著者
荒井 克弘 佐藤 直由 猪股 歳之 大迫 章史 渡部 芳栄 羽田 貴史 米澤 彰純
出版者
独立行政法人大学入試センター
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

少子化にともなって大学進学者数の伸びは鈍化しつつある。しかし他方で、大学の数は漸増を続けており、この市場競争の厳しい時代を大学はどのような経営で生き抜こうとしているのか、私立学校、大学の設置者である学校法人に焦点を合わせ、法人が採っている経営戦略を(1)学校法人内部での調整、(2)学校法人外部との連携・統合、(3)設置形態の変更の3つに類型に分け、それぞれについて訪問調査およびアンケート調査を行った。その結果、拡大に加えて縮小や廃止などを同時進行で行ってきた学校法人の存在や、地域との連携を重視して生き残りを図る学校法人などの各種の実態が事例として明らかになり、学校法人の経営行動の多様性が明らかになった。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

[KAKEN][学校法人][大学経営][高等教育研究]
[大学][学校法人][KAKEN]

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

“KAKEN — 研究課題をさがす | 市場化時代における大学法人の研究:経営ユニットとしての法人組織の連携・統合・解体 (KAKENHI-PROJECT-20330170)” https://t.co/jM6MckoMV0 #KAKEN #学校法人 #大学経営 #高等教育研究
[大学][学校法人] / “KAKEN - 市場化時代における大学法人の研究:経営ユニットとしての法人組織の連携・統合・解体(20330170)” http://t.co/t92f4mhSMO
こんな研究ありました:市場化時代における大学法人の研究:経営ユニットとしての法人組織の連携・統合・解体(荒井 克弘) http://t.co/2YvpeBPQ

収集済み URL リスト