Katsue Nagakura (@kaetn)

投稿一覧(最新100件)

とりとりさんたちの論文→ ソーシャルメディアを用いた新型コロナ禍における感情変化の分析 https://t.co/l5WS0gufg8
2020年度 人工知能学会全国大会(第34回)/次世代AI研究開発(2) さらなる進化に向けて https://t.co/mRiB9CR2Ao
Early SNS-based monitoring system for the COVID-19 outbreak in Japan: a population-level observational study https://t.co/2tMGPFrDU8
武田先生がシェアしてたこれおもしろかった J-STAGE Articles - MEDLINE収録 国内医学雑誌の経年分析:採録数の減少と電子データの重要性 https://t.co/5eLk9zWEVR
NISTEPの第11回科学技術予測調査 S&T Foresight 2019 総合報告書は↓からDLできる https://t.co/XTDEfTJdgw
RT @hiroosa: ファシズムがどのように起こったか、第二次世界大戦時の日独伊仏の資料からテキストマイニングで分析。人に同調を迫る演説の特徴 とはhttps://t.co/ZijkFx8TlA
RT @hideman2009: 被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 h…
@hideman2009 最近気になった新学術キラキラネームは「ネオウイルス学」 https://t.co/qlxPb8UFb1 ウイルスのレゾンデートル探求とか最高
RT @drinami: そして情報処理7月号の「ビブリオ・トーク -私のオススメ-」は、私自身による「攻殻機動隊」の紹介です。キチンと講談社から原作の引用許可を頂き、心を込めて執筆しました https://t.co/lvSLDs5l9t https://t.co/QQVgzB…
こないだの人工知能学会でエマちゃんたくせんさんとやってる医療AI関連のプロジェクトを「医療分野におけるAIへの信頼」というタイトルでエマちゃんが発表してくれました。 https://t.co/5zYhkOAbCV
KAKEN — 研究課題をさがす | VRを用いた人における探索行動パターンの定量化と認知機能の予測手法開発 (KAKENHI-PROJECT-18K18140) https://t.co/Jet8VaO8DQ
「ネット世論」研究から見る「ハイブリッド・エスノグラフィー」の必要性 木村 忠正 https://t.co/67fgr6BuJG
RT @narumin: 気づいたら公開されてました.天ぷらにプロジェクションマッピングすると香り,温かさ,味,おいしさの感じ方が変わるっていう研究... https://t.co/oBMxuCE7vN
@hideman2009 おもしろそう!その裏でエマちゃん発表するやつ一応共著になってるのと、5日夕方の倫理委員会セッション企画してて、あと取材はどうしようか考え中。鹿児島美味しそうだよねえ。 https://t.co/sMOzUBg1xr https://t.co/UkBSuUxuzf
@hideman2009 おもしろそう!その裏でエマちゃん発表するやつ一応共著になってるのと、5日夕方の倫理委員会セッション企画してて、あと取材はどうしようか考え中。鹿児島美味しそうだよねえ。 https://t.co/sMOzUBg1xr https://t.co/UkBSuUxuzf
@hatto_on @hiroosa なんかもう企画タイトル反映されてますね。。。https://t.co/UkBSuUxuzf
「エンタテイメント作品におけるロボットの操縦方法」(大山英明、阪口健) https://t.co/DJ7WxfxBAl
RT @toritorix: 色々考えさせられるなあ. 男であることがすでに優遇されているということか. 「女性研究者のリアル」 https://t.co/dM96W8dTfK
NII坊農先生のコラム|視点 女性研究者のリアル:その1 出産育児と不妊治療 https://t.co/StztcTuBXU
学術雑誌掲載のプレスリリース数は05-12年で12倍に|学術研究のメディア報道における定量的調査研究—プレスリリースと原論文、そして新聞報道の関連—https://t.co/3nMfdYadUo
RT @hiroosa: 続いて江間さん。AI基準でも欧米が枠組みを作ってそのうえで踊る構造の問題。日本からの枠組みも必要ではないか。一昨日の倫理委員会の話(まばら)。会員と会員外で半々 https://t.co/GcKQznmM95 #jsai2017
「ディープラーニングと進化」と題したJSAI2017のOSの松尾さん論文、何気なく読んだらめっちゃおもしろかった。574.pdf https://t.co/3Gvh0OB6td
RT @hideman2009: 明日の人工知能学会の発表,超優秀な@takato1414 君のおかげでなんとかなりそう...ありがたい...僕にしては珍しい計算モデルとシミュレーションの研究! 「刹那から共有信念へのプロジェクションダイナミクスと創発現象」 https://t…
RT @KoichiroEto: 【告知】「情報処理」2017年6月号に、「信念の受賞 ~Tim Berners-Lee氏のチューリング賞受賞に寄せて~」という記事を書きました。ぜひお読みください! https://t.co/1lqiHYdsD2 https://t.co/GV…
人工知能学会全国大会は26日午後に「人工知能と社会について考える場づくりの実践」という発表をエマちゃんがします。ここ最近仲間たちとやってる取り組みの紹介。https://t.co/VSZR1CcztD
RT @KAWASHIMAshigeo: 人工知能学会全国大会の一日目(5月23日)に「人工知能倫理に関わる社会的次元/個人的次元の峻別と交差」というタイトルで発表しますが,発表資料が公開されましたのでお知らせです。残念ながらゆっくりできず,日帰りです。。。https://t.…
RT @hideman2009: 人工知能学会の予稿が公開されている.今回,ロボットに代謝系や血液をもたせたいね,って話をします(怪しい).まだほとんど妄想だけど... "刹那から共有信念へのプロジェクションダイナミクスと創発現象" https://t.co/KdkY2ZYP5U
NIIとトヨタの共同研究。自動走行の目的地設定に使えるのかしら|jsai2017:1N2-OS-39a-2in1 オープンなデータベースを利用した行動計画提案に関する研究 https://t.co/eRGOkYgUq8
イランの科学技術政策のレポート。調さんの、国会図書館の調査報告書。https://t.co/k2m8CeOI52
表紙が話題の人工知能学会誌の今月号、「日本のAI 元気な若手の動き」は、全ての記事がオープンアクセス。山川さんに感謝。。。 https://t.co/YaK0uYOwM1
@kaetn これだー。はじめに、だけの抄録。 https://t.co/Ed4S8RaQWr
RT @s_kajita: 座談会「鉄腕アトムの世界とロボット技術」 手塚治虫、加藤一郎、内山勝、広瀬茂男、細田祐司、大島正毅、下山直子 日本ロボット学会誌、vol.4. no.3, pp.306-311, 1986. https://t.co/L09FmE8Gag
日本のソフトウェアの草創期:II. 応用ソフトウエア オンライン・システム・MARSのソフトウェア(ハードウェアとの機能分担) https://t.co/xuwyM2y6H9
萩谷先生|情報教育の格差と,情報学分野の参照基準:情報教育の基盤となる学問としての情報学 https://t.co/qAqo2cpeJz
RT @shima_usa96: 私たちの国の象徴が「生物学者として地道な研究をなさっている」って、誇らしいし、嬉しい。>CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/MlSabRdOMt #CiNii
第21回日本バーチャルリアリティ学会大会/風圧を用いた擬似触覚力覚提示インターフェイス https://t.co/O8TSw8Lhny
KAKEN — 科学に基づいた道徳概念のアップデート https://t.co/F42ADay0Mj
KAKEN — シンギュラリティと人類の生存に関する総合的研究 https://t.co/P5v436nIjU
国内研究開発費の7割以上が民間企業で大学・公的機関は3割弱。研究成果として表に出てくるのは大学・公的機関だから、科学技術報道から全体把握はできないのよねと新聞記者時代に思ったっけhttps://t.co/Y280y0hFR7
CiNii 論文 -  ウルトラセブンの訪問により解熱をした腎移植の1例 https://t.co/3eIoSglIJh #CiNii
人工知能が浸透する社会を考える(AIR)https://t.co/kZrsujHPsTの研究成果。後で読む。|運転・育児・防災活動,どこまで機械に任せるか:多様なステークホルダーへのアンケート調査 https://t.co/9zcAi4vOhn
@hideman2009 間テキスト性、知らなかったですがおもしろいですね。https://t.co/32uWIZmKnbウィキよくわからずググってこれわかりやすかったです。これも気になりました→https://t.co/GDqHloXMkI
じゅんじさんの人工学会誌のインタビュー。境界領域を生きる人はおもしろい|人工知能学会 AI書庫(アイショコ) [旧:未来メディア実験館] https://t.co/XGrKUJNv6m
新学術「人工知能と脳科学の対象と融合」で、松尾さんが研究代表の課題|KAKEN — ディープラーニングと記号処理の融合による予測性の向上に関する研究 https://t.co/dU00UokS7Y
今年度からの新学術。OISTの銅谷さんが領域代表|KAKEN — 人工知能と脳科学の対照と融合 https://t.co/CpUCyF5wfj
@hideman2009 サイバネティックシミュレーションでした→https://t.co/0WhC3sehwp 例えばこれで、「ヘルシー」が良い方向とか「渋滞なくす」が良い方向というのはわかりやすいですが、これって何にでも使えるのでその時どう決めるのかと考えていました。
@hirakawah 私ちゃんと理解できていないんですが、多分そんなイメージだと思います。人工物が介在する社会システムそのものがあたかも生命現象のように振る舞うようなものなのかと。このOSの池上さんの「はじめに」で終わっている予稿→https://t.co/Ed4S8RaQWr
@NextInnovators ご丁寧にありがとうございます。研究者が研究に集中できない問題についてはいろいろな意見がありますが、大学研究者については以下が参考になるかと思います。https://t.co/CkOii9IvoI、https://t.co/JBsf93khEN
第5期科学技術基本計画における主要指標について https://t.co/DgJbwr2P2q
RT @MasakiHoso: 過去半世紀から未来を見るhttps://t.co/vmAYeIx5A8 "学会は,その歴史の中に後進の手本となる人をもつことこそが使命だと思う.国策で無闇と金をつぎ込んで,結局金に群がる権力志向の研究者だけをはびこらせてしまった無残な研究分野を私…
「地球環境情報統融合プログラムDIASは,大規模かつ多様な地球観測データを中心に,社会経済データなどとも統融合することで,環境問題など社会課題の解決に有用な情報を国内外に提供することを目的とする。」あとで読む http://t.co/ZFAviBzbxE
RT @skumagaya: 綾屋(2015). 当事者研究とソーシャル・マジョリティ研究の循環. 情報処理, 56(6), 555-557. → http://t.co/d7Z7YaJQVV
読みたい。図書館にあるかな|CiNii 論文 -  理研の「ウラニウム爆弾」構想 : 第二次世界大戦期の日本の核兵器研究 http://t.co/srXbdIpMCT #CiNii
CiNii 論文 -  研究者育成における「科学と社会」教育の取り組み : 総合研究大学院大学の事例から(<特集>研究開発における学際性) http://t.co/57umMHRuVE #CiNii
RT @next49: 人工知能学会の学会誌「人工知能」の今年号から情報処理学会と同じ方式で電子版がダウンロードできるようになった。例 → 大澤  博隆: 2015年表紙更新にあたって ─前年の「表紙問題」のまとめとこれから─, JSAI (30)1 http://t.co/…
RT @s_kajita: HRP-4C開発メンバーの一人である三浦郁奈子氏は2013年5月19日3:34pm(現地時間),米国ボストンにて交通事故で亡くなられた.マサチューセッツ工科大学の客員研究員として,一年間の予定で滞在中の事故であった.https://t.co/7bAL…
再帰性ってこれかー。やはり再帰性反射材のことではなかった|CiNii 論文 -  アンソニー・ギデンズの「再帰性」概念について http://t.co/SUZka9s8RF
RT @nmasaki: 科学技術政策の専門家小林信一氏の研究不正問題についての論考 小林信一「我々は研究不正を適切に扱っているのだろうか―研究不正規律の反省的検証― 」上・下『レファレンス』No.764,765 http://t.co/UjMCCQMANG http://t.…
RT @nmasaki: 科学技術政策の専門家小林信一氏の研究不正問題についての論考 小林信一「我々は研究不正を適切に扱っているのだろうか―研究不正規律の反省的検証― 」上・下『レファレンス』No.764,765 http://t.co/UjMCCQMANG http://t.…
RT @sakumad2003: ちょっと前の論文だけど興味深い。イギリスの雇用の流動性の現状はああなっちゃった、と言うよりなってからの時間も長く社会システムもそれに合わせて再構築されている感がある。→元村 有希子 科学コミュニケーターのキャリア形成 : 英国の現状 http:…
RT @yanotomoaki: @s_kajita 極限作業ロボット(1983-1990)のバルブ回しから進展していないと感じる。http://t.co/VLq6nijlMd 人は、空中で止めるより何かに倣う方が楽なのに、ロボットは環境との干渉が苦手。正反対の特性が一向に改…
RT @syutoken_sanka: 「先天性風疹症候群に対して必要な情報を医師が提供しなかったことにより裁判で医師が有責とされた」 流行が明らかな現在において、不妊治療中に、抗体価を確認せず、ワクチンも打たずに妊娠してCRSを発症した場合有責とされるかも  http://t…
RT @hayano: 原子力規制委員長 田中俊一氏が英文で執筆した福島第一原発事故に関する論文 - "Accident at the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Stations of TEPCO" 日本学士院紀要に掲載 http: ...

