Fumiaki Nishihara(西原史暁) (@f_nisihara)

投稿一覧(最新100件)

RT @kawai_kanyu: 秋田屋太右衞門等刊 春秋左氏傳校本 https://t.co/PKkEWi9cEo 24-25コマ
RT @yearman: 今さらだけど,出典となる論文の情報を(本当はRTを受けてるんだけど)載せておきます。安部朋世2001「授業「文法を考える」:「あいまいな文」と「文の不自然さ」の検討を中心に」『日本語と日本文学』33 https://t.co/zGYE8YPW2k
RT @tmogi_nichibun: @askoma 国語科・英語科の文法用語の整理については,下のような例があります。(特に国語科は)何のために文法用語を学ぶか,ですね。 安部朋世・神谷昇・西垣知佳子・小山義徳(2017)「国語教科書と英語教科書における文法用語に関する基…
RT @tmogi_nichibun: @askoma 言語研究の立場からの学校文法批判は,特に目的論においてすれ違いを含んでいる場合があります。下の文献の最後の節に端的にまとめられています。 森山卓郎・矢澤真人・安部朋世(2011)「国語科の学校文法における「品詞」について…
RT @saireya1: 「整然データとは何か」https://t.co/zQ14twsBLk ggplotのWickamが提唱する整然データなる概念、面白いですね。Excelでも整然データにしないとPivot tableにできなかったりしますが、こういう「ごく当然のようなこ…
また、「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」という調査 https://t.co/cKliAt3gHy によれば、「ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた」という文に対する○×問題(答は×)に正解した大学学部生は… https://t.co/XlKgtkPYBt
「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」という調査 https://t.co/cKliAt3gHy によれば、「抗菌剤は、バクテリアと同様、ウイルスの増殖も抑える」という文に対する○×問題(答は×)に正解した大学学部生はたったの 24.0% とのこと。
岡本摩耶,「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」,NISTEP RESEARCH MATERIAL,No.272,文部科学省科学技術・学術政策研究所. DOI: https://t.co/7bfaGaBgAv

426 3 1 1 OA 珍品のらくろ草

合法無料で名作マンガが見られる例。国立国会図書館のデジタルコレクションでは、田河水泡の『珍品のらくろ草』という戦後に描かれたのらくろのマンガを見ることができます。 https://t.co/S4sTGKA9bb
RT @cloudlatex: 整然データとは何か https://t.co/mDX3Wu5jZ8
前にブログに書いた整然データの解説 https://t.co/KzIo9sew9D に比べて、『情報の科学と技術』という雑誌に書いた「整然データとは何か」という解説文 https://t.co/gED2a0Mzb6 は、整然データ… https://t.co/0XkZhoAbqv
半年前に『情報の科学と技術』という雑誌に書いた「整然データとは何か」という解説文がフリーアクセスになりましたので、読みたい方はどうぞ。整然データという概念とそれを用いたデータ共有の事例などについて論じています。 https://t.co/gED2a0Mzb6
かつては日本語の敬語が天皇を中心とする国体と結びつけて論じられることが多く、「万世一系の国体を、言語の上にて最も明瞭に現はしてゐるのは、実に我が敬語である」(新井無二郎『国体明徴指導原理』1936年… https://t.co/L95avFfxyA

2 0 0 0 OA 大辞典

1935年の『平凡社大辞典』での「元旦」は「一月一日のあさ。一年のはじめのあさの義。」という語釈が出ています。これは朝に限定している語釈で、一日全体を刺す語釈は出てきません。 https://t.co/jByUlKWXDj

3 0 0 0 OA 現代国語辞書

1923年の『現代国語辞書』では「元旦」の語釈が「一月一日の朝。元日。」とありました。 https://t.co/HVq5JzqHpX

3 0 0 0 OA 国民日用辞典

1912年の『国民日用辞典』では「元旦」の語釈が「一年の最初の日のこと。」になっています。 https://t.co/BPBUPVdeLc

1 0 0 0 OA 現代新辞林

1915年の『現代新辞林』だと「元旦」の語釈が「一月一日のこと。」になっています。 https://t.co/kSnX4rCjcO
1922年の『言泉』で「元旦」を引いたら、「元日の朝。元日。」と出ていました。朝に限定した語釈と、限定していない語釈が並列されています。 https://t.co/SrCND7dygT
1916年の『大日本国語辞典』を引いたら「正月元日のあさ。元日。」という語釈が出てきました。 https://t.co/rSBhVSx9ZM

4 0 0 0 OA 日本大辞林

1894年の『日本大辞林』では「元旦」の語釈として「ぐわんじつ。としのはじめのひ。」と挙げていて、1月1日の朝に限定していません。 https://t.co/aXcdwQCCE8

