著者
小湊 卓夫 嶌田 敏行 淺野 茂 大野 賢一 佐藤 仁 関 隆宏
出版者
九州大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2013-04-01

大学における教育では目標設定型の教育が求められている。そこにおいて重要なのは設定された目標に基づいて、どのように評価を行うのかである。そして教学マネジメントにおいては、それを全学的にどのように進めていくのかが課題であるが、米国でのInstitutional Effectivenessを参考に、定期的なプログラムレヴューとそれに基づいた改善計画を提出させる仕組みの構築が重要であることが分かった。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 3 posts)

[大学職員][研究][IR][KAKEN]

Twitter (3 users, 5 posts, 1 favorites)

“KAKEN — 研究課題をさがす | 教学マネジメントにおける大学の有効性の研究 (KAKENHI-PROJECT-25381083)” https://t.co/zcGXjg7Fl8 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #教学マネジメント
“KAKEN - 教学マネジメントにおける大学の有効性の研究(25381083)” http://t.co/BmWJvFAivA #KAKEN #IR
“KAKEN - 教学マネジメントにおける大学の有効性の研究(25381083)” http://t.co/5x0ySODfbb #大学職員 #研究 #IR

収集済み URL リスト