著者
山本 英二 渡邉 匡一 山田 健三 佐藤 全敏 西田 かほる
出版者
信州大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28

本研究では、これまで荒唐無稽で信憑性に欠けるとして研究対象と見られてこなかった偽文書や由緒書を活用して、近世日本における歴史認識と記憶の問題について取り組んだ。具体的には、長野県木曾郡王滝村御嶽神社を事例に、これまで19世紀以降に展開すると考えられがちであった由緒を、17世紀にさかのぼって分析・検討した。本研究では、従来の研究では手薄であった寺社縁起と由緒の関係に着目して、その由緒を論じた。またアーカイブズ学の方法論を活用して、史料群自体が有する歴史的言説について明らかにした。今回の研究では、戦前・戦後を通じてその全貌が明らかでなかった御嶽神社の古文書整理を完遂することができた。

言及状況

Twitter (6 users, 7 posts, 2 favorites)

近年は偽文書研究も盛んになってきていて、こんな研究もある。https://t.co/dPhI1qDzWg 王滝御嶽神社は旧県社だから、けっして「小さな神社」ではない。
こんな研究ありました:偽文書・由緒書からみる近世の歴史認識と記憶(山本 英二) http://t.co/BQ1VTJCQkc
こんな研究ありました:偽文書・由緒書からみる近世の歴史認識と記憶(山本 英二) http://t.co/BQ1VTJCQkc

収集済み URL リスト