著者
神庭 重信 鬼塚 俊明 加藤 隆弘 本村 啓介 三浦 智史
出版者
九州大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01

うつ病の神経炎症仮説に基づき、動物実験としては、グラム陰性菌内毒素をマウスに投与して、行動および脳内の組織化学的変化について研究した。広範囲に及ぶミクログリアの一過性の活性化は見られたが、それを通じたアストログリア、オリゴデンドログリアへの影響は検出できなかった。ミクログリア活性化阻害物質であるミノサイクリンの投与は、内毒素投与の有無にかかわらず、抑うつ様行動を惹起した。培養細胞系では、ヒト末梢血中の単球から、ミクログリア様細胞を誘導することに成功し、気分障害罹患者を対象とする画像研究でも、拡散テンソル画像を集積した。これらの研究を通じ、うつ病と神経炎症の関連についてさらに知見を深めた。

言及状況

Twitter (7 users, 15 posts, 0 favorites)

〜ミノサイクリン投与がLPSの効果に与える影響を調べたところ、#ミノサイクリン(50mg/kg, b.i.d. x3d)は、LPS投与による #抑うつ様行動を増強する ことがわかった。これは予想とは逆の結果であったが、ミクログリア… https://t.co/ojA60hBv15
研究成果: 予想に反して、#ミノサイクリン 投与(50mg/kg, b.i.d. x3d)は尾懸垂試験において7日後も持続する #抑うつ行動 を惹起させたが、その効果は LPS (0.8mg/kg, i.p.) 投与の有無とは無関… https://t.co/bCpxBEz0K4
うつ病の神経炎症仮説に基づき、動物実験としては、グラム陰性菌内毒素をマウスに投与して、行動および脳内の組織化学的変化について研究した。ミクログリア活性化阻害物質であるミノサイクリンの投与は、内毒素投与の有無にかかわらず、抑うつ様行… https://t.co/sg1Lt1dgt4

収集済み URL リスト