著者
木浦 勝行 瀧川 奈義夫 市原 英基 中村 栄三 吉野 正 高田 穣
出版者
岡山大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2011

健常雄性 Slc: Wistar ラット 10 匹に鉄およびキレート剤を腹腔内へ反復投与し,5 匹で悪性腹膜中皮腫を認めたが,コントロール群,キレート剤投与群では認めなった。免疫染色(Calretinin, CEA 染色),電子顕微鏡による観察を行い,いずれも上皮型中皮腫であることを確認した。また,DNA 酸化損傷マーカーである 8-hydroxy-2-deoxyguanosine による免疫染色は陽性であり,従来の学説は確認された。ラジウムを含む微量元素を最終解析中である。

言及状況

Twitter (4 users, 9 posts, 0 favorites)

タイトルにはラジウムが出てきますが、研究成果に出てこない。 https://t.co/PNOiA5qpez 最終的な研究論文かな。 https://t.co/YoBJMAnn1h 胸水DNAの腫瘍抑制遺伝子の過剰メチル化は、LCと… https://t.co/rPRu7Bmn6K
これが成果報告 https://t.co/wMa8MfjPeH ラジウムを含む微量元素を最終解析中である。 結論は出ないまま。
これぐらいしかなくなったのかな? https://t.co/qMnlKrnENV 含鉄タンパク質が肺内でラジウムを濃縮 こちらが動物実験ですが https://t.co/2LmUrSeGug 検体からラジウムが検出されたかどうかは… https://t.co/0LZnkzdwKE

収集済み URL リスト