6 0 0 0 OA 日本大辞書

1893年の『日本大辞書』だと「元旦」の語釈は「元日」とあるのみで、これも元日の朝に限定していません。 https://t.co/UJcVGikyUy

50 0 0 0 OA 言海 : 日本辞書

1891年の『言海』で「元旦」を引いてみたら、「ぐわんにちニ同ジ」とありました。「元日」を引くと、「正月ノ朔日。一年ノ第一ノ日。元日(ぐわんじつ)。元旦(ぐわんたん)。」と出ています。 https://t.co/OfQFGXxvnz

25 0 0 0 OA 辞林

1907年の『辞林』で「元旦」を引いてみたら、「年の第一番目の日。ぐわんじつ」とありました。ここでは元日の朝に限定していません。 https://t.co/386b6caYZa

11 0 0 0 OA 説諭の栞

今日ブログ https://t.co/qjox2nUyvZ で引いた『説諭の栞』という警察官向けの教材は読んでいて結構面白いです。戦時下のアレな人たちの例が色々載っていて面白いのです。国会図書館のウェブサイトで読めます。 https://t.co/LS5vb0GMnh
日本薬学会の機関誌『ファルマシア』の53巻12号で、私が前に翻訳した『ダメな統計学』をご紹介いただきました。ありがとうございます。 https://t.co/6jggtDCqZp
「敎育勅語の御主旨と催眠術の目的」『女催眠術:秘密独習成功確実』 https://t.co/QY6j3GCIzQ
小路真木子 (2013)「入試問題用LaTeXスタイルファイルの開発」『京都経済短期大学論集 20』 pp. 65–80.https://t.co/DpFztXDofC https://t.co/Nhp4AwHf2s
@YSD0118 50年前の論文なのですが、「三藩市唐人街の社会構造(六):広肇帮の一典型」という論文 https://t.co/YgJ89xHgFM の90ページに致公堂との関係で、衛星政党となった致公党の話が少しだけ載っていました。
と言うわけで「整然データとは何か」 https://t.co/nOpESRYU2e という文章を『情報の科学と技術』9月号に書きました。データ分析の際によく使われる「整然データ」という概念について紹介したものです。整然データによるデータ共有事例、整然データの限界なども記しました。
なお、今のところ『情報の科学と技術』9月号に載った「整然データとは何か」という文章 https://t.co/nOpESRYU2e は同誌の購読者しかアクセスできませんが、6ヶ月後に無料公開されます。先にどうしても読みたい方は私に個別にご連絡ください。
6月の #TokyoR にて「整然データってなに?」という話をしましたが、その内容をまとめたものを『情報の科学と技術』9月号に「整然データとは何か」というタイトルで書きました。 https://t.co/nOpESRYU2e TokyoRの皆様、その節はお世話になりました。
「渾」を使った人名として、「加藤 渾一」という例がありました。読みは、「カトウ コンイチ」 https://t.co/2O1ceW1wk6 とのこと。
RT @2SC1815J: NDLデジコレ、9月6日付けで「モージャー氏撮影写真資料」https://t.co/TU95acYFMG が追加された。資料説明 https://t.co/SOQojzJqwn によれば、1946年4月から1947年1月にかけて撮影された日本各地のカ…
渋谷 雄ら (2006).「携帯電話の傾きにより声調を指定する中国語漢字入力手法」『情報処理学会論文誌』47(5), 1566–1569 https://t.co/V8AnZEcDGj
RT @Cafejiaguwen: 「携帯電話の傾きにより声調を指定する中国語漢字入力手法」という論文、想像のとっても斜め上。 https://t.co/w1BFT3699U https://t.co/DwzhaYXEJF
東条操の『國語の方言區劃』が国立国会図書館のデジタルコレクションにおいて、ネットを通じて自由に閲覧できるようになりました。 https://t.co/tMOCsANgb7 東条操の著作権は2016年末に切れたので、堂々とパブリックドメインとして公開されたわけです。
RT @sakinotk: 文章まわりの仕事をしておられる方は、ぜひご一読を。 「正しく伝わる日本語のために:共同通信社記者ハンドブックの成り立ち 」 成川 祐一 情報管理 Vol. 60 (2017) No. 2 p. 69-78 https://t.co/Mfde51c8Y…
ちなみに、秋篠宮さまの博士論文は、総合研究大学院大学のリポジトリから誰でも見ることができます。 https://t.co/CsszeDCwhx 野鶏とかの分子系統学に関する論文らしいですよ。
内山完造〔著〕『生ける支那の姿』は国立国会図書館のデジタルコレクションで見ることができます。 https://t.co/mqlEGrBDv1 序文を書いたのは内山と親交のあった魯迅です。
2017年から著作権フリーになった小説家として山中峯太郎という人がいまして、その人の代表作に『敵中横断三百里』というものがあります。国会図書館デジタルコレクションで公開されていますが、扱いは「文化庁長官裁定を受けて公開」。 https://t.co/UMQAa7aj55
