言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[図書館][クリスマス]

Twitter (22 users, 23 posts, 15 favorites)

クリスマスを久里寿満寿って書くのそこそこ有名っぽい。 https://t.co/nHLFd6ADJd https://t.co/2DTQGwMWl3
https://t.co/0BztHQu6ar 言ってることつーか、書いてること自体はそう変わらんでも、表現の仕方で印象は変わる https://t.co/pAHkc6rZPX
https://t.co/TMq8agR2lE 『久里寿満寿(くりすます)』1895 "昔しの昔、その昔、北のはてなる寒国に 一人の老翁 住みにけり、頭の上には 雪つもり、長き髭には 霜しけり、としはいくつと 尋ぬれば、ももとせ、ちとせ うちすぎて、すぎにし歳月 数知らず、その名をサンタクロースと申しけり"
『久里寿満寿[くりすます]』(もみぢ、みどり 合作,メソヂスト出版舎,明28)、近代デジタルライブラリーで読めるのか! いい時代だ。 http://t.co/aD4FlvAMx5 緒言に曰く「クリスマス祝さざる可らず、既に是を祝すといふ、先づその由来、その歴史を知らざるべからず」
1895年の東京で刊行された『久里寿満寿(クリスマス)』に出てくるサンタクロース。http://t.co/fDSTTzX70E 肩に背負った袋に、「カンカン太鼓に笙の笛、羽子板、手鞠、菓子、蜜柑」などを詰めて、世界中の国々を回っているとあるけれど、日本でしか需要がないのでは。
明治28年のサンタ(翁)は袋にみかんを入れてマッハで飛んでくる。 http://t.co/krBRdxEtsa
明治の頃に「クリスマス」に対して「久里寿満寿」という漢字をあてた例があります。 例えば、明治28年(1895年)のブックレットに『久里寿満寿』 http://t.co/XGHJExggjM というのがあります。

Wikipedia (1 pages, 9 posts, 8 contributors)

編集者: Vigorous action
2015-08-18 01:54:25 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Geogie
2010-12-30 15:23:51 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Los688
2010-12-27 13:20:23 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 山田晴通
2010-12-25 23:20:17 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 禁樹なずな
2010-12-25 20:17:26 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Carkuni
2010-11-27 09:04:03 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Album
2008-12-17 21:37:43 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Album
2007-07-28 12:59:37 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト