アリノリ (@a_ri_no_ri)

投稿一覧(最新100件)

RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 保科 英人「宮内庁書陵部所蔵『進献録』に記された近代期天皇家及び宮家への昆虫の献納」 福井大学教育・人文社会系部門紀要 (4), 77-91, 2020-01-17 https://t.co/2VfWeg…
名物刀剣「義元(宗三)左文字」の虚実https://t.co/CiwVSNsGwi テレビでも「尾張守」と刻まれているのはおかしいと言われたけど、それについての論文もある。
メモ:実録の中の片桐且元https://t.co/S9ug6n0udx
RT @enshujoukaku: 2018年10月大阪大谷大学博物館にて開催された「大阪陣屋サミット」の発表と討論の要旨がPDF公開。 #PDF公開城郭論文 馬部隆弘・中西裕樹・田村正孝・吉井克信・尾谷雅彦・若林幸子「大阪陣屋サミット ー陣屋の魅力と歴史的価値ー」(『大阪大…
RT @QmHSxpgqThzrxfk: 信長と信勝の関係がなぜ破綻していったかをまとめた論文がPDF公開されてるのを見つけました。面白かったので投下します。要求される前提知識は麒麟見てれば補えます。 #麒麟がくる 村岡幹生「今川氏の尾張進出と弘治年間前後の織田信長・織田信勝…
RT @BungakuReportRS: 椎名 健人 -  「知識人」漱石から「作家」漱石へ --「木曜会」にみる師弟関係の構造と変容-- https://t.co/Dy6BdtGfjP
『百鬼夜行絵巻』と『天狗草紙 』の関連性--妖怪退散をめぐってhttps://t.co/0C9q8joUyT 『百鬼夜行絵巻』に描かれた妖怪と仏教 https://t.co/LhxWrrJybi 尾張藩藩政改革と加藤磯足https://t.co/Ql9HQe6VJI 面白そうなのをメモ。
『百鬼夜行絵巻』と『天狗草紙 』の関連性--妖怪退散をめぐってhttps://t.co/0C9q8joUyT 『百鬼夜行絵巻』に描かれた妖怪と仏教 https://t.co/LhxWrrJybi 尾張藩藩政改革と加藤磯足https://t.co/Ql9HQe6VJI 面白そうなのをメモ。
『百鬼夜行絵巻』と『天狗草紙 』の関連性--妖怪退散をめぐってhttps://t.co/0C9q8joUyT 『百鬼夜行絵巻』に描かれた妖怪と仏教 https://t.co/LhxWrrJybi 尾張藩藩政改革と加藤磯足https://t.co/Ql9HQe6VJI 面白そうなのをメモ。
RT @washou3956: PDF公開。海老沢和子・加藤正賢・羽根田柾稀・手嶋大侑・丸山裕美子「『寛治二年白河上皇高野御幸記』をめぐる諸問題」(『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集(日本文化編)』10、2018年)本格的な検討がされてこなかった「寛治二年白河上皇高野御幸記…
RT @nekonoizumi: 以前から馬部氏が「隠蔽」を行っている等、ツイッターで執拗に攻撃していた某アカウントに対する反論論文だった。自らの論文の前提や姿勢について述べつつ、攻撃の論拠を丁寧に潰していっている。 ⇒馬部隆弘 「アテルイの「首塚」と牧野阪古墳」 『志學臺考古…
メモ:中世前期の流刑と在京武士https://t.co/SoX0jImfr4
RT @BungakuReportRS: 大久保 順子 -  国語教材としての「近世俳諧」:文学史的指導上の問題点と「俳言」【問題は、近代や近世以前の時代から続く 「雅」「俗」の意識や日本古典文学の基本的理解が、今日の国語教育に生かされているのかに関わる】 https://t.…
RT @BungakuReportRS: 木場貴俊 - <研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察 - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/0oKnuMBKQV

5 0 0 0 OA 慶長日件録

前に家康の将軍就任時の装束の画像を見かけたけど、直垂の色が違っていた。『徳川実紀』は秀忠の直垂の色と同じ紅と記載している。でも、船橋秀賢の日記https://t.co/34tuTrUBHwだと「香直垂」だから、紅ではないハズ。前にも載せた香色はこちら。https://t.co/26e2ebuzaA
妹背山婦女庭訓:江戸中期の天皇観と公家文化https://t.co/zOq0rCyoND こういう朝廷と幕府関係にも触れた論文を読んでいると、室町幕府と朝廷の関係と江戸幕府と朝廷の関係(特に相互依存部分)にどれほどの違いがあるのか、と思ってしまうな。
RT @BungakuReportRS: 渡辺 浩一 -  近世後期の江戸における火事見舞と施行 https://t.co/R19u3Hx3gQ
RT @machi82175302: 拙稿「安政東海地震とプチャーチン : ディアナ号の遭難と日露友好 」(日本研究所主催講演会 要旨)は以下でダウンロード可能です
RT @hashimoto_tokyo: 前RT:天正11年(1583)から慶長5年(1599)まで50回、総計433番に及ぶ番組の詳細(シテ・ワキ・ツレ・囃子方の名前)を収めた「丹後細川能番組」は、翻刻をこちらからまるっとPDFでDLできます。https://t.co/4J7…
RT @nekonoizumi: 2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けての救急・災害医療体制の構築に関する研究 分担研究:銃創,爆傷等における外傷医療体制の構築 一般社団法人 日本外傷学会東京オリンピック・パラリンピック特別委員会 https://t.co…
RT @BungakuReportRS: 五賀 友継, 松尾 牧則 - 「弓道ノ医学的研究」が弓道要則の解消に与えた影響に関する研究 https://t.co/XKG1coETp5
RT @kashiwagiyugehi: 《松虫》は男同士の恋愛にも似た友愛の曲を描く能ですが、熊沢れい子「古今集と謡曲―中世古今注との関連において」 https://t.co/YkvLFmL63s によると、文徳天皇の女御が難波浦を見来て、阿倍野に迷って死んでしまった、仁明天…
RT @BungakuReportRS: ポスター:くずし字データセット・ KuroNetデモ (カラーヌワット タリン) -人文学研究データリポジトリ https://t.co/isYjiQS7x4
RT @syounennoomoide: CiNii 論文  江戸時代, 大井川における刎橋の橋長と森林伐採の関係 https://t.co/jQmh5c6stN #CiNii
RT @sundayhistorian: ちょっと参考になりそうな論文 「河川からみた埼玉平野の開発ー古代から家康入国までー」 https://t.co/9dyDF4NEKu
天下人の和歌・連歌―信長・秀吉・家康―https://t.co/BJ0T577fwb この論文に引用されている慶長4年の2月24日の夢想連歌は、徳川家集合!みたいで楽しいが、家康は(多分、秀康も)伏見、秀忠他は江戸にいる時期だから偽書だろうな。でも、何でねねという正体不明の女性の夢想連歌を設定したんだろう?
前にも載せた白黒の刀箱+ソハヤの写真。大正時代に発行された『久能山東照宮宝物解題』にある。https://t.co/oFayzX5TbX これを見る限り、拵に入った状態でも10振は掛けられそう。持ち運びもできて刀掛けとして使うこともできる変わり種。
RT @holy_sengoku: 誕生祈祷といえば、こんな論文もありました。近代以前の日本には誕生日を毎年祝う習慣はない、というのが通説だったそうで。近世が中心ですが、将軍に限らず様々な階層の誕生日にまつわる習慣を検討されています。(戦国期では京兆家以外、他地域での例はあるん…
RT @Tadashi_Imafuku: 竹井英文氏の論文はリポジトリで入手できます。戎光祥出版の『戦国武士の履歴書ー「戦功覚書」の世界』刊行前の予習に! CiNii 論文 -  館山市立博物館所蔵「里見吉政戦功覚書」の紹介と検討 https://t.co/YaDYxfkYHd…
こっちも秀忠の御成に関するもの。「寛永7年島津邸御成における御殿の構成と式次第」https://t.co/be26GXPOJU 家康と秀忠は「御成」への態度は回数からしても真逆なんだけど、御成にはお茶が必須で秀忠に古田織部をつけたのは家康っぽいんだよな。
江戸幕府で御成といえば、秀忠。ネット上では「数寄屋御成の展開と衰退」が参考になると思う。https://t.co/z8ZAXaiL26
国立国会図書館デジタルアーカイブ→『久能山東照宮宝物解題』https://t.co/oFayzX5TbX 刀箱に納められたソハヤノツルキ(三池)の白黒写真あり。大正4年(1915年)発行。『久能山東照宮宝物解題』では、史料が引用されているだけで、訳はない。
中世における領主階級の女性の地位と役割(一) : フロイス『日本史』に見るhttps://t.co/XV1NWT2x4D 中世における領主階級の女性の地位と役割(二) : フロイス『日本史』に見るhttps://t.co/qhZrsZvskF 使用史料が同じため、2つ目の論文に榊原康政も関わった例の殺人事件ネタがちょっと載ってる。
中世における領主階級の女性の地位と役割(一) : フロイス『日本史』に見るhttps://t.co/XV1NWT2x4D 中世における領主階級の女性の地位と役割(二) : フロイス『日本史』に見るhttps://t.co/qhZrsZvskF 使用史料が同じため、2つ目の論文に榊原康政も関わった例の殺人事件ネタがちょっと載ってる。
J-STAGE Articles - 豊国大明神号の創出過程に関する一考察 https://t.co/3psg4UwA7T 秀吉の神号が新八幡ではなく豊国大明神となったのは、後陽成天皇、徳川家康、豊臣(羽柴家)の3者の都合によるという説。明との冊封関係から考察されてる。
「数寄屋御成の展開と衰退」https://t.co/z8ZAXaiL26 秀忠の御成は大名統制のためとは言えないという解釈。自分も御成先のメンツは「どちらかといえば、秀忠に近しいよな」と思っていたから、こっちの説の方が納得できる。
16世紀の都市におけるキリシタン女性 : 日比屋モニカと細川ガラシャhttps://t.co/50o53E6GpO 昨日、置いておいた論文なんだけど、徳川は無関係だと思い込んで読んでいた日比屋モニカの方にまさかの榊原康政がちょっとだけ登場。たまたま朝日姫の輿入れの関係で大坂にいたらしい。
メモ:J-STAGE Articles - 豊臣政権の算用体制 https://t.co/13LK76mWud 16世紀の都市におけるキリシタン女性 : 日比屋モニカと細川ガラシャ https://t.co/50o53E6GpO <エッセイ>大坂の陣で堺に居合わせたオランダ人 : 平戸オランダ商館往復書簡にみる江戸初期の日本https://t.co/aBTXSNw4RQ
メモ:J-STAGE Articles - 豊臣政権の算用体制 https://t.co/13LK76mWud 16世紀の都市におけるキリシタン女性 : 日比屋モニカと細川ガラシャ https://t.co/50o53E6GpO <エッセイ>大坂の陣で堺に居合わせたオランダ人 : 平戸オランダ商館往復書簡にみる江戸初期の日本https://t.co/aBTXSNw4RQ
メモ:J-STAGE Articles - 豊臣政権の算用体制 https://t.co/13LK76mWud 16世紀の都市におけるキリシタン女性 : 日比屋モニカと細川ガラシャ https://t.co/50o53E6GpO <エッセイ>大坂の陣で堺に居合わせたオランダ人 : 平戸オランダ商館往復書簡にみる江戸初期の日本https://t.co/aBTXSNw4RQ
RT @quiriu_pino: 中世日本の「古代から逸脱するも、古代以上のモデルがあるわけでもなく、古代の規範性がダラダラ続く」状態を、今のポストモダン的な状況と似ているとするエッセイ。ちょっとおもしろい。 佐藤 雄基「日本中世史は何の役に立つのか : 史学史的考察と個人的…
氏家幹人氏『書物年代記』https://t.co/HHI2CVk3LY 幕府の紅葉山文庫を管理をしていた書物方の業務日誌についての論文だ。面白そうだから、メモ。
CiNii 論文 - 水戸徳川家の宝物「鳥○圓」の内容物の解明 https://t.co/FofYvvuoAw #CiNii 前にも載せたけど、徳川ミュージアムの烏○圓なら、成分分析されていたり。
RT @zasetsushirazu: 井上泰至「文禄・慶長の役を記憶する-「復古」/「維新」の前提としての武家説話-」(『日本文学』59-10、2010年)は、同氏の著書『秀吉の対外戦争』(笠間書院、2015年)第9章の元論文。幕末期に洋学者や幕府の外交担当者を含めて、秀吉を…
RT @nanbubot2: 南部信直と「取次」前田利家--伏見作事板の賦課をめぐって(2003) https://t.co/P2WBQLzFNk https://t.co/4d1fmNT8tP https://t.co/IXjCTfJ8HR
CiNii 論文 -  徳川家康の叙位任官 https://t.co/Q1Z1a0f46U #CiNii メモ:後で読むのを忘れないように。
さっき呟いた大和宗恕についての論文はこちらー『大和三位入道宗恕家乗』軍配者の故実と伝承ーhttps://t.co/TNjdzpN6wd 「誠剣と治世」の記述がある由緒は、後ろの方に載っている。
CiNii 論文 -  「大坂遷都論」再考:羽柴秀吉の政権構想をめぐって https://t.co/0kiGxn6doB #CiNii 秀吉は京都から大坂に都(天皇や寺社)を移すつもりはなかったよ、という論文。この人の書状を鵜呑みにしない方がいいという事例でもあったり。
CiNii 論文 -  毛利輝元養女と興正寺門跡の婚姻をめぐる一考察 https://t.co/fp2FmISR7N #CiNii この毛利輝元養女は小早川秀秋の室。離縁は関ヶ原前だったとか、本願寺の東西分立と関係する婚姻などなど。あと、相変わらず、毛利さん家は筆まめだ。
CiNii 論文 -  明代万暦時期における豊臣秀吉像 https://t.co/xE5IfeGK8w #CiNii 文禄・慶長の役の際に、明で「秀吉は中国人」説が出たり、「秀吉は妖怪」という話ができたのが紹介されている。日本を攻めるべし、という意見もあったんだな。
RT @nanbubot2: 系図を綴る中世武士(<特集><偽書>の中世)(1998) https://t.co/sjOqjzV3Xl
RT @yougoha: 馬部先生の「名物刀剣「義元(宗三)左文字」の虚実」(大阪大谷大学紀要53)、いつの間にか公開されとるやん! https://t.co/za7AwszGW2
CiNii 論文 -  日本人肩甲骨形状の時代的変化の研究に基づく徳川将軍集団とアイヌ集団のタイプ分析 https://t.co/6q4O7QbbU4 #CiNii 徳川将軍家といっても3名だけだけど、こういう比較もあるんだな。
CiNii 論文 - 文禄三年の能楽事情と『太閤記』--〈高野参詣〉の上演をめぐる一考察 https://t.co/IKgqn1Oq4J #CiNii 秀吉の能といえば、文禄三年の能に特化した論文があった。高野参詣を金春が演じて、秀吉は演じてないのでは?という指摘がなされていた。
加賀藩セット CiNii 論文 - 加賀藩における本多政重登用の再検討 https://t.co/unF2iT6aHf #CiNii CiNii 論文 - 保科正之後見期の加賀藩について https://t.co/IdYdrMPl9w #CiNii CiNii 論文 - 本多政重家臣団の基礎的考察--その家臣団構成について https://t.co/YpIaLTYXaF #CiNii
加賀藩セット CiNii 論文 - 加賀藩における本多政重登用の再検討 https://t.co/unF2iT6aHf #CiNii CiNii 論文 - 保科正之後見期の加賀藩について https://t.co/IdYdrMPl9w #CiNii CiNii 論文 - 本多政重家臣団の基礎的考察--その家臣団構成について https://t.co/YpIaLTYXaF #CiNii
加賀藩セット CiNii 論文 - 加賀藩における本多政重登用の再検討 https://t.co/unF2iT6aHf #CiNii CiNii 論文 - 保科正之後見期の加賀藩について https://t.co/IdYdrMPl9w #CiNii CiNii 論文 - 本多政重家臣団の基礎的考察--その家臣団構成について https://t.co/YpIaLTYXaF #CiNii
CiNii 論文 -  佐々成政の浜松往復前後の政治過程 : 村上義長関係文書から https://t.co/Ij8O3wx48Q #CiNii さらさら越えはあったかなかったかに加えて、小牧長久手にも関心があるという人向け。
CiNii 論文 -  秋田藩佐竹家子女の人生儀礼と名前--徳川将軍家と比較して (生老死と儀礼に関する通史的研究) https://t.co/4bCaqtZfHI #CiNii 佐竹家と徳川将軍家だけでなく、伊達家の例も多く取り上げられているので、この三家に感心がある人向け。
RT @washou3956: PDF公開。津野倫明「木下吉隆と文禄の役に関する豊臣秀吉朱印状の年代」(『人文科学研究』23、2018年7月)豊臣秀吉右筆とである木下吉隆の失脚・官途を検討することで、朝鮮出兵時の秀吉朱印状の年代比定における指標を提示。https://t.co/…

