言及状況

Twitter (71 users, 114 posts, 169 favorites)

@k2Bo5rRSaaJaDk5 @wodzioden @turbo0421 @ticktack08241 @2goRPeSy5hsxd37 @HRS5758D @ID_Seiron @syobo_n20xx @nana77rey1 @KikaiRen @online_checker @NwFle6q9vQTXb4q @kt_lec_serious @CLn0Rp5Hfw2I8A9 @with_pride1 @Ys_Category @Magmag40887776 @hiragana8190 @ggxKMOi7vBSwt6k @mediabreaker21 @saya_fairyland @YukikoPool @kumadatta01 @aurXCanJyw3ePxS @edogawahanako55 @sawara201408 @koikeyoshitaka @MIkRxZ7QQLCU0 @Nzdaisukiikoiko @den198804 @TEAR_ACCEL @bot84067059 @Junito04899663 @Pmari50959 @yone147258369 @moe303060 @madaoorz2 @atr46056249 @REON60206927 @assoonaspossi10 @csyuvMhPcpyuLE1 @hdr_mck @SeitokaiYakuinF @pablichenkosssr @FvTF2DxpChUP4pM 養子は養父と擬制的血縁関係を結びます。 婿養子は妻の実父と養子縁組して妻の実家を夫が継承する慣習です。 井戸田博史氏のリンク先に妻と養女の違いを説明、妻は氏の継承原理の対象ではありません。 https://t.co/4gAxMTIAsR
@tosiho @ticktack08241 @aurXCanJyw3ePxS @NwFle6q9vQTXb4q @mediabreaker21 @den198804 @koikeyoshitaka @nana77rey1 @HRS5758D @CLn0Rp5Hfw2I8A9 @with_pride1 @2goRPeSy5hsxd37 @Magmag40887776 @hiragana8190 @ggxKMOi7vBSwt6k @saya_fairyland @YukikoPool @kumadatta01 @sawara201408 @k2Bo5rRSaaJaDk5 @TEAR_ACCEL @syobo_n20xx @JACKEY81421082 @Junito04899663 @Pmari50959 @madaoorz2 @atr46056249 @REON60206927 @kt_lec_serious @csyuvMhPcpyuLE1 @UGO75VSd7QMe0zr @SeitokaiYakuinF @pablichenkosssr @FvTF2DxpChUP4pM あなたが批判的な井戸田氏ね https://t.co/dL2qAlwE7b 井戸田氏も、出自は夫婦別氏と言っているが、横田センセや梅センセを参考として論文に出しているよ https://t.co/owHbFmpm1N https://t.co/BPvknf4jqA
@abengers2 @hiragana8190 @HRS5758D @ticktack08241 @REON60206927 @ggxKMOi7vBSwt6k @madaoorz2 @den198804 @sawara201408 @k2Bo5rRSaaJaDk5 @koikeyoshitaka @TEAR_ACCEL @mediabreaker21 @syobo_n20xx @Magmag40887776 @JACKEY81421082 @with_pride1 @YukikoPool @X2Can3joy @Pmari50959 @kumadatta01 @turbo0421 @NwFle6q9vQTXb4q @atr46056249 @kt_lec_serious @csyuvMhPcpyuLE1 @UGO75VSd7QMe0zr @saya_fairyland @SeitokaiYakuinF @pablichenkosssr @FvTF2DxpChUP4pM @vB6T5dn8OdRiTmB @otsukaikumasan デマは反対派ですよ。 反対派の話は自己観念と浅い理解で全く勉強になりません。 ちなみに桂昌院については側室なので例としては正確ではないが、井戸田博史氏が著書「夫婦の氏」で灯篭の銘文で例としてもあげていますね。 昔の女性の人名として参考になる https://t.co/4gAxMTIAsR
