著者
新井 潤美 西川 克之 松本 朗 小山 太一 佐々木 徹 丹治 愛 草光 俊雄 加藤 めぐみ 前 協子 安藤 和弘
出版者
上智大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01

① 1981年の『炎のランナー』以降、サッチャー政権下のイギリスは、のちにヘリテージ映画と呼ばれることになる多数の映画を生み出していく。代表的なヘリテージ映画を解釈しながら、それらの映画がどのような主題的、映像的、イデオロギー的特徴を共有しているのかを具体的に議論した。② その一方で、ヘリテージ映画にかんする代表的な批評論文(とくにアンドリュー・ヒグソンのもの)を読み、自分たちが進めてきた個々の映画の作品論に照らして、その一般的な定義を批判的に検証し、それがもつ問題点をあぶり出すとともに、ヘリテージ映画にかんする新たな定義にむけて議論を重ねた。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 7 favorites)

「英文学と映画」内ヘリテージ映画論考わかりやす (広義)サッチャリズムの歴史観と国家観によるナショナル・アイデンティティを賛否問わず意識した80年代以降の映画群 1.狭義ヘリテージ→WW2以前 2.オルタナティヴ→選択性批判 3.ポスト→構造性批判 4.アンチ 科研費概要 https://t.co/OEHGV9S4pb
新井潤美先生代表の『イギリス・ヘリテージ映画とナショナル・アイデンティティに関する文化史的研究』も気になりますね https://t.co/f0zIATEkdI こっちもいかにも本になりそうな顔ぶれ

収集済み URL リスト