19 0 0 0 OA 史籍集覧

足利義輝の立ち回りの元ネタは『足利季世記』というので『史跡集覧』で見てみたが、三日月とか大典太とか刀の「名」は1つも載ってないんだな。https://t.co/v6mlNQ4N7O 大典太は足利義昭以前に遡るのは無理があると個人的には思っている。『利家夜話』もこの本にある。
CiNii 論文 -  秀吉政権下における徳川家康の「外交」 https://t.co/d2DsGoKUA3 #CiNii 家康は天下人になってから急に西洋との関係に目覚めたみたいなことが『徳川家康・秀忠の甲冑と刀剣』に書いてあったけど、違うよというのが分かる論文。
CiNii 論文 -  水戸徳川家の宝物「鳥○圓」の内容物の解明 https://t.co/FofYvvuoAw #CiNii 家康が作ったとされる「烏○圓」の内容物を、久能山東照宮の家康遺品『和剤局方』の「烏犀圓」の処方(材料)と実際に比較してみたもの。薬学からのアプローチ。
CiNii 論文 -  御守袋文書にみる徳川家光の心理 https://t.co/MIhQJaW8oo #CiNii 家光の「二世権現、二世将軍」の別解釈。秀忠をないがしろにした表現ではないとしている。ただ、家光の家康崇拝は揺るがないあたりが、家光。
CiNii 論文 -  ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii アダムズの妻は「おゆき」という名で紹介されるが、その初出は1973年の小説らしい。彼女の名は一次史料では確認できない上に、馬込の娘という出自も同様。
「ディルク・シナ」と日本 https://t.co/1muuyravQU #CiNii <論説>ウィリアム・アダムズの埋葬地は平戸か https://t.co/xinyJ9tTcc #CiNii ウィリアム・アダムズの論文メモ
「ディルク・シナ」と日本 https://t.co/1muuyravQU #CiNii <論説>ウィリアム・アダムズの埋葬地は平戸か https://t.co/xinyJ9tTcc #CiNii ウィリアム・アダムズの論文メモ
ウィリアム・アダムズと西洋船 https://t.co/nFQLbu3uea #CiNii ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii メルヒオール・ファン・サントフォールト : 日本で生きることを選んだリーフデ号船員の生涯 https://t.co/EABTWyLI5Y #CiNii
ウィリアム・アダムズと西洋船 https://t.co/nFQLbu3uea #CiNii ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii メルヒオール・ファン・サントフォールト : 日本で生きることを選んだリーフデ号船員の生涯 https://t.co/EABTWyLI5Y #CiNii
ウィリアム・アダムズと西洋船 https://t.co/nFQLbu3uea #CiNii ウィリアム・アダムズの日本人妻 : その出自と名前をめぐって https://t.co/NTS5dsgesU #CiNii メルヒオール・ファン・サントフォールト : 日本で生きることを選んだリーフデ号船員の生涯 https://t.co/EABTWyLI5Y #CiNii
RT @quiriu_pino: 高松 百香「中世の結婚と離婚 : 史実と狂言の世界」 武蔵野大学能楽資料センター紀要 (29), 41-57, 2018-03-31 https://t.co/nMOUuo3UMS pdfで公開論文。講演の書き起こしだけあって、中世の結婚が「イ…
CiNii 論文 -  内閣文庫所蔵昌平坂本『元和寛永小説』 https://t.co/aAxZrly2Vi #CiNii 秀忠はお菓子を大名一人一人に手渡ししていた、花が好き、特に椿が好き、鉄砲上手いなどなどを記す元ネタ。小姓として仕えていた永井直重が記した回想録と推測されている。
CiNii 論文 -  徳川幕府の大名改易政策を巡る一考察-2- https://t.co/stEElBMOUA #CiNii せっかくなので、幕府による大名改易のやり方について。改易は秘密裏には行われず、ちゃんと説明した上で行われる。
CiNii 論文 -  徳川幕府の大名改易政策を巡る一考察-1- https://t.co/bNfu14xGbt #CiNii 福島正則らの改易についての論文はこちら。
CiNii 論文 -  再発見にかかる崇源院(二代将軍徳川秀忠夫人)墓石の碑文考 https://t.co/jqzi3HIPJx #CiNii お江さんの墓石がどうして埋められたかについて、碑文から考察。(゚_゚)フムフム…
CiNii 論文 -  内閣文庫所蔵昌平坂本『元和寛永小説』 https://t.co/aAxZrlPEjS #CiNii 秀忠の論文と検索したら、面白そうなのが出た。秀忠に仕えていた人の回想録についての論文。この回想録の著者は永井直勝に仕えていたらしい。
CiNii 論文 - 豊臣政権の人質・人質政策と北政所 https://t.co/paoGOw1rSQ #CiNii 明らかにミスっているところがあるのと、秀康情報が家譜頼みで徳川情報がイマイチなのと、タイトルに北政所とある割には秀吉の人質政策で北政所が何をしていたかの一次史料に依拠した具体例がなくて残念。
メモ:兼見卿記とその紙背文書https://t.co/V2RaEi5zJZ(pdf注意) CiNii 論文 - 本能寺の変直後までの吉田兼和の生き方と交友関係 -特に明智光秀、細川藤孝とのつながりを軸に- https://t.co/4HyClhnQif #CiNii
CiNii 論文 -  豊臣期関東における浅野長政 https://t.co/GVi18OwFhI #CiNii 読んでいたら、宇都宮国綱の弟結城朝勝宛の書状が出ていた。へーと思って検索したらwikiに国綱の室は徳川和子の乳母小少将として入内に付き添ったとあり、ええっとなった。Σ( ̄□ ̄;)
CiNii 論文 -  東照大権現祝詞にみる徳川家光の東照大権現崇拝心理 https://t.co/t8O8LZcpk4 #CiNii 家光がどうして祖父の家康をあんなに崇拝したのかについて検討されている。
平川新「政宗謀反の噂と徳川家康」https://t.co/qdVjDtd9Hv うろうろしていて見つけた。取り敢えず、メモ。
CiNii 論文 -  スペインの対日戦略と家康・政宗の外交 https://t.co/50Kodf6td8 #CiNii チェック。
黒田基樹先生の『近世初期大名の身分秩序』の結城秀康関係は、この「結城秀康文書の基礎的研究」がメインなんだけど、補論二「制外の家」で的確に初期徳川政権における秀康の立ち位置を説明していて、ああああ!こっちも!ciniiに載せて欲しかった!となる。 https://t.co/uvbqLDik7K