@k2Bo5rRSaaJaDk5 @A38hqyHZkhRGdvQ @HRS5758D @nana77rey1 @syobo_n20xx @UGO75VSd7QMe0zr @MIkRxZ7QQLCU0 @A_Schnee_S @saya_fairyland @VNrespectFN @assoonaspossi10 @koikeyoshitaka @hdr_mck @SeitokaiYakuinF @motoken_tw @TEAR_ACCEL @ggxKMOi7vBSwt6k @pablichenkosssr @FvTF2DxpChUP4pM @aurXCanJyw3ePxS @X2Can3joy @NwFle6q9vQTXb4q @madaoorz2 @den198804 @vB6T5dn8OdRiTmB @kt_lec_serious @runrunpon @atr46056249 @yone717 @moe303060 @Magmag40887776 @otsukaikumasan @2goRPeSy5hsxd37 @csyuvMhPcpyuLE1 @REON60206927 @edogawahanako55 @schmalkaizen @atr58748830 @Nzdaisukiikoiko @dozeen3 @Ta_Howait @wworeww1 @Junito04899663 @kmm295 @nyanhechan @Sf8Mf3o2JFKv5uk @karusatonotora @E27FdOJwjnhdfpd @ha8ka0 @cp0GUGoG5QAaeRd 貴方には私は何度も歴史家の図書を引用して反論済みです。 井戸田博史氏の近世の夫婦別名字の論文がネットにあります。 貴方には言ってなかった? https://t.co/4gAxMTIAsR 誰も貴方の歴史観の無い説なんか信用しないよ(爆笑)
@wodzioden @abengers2 @cosmicworld000 @NwFle6q9vQTXb4q @salt_sugar 井戸田博史氏の論説ならwikiの夫婦別姓の注釈でネットに上がっているものを見れます。 https://t.co/4gAxMTIAsR 複数の歴史家の著書をあげてる私を怪しいと思う人はいない。本すら読まないで言ってる貴方が理解が足りないと人から思われる。
@motoken_tw @NwFle6q9vQTXb4q @2goRPeSy5hsxd37 @REON60206927 @moe303060 @aurXCanJyw3ePxS @madaoorz2 @kt_lec_serious @FvTF2DxpChUP4pM @omas_ @den198804 @TEAR_ACCEL @otsukaikumasan @X2Can3joy @yone717 @nana77rey1 @vB6T5dn8OdRiTmB @runrunpon @csyuvMhPcpyuLE1 @atr46056249 @SeitokaiYakuinF @edogawahanako55 @schmalkaizen @atr58748830 @Nzdaisukiikoiko @dozeen3 @VNrespectFN @Ta_Howait @Magmag40887776 @wworeww1 @hdr_mck @Junito04899663 @kmm295 @nyanhechan @Sf8Mf3o2JFKv5uk @karusatonotora @E27FdOJwjnhdfpd @ha8ka0 @cp0GUGoG5QAaeRd @Ron82794189 @Emmanuel_Chanel ちなみに、我が国は夫婦別氏であったし、選択的夫婦別姓には賛成とする井戸田先生は、熊谷氏や大藤氏の論をひいて家の表象と仰っています 【私の個人的意見ではありませんよ】 氏、名字を研究されている方の意見です モトケン先生はどう思われますか
@toshi_takamoto @ikedanob 江戸時代は夫婦別姓が定着していたという文献があるようです。家族の形態の理想を武士道精神に帰着させるのであれば、別姓の方が根源的かも。 https://t.co/ZesOnyZIJh
@ManWood01123840 @k2Bo5rRSaaJaDk5 @asishipping 江戸時代は夫婦別名字であった事は井戸田博史氏の論文がネットで公開されていますので参考にして下さい。 できれば議論する場合は、相手に聞く前に自身で調べて勉強して下さい。 その上で論拠を出して議論します。 https://t.co/4gAxMTIAsR
@jack88912057 井戸田博史は明治時代の墓碑で夫婦別名字であった事を指摘してます https://t.co/4gAxMTIAsR 大藤修氏は幕末の墓碑で夫婦別名字であった事を指摘してます。 「日本人の姓・苗字・名前」p.58 熊谷開作氏は明治4年の氏子帳で母と妻が生家の氏で記されている写真を掲載してます。 「婚姻成立史序説」p.243
@S68778832 @ochiyasu1 私の言っていることが正しい事はこの井戸田博史氏の論文を読めばわかります。 「江戸時代の妻の氏 夫婦別氏」https://t.co/SbBzCfe36N
姓氏をずっと研究されている井戸田博史氏ですら、正式は江戸時代においても夫婦別苗字とは言っているものの、手紙は夫の苗字を使用(◯◯の妻等)していると、実生活では同苗字であった事は認めている ※あまりに男尊女卑を強調した物言いには賛同は出来ないとしても https://t.co/dL2qAlwE7b https://t.co/Wug98UsPAy
