著者
橋本 行史
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 = The journal of policy studies (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
no.13, pp.1-40, 2019-03

本論文では、港湾都市としての視点から神戸と堺の関係を歴史的に考察する。神戸市と堺市は、ともに港湾主導で発展してきた港湾都市である。しかし近隣の大都市である大阪市の直近の人口は増加し、加えて京都市の人口が横ばいないし微増であるにもかかわらず、神戸市と堺市の人口は減少している。その原因は、地域の成長を牽引する産業が育っていないことにあり、現在の両市は、次の発展段階を臨む踊り場に立っている。港湾都市は、取り扱う旅客や貨物を外部の地域に依存するがゆえに盛衰の幅が大きい。海港に空港も含めて両市を港湾都市としてみるならば、神戸も堺もともに大阪の外港としての機能を持っており、両市の盛衰は大阪との関係性によって左右される「シーソーゲーム」である。歴史的観点から港湾都市としての神戸と堺の関係を考察する。In this paper, we consider the relationship between Kobe and Sakai from a perspective of port city. Kobe and Sakai are both port cities developed under the initiative of the port. However, despite the current population of Osaka, a neighboring big city, is increasing,in addition to being flat in Kyoto,the population of Kobe and Sakai is decreasing. The reason is why industries leading the growth of the region are not growing up. Both cities are in the landing where the next stage of growth is going. The port city has a wide range of development and decline because its handling cargoes depend on external areas. As a port city, Kobe and Sakai have functions as outer harbours in Osaka, so the development and decline of the two cities is a "seesaw game" where the relationship with Osaka affects the rise and fall of both cities.
著者
橋本 行史
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 = The journal of policy studies (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
no.14, pp.1-25, 2020-03

本研究はJSPS研究費JP17K02054の助成を受けたものである。
著者
岡本 哲和
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 = The journal of policy studies (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
no.10, pp.1-20, 2016-03

日本の国会で成立する法案の中には、一定期間後にその内容を見直すことを求める、いわゆる「見直し条項」が含まれることが多くなってきている。見直し条項は、法案成立をめぐる与野党の政治的妥協の産物であると一般的に考えられてきた。それに対して本稿では、将来における法律の修正と廃止をスムースに促すための、政策デザインのツールとして見直し条項を再評価する。さらに、日本における利用状況およびその利用を促す要因についての検討を行うことによって、見直し条項が政治的妥協の手段というよりも、むしろ政策デザインのための方法として用いられている傾向があることを明らかにする。There has been increasingly widespread adoption of "re-examination provisions," which require legislators to review the content of legislation after a certain period of time, to bills enacted by the Japanese Diet. The attachment of re-examination provisions has been considered as a product of political compromise between the ruling party and opposition parties. This article, contrary to this common belief, reassesses re-examination provisions as an effective tool for policy design to facilitate policy termination. By examining the factors that affect the adoption of reexamination provisions, the author indicates that there is a tendency of re-examination provisions to be employed as a policy design tool rather than the way for political compromise.
著者
橋本 行史
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.1-40, 2019-03-29

本論文では、港湾都市としての視点から神戸と堺の関係を歴史的に考察する。神戸市と堺市は、ともに港湾主導で発展してきた港湾都市である。しかし近隣の大都市である大阪市の直近の人口は増加し、加えて京都市の人口が横ばいないし微増であるにもかかわらず、神戸市と堺市の人口は減少している。その原因は、地域の成長を牽引する産業が育っていないことにあり、現在の両市は、次の発展段階を臨む踊り場に立っている。港湾都市は、取り扱う旅客や貨物を外部の地域に依存するがゆえに盛衰の幅が大きい。海港に空港も含めて両市を港湾都市としてみるならば、神戸も堺もともに大阪の外港としての機能を持っており、両市の盛衰は大阪との関係性によって左右される「シーソーゲーム」である。
著者
松元 雅和
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.21-41, 2016-03-31

公共政策学はその下位部門として、公共政策に関する価値の諸問題を扱う研究分野をもっている。その目的は、公共政策の善し悪しを規範的に評価したり、その意思決定を手助けしたりするための処方的知識を提供することである。それでは公共政策学者は、個々の公共政策に関して、具体的にどのようにして処方的知識を提供しうるのであろうか。本稿では、公共政策学と隣接する政治学において規範研究を担う政治哲学から知見を得ることを目指したい。はじめに、政治哲学における〈規範研究〉の方法論的性質について概観し(第Ⅱ章)、次に、応用倫理学の方法論的知見も参照しながら、〈応用研究〉に従事するにあたっての具体的な方法を整理・評価する(第Ⅲ章)。最後に、以上の方法論を規範的政策研究に転用するにあたっての留意点を列挙したい(第Ⅳ章)。Public policy studies aim to illuminate various aspects of public policy, a subfield of which deals with value-related issues in this subject. The purpose of the subfield is to provide a necessary prescriptive knowledge to evaluate the good and the bad of public policy, and to assist its decision-making. Now, how do public policy scholars provide a prescriptive knowledge for a particular public policy? This paper aims to get some instructions from political philosophy, which is concerned with addressing normative themes in the field of political science. First, it will explore the methodological nature of "normative studies" in political philosophy (Chapter II). Next, with reference to methodological discussion in applied ethics (biomedical ethics in particular), it will develop and evaluate a specific method of how to conduct "applied studies" (Chapter III). Finally, it will address the remaining points to remember when applying these methodologies to normative public policy studies (Chapter IV).
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.239-262, 2013-03-30
著者
松元 雅和
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 = The journal of policy studies (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
no.10, pp.21-41, 2016-03