30 0 0 0 OA 十二類巻物

京のかたなで展示される重文の「十二類絵巻」は十二支の動物たちVS狸の合戦絵巻になっているのだな。前に関連本を読んだことがある。ネット上でも見られるのに今気付いた。十二支の装束とか合戦のときの甲冑とか、見ていて楽しい。https://t.co/rkUSx5kEhS
(結城)秀康について(ちゃんとした)情報を得たい場合に参考にできるのは、 『結城秀康の研究』(絶版)、『羽柴を名乗った人々』『福井県史』『福井市史』『結城市史』と 結城秀康文書の基礎的研究 https://t.co/uvbqLDik7K #CiNii くらいしかない…のか。
RT @a_ri_no_ri: メモ:「図書寮典籍解題 続文学篇」https://t.co/jigDSNqITT 幽斎→智仁親王と古今伝授する際に、智仁親王「私はまだ若年で…」とためらうのに、家康が「古今伝授受けた方がいいっすよ」と勧めた書状があるとのこと。後でチェック。
CiNii 論文 -  鈴鹿峠と坂上田村麻呂 https://t.co/nQVwRfXaoJ #CiNii 場所が限定されるが、田村麻呂の伝説が割と読みやすく書かれている。『太平記』だと田村麻呂の剣が鬼切だったりするのを初めて知った。

5 0 0 0 OA 田村三代記

メモ:田村の草子https://t.co/SyrZLizvxH 田村三代記https://t.co/10IT8NFD2P
メモ:田村の草子https://t.co/SyrZLizvxH 田村三代記https://t.co/10IT8NFD2P
大正4年4月発行の『久能山東照宮宝物解題』。 https://t.co/oFayzX5TbX 冒頭にコマ番号7に、刀箱に入った三池(ソハヤ)国寶の写真が刀身と拵バージョンであり。上の+で拡大可能。国寶七太刀(真恒他)はコマ番号13、国寶貞宗脇差がコマ番号14にある。恐らく、ソハヤはこの形で久能山に納められた。

1 0 0 0 OA 詹々言 2巻

メモ 『詹々言』 https://t.co/IA0AjCSlQS 『南嶺子』 https://t.co/QNu4ABHV1i

1 0 0 0 OA 南嶺子 : 4巻

メモ 『詹々言』 https://t.co/IA0AjCSlQS 『南嶺子』 https://t.co/QNu4ABHV1i
@gine_ya 後藤庄三郎由緒書は『徳川時代商業叢書』にありまして、こちらで読めます。→https://t.co/vi0ZQHP2ic
『徳川家康の服飾』は賞も取っているし本化されるとは思っていた。おまけに、出版社さんに発行を知らせてもらえたのは有り難い。呟いておくものだ。 この調子で、CiNii 論文 - 結城秀康文書の基礎的研究 https://t.co/uvbqLDik7K #CiNii がある黒田先生が秀康の本を出してくれるとかないかな。
『永井尚政』読了。 CiNii 論文 - 徳川和子の入内と藤堂高虎 https://t.co/tZl2ABvnQY #CiNii と合わせて推測してみるに、家康は茶道・歌道などの交流から生まれる「文化的紐帯」の強さを理解した上で、朝廷対応にあたる側近を用意しておいたのかもしれない。
CiNii 論文 - 江戸時代初期の越前に現れた「領」 -結城秀康・松平忠直の領国支配機構- https://t.co/fGX05gUKPe #CiNii ciniiから飛ぶと該当論文に辿り着けないので、こちら↓からどうぞ。 https://t.co/yowSfCAqaT

40 1 0 0 OA 史籍集覧

メモ:駒井日記はここにある、と。https://t.co/WkpOQ9n1Lx

2 0 0 0 OA 大日本史料

@satsuki_momiji 記載されているのは『本光国師日記』と『中院通有日記』になりますが、日付がバラけているので『大日本史料』12編之24でまとめられたのを見た方が早いです。こちらのデジタルコレクションの198頁からになります。https://t.co/vOi2HVggdo
CiNii 論文 -  <論説>井伊直政家臣団の形成と徳川家中での位置 https://t.co/JMLLIytvdA #CiNii 井伊家家臣団には家康の意向が反映されているのが分かる論文。
CiNii 論文 -  結城秀康文書の基礎的研究 https://t.co/sP221qOHwm #CiNii この論文だと秀康は秀吉没後、直ぐに秀朝から秀康に戻してる。結城晴朝の「朝」を止めて家康の「康」に戻している時点で、「結城」を捨ててる感じがあるような…?

お気に入り一覧(最新100件)

椎名 健人 -  「知識人」漱石から「作家」漱石へ --「木曜会」にみる師弟関係の構造と変容-- https://t.co/Dy6BdtGfjP
大久保 順子 -  国語教材としての「近世俳諧」:文学史的指導上の問題点と「俳言」【問題は、近代や近世以前の時代から続く 「雅」「俗」の意識や日本古典文学の基本的理解が、今日の国語教育に生かされているのかに関わる】 https://t.co/1IehNshMul
木場貴俊 - <研究ノート>国際日本文化研究センター所蔵『諸国妖怪図巻』をめぐって : いわゆる「化物尽くし絵巻」に関する一考察 - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/0oKnuMBKQV
渡辺 浩一 -  近世後期の江戸における火事見舞と施行 https://t.co/R19u3Hx3gQ
三舟 隆之 -  貧窮する女性たち : 『日本霊異記』の説話から https://t.co/oWbiUUiI6R
井上泰至「文禄・慶長の役を記憶する-「復古」/「維新」の前提としての武家説話-」(『日本文学』59-10、2010年)は、同氏の著書『秀吉の対外戦争』(笠間書院、2015年)第9章の元論文。幕末期に洋学者や幕府の外交担当者を含めて、秀吉を英雄視する見方が出ることを分析。 https://t.co/3P33xpTJpg
CiNii 論文 -  徳川家康の叙位任官 https://t.co/Q1Z1a0f46U #CiNii メモ:後で読むのを忘れないように。
【資料】先につぶやいた、千利休の死について、CiNiiに福井幸男氏の論考「千利休切腹の原因およびその後の千利休の死をめぐる言説に関する研究」(人間文化研究1 2014/11/28)がpdfで公開されています。参考までに https://t.co/s77IDjFPyK
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
なんと去年は中世貨幣史の博論が2本も。しかも本文公開中! 稲吉昭彦「中世後期日本における貨幣使用に関する研究」https://t.co/AZylO29pd2 小早川裕悟「中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から―」https://t.co/DCwrKOHvMS
メモ:「図書寮典籍解題 続文学篇」https://t.co/jigDSNqITT 幽斎→智仁親王と古今伝授する際に、智仁親王「私はまだ若年で…」とためらうのに、家康が「古今伝授受けた方がいいっすよ」と勧めた書状があるとのこと。後でチェック。
どちらも約160頁  CiNii 論文 -  黒死病でどれだけの人が死んだか : 現代の歴史人口学の研究から https://t.co/PjnPo9shTj CiNii 論文 -  イタリアの黒死病関係史料集(七) https://t.co/RORVb3y3Cw
どちらも約160頁  CiNii 論文 -  黒死病でどれだけの人が死んだか : 現代の歴史人口学の研究から https://t.co/PjnPo9shTj CiNii 論文 -  イタリアの黒死病関係史料集(七) https://t.co/RORVb3y3Cw
青木美智男「ペリー来航予告をめぐる幕府の対応について」(『日本福祉大学経済論集』2、1991年)は、ペリーが浦賀に来る前に、オランダから情報を得ていたにもかかわらず、なぜ当時の幕府は何もしなかったように見えるのか、事情を分析する。 http://t.co/ysJ1kGa7bd