>正妻と側室との身分の違いを明らかにするために生家の氏を名乗らせたというのが夫婦別姓。 江戸時代の妻の氏 夫婦別氏 井戸田博史 が出典です。 https://t.co/SbBzCfe36N
@jack88912057 >正妻と側室の身分差を示すため出自を明らかにする必要 江戸時代の妻の氏 夫婦別氏 井戸田博史 が出典です。 https://t.co/SbBzCfe36N
江戸時代の妻の氏 一一夫婦別氏一一 井戸田 博史 https://t.co/aBZ5Ogp74t
奈良学園大学学術リポジトリ 江戸時代の妻の氏 一一夫婦別氏一一 https://t.co/yLVbma8nIt
メモ2。「江戸時代の文書、系図、墓碑の通例を調査すると、妻は(夫の氏ではなく)生家の父の氏を名乗っていた」という論文。 ここでは、夫婦関係よりも父子関係を維持するための氏制度(夫婦別氏制度)であったことが考証されていて興味深い。 https://t.co/W5CapYR94y
@tosiho 武士階級が江戸期に夫婦別姓を採用していたとしてもそれをもって、明治期に人口では圧倒時多数の庶民が夫婦同姓を自らの風俗習慣として取り入れたことを否定することはできない。 https://t.co/SbBzCfe36N
@k2Bo5rRSaaJaDk5 夫婦別姓墓は井戸田博史の論文にあり、wikiの注釈にあります。(wikiのリンクは切れてるので、表題で検索) https://t.co/4gAxMTIAsR 社会的立場があって実名で、Omegaman氏にイイネした人は、これを読んで頂きたい。
@tmme1234 @myahuu @hosakanobuto そういう場合は、該当箇所を具体的にあげて下さい。 私は貴方の質問にwikiの該当箇所をちゃんとあげました。 夫婦別姓の根拠は井戸田博史が論文にあります。 wikiの夫婦別姓の項でもリンクがあります。 https://t.co/4gAxMTIAsR
@NwFle6q9vQTXb4q 苗字の歴史は、明治31年の民法ができるまで夫婦別姓だった事を貴方は自身で言ってる。 つまり、夫婦同姓の歴史より、 夫婦同姓でなかった歴史の方が遥かに長い。 それを私は既に貴方に指摘した。 庶民にも苗字を持つ者もいたが、夫婦別姓でした。 https://t.co/4gAxMTIAsR 屋号は名字ではありません
@code_dia @nana77rey1 @takurou2020 @VNrespectFN @asahi 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏- https://t.co/4gAxMTIAsR "それを公的に名乗れるのは当主を中心とする男子であった。公的な活動が認められていなかった女性には、氏は無縁の存在であった。この場合の妻の氏も別氏であったが"
@WorsickMorrel 井戸田博史の論文として引用してるのは wiki 夫婦別姓に引用元としてリンクがあるもの指しています。 奈良法学会雑誌 江戸時代の妻の氏 一一夫婦別氏一一 https://t.co/4gAxMTIAsR
@WorsickMorrel ちなみに他の読者にもわかるように補足記述 井戸田博史の論文として引用してるのは wiki 夫婦別姓に引用元としてリンクがあるもの指しています。 奈良法学会雑誌 江戸時代の妻の氏 一一夫婦別氏一一 https://t.co/4gAxMTIAsR
@fujimiyoico 社会を変革したがる人類学者ってオウム真理教やナチス党と同じ虐殺者の類いですよ。 こちらの論文を読んで日本の姓の歴史を勉強してください。 https://t.co/BazFsNH8Ef
@pablichenkosssr @WGwaihir @VNrespectFN @town_leader 江戸時代に苗字を持っていた庶民は夫婦別姓です。 井戸田博史の論文のリンクを何回も提示 https://t.co/4gAxMTIAsR 太政官令の夫婦別姓の回答に対して地方から「伺い」が出たのは明治20年以降の話です。 と既に回答済み
@pablichenkosssr @WGwaihir https://t.co/4gAxMTIAsR
@pablichenkosssr @WGwaihir 画像の話は明治以降の話です。 井戸田氏は論文で江戸時代は庶民も夫婦別名字であった事を指摘しています。 https://t.co/4gAxMTIAsR
@pablichenkosssr https://t.co/4gAxMTIAsR
@pablichenkosssr https://t.co/4gAxMTIAsR
@pablichenkosssr https://t.co/4gAxMTIAsR 元々名字の慣習が夫婦別姓だからです。 先祖からの家系なので、夫と妻は出自が違うので同じ名字ではありません
@WorsickMorrel 近世の庶民の夫婦別名字の例は大藤修氏は水戸藩の庶民の墓碑の墓標の例が書いてあります。 「日本人の姓・苗字・名前」P.58 井戸田博史の論文もあります 江戸時代の妻の氏 一一夫婦別氏一一 https://t.co/4gAxMTIAsR
