行政法務課 小沢春希 https://t.co/E23Xfg9csk
アイルランド憲法における「女性の役割」規定をめぐる議論 国立国会図書館 調査及び立法考査局憲法課 井田 敦彦 https://t.co/ZAM2QxOFx6
オーストラリア憲法と緊急権 国立国会図書館 調査及び立法考査局専門調査員 憲法調査室主任 山田 邦夫 https://t.co/owpC06dBhr
【韓国】人工妊娠中絶に関する憲法不合致決定 海外立法情報課 藤原 夏人 https://t.co/LxF2ePVsUH
データで見る議会―欧米主要国の議会と我が国の国会― https://t.co/lzxXR6WLt1
【フランス】営業秘密の保護に関する法律 調査企画課連携協力室 安藤 英梨香 https://t.co/pS8B4xXZHG
【イギリス】犯罪(国外データ提出命令)法の成立 海外立法情報課 芦田 淳 https://t.co/pxYVpyFLb2
【アメリカ】Airbnb 社対ニューヨーク市事件―民泊規制― 海外立法情報課 中川 かおり https://t.co/CTUudGvTDh
一部無効の本質と射程(9・完) : 一部無効論における当事者の意思の意義を通じて 酒巻修也 https://t.co/wUdCgTXeV2
【ロシア】インターネット規制の強化 海外立法情報課 古澤 卓也 https://t.co/cC4XTM4qme
日本民法学の近時の変貌の回顧と将来の方途 : 「民法理論研究」を求めて 吉田邦彦 https://t.co/6WxeApGkCY
自招性精神障害の刑法的評価 : 「原因において自由な行為」論の再定位 (2・完) 竹川俊也 https://t.co/JwU2AnEWVW
【フランス】情報操作との闘いに関する法律 調査企画課連携協力室 安藤 英梨香 https://t.co/8eqRCxlGFi
【イギリス】テロ対策及び国境警備法の成立 海外立法情報課 芦田 淳 https://t.co/mec07T62sv
英国における大臣の連帯責任 国立国会図書館 前調査及び立法考査局政治議会課 加藤 慶一 https://t.co/6oF5TRHjUN
日本型司法取引制度の現状と課題 国立国会図書館 調査及び立法考査局専門調査員 行政法務調査室主任 大嵜 康弘 https://t.co/4fK3lK1Ghq
多様化した民泊の現状と課題 国立国会図書館 調査及び立法考査局専門調査員 外交防衛調査室主任 山﨑 治 https://t.co/KoZ0SaNxlh
【EU】非個人データの域内自由流通枠組みに関する規則 総務部総務課 島村 智子 https://t.co/pUgotS6ZWP

1 0 0 0 OA 民事判例研究

民事判例研究 最高裁判所平成29年10月4日第二小法廷決定 張子弦 https://t.co/hG38jL57Ug

1 0 0 0 OA 公法判例研究

公法判例研究 最高裁第三小法廷平成二九年三月二一日判決 横堀あき https://t.co/plxKbsH23D
「利益吐き出し」原状回復救済に関する理論的考察 (2) : ヒト由来物質の無断利用問題を機縁として 橋本伸 https://t.co/qHQ7aQ8zch
性の在り方の多様性と法制度―同性婚、性別変更、第三の性― 国立国会図書館 調査及び立法考査局行政法務課 藤戸 敬貴 https://t.co/a6h0233qHd
我が国の難民認定制度 国立国会図書館 調査及び立法考査局行政法務課 秋山 瑞季 https://t.co/XOPuosPbRv
犯罪論における同時存在原則について (6・完) 瀬川行太 https://t.co/5G7PcElD4m
自招性精神障害の刑法的評価 : 「原因において自由な行為」論の再定位 (1) 竹川俊也 https://t.co/mxTC65ML4O
論説:「都市のスポンジ化」対策と新たな協定制度 学習院大学大学院法務研究科教授 大橋洋一 国土交通省都市局都市計画課都市機能誘導調整室長 鈴木毅 https://t.co/Lgn3760265
一部無効の本質と射程 (8) : 一部無効論における当事者の意思の意義を通じて 酒巻修也 https://t.co/HeKZm3oIGy
自白排除法則の研究 (12・完) 関口和徳 https://t.co/Rx283WScLq
司法試験の問題分類と法律文書における人物関係の構造化辞書 https://t.co/9AQJIDg5Un

