著者
伊藤 壽一 中川 隆之 平海 晴一 山本 典生 坂本 達則 小島 憲 田浦 晶子 北尻 真一郎
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2008

本研究によって内耳発生に重要な因子が内耳再生医療に有用であることを発見した。細胞増殖制御因子p27Kip1を生後マウス蝸牛で抑制すると、増殖能がないとされていた生後哺乳類の蝸牛支持細胞が増殖した。HGFやEP4アゴニストが内耳障害の予防や治療に有用であることを発見し、そのメカニズムを解明した。Notchシグナルが、内耳内の細胞運命決定だけでなく感覚上皮前駆細胞の分化タイミングの制御や維持を担うことを発見した。

言及状況

Twitter (1 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:内耳再生医療の開発-内耳発生分子機構を応用したトランスレーショナルリサーチ-(伊藤 壽一) http://t.co/pJ2me1sH
こんな研究ありました:内耳再生医療の開発ー内耳発生分子機構を応用したトランスレーショナルリサーチー(伊藤 壽一) http://t.co/N82HYAT
こんな研究ありました:内耳再生医療の開発ー内耳発生分子機構を応用したトランスレーショナルリサーチー(伊藤 壽一) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20249068

収集済み URL リスト