RT @toho_jimbocho: 116年前の書籍目録 文求堂書店書目/明治34年 https://t.co/4Cxm6lzMnC 晩夏の候益御清祥奉賀候弊店今囘左に列記する舊書淸國北京より取寄せ申候に付思召に相叶ひ候品も有之候はゞ御用仰付被下度此段新着御報道迄如斯御座候…
CiNiiに「高祖劉邦による異性諸王封建をめぐって」という論文が。誤植か何かで本来は「異姓」であるべくところが「異性」になってしまったのでしょう(タイトルの英訳を見ると明らかに「異姓」ですし)。 https://t.co/7XlnWbpwQv
RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  高祖劉邦による異性諸王封建をめぐって https://t.co/kRMsw6fLK6 #CiNii これおそらくは「異姓」だよなぁ、未確認だけど。「異性」であればそれはそれで興味深いが。
明治・大正の官立学校は大体学校が出す「一覧」に生徒全員(あるいは卒業生全員)の姓名や出身地が全部載っているので、それを見れば在籍はすぐ分かります。例えば、陸軍士官学校一覧 https://t.co/Qz2Vz5yNSR でネット上で公開されているのもあり、そこには卒業生リストが。
三笠宮さまが印刷所から自分の車で刷り上がった学会誌を搬出するという周りが恐縮しそうなエピソードが載っていました。 RT @f_nisihara: 「『オリエント』をふりかえって」 https://t.co/XGqbId94WF という日本オリエント学会設立時の回顧座談会…
「『オリエント』をふりかえって」 https://t.co/XGqbId94WF という日本オリエント学会設立時の回顧座談会。老学者が学会設立時を思い出して「あの頃は無茶をやったなぁ」と述べるというありふれた企画なんですが、そこに宮様が入ってくるのが普通と違う面白いところ。
日本オリエント学会設立に際し、初代会長の三笠宮殿下が入会申込書を自ら配っていたら、同行していた学者が「一体,あんなことを殿下にさせる法があるか。君がやるんじゃないのか。」と怒られたそうです。 - 「オリエント」をふりかえって https://t.co/XGqbId94WF
三笠宮さまが初代会長を務められた日本オリエント学会の機関誌である『オリエント』はJ-STAGEからバックナンバーを無料で見ることが可能。 https://t.co/bjN5FK8FES 三笠宮さまが書いたも読めます。例: https://t.co/EYJ29Yc3Wa
RT @japanchinaGEO: そうやって、いちいち事細かに注釈をつけて、なんの史料をもとにして論を組み立てているのかを示した結果、注釈が100近くもついちゃうの! 「注が100もつくとか絶対おかしいだろ!」とか言われちゃうのは、こういう理由もあるの! https://t…
RT @japanchinaGEO: たとえば、高木智見先生の論文なんかを見るとこんな感じ。 いちいち歴史書のどこの部分に根拠となる記述があるかを呆れるくらい細かく明記するの。 春秋時代の聘礼について https://t.co/bAtCR2HZEf https://t.co/I…
大正十三年度の東京帝国大学文学部入試の国語の問題は3大問で、大問1は「長歌の形式並びに消長」「平安朝物語と和歌との関係」「 浄瑠璃発達の過程」「芭蕉と蕪村との比較」の4つの項目のうち2つを説明するというものだそうです。 https://t.co/qV7hBUfX3A
「ヘテロ性」=「情報源が複数であること」 - ヘテロなデータに対する統計的学習を用いた傾向スコア推定 https://t.co/D3AOnBQkAP
鈴木良. (1997).「歴史意識と歴史小説のあいだ――歴史家は司馬遼太郎をどう評価するか」『歴史評論』 562, 57-70. https://t.co/JHLH1BZ3Jm
平成になってからも東大文学部のインド哲学科って学生受けが悪く不遇なんですけれども、昭和16年度の『帝国大学入学案内』p.14 https://t.co/jvKurlkrSH にも、「不遇の学科は印哲である」って書いてありました。 https://t.co/MfkOsWSMp4
「グローバルビジネスパーソンの謝罪戦略」という論文が。 https://t.co/e5Vuf5dwIs こう言った感じで具体の事例からいろいろ突き詰めていって、良さそうな処方箋を導き出せれば、そこから謝罪工学が生まれるんじゃないでしょうか。
利他行為とか相互協力とかは、社会心理学で良く扱われる話題なので、そこから派生して謝罪の研究に至るのは自然な気がします。 RT: @f_nisihara 「仲直りの進化社会心理学:価値ある関係仮説とコストのかかる謝罪」という研究が。 https://t.co/aMxkXPncD9
「仲直りの進化社会心理学:価値ある関係仮説とコストのかかる謝罪」という研究が。 https://t.co/aMxkXPncD9
わが国における政府統計のデータシェアリングの現状と課題 https://t.co/WWI1uAmcZl

