著者
藤原 帰一 城山 英明 ヘン イークァン ORSI ROBERTO 和田 毅 錦田 愛子 華井 和代 HUSSAIN NAZIA 中溝 和弥 竹中 千春 清水 展 杉山 昌広
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2019-04-01

本研究は、水資源を焦点に、グローバル・サウスの地域・国々の事例を取り上げ、気候変動による自然の衝撃が社会と政治にどのようなストレスをもたらすか、また、いかなる過程を経て社会の不安定化、資源獲得競争、国家の動揺、武力紛争、難民・移民などの現象を引き起こす原因となるのかを問い、気候変動政治のメカニズムを解明する。同時に、自然の脅威を前に国際社会、国家、草の根社会がいかなる緩和と適応を行うかを考察し、気候変動レジリアンスの仮説を提示する。さらに、気候変動安全保障を中核とする新しい安全保障論と、国連持続可能な開発目標(SDGs)とを連携させたグローバル・ガバナンス論を論じ、政策的検討を試みる。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 4 favorites)

気候変動と水資源をめぐる国際政治のネクサス-安全保障とSDGsの視角から https://t.co/uwjRnRnV5F
この研究も4400万円なの? --- 気候変動と水資源をめぐる国際政治のネクサス-安全保障とSDGsの視角から https://t.co/L5OQF8eJz1 --- 理系の研究者は怒って良いよね。社会学系の研究費はやっぱおかしいよ。 https://t.co/WqastlchoJ

収集済み URL リスト