言及状況

Twitter (4 users, 15 posts, 1 favorites)

@hinotomoki2 @uronoro2001 江戸時代は名字を公称で来ていたのは武士や公家、上層の庶民です。出自を家を表す「家」の名称として父子間で継承する概念なのは同じです。 江戸時代の妻の氏 井戸田博史著 https://t.co/4gAxMU0bRr
@yasu197508161 史料なら、名字に関する歴史の市販図書を私は何冊か読んで学んでいます。 直接、私は史料を見てませんが、それらの歴史家の説を根拠に話しています。 近世の夫婦別名字説は井戸田博史氏、大藤修氏が著書で述べています。 井戸田氏の論説はネットでも閲覧できます。 https://t.co/4gAxMTIAsR
@mukaituru @alf683086 @tomo66388825 @aizawaseishisai 女戸主だったと結論付ける根拠は? 既に女性が夫の名字を使用する例として女戸主があると回答済み。 女戸主については、ネットにも井戸田博史の論説がある https://t.co/4gAxMTIAsR いや、明治36年は既に夫婦同姓だよ。 貴方が何かを否定したいのなら、貴方がそれだけの詳細の論説をしなさいwww
@bar_donjuan 井戸田博史氏の論説が昔の人名概念を知るのに参考になります https://t.co/4gAxMTIAsR
@VrTN00VBqngu0cU @mukaituru wiki 夫婦別姓 出典125 井戸田博史氏の江戸時代の妻の氏の論説へのリンク https://t.co/4gAxMTIAsR …
@FORCEPS4 @turbo0421 リンク先のブログの人は、夫婦別姓反対の為に欠いているので歴史的事柄の解釈が恣意的で誤りです。 江戸時代の名字を持っていた庶民も夫婦別名字であった事は歴史家の井戸田博史、大藤修氏などが慣習や墓碑などから指摘済みです。 wiki 夫婦別姓 出典ヨリ https://t.co/4gAxMTIAsR
@ReCOUZY ネット上でも参照できるものがありますので、 wiki の夫婦別姓の出典123 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR … … 貴方はそれを勉強してから意見して下さい。
@turbo0421 @Gka6N8 男性の人名の記録があります。また少数ですが女性の名の記録の存在とあわせて当時の社会的概念の必然性を断定できます。 歴史研究家が市販図書や論文でそれを述べています。 wiki の夫婦別姓の出典123 井戸田博史「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」奈良法学会雑誌 https://t.co/4gAxMTIAsR … …
@PoCsqZV6S8aqEYj @utchie wiki の夫婦別姓の出典123 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR … を勉強してから意見して下さい。
@UQoodVmqeqdKg1k @ty35090 @_Within_A_Dream @youleeca @philo0331 wiki 夫婦別姓の注釈123のリンクが参考になります 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR …
wiki 夫婦別姓の注釈120のリンク 井戸田博史、「江戸時代の妻の氏 --夫婦別氏--」『奈良法学会雑誌』 2000年 第12巻 3・4号 , NAID 120005888631, 奈良産業大学法学会 https://t.co/4gAxMTIAsR https://t.co/oXnehs4z9V
https://t.co/4gAxMTIAsR 嫁の婚家帰属意識だけでは、名字が妻自身のものになったという証明には全くならない。名字の在り方としての視点の研究の井戸田氏の論文に分がある。 逆に、帰属意識を言うのは心情論で客観論や歴史的な価値観では無く、このHPの筆者は名字の定義を新たに作り出している。
ふむふむ。 https://t.co/XfYR4KGN7I

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: X-enon147
2020-01-31 17:25:54 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト