言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

豊臣秀頼の大坂城外への巡視行は、複数の文献史料に見える話なのかも知れませんが、自分が実際に読んだうちでパッと出てくるのは、秀頼の伝記である『豊内記』です。 この『豊内記』は、記述内容から豊臣方の人間によって書かれたものと考えられていて、全体的に豊臣びいきの潤色が加えられているため、史料として一級の価値があるとは言えないまでも、とりあえず「秀頼が合戦予定地を見て回った」という事実関係くらいは信用 ...

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

以下の二人について記述のある文献はあるか。二人の関係が分かるような資料があればなおよい。 1.松野平助(介とも書く) 信長の家臣であり、吉田松陰の家の始祖にあたる人物 2.松野利右衛門 『穂積町史 史料編』pp.392-394に記載あり。下穂積村(現:岐阜県瑞穂市穂積)に住んでいたらしく、何代も続く名前のようだが、どの代についての記載でもかまわない。

Twitter (7 users, 13 posts, 8 favorites)

足利義輝の立ち回りの元ネタは『足利季世記』というので『史跡集覧』で見てみたが、三日月とか大典太とか刀の「名」は1つも載ってないんだな。https://t.co/v6mlNQ4N7O 大典太は足利義昭以前に遡るのは無理があると個人的には思っている。『利家夜話』もこの本にある。
今川記 第二 https://t.co/wHcQYI8uFI 足利義教について。"此公方 久敷 門跡に御座し御慈悲もふかく御心も優にそましまさんと思ひけるに殊外に荒強なる御振舞にて殊更たくましき御心なり 人々も思の外なる心地し おそれ奉る事 かきりなし
『今川記』第四 https://t.co/eqyyRaZ7EW "龍王殿 御母ハ北側殿と申て京公方の御執事 伊勢守殿 御めいなり 先年 御上洛の時かりそめ迎給ひ 若君 誕生ありしかハ 北川殿とて新殿を作り居給ふ 其弟 伊勢新九郎長… https://t.co/B3fgvnBRHu
『大和軍記』『史籍集覧』第13冊。明治35年5月15日印刷 5月21日発行 https://t.co/eeLVs9Ao2x "久秀 対三好殿に逆心の刻も是等籠城被仕候を三好殿被押寄東大寺の大仏殿を本陣に被仕着陣被申候夜 久秀 夜軍… https://t.co/DNLsxCSHBi
『足利季世記』『改訂 史籍集覧』第13冊 明治35年5月15日印刷 5月21日発行 https://t.co/kyWH2efwjS 「畠山政長自害之事」 "明応二年四月九日ノ夜ニ入テ政長ハ心ヤスシトテ葉室大納言光忠卿以下籠城ノ人々最後盃シテナミイテ腹ヲ切給フ"
扨テハ重代ノ刀ニテ主ヲ惜ミケルソヤ イカヽスヘキト宣フ処ニ丹下備後守カムリ落ノ信国ノ刀ヲヌイテ 己カ モヽヲ二ツ突通 イカニモ刃ヨシトテ政長ヱ奉ル" 『足利季世記』『改訂 史籍集覧』第13冊 明治35年5月15日印刷 5月21日… https://t.co/pqTmmJotpU
翌日には戦場に出たという点では足利季世記も大心院記も同じだが。大心院記では、輿に乗って討って出て、手頃な敵を見つけて輿の上から小太刀を振るって挑みかかり、主君のあとを追って切腹するかわりに、戦場で死んだ。あわれなことだとしている。 https://t.co/W5Yl9aodRr
細川政元に仕えていた小姓で、政元ともに切られて死んだが、すぐに生き返って翌日には合戦に参加して、主君の仇を討った人の話は『足利季世記』や『応仁後記』にある。 https://t.co/R8GCElbK5J

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト