著者
富谷 玲子 Tomiya Reiko
出版者
神奈川大学
雑誌
神奈川大学言語研究 (ISSN:09153136)
巻号頁・発行日
no.32, pp.59-78, 2009

Foreign residents in Japan called "newcomers" have been increasing since the late 1970s. Japanese language support for newcomers was started by citizen volunteers around the mid 1980s, and these "community language classes" now exist nationwide. Nowadays Japanese language support for newcomers is called "Japanese language education in community" and has come to be focused on as one area of investigation in Japanese language teaching research. This paper aims to review Japanese language education in community from a critical point of view. First, the ignificance and limitations of citizen volunteers who have been contributing Japanese language education in community are discussed. Second, problems related to constituent member(Japanese and newcomers)in community classrooms from the viewpoint ofnewcomers are presented. Finally, the reasons why there has been little or no discussion incorporating newcomers themselvesas a concerned-party are analyzed. In order for newcomers to be able to fully participate in the society, it is indispensable to guarantee the community language, that is, to guarantee opportunities to learn the Japanese language. This paper points out the necessity to establish a system to provide opportunities to newcomers. It also points out the necessity for both Japanese people and newcomers themselves to question the significance of Japanese language learning.
著者
永山 友子
出版者
神奈川大学
雑誌
神奈川大学言語研究 (ISSN:09153136)
巻号頁・発行日
vol.28, pp.175-192, 2005

本稿は,将来の観客に対して行われる,外国語映画を観るという行為のコンテキスト化を,当該映画の公開前後に掲載された新聞広告を通して分析する。考察の対象として,分かりやすさが求められるものの,タイトルがカタカナ語になっているディズニー^<TM>・アニメーション映画の広告を取り上げた。5ヶ月にわたる継時的な分析を行った結果,これまでにディズニー^<TM>とピクサー^<TM>が共同制作してきた映画への言及,他のマス・メディアにおける映画評の引用,相次いで発表される映画賞の話題や,両社のブランド効果を通して張り巡らされた間テキスト性がコンテキスト化の主な要因になっていたことが検証された。
著者
彭 国躍
出版者
神奈川大学
雑誌
神奈川大学言語研究 (ISSN:09153136)
巻号頁・発行日
vol.26, 2003
著者
奥村 匡子 Okumura Kyoko
出版者
神奈川大学言語研究センター
雑誌
神奈川大学言語研究 (ISSN:09153136)
巻号頁・発行日
no.38, pp.23-41, 2015

It has previously been indicated that shadowing has a beneficial effect on pronunciation in terms of prosody. This study analyzed the speech of Vietnamese learners in terms of changes in their accentand intonation, over a period of four months of shadowing practice. The results demonstrated that: 1) word accents increased in accuracy; 2) the intonation of the ka at the end of interrogative sentencesbegan to be inflected upwards; and 3) the intonation of the yo at theend of sentences expressing transmission of information continuedto be expressed as a rising tone, though it is supposed to be a fallingtone. It was the shift in focus towards phonetics that assisted Vietnamese learners in achieving overall improvement in their fourmonth period of pronunciation study.
著者
前田
出版者
神奈川大学
雑誌
神奈川大学言語研究 (ISSN:09153136)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.139-162, 2002

多くの日本に居住している外国人達がよく感じることは彼らが日本人からたびたびファースト・ネームで呼ばれることである。これは日本人同士がファースト・ネームで呼び合うケースと比べると比較にならないほど頻繁に行われている。日本人は外国人に対して自分たちをファミリー・ネーム+タイトル(-さん,Mr.またはMs.等)で呼ばれるように期待しているにもかかわらず、彼らは外国人に対してファースト・ネームで呼び返すことが多い。外国人にとってこれは次の二つの原理原則を破ることになる。一つ目は呼称の相関性、二つ目は民族にかかわらず同等の扱いがなされていないと言うことである。しかし多くの日本人にとって外国人はどんな場合でもファースト・ネームで呼ばれることを好んでいると信じ込まれている。筆者は各全国ネットのテレビ局で放送している番組を通じてこれらの現況を調べてみることにした。十八ヶ月かけて二百例を観察した結果、下記の二つの主な事例が判明した。外国人は自分たちの国の中で呼ばれるよりも多くファースト・ネームで呼ばれている。外国人女性のほうが外国人男性よりも頻繁にファースト・ネームで呼ばれている。
著者
野家 啓一
出版者
神奈川大学
雑誌
神奈川大学言語研究 (ISSN:09153136)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.161-164, 1989