1 0 0 0 OA 民事判例研究

民事判例研究 被担保債権が免責許可決定の効力を受ける場合の抵当権の消滅時効 最高裁平成30年2月23日第二小法廷判決(民集72巻1号1頁) 西村曜子 https://t.co/l4Vk80ePbB
「利益吐き出し」原状回復救済に関する理論的考察 (1) : ヒト由来物質の無断利用問題を機縁として 橋本伸 https://t.co/IEYjH70Rw5
旧優生保護法の違憲性及びその下で優生手術を受けた被害者への救済立法不存在の違憲性並びに国家賠償法上の違法性について 学習院大学大学院法務研究科教授 青井 未帆 https://t.co/Bz8f8AMCzl
地方議会議員の報酬・手当等の待遇 https://t.co/7hLnQFsaau
訴因の特定と起訴状における被害者氏名の秘匿 獨協大学法学部特任教授・弁護士 齋藤 実 https://t.co/77ersRkmML
アメリカ合衆国における政府の憲法解釈 横大道 聡/慶應義塾大学大学院法務研究科教授 https://t.co/4jTY4LQmMq
諸外国の国民投票法制及び実施例(2019年版) https://t.co/3vRS8vYPsu
正当防衛に関する最決平成29年4月26日(刑集71巻4号275頁)について 立教大学法学部助教 三代川 邦夫 https://t.co/zg8wKX5zF5
諸外国の大学授業料と奨学金【第 2 版】 https://t.co/6wBQPgangt
犯罪論における同時存在原則について (5) 瀬川行太 https://t.co/eOz8jyGuzR
フランスの議会制度 https://t.co/UENNFm57rl
アメリカ合衆国の議会制度 https://t.co/ar2oXf0fnf
中国の英雄烈士保護法 https://t.co/XXtRYxIGOX
判例における自招防衛の判断枠組みについて 瀧本京太朗 https://t.co/GL46PWWv8W
サイバー時代におけるプライバシーの法理論 (6) : 私法上の問題を中心に 角本和理 https://t.co/m3JkTJOOKE
仮想通貨は「通貨」なのか―「支払手段」としての仮想通貨について― https://t.co/rghinIMod2

2 0 0 0 OA 刑事判例研究

刑事判例研究 高速道路料金所における車軸数計測器に本線走行時の接地車軸数とは異なる車軸数を計測させるなどした行為につき電子計算機使用詐欺罪(刑法246条の2)の成立が認められた事例 横浜地裁平成27年6月9日第6刑事部判決 岡部天俊 https://t.co/VktZFapKkF
<判例評釈>訴訟能力を回復する見込みのない被告人に対する手続打切りの方法についての一考察 : 最高裁平成28年12月19日判決の検討から 学習院大学大学院法務研究科教授(実務家教員)、東京高等検察庁検事 髙橋 理恵 https://t.co/hc3GeRy3dW
諸外国の公共放送―インターネット時代のサービス、財源― https://t.co/vCkQ7Gf3CK
任意的訴訟担当の許容性判断における担当者と被担当者との間の利益相反関係について 弁護士 神谷 隆一 https://t.co/iKwNjGIykb
諸外国における戦後の憲法改正【第6版】 https://t.co/8wjBEsQMbx
憲法判断をめぐる司法権の役割について : 安保法制違憲国賠訴訟を題材に 学習院大学大学院法務研究科教授 青井 未帆 https://t.co/aA59Ibv0Vt
民事紛争における理論と実務 学習院大学法学部教授・弁護士 林 圭介 https://t.co/TxxekzdGE9
海外遺伝資源利用研究を円滑に安全に実施するために 我が国の国内措置の概要と学術分野の必要な取り組みについて https://t.co/6DzJm7Wf1Z
トラック運送の現状と課題 https://t.co/Y27jTCUhGo
日本における生殖補助医療の規制の現状と法整備の動向 https://t.co/DOKgRN0Ge4
公契約条例の現状―制定状況、規定内容の概要―(資料) https://t.co/DjVcFu7Zrw
死刑をめぐる論点【第2版】 国立国会図書館 調査及び立法考査局 行政法務課 小沢春希 https://t.co/mgoUQ01V6f
民法の成年年齢・婚姻適齢・養親年齢 https://t.co/SzPG8FRBwZ
改元をめぐる制度と歴史 https://t.co/Xj7PnCOxfj
アメリカが見た明治憲法制定と立憲政治の展開 https://t.co/yUKoOg5hhE
【フランス】国内の治安及びテロとの闘いを強化する法律 2017年10月30日、新しいテロ対策法が成立した。国が恒常的にテロ対策措置を採ることができる一方、同法を根拠に、平時においても自由を制限する措置が可能となった。 https://t.co/qzwxily0ql
【イギリス】2018 年データ保護法の成立 2018年5月25日からEU一般データ保護規則(GDPR)の適用が開始されることを踏まえ、5月23日、イギリスでは、1998年データ保護法に代わる法律として、より厳格な2018年データ保護法が制定された。 https://t.co/EVTKa7QFvX
【EU】一般データ保護規則(GDPR)の適用開始 2018年5月25日、EUの新たな個人情報保護の枠組みである一般データ保護規則(GDPR)の適用が開始された。GDPRは、データの対象である個人の権利、データ管理者の義務、データの域外移転などを規定している。 https://t.co/3BGF55qYv6
【中国】人民参審員制度の一層の推進のための立法 https://t.co/pW1b2r38T5
【韓国】性犯罪者に対する就業制限 https://t.co/yGJWUYtOhJ
リスク社会・予防原則・比例原則 (特集 国家は撤退したか?--「規制緩和」と「リスク社会」) ジュリスト (1356), 75-81, 2008-05-01 西原 博史 https://t.co/GDUXX8RcOC
「法科大学院の現状と課題」 国立国会図書館 調査及び立法考査局 専門調査員 議会官庁資料調査室 江澤和雄 http://t.co/KLdr6XZQH6

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1331ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

68 66 66 19 OA 電子計算機の将来

RT @IPSJ_official: 60年前の「電子計算機の未来」についての記事発見‼️ 「計算機同士の電話」「機械の好奇心をみたすような教育学」「音声タイプライター」「人工頭脳」 今に通ずる話がパワーワード多めで書かれていて面白い