公共政策学はその下位部門として、公共政策に関する価値の諸問題を扱う研究分野をもっている。その目的は、公共政策の善し悪しを規範的に評価したり、その意思決定を手助けしたりするための処方的知識を提供することである。それでは公共政策学者は、個々の公共政策に関して、具体的にどのようにして処方的知識を提供しうるのであろうか。本稿では、公共政策学と隣接する政治学において規範研究を担う政治哲学から知見を得ることを目指したい。はじめに、政治哲学における〈規範研究〉の方法論的性質について概観し(第Ⅱ章)、次に、応用倫理学の方法論的知見も参照しながら、〈応用研究〉に従事するにあたっての具体的な方法を整理・評価する(第Ⅲ章)。最後に、以上の方法論を規範的政策研究に転用するにあたっての留意点を列挙したい(第Ⅳ章)。Public policy studies aim to illuminate various aspects of public policy, a subfield of which deals with value-related issues in this subject. The purpose of the subfield is to provide a necessary prescriptive knowledge to evaluate the good and the bad of public policy, and to assist its decision-making. Now, how do public policy scholars provide a prescriptive knowledge for a particular public policy? This paper aims to get some instructions from political philosophy, which is concerned with addressing normative themes in the field of political science. First, it will explore the methodological nature of "normative studies" in political philosophy (Chapter II). Next, with reference to methodological discussion in applied ethics (biomedical ethics in particular), it will develop and evaluate a specific method of how to conduct "applied studies" (Chapter III). Finally, it will address the remaining points to remember when applying these methodologies to normative public policy studies (Chapter IV).
著者
深井 麗雄
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.151-186, 2013-03-30

本稿の課題は、長野県岡谷市に本拠を置く地域紙「信州・市民新聞グループ」(部数4万7千部)の特異な紙面づくりや読者へのアンケート調査、現地での聞き書きなどを素材として、今後のメディアの在り方を探ることにある。一見、地元のミニ情報だけを網羅的に掲載した地味な紙面だが、徹底的に地域ニュースに特化した紙面は日本でも珍しい。地域固有の文化や伝統などを背景にしながら、自律的に新たなサービスや商品を生み出して、持続可能な生活を目指す地域の住民に役に立っているという点を強調したい。This article focused the future of the media by examining the group of Shinsyu-citizen’s-newspaper. It has a circulation of 47,000 and has a unique character. I conducted a survey in the form of questionnaire and hearing investigation. At a first glance, the newspaper is not so characteristic and carries only exhaustive local information. But my conclusion is it is very unique. I would like to emphasize that the newspaper creates new autonomous services from regionally specific culture and tradition and it helps local residents who want to live a sustainable life.
著者
中屋 宏隆
出版者
関西大学政策創造学部
雑誌
政策創造研究 = The journal of policy studies (ISSN:18827330)
巻号頁・発行日
no.10, pp.43-69, 2016-03

本稿では、まず西ドイツの原子力発電の導入期である1950年代から1960年代にかけての西ドイツのエネルギー状況の推移が概観された。次に、西ドイツの原子力研究開発の開始から大規模原子炉の導入にまで至る過程が分析された。そこで明らかになったのは、石炭を別にすると資源小国とも言える西ドイツの危機感であった。すなわち、西ドイツは経済成長を実現する中で、エネルギー消費を拡大させる社会状況に対応するために、石炭以外の安定したエネルギー源の確保が必要であった。そこで導入が計画されたのが、原子力であった。これまで西ドイツは、1970年代の石油ショックを契機に原子力への依存を拡大させたと解釈されることが多かったが、原子力の必要性は既に1960年代には認識され、着実にその準備を進めていたのである。今後の研究は、その点を基本的理解に据えながら進められる必要がある。In dieser Arbeit wird ein Überblick um die Energiewirtschaft in BRD von 1950 bis 1970 gegeben und die Vorgänge bei der Entwicklung der Kernenergieforschung analysiert. Damit ergab sich, dass BRD Kriesengefühl für die Energieversorgung hatte. Weil der Energieverbrauch in der Wirtschaftswunder zugenommen hatte, musste die Bundesregierung die stabilen Energiequellen neben Kohle sichern. Dafür wurde die Atomkraft eingeführt. In den 1960er Jahren baute BRD aktiv Leichtwasserreaktoren mit amerikanischen Hilfen auf. Ein Reaktor in Kahl/Main von Bayern wurde als das erste Versuchskernkraftwerk konstruiert. Das Kraftwerk nahm den Betrieb in 1961 auf. Die Reaktoren, die nach Kahl/Main geplant und aufgebaut wurden, vergrößerten sich langsam aber sicher. Es begann in 1970, den damals größten Reaktor der Welt mit 1225 MW Bruttoleistung in Biblis zu konstruieren. Es wurde zum neuen Epoche für die deutsche Atomwirtschaft. Hatte man interpretiert, dass die Atompolitik von BRD allgemein wegen Ölkrise in den 1970er Jahren entstand, wurde die Notwendigkeit bereits seit 1960er Jahre begriffen. Das werde die grundsätzliche Erkenntnis für zukünftige Forschung.