3 0 0 0 OA 源氏物語

昨年末に著作権が切れた人について言えば、谷崎訳の源氏物語の一部が、国会図書館のデジタルコレクションで公開されています。例えば→ https://t.co/ZvBXVXzbbj
山本純子・大澤留次郎.(2015). 「古典籍翻刻の省力化:くずし字を含む新方式OCR技術の開発」『情報管理』58(11), 819-827. https://t.co/vmylS83yaZ
RT @IIMA_Hiroaki: 「餡なし饅頭」を載せている『本草綱目啓蒙』の当該部分がリンクされていませんでした。リンクし直しておきましょう。〈パン 長崎 アンナシマンヂウ〉とあります。つまり長崎では「パン」で、「餡なし饅頭」は当時の共通語といいます(杉本つとむ)。http…
RT @IIMA_Hiroaki: 29日「THE 歴史列伝」で、国語辞書『言海』の「パン」の項目に「餡なし饅頭」とあるのが紹介されました。番組ではカットされましたが、これ、必ずしも大槻文彦の創案でなく、江戸時代の『本草綱目啓蒙』にもある。昔はパンをこう呼んだんですね。http…
「痴漢」という語の読み方や語義変化について扱った論文です。 - 岩井茂樹.(2014).「「痴漢」の文化史 : 「痴漢」から「チカン」へ」『日本研究』49: 147-181. https://t.co/cLN1CSeR2R
IPAフォントから派生したフォントおよびそのライセンスについて。 - 池田佳代・沼田秀穂.(2015). 「日本語オープンフォントの派生に関する考察」『清泉女学院大学人間学部研究紀要』12, 3-14. https://t.co/dgSDC9rtnf
鶴見は横浜市の一部ですが、よく「川崎市鶴見区」と呼ばれます。ところで、川崎が市制施行した際に川崎の風土についてまとめた『川崎誌』 https://t.co/NT3sENiTbr という本が出されたのですが、その附録に「鶴見の名所」が。市制施行時に鶴見を合併しようとしていたのかも。
高校情報科の臨時免許状の授与と、免許外教科担任の許可についての調査。情報科はできてから日が浅く、まだ情報科専門の先生が情報の授業を教えるという状況が少ないのです。 - 「高等学校情報科における教科担任の現状」 https://t.co/jk0LweZ9mR
ある学術誌に載った「職業としての中国思想研究」という文章 https://t.co/JkFGQ0XUKp では「日本における中国哲学・思想研究消滅の危機を直視しない斯学の先達たち」という節を設け、学界のエラい先生方が何もしていないということを暴露しています。
昭和7年に出た『社会ユーモア・モダン語辞典』 https://t.co/au1vh4FNkt p.229 に「インテリ賤民」という語が載っていました。曰く、「銀座の喫茶店あたりでコーヒー一杯を三時間も費して飲むといふ知識的ルンペンのこと。」(※ルンペン:浮浪者)
昭和7年に出た『社会ユーモア・モダン語辞典』 https://t.co/au1vh4FNkt の p.119に「おめ」という語があります。語釈は「上級の女学生が下級の美少女を愛する意。おめかけから起りし語。」とあります。昭和の女学校の百合ですね。
昭和7年に出た『社会ユーモア・モダン語辞典』の p.118に「姨捨山」の語釈として、「私立女子大学のこと」という今からすると(当時からしても?)ひどい説明が。 https://t.co/au1vh4FNkt わざわざ女子大に進学するなんて「売れ残り」感があったのでしょう。
昭和7年に出た『社会ユーモア・モダン語辞典』という現代用語辞典が面白いです。 https://t.co/au1vh4FNkt 「男女学生語」の章に載っている語をざっと見ると、「エス」(同性愛)、「シス」(同性愛)、シャン(美人)、点取虫(ガリ勉)とか知っている単語もありますね。
教育測定における統計的手法、特に因子分析および因子回転について色々まとまっています。 - 柳井晴夫 (2000). 「因子分析法の利用をめぐる問題点を中心にして」『教育心理学年報39』 pp.96-108. http://t.co/ok205mC4O3
『三体書翰文:習字兼用』という大正時代の本に http://t.co/6N6AEc7r8x 「雇人逃亡通知」という手紙の例がありました。「弊社雇人某儀九州方面ヘ集金トシテ旅行ノ儘行方不明ト相成候 就テハ今後御地方ヘ参リ候テモ何事ニヨラズ御取上ゲ下サレマジク念ノ為右御知ラセ申上候」
1930年に出た「С.С.С.Р.:サウェート社会主義共和国聯邦」という本を発見。 http://t.co/WLqjMGQp0W 「サウェート」と音写しているのが興味深いところ。右横書きの時の「ウェ」の順序も興味深い例。 http://t.co/ZpD2lufdBz
昭和十四年度少年戦車兵学校採用試験の問題は『少年戦車兵となるには』 http://t.co/OykzVQJZMI という本から孫引きしました。
RT @tarareba722: 自民党が教育改革として「博士号取得者や専門職大学院の修了者を5年以内に2倍にする」、という提言をまとめたそうですが、ここで今から80年前に書かれた就職情報誌を見てみましょう。 http://t.co/IloBSXSRkl http://t.co…
@sinya8282 1962年に出た文献紹介の文章で「オートマトンの正規表現とその応用」というタイトルが付いたものがあります。 http://t.co/FJqQbnc6tv あと、『岩波数学辞典』の初版が1954年なので、「正規表現」の一番早い訳例が載っているかもしれません。
http://t.co/bIAywhYGr4 RT @f_nisihara: 江戸時代のケモ耳キャラの画像をご覧ください。 http://t.co/7PVfvlMAaI
RT @MinatoNakazawa: 永田靖: 多重比較法の実際, 応用統計学 27: 93-108, 1998. http://t.co/eaDSNnqd6G 統計的多重比較法の適用において実務家から寄せられた疑問点を材料に、「多重比較法に関する誤解・誤用」、「多重比較法を…
京大の学術レポジトリに「忘れられないクリスマスイブ・・・」(『バベルの図書館』) http://t.co/JPkWopjTPo というあまり学術レポジトリには載らなそうなタイトルの文献が掲載さいれていました。