75頁の養子と配偶者の考え方がむちゃくちゃ興味深い!家を継ぐには妻だけではだめで、養子に入らねばならぬ!((*゚∀゚)日本の家制度おっもしろ!! #日本史 #明治以前の家制度 https://t.co/vp6NrmDtAY
@turbo0421 @TairaYoshinobe @sandykeih @yone717 @testes1221 「父から嫡男へと代々受け継がれる個人名のことであり」 坂田聡氏曰く 庶民も家名として父子承継の慣習があった 井戸田博史は庶民の名字は 「~公的な活動が認められていなかった女性には、氏は無縁の存在であった。この場合の妻の氏も別氏であったが~」と夫婦別名字説 https://t.co/4gAxMTIAsR →
@turbo0421 @testes1221 @yone717 だから名字の正式は先祖の出自の「家」を表すから、夫婦でも別名字と何度も言ってます。 https://t.co/4gAxMTIAsR
@hinotomoki2 @uronoro2001 江戸時代は名字を公称で来ていたのは武士や公家、上層の庶民です。出自を家を表す「家」の名称として父子間で継承する概念なのは同じです。 江戸時代の妻の氏 井戸田博史著 https://t.co/4gAxMU0bRr
@yasu197508161 史料なら、名字に関する歴史の市販図書を私は何冊か読んで学んでいます。 直接、私は史料を見てませんが、それらの歴史家の説を根拠に話しています。 近世の夫婦別名字説は井戸田博史氏、大藤修氏が著書で述べています。 井戸田氏の論説はネットでも閲覧できます。 https://t.co/4gAxMTIAsR
@mukaituru @alf683086 @tomo66388825 @aizawaseishisai 女戸主だったと結論付ける根拠は? 既に女性が夫の名字を使用する例として女戸主があると回答済み。 女戸主については、ネットにも井戸田博史の論説がある https://t.co/4gAxMTIAsR いや、明治36年は既に夫婦同姓だよ。 貴方が何かを否定したいのなら、貴方がそれだけの詳細の論説をしなさいwww
@bar_donjuan 井戸田博史氏の論説が昔の人名概念を知るのに参考になります https://t.co/4gAxMTIAsR
@VrTN00VBqngu0cU @mukaituru wiki 夫婦別姓 出典125 井戸田博史氏の江戸時代の妻の氏の論説へのリンク https://t.co/4gAxMTIAsR …
@FORCEPS4 @turbo0421 リンク先のブログの人は、夫婦別姓反対の為に欠いているので歴史的事柄の解釈が恣意的で誤りです。 江戸時代の名字を持っていた庶民も夫婦別名字であった事は歴史家の井戸田博史、大藤修氏などが慣習や墓碑などから指摘済みです。 wiki 夫婦別姓 出典ヨリ https://t.co/4gAxMTIAsR
@ReCOUZY ネット上でも参照できるものがありますので、 wiki の夫婦別姓の出典123 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR … … 貴方はそれを勉強してから意見して下さい。
@turbo0421 @Gka6N8 男性の人名の記録があります。また少数ですが女性の名の記録の存在とあわせて当時の社会的概念の必然性を断定できます。 歴史研究家が市販図書や論文でそれを述べています。 wiki の夫婦別姓の出典123 井戸田博史「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」奈良法学会雑誌 https://t.co/4gAxMTIAsR … …
@PoCsqZV6S8aqEYj @utchie wiki の夫婦別姓の出典123 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR … を勉強してから意見して下さい。
@UQoodVmqeqdKg1k @ty35090 @_Within_A_Dream @youleeca @philo0331 wiki 夫婦別姓の注釈123のリンクが参考になります 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR …
wiki 夫婦別姓の注釈120のリンク 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR https://t.co/oXnehs4z9V
https://t.co/4gAxMTIAsR 嫁の婚家帰属意識だけでは、名字が妻自身のものになったという証明には全くならない。名字の在り方としての視点の研究の井戸田氏の論文に分がある。 逆に、帰属意識を言うのは心情論で客観論や歴史的な価値観では無く、このHPの筆者は名字の定義を新たに作り出している。
ふむふむ。 https://t.co/XfYR4KGN7I

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: X-enon147
2020-01-31 17:25:54 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト