著者
平塚 徹
出版者
京都産業大学
雑誌
京都産業大学論集. 人文科学系列 (ISSN:02879727)
巻号頁・発行日
vol.51, pp.301-325, 2018-03

日本では,しばしば,イエスは馬小屋で生まれたと言われる。しかし,西ヨーロッパにおいては,イエスが生まれたのは,家畜小屋である。日本における馬小屋伝承の起源については,これまで研究がなかった。 キリシタン書では,イエスの生まれた場所は,しばしば,「うまや」とされていた。この語は,語源的には馬小屋を意味するが,牛小屋を指すのにも転用されてきた。キリシタン書における「うまや」は,家畜小屋の意味で使われたと考えられる。本稿では,禁教時代を経てキリスト教解禁以後,「うまや」という語が馬小屋の意味で理解されて,馬小屋伝承が流布し定着したという仮説を提案した。その他に,以下の要因が働いた可能性も指摘した。(1)聖徳太子が厩の前で生まれたという伝説に影響された。(2)英語においてイエスの生まれた家畜小屋を指すにはstableが用いられる。しかし,この語は,通常,馬小屋を指すように意味変化している。(3)ルカ2章に出てくる飼い葉桶の適当な訳語がなく,『明治元訳聖書』や『大正改訳』などの日本語訳聖書で「槽(うまぶね)」や「馬槽(うまぶね)」が用いられた。

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

その可能性は全くありません。 日本書紀の推古天皇元年(593年)の夏四月庚午朔己卯(=四月十日)には、 皇后懐妊開胎之日、巡行禁中監察諸司至馬官、乃当厩戸、而不労忽産之。 とあります。聖徳太子の母が禁中(今風に言えば皇居)の中を巡って様々な役人を監察して(=業務をチェックして)、馬官=馬の世話をする役人のところまで来て、ちょうど厩(馬小屋)の戸のあたりで、労せずして直ぐに(聖徳太子を)産んだ ...

Twitter (20 users, 20 posts, 9 favorites)

.@lawtomol 記事はこちら。 https://t.co/cBSiDJSqLT https://t.co/Gi21gNMfiJ 「イエス・キリストは馬小屋で産まれたのではない?聖書や外典に書かれてある文書を..」https://t.co/PHQRTIxXDa にコメントしました。
@konijnenhofje 小学校の時に、聖徳太子が馬小屋で生まれたとされたのは、キリストにあやかってのものと教えられた記憶があります。しかし、今ではその説は疑問視されている様ですね。 この様なものがありました 「日本ではイエスが馬小屋で生まれたとされているのはなぜか」 https://t.co/9GDHkQ5rfE
後で読む https://t.co/cJtNFQ4kqj
日本ではイエスが馬小屋で生まれたとされているのはなぜか https://t.co/FRklWyMAUK φάτνηは「飼い葉桶」の他に「家畜小屋」という解釈がある。
@Rhacir 原語は「家畜小屋」とも「飼馬桶」とも取れるということらしいんですよね https://t.co/ssMXnJVNJu
キリストと聖徳太子が馬小屋で産まれたと言われるなら偉人になるためには馬小屋で生まれたほうが早そうだな https://t.co/VUqAD8DHWe
同著者の論文PDFまであったわ 日本ではイエスが馬小屋で生まれたとされているのはなぜか https://t.co/RqZ0VAUPIK
平塚徹「日本ではイエスが馬小屋で生まれたとされているのはなぜか」 京都産業大学の紀要。日本では普通「馬小屋」とされていますが、もともとは「家畜小屋」だったらしいです。 https://t.co/71oz8DW6Mw

収集済み URL リスト