著者
安江 恒 藤原 健 大山 幹成 桃井 尊央 武津 英太郎 古賀 信也 田村 明 織部 雄一朗 内海 泰弘 米延 仁志 中田 了五 中塚 武
出版者
信州大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2011-04-01

将来予想される気候変動下での国産主要4樹種の肥大成長量や密度変化の予測を目的とし,年輪年代学的手法による気候応答解析を行った。スギ,ヒノキ,カラマツ,ブナのクロノロジーネットワークを構築し,気候データとの相関解析を行った。スギとヒノキについては,ほとんどの生育地において冬~春の気温が年輪幅変動に対して促進的に影響していた。ブナにおいては,比較的寒冷な生育地では,夏季の気温が年輪幅に促進的に影響しており,一方温暖な生育地では気温が制限要因となっていないことが示唆された。カラマツについては,生育地によって年輪幅や密度と相関を示す気候要素が大きく異なっていた。

言及状況

Twitter (1 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:気候変動下における国産主要樹種の肥大成長および材質の変動予測(安江 恒) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/23380097
こんな研究ありました:気候変動下における国産主要樹種の肥大成長および材質の変動予測(安江 恒) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/23380097
こんな研究ありました:気候変動下における国産主要樹種の肥大成長および材質の変動予測(安江 恒) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/23380097

収集済み URL リスト