著者
松尾 豊
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.31, 2017

本発表では、深層学習による特徴量の生成と進化的な仕組みについて議論する。まず、特徴量の生成と自己保存の双対性について述べる。次に、自然界においては、環境における最適化を進化で行う場合と学習で行う場合があり、それらの区別がどこに由来するのか、さらにその方向が学習に傾いていることを述べる。

言及状況

はてなブックマーク (11 users, 11 posts)

従来の通俗的理解では「計算機は0と1だけ・デジタル・離散的、人間は好きと嫌いの間に無限の段階がある連続的」な感じだったのに、最近では逆に計算機上の学習器のほうが対象が微分可能であることを求めてくる感じか
松尾先生の面白い論考。「世界は微分可能になっている」

Twitter (179 users, 189 posts, 419 favorites)

なんでこんなとこで数学の言葉使いたがるんやろ?よく言葉の意味考えた? https://t.co/qqerAEMx32
私は、「世界は微分可能化している」と強く感じる。 すごいパワーワードだ https://t.co/Cmc5Pn6ss6
「生物の究極的な目的は 、個体の保存ないしは種の保存」あたりで読むのをやめようと思ったhttps://t.co/PIeVVCb40k
松尾さんについては、この名文を読めば十分 https://t.co/DsptJSWAxC
https://t.co/AF0mUwwUBj
https://t.co/iusVFsSBaC
後で読む。 https://t.co/zUMEB9pHQt
こんな風に様々な事象を具体と抽象を行き来して繋げて考えた方が面白みありやね https://t.co/qjVb1ftacx
松尾豊氏の「ディーブラーニングと進化」とても面白かった。進化は交叉や突然変異によるDNAからタンパク質合成の最適化だから離散的だった。急発展中の学習は、誤差逆伝播できる微分可能な目的関数をいかに作るか、いかに微分可能化させられるか。 https://t.co/YzzkkibXPK
https://t.co/djQzNKhh6E
みてた:https://t.co/iTdkRGP3Qz
“ディープラーニングと進化 松尾 豊” https://t.co/oMmqRC3rJY
「ディープラーニングと進化」と題したJSAI2017のOSの松尾さん論文、何気なく読んだらめっちゃおもしろかった。574.pdf https://t.co/3Gvh0OB6td
note : ディープラーニングと進化 - 松尾 豊 「世界は微分可能化している」 --... https://t.co/VqqOvpvBjh
メモ https://t.co/7DxRXzJlbx
文中の「世界は微分可能化している」のアタマに「私の」が抜けている。「物理世界における最適化が主問題であり、情報世界における最適化が双対問題」の部分もそう。 https://t.co/ZLgKJ9GtfJ
東京大学 松尾先生のJASI 2017全国の論文がすごいので、メモとして貼っておきます。「微分可能」って人が扱える能力そのもの、って気がします。幸せとかの感情も日常を微分したもの、とかいう意味不明なメモもここに残しておきます
ディープラーニングと進化 [pdf] || https://t.co/d7GOHY6aIG - https://t.co/d7GOHY6aIG
@ysk_yt810 今聞いてるからインプットしとくわ https://t.co/DEViMfu8hk
松尾先生の面白い論考。「世界は微分可能になっている」 / “ディープラーニングと進化 松尾 豊” https://t.co/o6cMYrI3bK
超面白かった / “ディープラーニングと進化 松尾 豊” https://t.co/bBlEIDXxzr

収集済み URL リスト