お気に入り一覧(最新100件)

私が関わった中国のサイエンス関連の記事でネットからみれるものをまとめました 中国でラボをはじめるということ https://t.co/yOCBbB3Kfa “科学技術強国”中国の躍進と日本の厳しい現実 |NHK NEWS https://t.co/r7kyW6bOxz “科学技術強国”めざす中国|NHK 国際報道   https://t.co/L1Al8ddIF6
人多すぎ #SiggraphAsia2018 来場者数が20,000人を超えるという噂。 「#SIGGRAPH 見聞記」という学会向けレポートを毎年執筆しているのですが、この数字は神戸の2~3倍。Laval Virtual(15,000人)を超えて、本国ロサンゼルス開催を超える規模。日本開催スゲー! #SA18 https://t.co/mmKDFvglzl https://t.co/dSlHl625P1
J-STAGE Articles - 「クロスモーダル/マルチモーダル2」特集号刊行にあたって https://t.co/u8q038nf9j 編集委員をやった論文誌特集号がでました!みんな読んでね!
ハゲタカジャーナルの問題を含め、査読の問題を包括的に扱ってる解説。 / 査読の抱える問題とその対応策 https://t.co/nOk8j2WYJJ
大学生サンプルにおいて、ツイッターでの独り言的ツイートが、私的発話(メモと代替可能)から社会的発話(誰かに話すのと代替可能)に変わってきているようだよという研究。日本語。/ 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/YKtsrFkLke
人狼に関する論文が感性工学会論文誌で公開されたようです. 「人狼ゲームにおけるエージェント存在の開示度に対する看破への影響」 https://t.co/Y7UvB0romY
情報処理学会論文誌の特選論文に選出されました! https://t.co/HUqQItCzlY 電子工作キットで自作するインタラクティブ音響浮揚装置 https://t.co/YOEcqTaWM3 ニコニコ学会での発表を洗練し、学会発表・展示会を経て論文化しました。
いまこそこちらが参照されるべき。 森脇江介「科学研究費交付金制度と基礎研究振興論:科学振興調査会と帝国議会における議論を通じて」(特集 戦前・戦中期における学術支援体制の形成) https://t.co/UG9CdJlqyS

フォロー(206ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
コロナ対策は消毒液ではなく洗剤でも良い場面も多い。 https://t.co/S55Yl2tztt ペットボトルなどに消毒液の作り置きなどはやめましょう。飲んでしまう事故がおきます。 誤って飲んだ場合 https://t.co/yEce1ARHAL 発症に塩素系洗浄剤の関与が疑われた声門上狭窄の一症例https://t.co/nmQls5MnES
集計プログラムを修正したところ、既発表論文のグラフ(図1)と大体同じ形状になった。よかった。 https://t.co/bYXsain5dV https://t.co/7AAp4kmiVM
RT @tmak_tw: 学生としてサーベイ論文書きました。学会発表の機会をいただいたのですが、関心ある人もいらっしゃるかな、と思い、学校でも加筆版をリサーチレポートとして公開してもらいました。 / In-Network Computingから見るデータセンタネットワークの研究…
関西学院大学でこんな研究をしている人がいるのか! イヌ=ヒト共通性格尺度 (CHOPS) の開発 https://t.co/nwqs7zarOb

フォロワー(1033ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @AnatomyGiraffe: カバの「赤い汗」に含まれる色素を単離し、その機能を探る論文。図が良い。 汗には赤い色素とオレンジの色素が含まれ、どちらも紫外線を吸収する”日焼け止め”のような機能をもつとのこと。赤い色素には抗菌作用もあり、傷口を膿みにくくする役割も果たし…
RT @kuriedits: 咳嗽におけるアズレンとポビドンの比較試験ってほとんどないのでこれは貴重かなと思います。結果に驚きはありませんが、感冒は対症療法しつつ自然軽快を待つので、痛みが強いならやはりアズレンがセオリーかなと思いました。 口蓋扁桃摘出術後の疼痛に対する含嗽療…
https://t.co/P3t9kI5fBz こちらでしょうか?(>_<) https://t.co/M0qlYE1XW4
コロナ対策は消毒液ではなく洗剤でも良い場面も多い。 https://t.co/S55Yl2tztt ペットボトルなどに消毒液の作り置きなどはやめましょう。飲んでしまう事故がおきます。 誤って飲んだ場合 https://t.co/yEce1ARHAL 発症に塩素系洗浄剤の関与が疑われた声門上狭窄の一症例https://t.co/nmQls5MnES
↓(日本語母音) 日本人の脳機能のユニークさと文化 https://t.co/BkAf1C3qAa ・日本語話者は持続母音や自然音に含まれる僅かのFM (周波数変調) に対して鋭敏 ・例えば、基音F1と第2フォルマントF2の周波数比が inharmonicでF2がFM音 → 左半球(言語脳)へ ・母音に対する脳機能の分担は後天的に決定 https://t.co/0VHbL32fQe
集計プログラムを修正したところ、既発表論文のグラフ(図1)と大体同じ形状になった。よかった。 https://t.co/bYXsain5dV https://t.co/7AAp4kmiVM
国立国会図書館調査及び立法考査局 『レファレンス』誌 カレン・アカロフほか「議会への科学助言に関して 共同して導き出された国際研究アジェンダ」(翻訳) https://t.co/8AEo6xPhIc
RT @tmak_tw: 学生としてサーベイ論文書きました。学会発表の機会をいただいたのですが、関心ある人もいらっしゃるかな、と思い、学校でも加筆版をリサーチレポートとして公開してもらいました。 / In-Network Computingから見るデータセンタネットワークの研究…
関西学院大学でこんな研究をしている人がいるのか! イヌ=ヒト共通性格尺度 (CHOPS) の開発 https://t.co/nwqs7zarOb
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に https://t.co/yie4Cq2GsG #CiNii コロナ禍の未来はこうなる。渡辺が執筆した時点ではカドミ腎症は公害病と認めていなかった。この後、加害企業と…
↓(千葉・梶山『母音』) 不朽の名著 ”The Vowel (1942)” の日本語訳 https://t.co/FPG32CNbP0 訳者の解説(2001) https://t.co/sorXaBPPBC ・母音論争:音源フィルター理論(線形システムモデル)vs 声帯と声道の相互作用(非線形な強制振動) ・母音知覚特性:正規化問題は今日になお残された宿題 https://t.co/cadOGqed0W
Our co-authored paper has just been published! We found that the rice extract changes the rhizobia to a symbiotic morphology in culture and also causes nitrogen fixation. Great work on Microbes Environ. by Teerana! Mechanisms of Rice Endophytic Brady... https://t.co/bywW1uHlZ9
RT @sug100foroba: 高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 「実戦編」 連載第1回の総説論文が出版されました ( ・∀・)ノ 粳間剛 仙道ますみ 注意機能向上のためのマインドフルネス瞑想 地域リハ2019;14:59-65 http…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害被害放置の諸要因――イタイイタイ病発見の遅れと現在に続く被害―― https://t.co/GuXiC6cbkT #CiNii 四大公害の救済の遅れと棄民政策はコロナ禍の未来を示唆しているよ。そういう国体を我々が選ん…
あとバックナンバーになってしまったけどこれも「新型コロナウイルスへの対応から考えたこと—「感染症を見て人を見ず」とならないために 岩室 紳也 保健師ジャーナル 2020; 76(7):pp.550-557」https://t.co/B6EpfkLsBT