著者
清水 茂雄
出版者
飯田女子短期大学
雑誌
飯田女子短期大学紀要 = Bulletin of Iida Women's Junior College (ISSN:09128573)
巻号頁・発行日
vol.33, pp.1-123, 2016-05-27

Die logo-phenomenologische Erläuterung zu Amitayurdhyana Sutra besteht aus twei Teilen. Der erste Teil enthält die Erörterung über die Beziehung zwischen der Philosophie Heideggers und Amitayurdhya Sutra. Aber der zweite Teil soll die logo-phenomenologische grammatische Dialektik, die hinter der Temporalität in der Philosophie Heideggers liegt, entfalten. In dem zweiten Teil stehen wir hinter der Temporalität. Die zweite Hälfte dieser Abhandlung gehört dem zweiten Teil. Der hinter der Temporalität liegende Bereich heißt <der grammatische Bereich>, der das Element der logo-phenomenologischen grammatischen Dialektik ist. Der kursive Ausdruck bedeutet hier die logo-phenomenologische grammatische Sache. Die <Welt> in 《Sein und Zeit》 ist <der logische Bereich>, der gegenüber dem grammatischen Bereich liegt. Der Bereich zwischen dem logischen Bereich und dem grammatischen Bereich ist Werden oder der transitive Bereich. Dieses <Werden>, aus dem logischen Bereich gesehen, soll als das <Ereignis> in der Philosopie Heideggers angesehen werden. Indem die logo-phenomenologische grammatische Dialektik vollends entwickelt wird, daraus folgt, daß Amitayurdhyana Sutra das ursprüngliche Wesen der <Zeit> bildlich verdeutlich.
著者
OSTERMANN Wolf-Uwe
出版者
飯田女子短期大学
雑誌
飯田女子短期大学紀要 (ISSN:09128573)
巻号頁・発行日
vol.24, pp.29-36, 2007-05-27

Obwohl Englisch die erste Fremdsprache in Japan ist, sprechen es die meisten Japaner entweder kaum oder so mangelhaft, daβ eine Kommunikation auf Englisch nicht zustande kommt (mit Ausnahme des wirtschaftlichen Bereiches). Die vorliegende Arbeit befaβt sich mit den allgemeinen und speziellen Ursachen dieses Phänomens.
著者
林 晋子 山本 由紀子 菱田 博之 相澤 里美 宮下 幸子
出版者
飯田女子短期大学
雑誌
飯田女子短期大学紀要 = Bulletin of Iida Women's Junior College (ISSN:09128573)
巻号頁・発行日
vol.33, pp.253-264, 2016-05-27

保育者養成校が設定するカリキュラムマップ(教育目標)をどの程度達成しているかは,学生による自己評価や養成校教員による評価だけでなく,実際に保育者として従事した現場の評価からも検討する必要がある.本研究では卒業生の就職した幼稚園や保育所,施設の代表者を対象に質問紙調査を行い,養成校の教育目標がどの程度達成されているか,また達成されていないかを検討することを目的とした.その結果,20項目中15項目に有意差がみられ,「専門機関との連携」以外の項目は平均値以上の値を示していることから,教育目標は概ね達成されていることが明らかとなった.自由記述においては,養成校で指導している知識や技術よりも勤務への態度や健康管理に関することが高く評価された一方で,保護者や保育者とのコミュニケーション能力や積極的・主体的な姿勢が課題であることが明らかとなった.また,養成校に期待する点は社会人としての人間性やマナー,文章表現,基礎学力であることが明らかとなった.したがって,教育目標は概ね達成されてはいるものの,今後は知識や技術が定着するように授業構成を工夫することや社会人としての人間性やマナーを身につける機会を増やすこと,コミュニケーション能力が高まるように保護者や保育者と関わる機会を増やしていくことが必要であると考えられる.
著者
及川 直樹
出版者
飯田女子短期大学
雑誌
飯田女子短期大学紀要 = Bulletin of Iida Women's Junior College (ISSN:09128573)
巻号頁・発行日
vol.32, pp.1-25, 2015-05-27

幼児のチーム対抗のサッカー遊びにおけるルールの実態を把握し,遊びの方向性を定め,発展を支える要因を検討した.対象は,長野県内にある私立幼稚園の年長A組であった.週1回,自由遊び時間におけるサッカー遊びを参与観察した.各観察日のサッカー遊びにおいて,ルールを適用した場面など意味的にまとまりのある場面を一つの事例とし,事例間の比較検討などを行った.その結果,サッカー遊びの方向性を定め,発展を支えていたのは,幼児の 「本当のサッカー」 への志向性の高まり,ボールを扱う技術の向上とそれに伴う動きの質的変化,チーム内での仲間意識やチーム対抗の意識の高まりの3つの要因であり,これらは複合的に関連しながら遊びの発展を支えていた.以上をもとに,サッカー遊びでは,遊びの目標を損なわず,園や幼児の実態に合わせた必要最小限のルールを導入し,幼児が工夫して遊びを展開できるように援助するのが望ましいと推察された.
著者
小笠原 京子
出版者
飯田女子短期大学
雑誌
飯田女子短期大学紀要 = Bulletin of Iida Women's Junior College (ISSN:09128573)
巻号頁・発行日
vol.29, pp.1-58, 2012-05-27 (Released:2012-10-26)

本研究は,離職率の高いとされる新人介護職員に対する研修の整備が社会的に解決すべき課題と位置づけ,個別性を重視した研修の効果の検討を目的として行った.介護現場の研修の必要性は広く認識されているものの,指導者不足や人員不足等により,十分な研修が行われているとは言いきれない.長野県内の特養を対象に行った新人研修に関する実態調査では,ほとんどの施設において新人研修は実施されているが,中途採用者に対する実施率は低く,研修の内容や方法にも差が見られた.また,協力を得られたA特養の新人職員に対して,自己評価とインタビュー調査を行った結果,研修体系を整えるだけでは解決されない問題があることが明らかになった.さらに,その新人職員の課題に対して事例検討を行い,それぞれ介入した研修の効果を検証した結果,個別性を重視した研修が,新人職員の課題解決に一定の効果があることを示した.