10 0 0 0 OA こゝろ

RT @WWIplus100j: 本日〔1914年9月20日〕刊行された夏目漱石氏の小説『こゝろ』 http://t.co/twCcn4sCYK は夏目氏本人が装丁を行っている。
RT @langstat: @h_okumura この文献 https://t.co/ggFbFQe9FK によると、2004年以降にもガクっと落ちたようです。
博士論文を出すときの権利関係について。自分の書いたものであっても権利関係の都合で自由に使えない場合もあります。要注意。 - 「博士論文と著作権」(東京大学情報システム部情報基盤課学術情報チーム) http://t.co/GwcT1XSteI
著者が2008年の大学院での統計学授業で使った講義ノート。 - 「講義のーと : データ解析のための統計モデリング」(久保拓弥〔著〕) http://t.co/dHKtjPgmHZ
RT @leeswijzer: [欹耳袋]佐藤恵子他 2013. わが国におけるバイオインフォマティクス人材を取り巻く現状 人材に関するアンケート調査結果. 情報管理, 56(11): 782-789. http://t.co/iI14KTncsH ※「人材が不足している」のは…
1905年に出た『二十世紀恋愛美文』という本 http://t.co/mzZbMiPH0H があります。この本は何でも恋愛に結びつけて文章にするというものです。「喧嘩に寄する恋愛」やら「蚊に寄する恋愛」やら「窓に寄する恋愛」やら、無理のありそうなものまでテーマにして笑えます。

19 0 0 0 OA 久里寿満寿

明治の頃に「クリスマス」に対して「久里寿満寿」という漢字をあてた例があります。 例えば、明治28年(1895年)のブックレットに『久里寿満寿』 http://t.co/XGHJExggjM というのがあります。
RT @asijaga2nd: 『精進魚類物語』http://t.co/1zbcBxQdPL 室町時代、一条兼良作とか伝わる源平合戦擬人化パロディー。納豆や野菜に扮した精進物軍(源氏)が、魚や鳥(平家)を最後は鍋の具に。
上古漢語で、目的語が前置される話については、以下のような文献もありますね。「馮勝利氏の韻律文法理論について : 古漢語疑問代詞目的語語順変化についての馮説の検討」 http://t.co/hTYJOvlh0K @Mitchara @asaokitan @zeeksphere

104 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

「ROMAHOPEDIA(ローマ法便覧)」 http://t.co/nmryl6MkdX のPart Oには、ラテン語の前置詞・接続詞・副詞などのリストと簡単な解説があるので、これもラテン語の勉強に役立つかもしれません。

104 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

「ROMAHOPEDIA(ローマ法便覧)」 http://t.co/nmryl6MkdX の法諺に関する部分は、ラテン語の表現に関して文法の詳しい解説があります。ラテン語は良く分からないのですけれど、法学に興味がなくても、ラテン語の勉強には役立つかもしれないと思いました。

104 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

ローマ法の研究者として知られる京大の柴田光蔵名誉教授が「ROMAHOPEDIA(ローマ法便覧)」という大部の書籍を書き、それが京大のレポジトリにてPDFの形で無償公開されています。 http://t.co/nmryl6MkdX

14 0 0 0 OA 韻書と等韻図 1

『韻書と等韻図I』という中国音韻学に関する教科書的書籍がネット上で公開。無料でPDFをダウンロード可能。なんと258ページ。 http://t.co/iMrufOZdY9 後半は結構難しい内容。
今日ブログに解答解説 http://t.co/Ol4YIrBbfh を書いた大正十二年度京都帝国大学法学部入試は、以下の『帝国大学入学受験法』 http://t.co/Wpqm3vp2nP という本から引いています。この本には東北帝国大学の文系の入試問題が多数収録されています。

3 0 0 0 OA 帝国大学案内

1937年の東大卒業生の学部別の就職率を見ると、文学部が41%とダントツのビリ。次に低い理学部ですら就職率は65%。他の学部は法学部が74%、経済学部が80%、農学部89%、工学部97%。医学部は堂々の就職率100%。 http://t.co/OII0uBujIC
アメリカで、大学の講義ノートを勝手に売った人がいて、その人に対し大学教授が訴えたことがあったそうです。 - 講義ノートの権利 https://t.co/U7o1X67hWW
中国古典でパンダを指しているのではないかと言われる「貘」について。 - 荒木達雄 (2006). 「中国古文献中のパンダ」『東京大学中国語中国文学研究室紀要』9, 1-22. http://t.co/FlNDxmVViC

9 0 0 0 OA 台日大辞典

1932年に台湾総督府が出版した『臺日大辭典』が2013年2月21日に国立国会図書館の近代デジタルライブラリーに追加。上巻→ http://t.co/zPODG6aOcZ 下巻→ http://t.co/OW24nwsB7w

12 0 0 0 OA 台日大辞典

1932年に台湾総督府が出版した『臺日大辭典』が2013年2月21日に国立国会図書館の近代デジタルライブラリーに追加。上巻→ http://t.co/zPODG6aOcZ 下巻→ http://t.co/OW24nwsB7w

5 0 0 0 OA 国語学史要

山田孝雄著『国語学史要』(岩波全書)が2013年2月21日に国立国会図書館の近代デジタルライブラリーに追加。主に江戸時代以前の日本語研究にどのようなものがあったのかを一般向けに紹介した本。 http://t.co/pDCiyJNOL1

お気に入り一覧(最新100件)

『LaTeXと学会誌制作の思い出』 https://t.co/G3e0dZR7Uh LaTeXが日本で広まり始めた時代の話題が載ってて面白い.
安岡孝一ほか (2018). 「古典中国語(漢文)の形態素解析とその応用」『情報処理学会論文誌』59(2), 323-331. https://t.co/ESE9GpqoV9
統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
統計検定を理解せずに使っている人のために, 化学と生物,ISSN 1883-6852 (2014). https://t.co/994kr2AB5G https://t.co/jm4FOyoRav https://t.co/Eev93Chm0s
最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上ある… https://t.co/8GfQYxQWYA
NDLデジコレ、9月6日付けで「モージャー氏撮影写真資料」https://t.co/TU95acYFMG が追加された。資料説明 https://t.co/SOQojzJqwn によれば、1946年4月から1947年1月にかけて撮… https://t.co/CClMp08hT7
そして読んでたら… https://t.co/sjf0L4t2cL (赤字の反映の仕方含め)「データの墓場」言い放ったの、わたしだ…。 https://t.co/bj1855ExHq こういう苦労(や啓蒙)をしたくないし、デ… https://t.co/XBwDe83XQp
前から書いているが,選手だけでなく観客が熱中症でやられて救急がパンクする危険を考えたらせめて10月開催にしなくてはダメ。 去年出た論文だが,8:30スタートだとしても8月の東京でマラソンをするのは大変危険という予測がある https://t.co/nl3qvEDs7P
今日から改正個人情報保護法全面施行。「情報処理」6月号には「改正個人情報保護法の全面施行を迎えて研究者が気を付けること」というタイムリーな記事が https://t.co/T4BYiuupXU
文章まわりの仕事をしておられる方は、ぜひご一読を。 「正しく伝わる日本語のために:共同通信社記者ハンドブックの成り立ち 」 成川 祐一 情報管理 Vol. 60 (2017) No. 2 p. 69-78… https://t.co/IEIcnefK94
「ピダハン論争をめぐって」(中井悟, 2014):https://t.co/TTKrFB1XVB PDF全96ページ。本人が言っていない「二次創作語録」が流通するメカニズムを言語学的観点から解明する手がかりとして(←超適当)読んでみた。英語論文の引用を飛ばしても、お腹いっぱい。

フォロー(28ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shinjiyamane: 『コンピュータ新人類の研究』の元になったのはコンピュータ中毒の学生(ハッカー)が増えているというスタンフォード大学の研究です.そしてハッカーは精神異常であり犯罪者予備軍だという描写が広まりましたが、近年ようやくハッカーのまともな描写が増えてき…
大角宏平・大江朋子 (2018). 「アニメオタクのステレオタイプ : 共起ネットワークと対応分析を用いて」『帝京大学心理学紀要』22, 85-10. https://t.co/SR6Dv328lG

フォロワー(6036ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  北畠親房の政治思想 : 革命論と名文論の受容と展開 https://t.co/MDXKz0f4Qt #CiNii
RT @kawai_kanyu: 秋田屋太右衞門等刊 春秋左氏傳校本 https://t.co/PKkEWi9cEo 24-25コマ

140 140 140 140 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…
RT @onoyuji_daye: 適当に検索しただけだけど、鼇頭評註春秋左氏伝校本. 9,10 https://t.co/AhnxkHp4s4 コマ番号22 これけっこう似てない?これそのものじゃないけど、この本の別バージョンかも? https://t.co/lbjbtf3e…
節用集の辞書史的研究の現況と課題(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/nmV3kdOaNe
『琉球入學見聞録』のハ行音とカ行音 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/EixDHdBbgE
現代日本語における文法化--内容語と機能語の連続性をめぐって (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/dIPB1YRVTh
KOTONOHA『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の開発 (特集 資料研究の現在) https://t.co/XTCAY6aPky

