言及状況

Twitter (9 users, 10 posts, 15 favorites)

検索してみると次のような文献があったので,圏のarrowに型射(けいしゃと読むらしい)という訳語を充てているのは銀林浩『量の世界』(1975)らしい(初出かどうかは不明)。まあ同型射(isomorphism)などから型射(morp… https://t.co/C8tHZuYvsa
物理的「量理論」ノート 「量こそは算数教育の背骨をしめる重要問題だと断言しでもまちがいない。」「量の体系化に成功したなら,小学校の算数教育の困難は大部分が解消するであろう」 https://t.co/OXD5DkBDxs
@takehikom @LimgTW 具体的には,以下の2つ。 ・物理的「量理論」ノート 倉賀野 志郎(北海道教育大学) http://t.co/JzC4IQ7Ymy ・量と単位をめぐる問題と検討 久保 和良(小山工業高専) http://t.co/3CmB2HlyiY
びびりつつ言ったことの根拠の一つは倉賀野志郎『物理的「量理論」ノート』1984 http://t.co/VUhPHzyDGz 。所謂「量の理論」が「物理的な量」「子供による量の認識に関する科学的研究」(ゆえに「算数教育」)と無関係の「独自理論」に「発展」していたことがよくわかる。
#掛算 北海道教育大学の先生が「量の理論」を研究している → http://t.co/GMospbJB2y

収集済み URL リスト