フォロー(126ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/9vQ8uJ7Aep 彦坂佳宣(2005)「原因・理由表現の分布と歴史-『方言文法全国地図』と過去の方言文献との対照から」。
論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @BungakuReportRS: 野中 哲照 - 『将門記』対句集中部=〈描写慨嘆評価層〉の後次性 https://t.co/MC6kSfW8FV
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
https://t.co/nwvRu60Ue5 三宅俊浩(2019)「近世後期尾張周辺方言におけるラ抜き言葉の成立」。
https://t.co/PIgebwZ9u9 明石芳彦(2020)「大都市の産業活動と事業数・従業者数に関する基本的実態分析」 データが色々。
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @BungakuReportRS: 加藤 禎行 - 楢崎勤宛佐多稲子書簡について : 一九五七年春、女性作家が旧知の元編集者に送った手紙 https://t.co/O5cVCthAVu
RT @BungakuReportRS: 平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 石塚由佳 - 韓国近代小説文体の成立過程に関する研究 https://t.co/qQlCyZ0zXs

3 3 3 0 OA 美的道徳

RT @earthcolor369: 鷹太郎が音楽に触れたものとしては『美的道徳』(1908年)があるけど、音楽論という感じでも、博論にしようとした内容という感じでもない。 https://t.co/gDczqLxH0j
RT @BungakuReportRS: 鈴木 元 - うたうー小歌の声、俳諧連歌の場 https://t.co/DsVvTJXjNZ
RT @BungakuReportRS: 徳永 辰通 - 高等学校の教科書俳句の変遷 ー俳句史の視点から https://t.co/t2P6VUxG7D
RT @BungakuReportRS: 吉田 健一 - 初期俳諧における『論語』の摂取について https://t.co/1q45ju7dU3
PDFあり。 ⇒マルコ・ベッラバルバ/佐藤公美訳 「翻訳 新たな空間の創造-近世ティロルとオーストリアの貴族-」 『甲南大學紀要.文学編』170 (2020-3) https://t.co/39LQFL2Rra
PDFあり。 ⇒O.v.メレンドルフ/K.ヒムリー 細川裕史訳 「19世紀のドイツ人がみた「東洋のチェス」」 『阪南論集.人文自然科学編』55 (2020-3) https://t.co/yvD49jdwlN
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki

46 46 4 0 OA 悉曇私見聞

RT @JUMANJIKYO: 1529年に書かれた五十音図 カナ異体の「ホ」や「せ」がまだ使われていた時代だ…。「ホ」はこの後間もなく消えていく。 享禄2年『悉曇私見聞』 https://t.co/82mGbOjeWB https://t.co/WMdENhzITW
RT @dgk_nkym: お昼呟いてた小平太とか千穂の話はこちら参考になります 関東入り調べるの大好きなのでとても参考になりました 彦や万千代情報もあるのでお好きな方にオススメ https://t.co/3QCaZNfBQR
RT @BungakuReportRS: 板坂 則子 - 曲亭馬琴の短編合巻(十七)『代夜待白女辻占』(下冊) https://t.co/Y2acJeinON
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…

フォロワー(1556ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/9vQ8uJ7Aep 彦坂佳宣(2005)「原因・理由表現の分布と歴史-『方言文法全国地図』と過去の方言文献との対照から」。
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS

5 3 3 3 OA 軌道一覽

https://t.co/1R7nemoKFJ 軌道一覧、千葉に5ページも割かれててそんなあったっけと思ったら、成田のほかに夷隅、九十九里、野田人車、 ...飯岡軌道? そんな計画あったの? ガス動力って天然ガスかな。