140 140 140 140 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…
日本語と韓国語の文法化の対照--言語類型論の観点から (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/WSGHmdapXK
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世びとの月蝕観 : 『玉葉』と『吾妻鏡』の記事から見て https://t.co/RQR80tTVQi #CiNii

1 1 1 1 OA 語彙別記

「語彙別記」とあるべき題名なのですが。 https://t.co/xmfcMSjr0k
衞藤瀋吉(1923年生)の「学問の思い出」https://t.co/v2WFpTf5neによると、「研究者になったときから一貫して今まで、社会現象を自然現象と同じように分析する方法はないかと考えてきた」といって、ドイッチュやラスウ… https://t.co/OdlHP9shDN
近代文法学における「形容詞」「連体詞」概念の形成について--Adjectiveから形容詞・連体詞へ https://t.co/VJ0N3Zu0Fn
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
条件表現史にみる文法化の過程 (特集:日本語における文法化・機能語化) https://t.co/mPRKMWKXYG
https://t.co/6JA21mcSkt 岡島銀次先生、福井出身で、1909年に鹿児島に来た人であるようです。
RT @Hepota: 文献見つけました。 https://t.co/CrNZacsiIC R. shinoharai っぽいかな?
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @kawai_kanyu: 秋田屋太右衞門等刊 春秋左氏傳校本 https://t.co/PKkEWi9cEo 24-25コマ
RT @kawai_kanyu: 秋田屋太右衞門等刊 春秋左氏傳校本 https://t.co/PKkEWi9cEo 24-25コマ
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
適当に検索しただけだけど、鼇頭評註春秋左氏伝校本. 9,10 https://t.co/AhnxkHp4s4 コマ番号22 これけっこう似てない?これそのものじゃないけど、この本の別バージョンかも? https://t.co/lbjbtf3eRU
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
四字漢語の語構成パターンの変遷(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/VnJDFxZUBO
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @jpling_bot: 江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
可能動詞の成立 https://t.co/iijS1miPvA
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @ttya70: 今日教えてもらった論文:秋谷直矩ほか「何者として、何を話すか:対話型ワークショップにおける発話者アイデンティティの取り扱い」『科学技術コミュニケーション』第15号、2014年6月。https://t.co/b4ELVOrYYU

1216 85 85 3 OA 大正大震火災誌

RT @wayto1945: 関東大震災の際に在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言しています。 https://t.co/bnybdHJyPz その事実を否定するばかりか慰霊の実質的妨害すら許可する…
RT @ainsophyao: 資料 「合衆国憲法修正第 13 条と弱者保護」 https://t.co/hKwxi6WJv4 「ついに自由を我らに」 https://t.co/5ZpCiyWrCj 「Jones v. Alfred H. Mayer Co., 392 U.S.…
指示的換喩と意味変化--名前転送における語彙化のパターン https://t.co/TKRRm1FD20
方言伝播における社会的背景--「シャテー(舎弟)」を例として https://t.co/v3izcxlElO
@OF0BNO4T6i0NCTs @skm_hhk @m_atsui また、停電の発生は優位に盗難犯罪の発生には影響しますが、 大きな震災の発生がただちに犯罪数の上昇に寄与するとは考えられていません https://t.co/8QYXsU9hdx
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について https://t.co/kVQuVhVvF0
RT @jpling_bot: 江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 https://t.co/to5KfrZznW
ロシア資料にみる18世紀前半鹿児島方言の「テアル」「テオル」 https://t.co/mJ7xw2zkRj
@belaplaced https://t.co/NcrOXYjh0v 計量言語学の観点からの歌詞分析というと、小林雄一郎先生らのこの論文がおすすめです。

1216 85 85 3 OA 大正大震火災誌

RT @wayto1945: 関東大震災の際に在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言しています。 https://t.co/bnybdHJyPz その事実を否定するばかりか慰霊の実質的妨害すら許可する…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
「英文典直訳」と欧文直訳体 (特集 資料研究の現在) https://t.co/EBWjjsSnBE
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @tcv2catnap: 「通州事件の語られ方」小林, 元裕 (2012-03 , 新潟大学大学院現代社会文化研究科環日本海研究室) https://t.co/BHLKAurXKt 果たして近代史ネットde大家が発表した「廊坊事件で敗走した連中が腹いせに民間人虐殺したの…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  対中勢力圏化構想と九カ国条約、1933-35 : 外務省の対中政策と日米関係 https://t.co/E93tVhIxLS #CiNii
証拠表示化する「と」と談話構造--頻度から見た文法化の層状的拡大 https://t.co/vZmnWd8Dsn
RT @ttya70: 今日教えてもらった論文:秋谷直矩ほか「何者として、何を話すか:対話型ワークショップにおける発話者アイデンティティの取り扱い」『科学技術コミュニケーション』第15号、2014年6月。https://t.co/b4ELVOrYYU

1216 85 85 3 OA 大正大震火災誌

RT @wayto1945: 関東大震災の際に在日コリアンが至る所で民衆に殺傷された事、その原因たる朝鮮人暴動なる流言が全くのデマだった事は、当時の警視庁すら断言しています。 https://t.co/bnybdHJyPz その事実を否定するばかりか慰霊の実質的妨害すら許可する…
古代日本語資料としての仮名散文作品研究の課題--語の認定をめぐる原典批判論的知見について (特集 資料研究の現在) https://t.co/nPojZgVmJ0
読んでみた。 日高第四郎「「道徳教育の充実方策」について(所感)」『国際基督教大学学報』1963年。 とても時代を感じる。 「我々の政治も経済も治安も家庭も学校も教育も文化も学問もことごとく現実には日本の国土に根をおろし、そこに… https://t.co/O3aCgtETly
RT @morita11: "CiNii 論文 -  '風の谷のナウシカ'にみる、登場人物の話体 : 対人間関係における言語行動" https://t.co/FiNJ1a32hz ※本文リンクあり
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  トラウトマン工作の性格と史料 -日中戦争とドイツ外交-:日中戦争と国際的対応 https://t.co/LLCSM3gNfO #CiNii ドイツ側外交文書分析してて面白いよ。
たましゐをいれべきてには : 副助詞論の系譜 https://t.co/91q5UCjR2W
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
中世末のテアル文にみられる完成の用法について(<特集>近代語研究の今とこれから) https://t.co/UPW53nvJUg
音楽情報処理のための深層学習 https://t.co/ulpckBDq8G
https://t.co/v21n51ymRg
上代人名の様相--記・書紀における長幼の序列による対比的命名を中心に https://t.co/dJua0imerf
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
坂根弦太, "初年次教育における学生の原体験不足を補う理科教材の整備 : 聞く・読むだけではない、見て触って実感する基礎概念", 岡山理科大学教育実践研究, 第1号, pp. 53-72(2017).… https://t.co/U3QGREnWcP
RT @rarara_chem: 山本 裕子氏の博士論文の博士論文の7ページ目のイントロダクション部分、 https://t.co/XoD6tqOT9g Medical Imaging Technology (Authors: Victor Mikla Victor Mikla…
RT @rarara_chem: 山本 裕子氏の博士論文の博士論文の22ページ目Fig5の皮膚の構造の絵だけど、 https://t.co/XoD6tqOT9g 国立がんセンターの絵とそっくりなんだけどどこにも引用が見当たらない。剽窃か何かですかね。 https://t.co/…
p音再考--琉球方言ハ行子音p音の素性 (特集 琉球語を見る/琉球語から見る) https://t.co/DcGorPqL63
RT @CatNewsAgency: 当時の新聞の中で、最も強硬に国連脱退を主張したのが、東京日日新聞(毎日新聞)政治部長だった岸井寿郎。TBSのキャスターだった岸井成格の実父である。岸井は父の戦争責任に全く触れないまま、政府批判ばかりを繰り返して、この世を去った。 https…
RT @CatNewsAgency: 共産主義者のハーバート・ノーマンは、鈴木安蔵に新憲法草案作成を依頼し、近衛文麿を憲法策定から排除し、GHQ民政局には鈴木案を使うよう根回しをしていた。これが、我が国の憲法の正体でしょうね。 https://t.co/37ln5uVAap h…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
https://t.co/8SwiaCBIRM 自由民権家の演説紀行と演説筆記-2-明治14〜16年の地方演説会の景況〔新聞記事,演説筆記の再録〕 江井秀雄 東京経済大学人文自然科学論集 (22)
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  トラウトマン工作の性格と史料 -日中戦争とドイツ外交-:日中戦争と国際的対応 https://t.co/LLCSM3gNfO #CiNii ドイツ側外交文書分析してて面白いよ。
木村伸子(2015)「サフィー・アッディーンの音楽理論書における音組織:十七不等分音階と協和音程」『史観』173, 50-70. https://t.co/g10lvjB6dy アッバース朝末期バグダードで活躍したウード奏者サフィーウッディーン・ウルマウィーの音楽理論の分析。
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  トラウトマン工作の性格と史料 -日中戦争とドイツ外交-:日中戦争と国際的対応 https://t.co/LLCSM3gNfO #CiNii ドイツ側外交文書分析してて面白いよ。
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
テニヲハ研究書と連歌論書における文法事項の交渉--「姉小路式」の記述を手掛かりに https://t.co/ULXEHrmswh

2 2 2 0 説文解字注

RT @hoshimiyaakari0: https://t.co/zyl2KmIrn9 https://t.co/qAZHbLO4Ai 2007年の鳳凰出版の説文解字注上・下をお持ちの方にお尋ねします。 これの本文は繁體字ですか、簡體字ですか?