5 3 3 3 OA 軌道一覽

RT @SeasideExp: 軌道一覽(1925) https://t.co/o1mGiaxy6z 基本的に知らない(もしくは歴史上でみたことあるだけの会社)路線が多く、栄枯を感じる。水浜電車は散々調べたので知ってる(p58) https://t.co/ou2tHVqW2D
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
「古武道」の定義についての考察と、実際に何流派か稽古されてそれぞれの実態について書かれている。たしか、津山の竹内流について武道学会誌で書かれていた先生と思うけど面白い。 それに真貫流が残った事にもびっくりです。 https://t.co/OdjoVUauJL
RT @baritsu: 古武道流派で継承される伝統の特徴 https://t.co/4zVxnMu7YC 周縁的 (広義の) な古武道として八光流も対象にしてる事で、古武道「らしさ」の問題も明確になるね
CiNii 論文 -  青蓮院蔵表制集及び灌頂阿闍梨宣旨官牒の紙背文書について https://t.co/87wJfz9Qnq #CiNii
RT @baritsu: 古武道流派で継承される伝統の特徴 https://t.co/4zVxnMu7YC 周縁的 (広義の) な古武道として八光流も対象にしてる事で、古武道「らしさ」の問題も明確になるね
https://t.co/nwvRu60Ue5 三宅俊浩(2019)「近世後期尾張周辺方言におけるラ抜き言葉の成立」。
https://t.co/PIgebwZ9u9 明石芳彦(2020)「大都市の産業活動と事業数・従業者数に関する基本的実態分析」 データが色々。
↓所蔵大学図書館も少ないですね。 https://t.co/el2YmbcjUe
RT @archivearticles: 鏡板と本尊を共鋳とする懸仏の伝播について : 静岡県川根本町・上長尾八幡神社の懸仏を端緒として/ . 地方史研究 (via CiNii Articles). https://t.co/A5J4YcVMeP
RT @e_ikuon: 教えていただいたこちらの論文(埼玉沖積層研究G 2016 https://t.co/iaNLavEkoj)では、元荒川の台地横断部分も自然流路として扱っているようです。古墳時代後期の利根川流路ということなので、天王山塚古墳の角閃石安山岩の輸送ルートとし…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
羊皮紙がDNA解析できるなら紙や木簡でもできそうだなと調べたら、そういう研究も始まってるんだな。 前近代の和紙の混入物分析にもとづく「古文書科学」の可能性探索 https://t.co/l2kzvjcqrT

7 7 7 1 OA 房玄について

PDF公開。小木曽千代子「房玄について」(『中京大学文学部紀要』54-1、2019年12月)内容の紹介はリンク先を参照。https://t.co/iHN6v8Mn2X #こんな論文がありました https://t.co/vrRlG97tU1
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
RT @Konan49947875: ぐっちーや私の高校同級生の論文。感染症でなく統計数理の専門家の新型コロナ分析で、東京の今日の状況と符号します。近々テレビに出るそうです。 https://t.co/JMhW7kx4Ja
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki

2 1 1 0 月刊キブツ

@zweideutige https://t.co/SzxYR2vCtj こんなんあったんすな
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
CiNii 論文 -  律令制大臣からみた光仁・桓武期 https://t.co/Gbe3Tg8gjG #CiNii
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…
RT @nknatane: 村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。
RT @nknatane: 村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。
RT @nknatane: 村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。

46 46 4 0 OA 悉曇私見聞

RT @JUMANJIKYO: 1529年に書かれた五十音図 カナ異体の「ホ」や「せ」がまだ使われていた時代だ…。「ホ」はこの後間もなく消えていく。 享禄2年『悉曇私見聞』 https://t.co/82mGbOjeWB https://t.co/WMdENhzITW

46 46 4 0 OA 悉曇私見聞

RT @JUMANJIKYO: 1529年に書かれた五十音図 カナ異体の「ホ」や「せ」がまだ使われていた時代だ…。「ホ」はこの後間もなく消えていく。 享禄2年『悉曇私見聞』 https://t.co/82mGbOjeWB https://t.co/WMdENhzITW
RT @sumomodane: ・テレビは現実よりも暴力情報が多い。 ・テレビ高視聴者ほど現実の世界も暴力が多いと認識。 ・ワイドショー・刑事ドラマを見ている人ほど顕著。 中村功「テレビにおける暴力 : その実態と培養効果」 (マス・コミュニケーション研究/55 巻 (199…
RT @merontomikan: 戦国期土岐・後斎藤氏の美濃支配 : 用水相論を事例にThe Domination of Mino Province by the Toki Clan and the Go-Saitoh Clan in the Sengoku Period :…
RT @merontomikan: なんかバズっている!300いいねを超えそう!Twitter始めて以来初めて
RT @washou3956: PDF公開&メモ。澤田善明「戦国期の東大寺大仏殿再興:永禄11年を中心として」(『駒沢史学』65、2005年7月)しまった。未読だったけど、これはかなり大事なのでは…。https://t.co/hdWAqNk5Kz
RT @hi_kashi: この論文の続きとも言える『史学雑誌』の論文はWebで読めるのでした。紹介するの忘れてた… https://t.co/6VIVH2KvfV
RT @hi_kashi: 久しぶりに小野沢さんの『歴史学研究』のこの論文を論文演習で読んだのですが、おもしろかった。学生さんもいろいろと考えてくれたよう。しかしこの論文、25年も前のものなんですね。 CiNii 論文 -  大正デモクラシ-期の廃娼運動の論理--長野県を中心と…
RT @dgk_nkym: お昼呟いてた小平太とか千穂の話はこちら参考になります 関東入り調べるの大好きなのでとても参考になりました 彦や万千代情報もあるのでお好きな方にオススメ https://t.co/3QCaZNfBQR
RT @lunaticprophecy: こういう、日本はおろかオランダやインドネシアにさえ長いあいだ捨て置かれたままの戦争被害も存在することを知っておきたい(論文の上梓から28年経つが、その後何らかの補償が行われたのかどうか) CiNii 論文 - 日本軍によるババル島住…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
RT @lunaticprophecy: こういう、日本はおろかオランダやインドネシアにさえ長いあいだ捨て置かれたままの戦争被害も存在することを知っておきたい(論文の上梓から28年経つが、その後何らかの補償が行われたのかどうか) CiNii 論文 - 日本軍によるババル島住…
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…